【お知らせ】7月〜8月は満室の学校が増えています。お申込みはお早めに!留学の相談はこちら

フィリピン留学に必要なビザ情報

ビザ

フィリピンへ留学する際に、期間によってはビザが必要な場合があります。フィリピンの場合は基本的に渡航前に日本でビザを申請するケースは少ないです。

しかし、必要なビザによって現地で発生する費用も異なるため、予めビザの種類を把握しておきましょう。

無査証入国(ビザなし)

海を眺める女性

フィリピンへの入国は、観光目的あるいは商用の場合、滞在期間が30日以内であればビザなしで滞在できます。

30日以降も延長して滞在したい場合は、移民局への申請で延長が可能です。語学学校に通っている場合は、手続きは学校が代行することが多いです。

入国に必要な条件

・パスポートの有効期限が滞在期間に加え6ヶ月以上あること。
・有効な往復航空券または、第三国へ出国する航空券を所持していること。
※フィリピン政府では2015年7月より6ヶ月未満のパスポートでも入国が可能となっておりますが、最終的な入国可否の判断は入国審査官により行われます。
※フィリピンに入国するには、フィリピン以外の国へ出国する航空券が必要です。フィリピンでは片道チケットでは入国できません。

その他

フィリピンへの語学留学を目的とした渡航の場合は、別途SSP(Special Study Permit)を発行する必要があります。その際も現地で語学学校が手続きを代行することが多いです。

観光ビザ

フィリピンに30日以上滞在する場合は、観光ビザを取得、または現地で延長する必要があります。基本的には渡航前に日本で事前に申請する必要はなく、現地で延長することが多いです。

延長の手続きも学校が代行することが多いです。

申請方法

・日本で事前に申請する場合
在日フィリピン大使館で申請可能です。

・現地で延長する場合
現地の移民局で申請可能です。語学学校に通われている方は、学校が代行することが多いです。

申請料費用

滞在期間によって延長期間と費用が異なります。
※学校によってはビザ延長申請代行手数料として数百ペソかかる場合があります。

申請時の注意点

フィリピンへの語学留学を目的にした渡航の場合は、別途SSP(Special Study Permit)を発行する必要があります。こちらも現地で語学学校が手続きを代行することが多いです。

SSP(Special Study Permit)とは

楽しむ留学生

SSP(Special Study Permit)とは、観光を目的として入国した外国人が、合法的に就学するために必要な滞在を特別に許可した許可証です。

フィリピンの語学学校へ留学する場合は1週間の留学でも必要となります。学校によって費用は異なりますが、通常は6,000~6,500ペソ(13,000~15,000円)程度の料金がかかります。

有効期間は6ヶ月となりますが、学校ごとに必要になるため、転校する場合は再度申請が必要となります。

ACR I-CARD(Alien Certificate of Registration Identity Card)とは

ACR I-CARD(Alien Certificate of Registration Identity Card)とは、60日以上フィリピンに滞在するすべての外国人が取得を義務付けられている外国人登録証のことです。

料金は5,000円ほどとなりますが、手続きは学校が代行することが多く、手数料も含めて3,000ペソ(約7,000円)となっている学校が多いです。

ECC(Emigration Clearance Certificate)とは

ECC(Emigration Clearance Certificate)とは、6ヶ月以上フィリピンに滞在する外国人が出国する際に、出国しても問題がないことを証明するための書類です。

6ヶ月以上滞在した後にフィリピンを出国する際は、ECCを提示しなければなりません。出国前1ヶ月以内(3日前までに取得が望ましい)に個人で移民局に行って申請する必要があります。

料金は500~1,000ペソ(1000~2500円)程度です。

WEG(Waiver of Exclusion Ground)とは

WEG(Waiver of Exclusion Ground)とは、フィリピン国籍以外の15歳未満の方が単独、または両親以外の方と入国する際に必要な書類になります。

人身売買や誘拐などの犯罪を厳しく取り締まっているフィリピンでは、原則15歳未満の方は単独もしくは両親以外の方との入国はできませんが、事前にWEG申請をすることで単独もしくは両親以外の方と入国することができます。

学生ビザ9(F)

会話する学生

学生ビザ9(F)は、18歳以上で入国管理局の局長により留学生の受け入れ許可を得た大学、専門学校などの高等教育機関で教育を受ける方が必要なビザになります。語学学校への留学の場合は必要はなく、フィリピンの大学や大学院への留学の際に必要なビザとなります。

申請方法

在日フィリピン大使館、総領事館での申請、あるいは現地の入国管理局でも申請が可能です。

まとめ

フィリピン留学に必要なビザは以上です。

フィリピン留学する際は、基本的には無査証入国をし、現地で必要な分の観光ビザ延長申請をする形となります。ビザの延長手続きやSSPの申請など、語学学校のスタッフがサポートしてくれますので、手続きに困ることはあまりないでしょう。

ビザの条件等はフィリピン政府により、予告なく変更される場合がございます。最新情報を詳細に確認したい方は、フィリピン大使館のホームページを確認してください。

フィリピン留学の詳細はこちら

フィリピン留学ガイド

フィリピンでできるアクティビティ情報

フィリピン留学の出国から帰国までの流れ

フィリピン留学の特徴とメリット・デメリット

フィリピンの現地生活情報

フィリピン英語の特徴と訛り

目的からフィリピン留学を探す

2ヶ国留学のススメ

フィリピン留学コース選定ガイド

フィリピンの天気・気候と服装

フィリピン留学おすすめ人気都市ランキング

フィリピン留学で失敗しないための学校の選び方

フィリピン留学リアルレポート

フィリピン留学の滞在先の種類と特徴

フィリピン留学持ち物リスト

留学計画早見表

1週間のフィリピン留学費用の内訳と総額

1ヶ月のフィリピン留学費用の内訳と総額

3ヶ月のフィリピン留学費用の内訳と総額

半年のフィリピン留学費用の内訳と総額

英語試験対策とスコア換算表

フィリピン留学に必要なビザ情報

フィリピンの空港情報と市内へのアクセス方法

1年のフィリピン留学費用の内訳と総額

フィリピン留学前の準備の流れ

フィリピンの祝日情報

フィリピンのおすすめ観光スポット情報

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学コーディネーターが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

School Withならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30 (祝日除く)

会員登録をして相談しよう メールで留学相談する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会(@東京)に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

School Withなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

3

安心の学校倒産保証(フィリピンのみ)

学校が万が一倒産した場合も、残りの留学期間を代替校で継続して授業が受けられるよう保証いたします。

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。