フィリピン留学

アジアのラテンと呼ばれる常夏の島国

東南アジアにあるフィリピンは、ルソン島・ビサヤ諸島・ミンダナオ島などを中心とし、大小合わせて約7,100の島々で構成されている国です。熱帯気候のため、一年を通して気温・湿度が高く、年平均気温は26〜27℃となっています。地域によって異なりますが、雨季(6〜11月)と乾季(12〜5月)の季節があります。歴史的背景からヨーロッパ・アメリカ・アジアの生活様式や文化を持ち合わせており、共通語として英語が多く話されているのも特徴です。アメリカ企業が大規模なコールセンターの地としていたり、アメリカ・イギリスに次ぐ世界第3位の英語話者が多い国でもあります。そのため、英語学習の地として注目され、数多くの語学学校がフィリピン国内に点在しています。

フィリピン留学おすすめポイント

  • 島の数だけ異なる魅力を持つリゾートアイランド
  • 大小7,000以上の島々からなる年中温暖な国フィリピンは、各エリアによって街の様相は大きく異なります。高層ビルが立ち並び活気を感じさせる大都会マニラ。街とリゾートエリアがくっきり分かれるセブ島。山間部にあり、フィリピンの軽井沢と言われるくらい涼しいバギオ。世界的にも評価の高い有数のリゾート地ボラカイ。同じ都市の中でも植民地時代の名残りがある建物や歴史を感じさせるエリア、経済特区として近代的なショッピングセンターやホテルが立ち並ぶエリアなど、様々な顔を見せます。途上国の活気ある街の雰囲気を感じつつも、豊かな大自然、キレイな海も楽しむことのできるフィリピン。そしてそこには明るく暖かい国民性のフィリピンの人々が生活しています。

  • マンツーマンレッスンでスピーキング力を徹底的に強化
  • 欧米の語学留学の場合は、1クラス10~15人のグループレッスンになります。各国からの留学生に圧倒されてしまい、英語を学び始めたばかりの日本人留学生は授業中に積極的に話せないこともよくあります。しかし、フィリピン留学では授業のスタイルがマンツーマン形式がメインです。そのため、自分が英語を話そうとしない限り授業も進まないため、嫌でも英語を話す環境になります。その結果、スピーキング力をいち早く身につけることができます。また、フィリピンでは英語は母国語ではなく、フィリピン人講師も過去に英語を学んだ経験があるからこそ、英語学習者の気持ちをうまく汲んでくれ、学習をサポートしてくれます。ホスピタリティ溢れる講師が多く、初心者でも安心して勉強することが出来ます。

  • 欧米に比べて圧倒的なコストパフォーマンス
  • 欧米留学と比較して、フィリピン留学はおおよそ3分の2の費用と考えられます。単純な費用を比較しても欧米より費用が安いフィリピン留学ですが、授業のコマ数も多いです。授業形式もマンツーマンレッスンが多いので、1コマ当たりの単価で見ると、同じ費用でもコストパフォーマンスが圧倒的に高いです。また、フィリピン留学では基本的に授業料と滞在費が一緒になっている点や1日3食、掃除・洗濯サービスもついているため、生活コストは低いです。留学費用以外でも日本からの航空券や現地での外食、観光費用も安く、トータルで考えて、欧米よりコストが低くなります。

フィリピンのどこへ留学する?

どんな学校を選んだら良いか迷ったらやってみよう!

フィリピン留学の人気都市ランキング

  • 1

    セブ島

    セブ島

    フィリピン留学の聖地であり、世界屈指のリゾート

    休日はビーチでアクティビティを楽しみたい方にオススメ!

  • 2

    バギオ

    バギオ

    フィリピンの軽井沢と称される涼しい気候の高原都市

    スパルタ式で勉強に集中して取り組みたい方にオススメ!

  • 3

    クラーク

    クラーク

    米軍基地の名残りからか欧米人が多く住む街

    ネイティブ講師のマンツーマン授業を受けたい方にオススメ!

  • 4

    マニラ

    マニラ

    アジア有数の巨大都市であり、ビジネスの中心地

    アジアのビジネス雰囲気を味わいたい方にオススメ!

  • 5

    ダバオ

    ダバオ

    美しい海と緑に囲まれた暮らしやすい第三の都市

    年中気候の安定した環境で長期間勉強したい方にオススメ!

フィリピンの人気語学学校ランキング

  • 1 3D ACADEMY

    2002年創立、多くの学生を輩出してきた歴史と教育システムを誇るESLスクールです。 当校のテーマは「未来へ繋がる留学」、単なる経験や思い出づくりとしての留学ではなく、結果を出すことを重視しています。フィリピン留学最大の魅力であるマンツーマ...詳しく見る

    • 1週間3.4万円〜
    • 1ヶ月9.9万円〜
  • 2 QQ English ITパーク校

    QQEnglishの講師全員が国際英語教授資格(TESOL)を保持しているので、質の高いレッスンを提供しており、カランメソッドというイギリスで開発されたカリキュラムもセブで唯一の認定校として提供しております。QQEnglishの生徒は日本人...詳しく見る

    • 1週間7万円〜
    • 1ヶ月13万円〜
  • 3 CROSS×ROAD

    『旅人たちの英会話スクール CROSS×ROAD』 当校は世界一周経験のあるオーナー夫婦が運営する、旅人のための英語学校。アットホームな雰囲気で旅人たちと共に学び、語り合う、ゲストハウスのような居心地の良いスクールです。 経験豊富でハイレベ...詳しく見る

    • 1週間4.6万円〜
    • 1ヶ月12.5万円〜
  • 4 Genius English

    ジーニアスイングリッシュは、セブの学校の中でも珍しいロシア資本の学校で、ロシア人を始めとした多国籍な学生状況が特徴です。また、宿泊施設も広々としており、リラックス出来るので勉強に集中して取り組むことができます。  とはいえ、学校はホテルでは...詳しく見る

    • 1週間6.6万円〜
    • 1ヶ月14万円〜
  • 5 MBA オリジナル校

    当校は、世界でビジネスしたい方から日常英会話を学びたい方、超初心者から上級者まで幅広く個別ニーズにお応え出来る「社会人専門」の語学学校です。特に実践的なビジネス英語の習得に力を入れており、授業内容は実際のビジネスシーンで使われる場面を想定し...詳しく見る

    • 1週間5万円〜
    • 1ヶ月17万円〜

フィリピン留学費用例

レギュラーコース(マンツーマン4コマ+グループ3コマ)、4人部屋の場合 ※1ペソ=2.2円で算出

留学期間 4週間 12週間 備考
出発前 入学金 15,000円 15,000円
授業料 129,000円 382,000円 食費・滞在費含む
海外旅行保険 18,100円 47,250円 保険加入費用
往復航空券 50,000円 50,000円 LCC利用の場合
空港出迎え 0円 0円
現地 ビザ 0ペソ 7,550ペソ 30日以上滞在で必要
SSP 6,500ペソ 6,500ペソ 特別就学許可証申請費用
ACR-Iカード 0ペソ 3,000ペソ 外国人登録証明書
(60日以上の場合)
教材費 1,500ペソ 1,500ペソ
電気代・その他 2,900ペソ 5,050ペソ 管理費等
空港税 550ペソ 550ペソ 空港により異なる
(出国時支払い)
個人 お小遣い 40,000円 120,000円 アクティビティ代等
総額 277,290円 667,380円

フィリピン留学に関するよくある質問

  • 必要な持ち物はありますか?

    フィリピンでは薄い長袖の羽織りものがあると便利です。年間を通して暑い国ですが、学校やレストラン、カフェなどの屋内は冷房が強めに効いています。また、バギオといった一部エリアでは、雨季の時期の冷え込みが激しく、寒さを感じます。パーカーやカーディガンなど、持ち運びできる衣類を持って行きましょう。

  • ビザは必要ですか?

    フィリピンは30日間以内の滞在であれば、ビザは必要ありません。ただし留学で学校に通うとなると、SSPと呼ばれる「特別就学許可証」を取得する必要があります。基本的に30日以内の滞在は、申請のない観光ビザが発行されます。しかしこれは、あくまで観光を目的とするビザのため、勉強や就労が許可されているわけではありません。SSPを取得して、初めて語学学校への入学が許可されます。このSSPは、たとえ1週間の留学でも期間に関係なく、すべての留学生が取得します。手続きは学校で受け付けるため、渡航してからで問題ありません。

  • 学校の寮の食事はどのようなメニューですか?日本食は出ますか?

    寮の食事は、基本的にアジア人の口に合う味付けです。ただし学校によってメニューが異なり、韓国人オーナーの学校では、辛いものが中心の韓国料理がよく出されます。日本人オーナーの学校では、日本人が好む味付けに料理をアレンジ。好みはありますが、心配ならば日本人オーナーの学校を選ぶと安心です。

  • 日本人がいない学校へ行きたいです。フィリピンで日本人が少ないエリアはどこですか?

    フィリピン留学は近年、日本人からとても人気です。そのため「日本人がいない学校」を探すことは難しいです。ただし留学のタイミングによっては日本人が少ないこともあり、欧米人やアジア人と一緒に勉強できます。それでも「日本人がいないところがいい!」という場合は、母国語の使用が禁止されている学校や、EOP(English of Policy)という英語しか話せない学校を選択しましょう。

  • フィリピンの英語にはなまりがあると聞いたのですが、大丈夫ですか?

    フィリピン人の英語に、なまりはほとんどありません。フィリピンは英語を公用語としている国。現地語のタガログ語も話しますが、小学校では国語以外は英語で授業をしたり、街中の看板に英語が使われていたり、英語が日常的に使用されています。さらにフィリピンは、もともとアメリカの植民地だった場所。小さい頃からアメリカ英語を聞くことも多く、フィリピン人の英語もアメリカ英語をベースとしています。語学学校の講師も街で出会う人も、なまりのない英語を話しているため、心配することはありません。

カウンセラーに相談する

毎週開催!基礎知識が知りたい方はこちら

留学説明会に参加する(@東京)

留学についての悩みやご相談はこちら

メールでの留学相談はこちら
フィリピンの基本情報
国名

フィリピン

首都

マニラ

主要都市

セブ、ダバオなど

人口

約1億98万人

通貨

フィリピンペソ

物価

タクシー初乗り 約90円
ミネラルウォーター500ml 約30円
コーラ350ml 約60円

主な宗教

カトリック83%、その他のキリスト教10%、イスラム教5%、他2%

時差

-1時間

電源プラグ

A,C,O

気候

熱帯性

ビザ

1ヶ月以上滞在の場合必要

ビザの詳細を見る

フィリピン留学ガイド

フィリピン留学の特徴とメリット・デメリット

フィリピン留学の出国から帰国までの流れ

フィリピンの現地生活情報

フィリピン英語の特徴と訛り

フィリピン留学リアルレポート

目的からフィリピン留学を探す

2ヶ国留学のススメ

フィリピン留学コース選定ガイド

フィリピンの天気・気候と服装

フィリピン留学おすすめ人気都市ランキング

フィリピン留学持ち物リスト

フィリピン留学で失敗しないための学校の選び方

フィリピン留学の滞在先の種類と特徴

留学計画早見表

1週間のフィリピン留学費用の内訳と総額

1ヶ月のフィリピン留学費用の内訳と総額

3ヶ月のフィリピン留学費用の内訳と総額

半年のフィリピン留学費用の内訳と総額

1年のフィリピン留学費用の内訳と総額

フィリピン留学前の準備の流れ

フィリピン留学に必要なビザ情報

英語試験対策とスコア換算表

フィリピンの空港情報と市内へのアクセス方法

フィリピンの祝日情報

フィリピンのおすすめ観光スポット情報

はじめての留学ガイド

留学申し込み特典

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。