1年のフィリピン留学費用の内訳と総額

お金

英語をしっかり学ぶための留学先といえば、アメリカやヨーロッパが頭に浮かぶかもしれません。しかし、実際に現地で暮らすとなると先進国では日本の生活以上のコストがかかることがほとんどです。そのため近年日本からも近くコストも抑えられ、マンツーマンレッスンが受けられるフィリピン留学が人気です。

しかし、欧米と比較して安いといっても実際どの費用がどれくらい掛かるのかわかりづらいです。特にフィリピン留学は日本での支払いと現地での支払いが発生する費用もやり少しややこしいです。

そのため、こちらでは1年のフィリピン留学を想定して、授業料や滞在費から航空券や海外保険、現地でのお小遣いなど項目別に分け、平均的な費用をわかりやすくご紹介します。
※為替レートは、1ペソ=2.3円で計算しています。
※留学の費用は個々の勉強・生活スタイルによって大きく異なります。解説している金額は、平均的な留学費用になります。

ズバリ!1年の留学費用の総額は?

それぞれの項目の解説に入る前に、1年のフィリピン留学の総額をお伝えします。概算が知りたい方はこちらを参考にしてください。

授業料・滞在費・食費 144万円〜240万円
その他諸経費 19万2,000円〜19万6,000円
航空券 5万円~7万円
海外旅行保険 12万円〜24万円
ビザ 8万円
現地生活費(お小遣い) 48万円
総額 236万2,000円〜346万6,000円

それぞれの項目について詳しく知りたい方は、一つずつ詳しくみていきましょう。

授業料・滞在費・食費:144万円〜240万円

教科書

フィリピン留学の授業料には基本的に授業料・滞在費・食費が含まれており、受講コース・留学期間・部屋タイプによって変動します。コースの種類や宿泊先の部屋の人数によっても金額は異なりますが、平均すると100万円前後の費用がかかります。

授業料について

授業料は選択するコースによって大きく金額が異なります。一般的なコースで多くの方が受講するのはESLコースになり、費用のベースになります。

ESLを軸に考え、費用の上下に影響してくるのは下記3点になります。
・レッスンのコマ数
単純にレッスンのコマ数が多ければ多いほど費用は高くなる傾向にあり、少なければ安くなる傾向です。
・マンツーマンレッスン比率
フィリピン留学のレッスンはマンツーマン形式とグループ形式に分かれます。マンツーマン4コマ、グループ2コマくらいが一般的なESLコースになります。全体のコマ数が同じでもマンツーマンレッスンの比率がグループレッスンより高い場合は、費用も高くなる傾向にあります。
・専門的なカリキュラムかどうか
受講できるコースには一般英語を学ぶESLだけでなく、ビジネス英語やTOEIC等の試験対策など専門的なカリキュラムが組まれたコースがあります。同じコマ数でも専門的なカリキュラムを提供するコースの方が費用は高くなる傾向にあります。

滞在費・寮費について

フィリピン留学中の滞在形式は主に学校の寮、学校提携先のホテル・コンドミニアムになります。多くのフィリピンの語学学校は学校と寮が一体化、または学校のすぐ近くにあります。

費用については、一般的に旅行でホテルに泊まる時とイメージは同じで、何人部屋に宿泊するかで費用が異なってきます。一般的に1部屋あたりの人数が多い部屋ほど、費用は安くなります。

例えば、1人部屋、2人部屋、4人部屋、6人部屋の部屋タイプを提供している学校だと1人部屋が一番高くなり、6人部屋が一番安くなります。

多くの学校では、この費用の中に週に2~3回の部屋の清掃や衣類の洗濯も含まれています。また学校によってはトレーニングジムやプール等が付いている宿泊施設もあります。Wi-Fiについては基本的にどこの学校でも回線が通っていますが、接続スピードは場所によってまちまちです。

食費について

食事は基本的に土日含め、1日3食付いていることがほとんどです。食費は授業料に含まれているため、費用の変動はありませんが、一部の学校では食費が別料金として設けられている場合があるので、事前に確認しましょう。

提供される料理の内容は学校の経営資本や国籍比率などによっては異なりますが、傾向としては日本人資本の学校は日本人に合わせた食事、韓国人資本の学校は韓国人に合わせた食事が多くなります。語学学校では様々な方に対応できるように日々、食事の改善が行われています。

その他諸経費(入学金、空港送迎費、教材費など):19万2,000円〜19万6,000円

授業料や滞在費以外に、入学金や空港送迎費、教材費、水道光熱費など諸経費が掛かってきます。

入学金

ほとんどの学校では入学する際に入学金が必要になります。授業料に含まれている場合とそうでない場合があります。入学金は平均1.5万円になります。

空港送迎費

現地の空港に到着した際にピックアップしてもらい、学校まで送迎してもらえるサービスです。セブ島にある多くの学校は、空港から学校までの送迎は無料で提供しています。しかしセブ島以外のエリアで空港から学校まで距離がある場合は別途費用が掛かる場合があります。

帰国する際に学校から空港まで向かう場合、多くの方は自力でタクシーを使うことが多いです。ただし、自力で行くのは不安という方には学校が空港までの送迎サービスを提供している場合もあります。その際は別途費用が掛かってきます。

教材費

受講コースやレベルによって教科書の種類と教科書数は異なります。1冊平均500円のものを4冊ほど利用される方が多いため、平均2,000円ほどになります。

水道光熱費

寮に滞在される場合は、寮費とは別に水道光熱費が掛かる場合があります。費用については、固定額と利用した分に応じて変動する場合があります。1週間で平均3,000円ほどになります。そのため1年では14万4,000円ほどかかります。

宿泊先のデポジット費

寮やホテルに滞在される際に、最初にデポジット費用が掛かる場合があります。これは万が一部屋の鍵をなくした場合や、設備を破損した場合などの補償金となります。特に問題がない場合は帰国する際に返金される費用になります。滞在を開始する際に、平均5,000円ほどが必要となります。

SSP申請費

SSP(Special Study Permit)とは、観光を目的として入国した外国人が、合法的に就学するために必要な滞在を特別に許可した許可証です。フィリピンの語学学校へ1年留学する場合は2度申請が必要となります。申請手続きについては学校が代理で行ってくれます。学校によって費用は異なりますが、1回当たり1万3,000円~1万5,000円程度で、1年では2万6,000円〜3万円ほどです。

航空券:5万円~7万円

飛行機

フィリピンまでの往復航空券は必ず掛かる費用です。入国の際にフィリピンから出国する航空券を取得していないと、入国できない場合がありますので、必ず事前に取得しておきましょう。

日本からフィリピンへの往復航空券の費用については、購入する時期や航空会社によって変わってきます。エコノミークラスの場合は、平均して5万円~7万円を費用として見ておくとよいでしょう。

フィリピン留学でよく利用される航空会社は以下の通りです。
・セブパシフィック航空
フィリピンの格安航空会社です。時々プロモーションセールを行っており、安く購入できることもあります。
・フィリピン航空
フィリピンを代表する航空会社(ナショナル・フラッグ・キャリア)です。
・バニラエア
日本の格安航空会社です。時々プロモーションセールを行っており、安く購入できることもあります。
・ANA全日空/JAL日本航空
日本の二大航空会社です。料金はフィリピンの航空会社よりもやや高めです。

航空券購入の際に気をつけておきたいのは、春休みや夏休みなどの時期はフィリピン留学に行く方や観光客が増えてきます。そのため、航空券を購入する方も増え、価格も上がってきてしまいますので、その時期の渡航を検討しているのであれば、早めに取っておくことをおすすめします。

また格安航空会社は、不定期でセールを行うことがあるため、その時期に航空券をうまく購入できれば、2~3万円で往復航空券を購入することもできます。

海外旅行保険:12万円〜24万円

現地で病気やケガ、トラブルに会った時のために、海外旅行保険の加入は必須です。保険会社やプラン(補償内容)にもより金額は異なりますが、1年平均3万円~6万円ほど掛かります。

クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用する方もいますが、カード会社とカードの種類によって補償内容や期間などが異なってきますので、クレジットカード付帯保険を利用する場合は必ず事前に補償内容と条件を確認しておきましょう。

ビザ:3万4500円

滞在期間が30日を越える場合は、30日間ごとに現地での観光ビザの延長が必要となり、費用も発生します。1年の場合は3万4500円の費用がかかります。

現地生活費(お小遣い):48万円

フィリピンでの現地生活費は、個人の生活スタイルによって大きく変わります。外食や買い物、旅行の機会が多ければその分出費が多くなります。平均的に1年に24万円ほどになります。

日本と比較すると物価の安いフィリピンですが、ショッピングセンターや観光客が多いところに行くと、日本と変わらないくらいの物価のこともあります。海外にいるとついつい使う過ぎてしまうことがあるので、使用金額を制限したい方は計画的に使いましょう。

日本での支払い費用と現地での支払い費用

フィリピン留学に掛かる費用は、日本にいる間に支払う費用と、現地に行ってから支払う費用の2種類があります。日本支払い費用と現地支払い費用がそれぞれどれくらい掛かるかを把握することで、予算計画が立てやすくなります。

日本での支払い費用

・授業料、滞在費、食費
・入学金
・空港送迎費
日本での支払い費用は、145万5,000円〜241万5,000円

現地での支払い費用

・教材費
・水道光熱費
・SSP申請費
・寮のデポジット費
・ビザの延長費
現地での支払い費用は、25万7,000円〜26万1,000円ほどになります。

<おさらい>1年のフィリピン留学総額費用

お金

今までの各費用項目を整理すると、1年のフィリピン留学に掛かる総額費用は下記のとおりとなります。

授業料・滞在費・食費 144万円〜240万円
その他諸経費 19万2,000円〜19万6,000円
航空券 5万円~7万円
海外旅行保険 12万円〜24万円
ビザ 8万円
現地生活費(お小遣い) 48万円
総額 236万2,000円〜346万6,000円

コストを抑えられると言われるフィリピン留学ですが、費用を細く見るとこのような金額になります。欧米への留学費用と比較すると金額は安いですが、レッスン内容がマンツーマン主体ということやレッスン時間も多く、額面以上にコストパフォーマンスは高くなっています。

まとめ

以上が1年のフィリピン留学に掛かる留学費用についてでした。今回ご紹介した費用はあくまでも一例になります。地域や学校、受講コースや滞在先タイプによって費用は大きく変動していきます。気になる学校がありましたら、まずは費用の無料見積りをしてみましょう。

また、他の期間での留学費用が知りたい方はこちらを紹介しているので、参考にしてみてください。
1週間のフィリピン留学費用の内訳と総額
1ヶ月のフィリピン留学費用の内訳と総額
3ヶ月のフィリピン留学費用の内訳と総額
半年のフィリピン留学費用の内訳と総額

フィリピン留学トップへ

フィリピン留学ガイド

フィリピン留学の出国から帰国までの流れ

フィリピン留学の特徴とメリット・デメリット

フィリピンの現地生活情報

フィリピン英語の特徴と訛り

目的からフィリピン留学を探す

2ヶ国留学のススメ

フィリピン留学コース選定ガイド

フィリピンの天気・気候と服装

フィリピン留学おすすめ人気都市ランキング

フィリピン留学で失敗しないための学校の選び方

フィリピン留学リアルレポート

フィリピン留学の滞在先の種類と特徴

フィリピン留学持ち物リスト

留学計画早見表

1週間のフィリピン留学費用の内訳と総額

1ヶ月のフィリピン留学費用の内訳と総額

3ヶ月のフィリピン留学費用の内訳と総額

半年のフィリピン留学費用の内訳と総額

英語試験対策とスコア換算表

フィリピン留学に必要なビザ情報

フィリピンの空港情報と市内へのアクセス方法

1年のフィリピン留学費用の内訳と総額

フィリピン留学前の準備の流れ

フィリピンの祝日情報

フィリピンのおすすめ観光スポット情報

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学コーディネーターが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

School Withならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30 (祝日除く)

会員登録をして相談しよう メールで留学相談する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会(@東京)に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

School Withなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

3

安心の学校倒産保証(フィリピンのみ)

学校が万が一倒産した場合も、残りの留学期間を代替校で継続して授業が受けられるよう保証いたします。

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。