フィリピン留学とは?特徴とメリット・デメリットを徹底解説!

フィリピン 留学 メリット デメリット

近年、フィリピンに留学する日本人が増えています。フィリピンは日本から近く、英語が公用語、さらには物価も安いということから、留学先として人気が高まっています。

しかしフィリピン留学と聞いても、なかなかイメージできない方も多いのではないでしょうか?フィリピン留学には、留学費用が安い、マンツーマンの授業で英語が身につく、目的に合った学校選びができるといった3つの大きな特徴があります。目的に応じて上手に活用することで、英語力を効率的に伸ばしていくことができます。

今回は、フィリピン留学の特徴だけでなく、メリットやデメリットと、留学を失敗しないための注意点もご紹介します。これからフィリピン留学される方はぜひ参考にしてみてください。

温暖な気候と陽気な人々が暮らす国フィリピン

フィリピン 留学 基本情報
首都マニラの様子

フィリピンは、大小さまざまな島が7,000個以上集まってできた東南アジアの国です。1年を通して温暖な気候で、日本からも平均4〜5時間(直行便の場合)で渡航できます。

フィリピンの雰囲気や特徴は、島ごとに異なります。留学先としてはセブ島やバギオ、ダバオ、マニラが人気です。セブ島やバギオ、ダバオはリゾート地のため海や山に囲まれており、比較的のんびりとした雰囲気。

対して、首都マニラはビジネスの中心地ということもあり、高層ビルやショッピングモールが多く見られる、賑やかな雰囲気です。

日本との時差は1時間で、フィリピンが日本よりマイナス1時間です。為替は1フィリピンペソ=約2.2円で、500mlのミネラルウォーターが約30円と、物価は日本よりも安いです。

英語が公用語のため、先生だけではなく、ショッピングモールやカフェの店員さん、空港職員の方も、英語を使えることが多いです。

LINE留学相談

フィリピンでの留学生活ってどんな感じ?

フィリピン 留学 生活

Photo by : アラサー女子のフィリピン留学1ヶ月体験記

フィリピン留学は、英語学習に集中的に取り組みたい方が多く集まっています。

そもそもフィリピンでの留学は、欧米圏での留学異なり、英語の学習時間が圧倒的に多く設計されています

欧米であれば基本的に授業は半日、かつグループクラスが中心である一方で、フィリピンでは朝から晩まで一日中授業があり、かつ授業の多くがマンツーマンレッスンなので、同じ期間留学しても吸収できる知識と、実際に英語を話す量に大きな差が生まれます

そのため学生だけでなく、短期間で英語を身につけたい社会人も多いのがフィリピン留学の特徴となります。

フィリピン留学中はこういった様々な年齢層が、英語力を伸ばすという同じ目標に向け切磋琢磨できる学習環境が提供されています。

具体的なフィリピン留学の1日のスケジュールは下の記事で紹介してるので、生活イメージを持ちたい方はぜひ参考にしてみてください。
アラサー女子のフィリピン留学1ヶ月体験記 Vol.2 〜7時間英語漬け生活の始まり

メリハリがあるフィリピン留学の1週間

今ご紹介したようにフィリピン留学では、平日は基本的に夕ご飯を食べる時間まで授業が入っている学校がほとんどです。学校によっては夕食後もオプションクラスや自習といった学習時間を設けているため、平日はあまり外出できないケースが多いです。

一方で、土日は基本的に授業がないため、留学生同士で観光に出かけられます。

エリアにもよりますが、フィリピンでは海や山といった自然の中でのアクティビティをはじめ、ショッピングモールの散策などが人気ですね。

マルタ 留学 生活

Photo by : 現役女子大生が見たフィリピン留学のリアル

留学生は土日に思い思いにリラックスした時間を過ごし、気持ち新たに次の1週間を迎えることになります。もちろん土日も学校の自習室やカフェなどで勉強する方も多く、休日の過ごし方は自由です。

マルタ 留学 生活

Photo by : アラサー女子のフィリピン留学1ヶ月体験記

フィリピン留学のメリット

人気のフィリピン留学の大きな特徴・メリットとして、

・留学費用が安い
・ マンツーマンの授業が受けられる
・目的別の学校選びができる
・日本人が多くて安心
・3食つきの寮生活
・リゾート地は休日の遊び場も充実

という点があります。それぞれ解説していきます。

メリット(1)留学費用が安く抑えられる

留学というと、費用が高いイメージを抱いている人が多いはず。実際、アメリカやオーストラリアといった先進国に留学すると、1カ月につき平均40〜60万円かかります。

一方でフィリピン留学は、留学費用が安いことが魅力です。フィリピンは物価の安さや寮生活という点から費用を安く、1カ月につき平均30万円と、他の先進国に比べて半額程度に抑えられます。

特に日用品や食事代といった物価が安いです。500mlのミネラルウォーターが約30円、タクシーの初乗りは90円ほど。また、ほとんどの学校が寮生活で、数人と相部屋で過ごします。

そのため、ホームステイやアパートを借りるよりは、滞在費を抑えることができます。

フィリピン留学の費用について詳しく知りたい方は以下をご参照ください。
1ヶ月のフィリピン留学の費用の内訳と総額

メリット(2)マンツーマンの授業が受けられる

フィリピン 留学 メリット マンツーマンレッスン
フィリピンでのマンツーマンレッスンの様子。英語をうまく話せなくても、生徒ひとりひとりを先生が丁寧にフォローしてくれるので、英語初心者でも安心して取り組めます。

フィリピン留学では、マンツーマンレッスンがメインの授業として行われる学校が多いです。1対1のため、個人の要望に応じてスピーキング力や発音に特化した英語学習ができます。

初めて留学するときに多い悩みが、「まだまだ英語が話せないけれど、大丈夫かな?」ということではないでしょうか? 周りの留学生が話せる方ばかりだと、億劫になってしまいそうですよね。

しかし、マンツーマンレッスンでであれば先生が生徒のレベルやペースに合わせて授業を展開してくれます。また、欧米のような10人以上のグループ授業に比べて分からないことはすぐに聞けるなど、質問もしやすいです。

そのため、授業に付いていけなくなる心配はいりません。

そもそも1対1で何十分(平均1レッスン50分前後)もの授業を行うため、自然と英語で発言する機会が増えます。そのため、英語を話すことに抵抗を感じがちな日本人でも、授業で英語への抵抗がなくなり、スピーキング力が伸びやすいと言われています。

また、フィリピンは英語が公用語の国です。さらには、フィリピン人の英語は訛りも少なく、クリアで聞き取りやすいです。同じアジア人ということで文化も近く、親しみやすいという声も多いです。

メリット(3)語学学校の数が多く、目的に合った学校選びができる

フィリピン 留学 メリット 選択肢が豊富

フィリピンの英語学校は、授業コースの種類や、授業以外のアクティビティも体験できるプランが多数あり、自分の留学目的に合った学校が見つかりやすいです

TOEICの点数アップに特化した学校や、授業として午後に市内観光をするなど、学校によって様々なコースがあります。TOEICの場合はリスニングの授業が多い、観光は街を歩きながら実用的な英語を学ぶなど、目的に合わせた授業が用意されています。

目的に合わせて学校選びをすると、モチベーションも下がりにくく、目的達成により近づくことができるでしょう。

メリット(4)日本人が多くて安心

フィリピン 留学 メリット 日本人が多い

フィリピンは、日本人に人気の留学先です。そのため、語学学校にも日本人が多く、初めての海外留学でも安心です。

フィリピンには日本人経営の学校も多く、生徒も日本人に限定して募集している学校もあるほど。他国の友人ができる機会は少ないですが、教材は日本の本、常駐スタッフにも日本人を数名配置するなど、安心して勉強できる環境もあります。

日本人が少ない環境が良い人は、多国籍な国籍比率の学校も多いので、そういった学校を留学先に選ぶといいでしょう。
フィリピンの外国人生徒が多い語学学校まとめ

メリット(5)3食つきの寮生活で勉強に集中できる

フィリピン 留学 メリット 寮生活

フィリピン留学は、寮生活をする学校がほとんどです。寮は3食付きの学校が多く、身の回りのことを任せて、勉強に集中することができます。

海外に滞在しながら勉強するということは、想像以上に大変です。しかし、寮生活であれば食事付きのため、自分で用意する必要はありません。学校によっては洗濯や掃除もしてもらえるため、英語に集中できる環境です。

また、寮ではなくホテルに滞在する学校もありますので、環境を重視する方はホテルプランを選択するのもありですね。

メリット(6)週末はリゾートなどのアクティビティも充実

フィリピン 留学 メリット 遊びも充実

フィリピンには、セブ島やバギオ、ダバオといったリゾート地も留学先として選択できます。海や山が近いため、平日は存分に勉強して、休日は思いっきり遊ぶこともできます。

海や山があるリゾート地のため、ツアーやアクティビティも多数あります。例えば、セブ島ではジンベエザメを泳ぐツアーなど、日本ではできない経験をすることもできます。

平日は英語に集中して休日は買い物やアクティビティをする、留学が終わってから数日滞在して、遊んで帰ることも可能です。

フィリピンでおすすめの観光スポットは以下でご紹介しているので、気になる方は参考にしてみてください。
フィリピンのおすすめ観光スポット10選

LINE留学相談

フィリピン留学のデメリット

メリットもたくさんあるフィリピン留学ですが、もちろんデメリットもあります。デメリットも理解した上で、留学するとよいでしょう。

デメリット(1)英語に必要なすべてのスキルは伸ばしづらい

フィリピン留学では、マンツーマンレッスンが授業のメインということで、スピーキングや発音矯正に力を入れています。そのため、ライティングやリーディングの授業は少ないこともあります。

TOEICを受ける場合、テストはスピーキングだけではありません。そのため、フィリピンでの授業ではコースによっては十分に対策を取ることができない場合があります。

TOEIC対策を行い対場合は、専用のTOEICコースや試験対策に特化した学校を選ぶようにしましょう。

フィリピンでTOEIC対策ができる学校は以下の記事をご参照ください。
フィリピンのTOEIC対策ができる語学学校まとめ

デメリット(2)ホームステイは基本的に体験できない

フィリピン留学では寮生活が多いため、数人の学生との集団生活になります。ホームステイは少なく、現地の家庭生活を体験することは難しいでしょう。

欧米など他国での留学はホームステイがメインとなっていますが、フィリピン留学での学校の寮では、平均4〜5人の留学生との集団生活になります。フィリピン人と一緒に生活するわけではありません。

色々な国からきた留学生と仲良くなりたい方にはメリットですが、集団生活に慣れていないと、ストレスが溜まる場合があります。その場合は1人部屋を予約するようにしましょう。

デメリット(3)学校を選ばないと遊びすぎて目的が

フィリピン留学では、多種多様な学校の中から目的に合った学校選びをすることができます。しかし、学校によっては英語学習よりも観光やアクティビティを重視するところもあり、「遊んでばっかりだった」ということも起こりかねません。

もちろん、留学生の中にはリフレッシュをかねて留学へ行く方もいるので、一概に遊ぶことが悪いわけではありません。

そのため、まずあなたがどんな目的で留学へ行くのか、その目的がこれから行こうとしている学校で達成できるものなのかを考える必要があります。

デメリット(4)場所やエリアによっては治安が悪い

フィリピンは、まだまだ発展途上国です。そのため、場所やエリアによっては治安が悪いことがあります。

スリや盗難など、日本にいると気をつける必要のないことが発生します。そのため、貴重品は肌身離さず持つなど、注意が必要です。

ただセブ島の一部エリアなど、場所によっては比較的治安の良い場所も多いです。心配な方は、場所選びをしっかりと行いましょう。

詳しくは以下の記事を参考にしていただければと思います。
フィリピンの治安事情とトラブルの対処法まとめ

デメリット(5)生活環境が整っていない場合がある

フィリピンは発展途上国のため、生活環境が日本よりも整っていないことがあります。

例えば、場所によっては水シャワーしか出ない、建物が古い、虫が出るといったことがあります。そのため、日本よりは生活環境のレベルが落ちることがあります。初めて海外に行く人などは慣れるまで時間がかかるかもしれません。

集中的に英語力を鍛えたい方におすすめのフィリピン留学

フィリピン 留学 おすすめ

Photo by : アラサー女子のフィリピン留学1ヶ月体験記

ここまでフィリピン留学のメリット・デメリットについてご紹介してきました。

フィリピン留学は3食つきの寮生活という学習環境が多く、勉強に集中できる環境があります。そのため、あまり留学に時間が確保できないが、しっかりと英語学習がしたいという方に特におすすめの留学先となっています。

また授業はマンツーマンレッスン主体なので、英語初心者の方でも安心して授業に参加することができるのもフィリピン留学のポイントです。

一方でフィリピンは途上国ということで、生活環境が整っていなかったり、一部治安が良くないエリアもあります。留学先の生活環境に清潔感や安心感を重視する方であれば、都市や学校選びを入念にする必要があります。

フィリピンへ留学を決める前に知っておきたいポイント

フィリピン 留学 注意点

フィリピン留学をより良くするためにも、以下の2つはしっかりと意識しておきましょう。

ポイント(1)スリや盗難対策を怠らない

スリや盗難対策をしっかりと行いましょう。大きな事件などは少ないですが、日常生活の中で最低限注意する必要はあります。

フィリピンも日々発展し、治安もよくなってきていますが、エリアによってはスリや置き引きなど軽犯罪に注意が必要なところもあります。ポケットに財布を入れない、歩きスマホをしないなど、日頃から対策はしっかりと行いましょう。

またそもそもフィリピンだけでなく、日本以上に安全な国は少ないです。自分は日本を離れた海外にいる、ということは常に意識しておきましょう。

ポイント(2)留学の目的を明確にしておく

学校選びの段階から、留学の目的ははっきりとさせておきましょう。目的に合わせた学校選びで、留学がより充実したものになります。

フィリピンは、学校ごとに特色や力を入れている部分が異なります。そのため、目的に合った学校選びをしないと、「観光と勉強を半分ずつしたかったのにスパルタ系の厳しい学校だった」というように、目的が達成できないケースもあります

そのため、「TOEICを700点まで伸ばしたい」「英語を使って旅行が出来るようになりたい」など、失敗しないためにも自分の目的は明確にしておきましょう。

フィリピン留学のメリット・デメリットまとめ

フィリピンの様子

これまでフィリピン留学のメリット・デメリットについて紹介しました。

今回ご紹介したように、フィリピン留学には、留学費用が安い、マンツーマンの授業で英語が身につく、目的に合った学校選びができるといった3つの特徴があります。

記事を通してフィリピン留学が合っていると感じた方もいるかと思います。そういった方はフィリピン留学について具体的に考えていきましょう。

留学エージェントSchool Withでは留学経験豊富なカウンセラーによる留学相談を受け付けています。学校選びはもちろん、国や都市選びなど、具体的にフィリピン留学を検討したい方はぜひお問い合わせください。
LINE@でのご相談はこちら
メール、電話、説明会、個別カウンセリングでのご相談はこちらから

LINE留学相談

フィリピン留学ガイド

フィリピン留学のメリット・デメリット

期間別のフィリピン留学費用まとめ

1週間のフィリピン留学費用

2週間のフィリピン留学費用

3週間のフィリピン留学費用

1ヶ月のフィリピン留学費用

2ヶ月のフィリピン留学費用

3ヶ月のフィリピン留学費用

半年のフィリピン留学費用

1年のフィリピン留学費用

留学計画早見表

英語試験対策とスコア換算表

フィリピン英語の特徴と訛り

フィリピンの天気・気候と服装

フィリピンの現地生活

フィリピンのおすすめ観光スポット

フィリピンのおすすめアクティビティ

2ヶ国留学のススメ

フィリピン留学に人気の都市ランキング

目的からフィリピン留学を探す

フィリピン留学の学校の選び方

フィリピン留学コース選定ガイド

フィリピン留学の滞在先の種類と特徴

フィリピン留学前の準備の流れ

フィリピン留学の出国から帰国までの流れ

フィリピン留学持ち物リスト

フィリピン留学に必要なビザ

フィリピンの空港と市内へのアクセス方法

フィリピンの祝日

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学カウンセラーが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

School Withならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学カウンセラーへ相談する

03-6416-0980

お気軽にお問い合わせください。

会員登録をして相談しよう メールで留学相談する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会(@東京)に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

School Withなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

3

安心の学校倒産保証(フィリピンのみ)

学校が万が一倒産した場合も、残りの留学期間を代替校で継続して授業が受けられるよう保証いたします。

無料留学相談は
こちらから

留学カウンセラーへ相談する

03-6416-0980

お気軽にお問い合わせください。

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。