1ヶ月のフィリピン留学の費用はいくら?内訳と安く抑えるコツを紹介します!

フィリピン 留学 費用 1ヶ月

「1ヶ月のフィリピン留学の費用って実際いくら?」

そう思って調べてみても、費用に幅があってイマイチいくら必要なのかわからないという方もいいのではないでしょうか。実際にフィリピンの語学学校の数は多く、学校ごとに料金が変わるため一概に料金は出しづらいのが実情です。

そこで今回はSchool Withがご案内している語学学校の中央値を元に、フィリピン留学の費用が具体的にいくらになるのか、予算と合わない時の節約方法などをご紹介して、あなたがフィリピン留学をより現実的に考えられるようまとめたいと思います。

フィリピン留学へ行くことは考えているが、まだ準備を進められていないと考えている方はぜひ本記事を参考に準備を進めてみてくださいね。

本記事はSchool Withでご案内している語学学校が出している費用を参考に作成しています。

ズバリ!1ヶ月の留学費用の総額は33万円!

フィリピン 留学 費用 1ヶ月

それではまず1ヶ月のフィリピン留学の総額をお伝えします。

項目 料金
授業料・滞在費・食費 18万円
その他諸経費 4万円
航空券 5万円
海外旅行保険 2万円
ビザ 0円
現地生活費(お小遣い) 4万円
総額 33万円

それぞれの項目について詳しく知りたい方は、一つずつ詳しくみていきましょう。

LINE留学相談

授業料・滞在費・食費:18万円

フィリピン 留学 費用 1ヶ月 教科書

フィリピン留学の授業料には基本的に授業料・滞在費・食費が含まれており、受講コース・留学期間・部屋タイプによって変動します。コースの種類や宿泊先の部屋の人数によっても金額は異なりますが、一般的な語学学校であれば18万円前後の費用がかかります。

最も授業料の抑えられる学校では約9.8万円から、設備の整った学校では60万円まで。価格帯は非常に幅広いです。

また、フィリピン留学の最大の特長はマンツーマン授業がメインであることと、そのコマ数の多さです。
マンツーマンでより長い時間英語に触れることが出来るうえ、1日に7~8コマの授業を受けることができるため本気で英語を伸ばしたいという方にはぴったりの留学先といえます。

授業料について

授業料は選択するコースによって大きく金額が異なります。一般的なコースで多くの方が受講するのはESLコースになり、費用のベースになります。

ESLを軸に考え、費用の上下に影響してくるのは下記3点になります。

・レッスンのコマ数

単純にレッスンのコマ数が多ければ多いほど費用は高くなる傾向にあり、少なければ安くなる傾向です。

・マンツーマンレッスン比率

フィリピン留学のレッスンはマンツーマン形式とグループ形式に分かれます。マンツーマン4コマ、グループ2コマくらいが一般的なESLコースになります。全体のコマ数が同じでもマンツーマンレッスンの比率がグループレッスンより高い場合は、費用も高くなる傾向にあります。

・専門的なカリキュラムかどうか

受講できるコースには一般英語を学ぶESLだけでなく、ビジネス英語やTOEIC等の試験対策など専門的なカリキュラムが組まれたコースがあります。同じコマ数でも専門的なカリキュラムを提供するコースの方が費用は高くなる傾向にあります。

滞在費・寮費について

フィリピン 留学 費用 1ヶ月

フィリピン留学中の滞在形式は主に学校の寮、学校提携先のホテル・コンドミニアムになります。多くのフィリピンの語学学校は学校と寮が一体化、または学校のすぐ近くにあります。

費用については、一般的に旅行でホテルに泊まる時とイメージは同じで、何人部屋に宿泊するかで費用が異なってきます。一般的に1部屋あたりの人数が多い部屋ほど、費用は安くなります。

例えば、1人部屋、2人部屋、4人部屋、6人部屋の部屋タイプを提供している学校だと1人部屋が一番高くなり、6人部屋が一番安くなります。

多くの学校では、この費用の中に週に2~3回の部屋の清掃や衣類の洗濯も含まれています。また学校によってはトレーニングジムやプール等が付いている宿泊施設もあります。

Wi-Fiについては基本的にどこの学校でも回線が通っていますが、接続スピードは場所によってまちまちです。

また施設が新しく清潔感に力を入れているところほど費用がかかり、一方施設が古くメンテナンスをあまり重点的に行っていないところでは費用が抑えられます。

食費について

食事は基本的に土日含め、1日3食付いていることがほとんどです。食費は授業料に含まれているため、費用の変動はありませんが、一部の学校では食費が別料金として設けられている場合があるので、事前に確認しましょう。

その他学校支払い諸経費:4万円

授業料や滞在費以外に、入学金や空港送迎費、教材費、水道光熱費など諸経費がかかってきます。

入学金:1.5万円

ほとんどの学校では入学する際に入学金が必要になります。授業料に含まれている場合とそうでない場合があり、平均1.5万円前後になります。

空港送迎費:学校によって発生

現地の空港に到着した際にピックアップしてもらい、学校まで送迎してもらえるサービスです。

多くの学校は、空港から学校までの送迎は無料で提供しています。しかし深夜遅くなど規定の時間外で対応となったり、空港から学校まで距離があったりする場合には別途費用がかかることもあります。

またバギオのような空港から遠く離れた地域の空港送迎費は5,000円前後かかることもありますので、必ず出発前に確認しましょう。

なお、送迎は基本的にフィリピンの空港に到着する際のピックアップとなっており、帰国の際の送迎は基本的にはついていません。もし帰国の際も送迎をつけたい場合は別途料金がかかるのでご注意ください。

教材費:0.2万円

受講コースやレベルによって教科書の種類と教科書数は異なります。1冊平均500円のものを4冊ほど利用される方が多いため、平均2,000円ほどになります。

水道光熱費:0.3万円

寮に滞在される場合は、寮費とは別に水道光熱費がかかる場合があります。費用については、固定額と利用した分に応じて変動する場合があります。1ヶ月で平均3,000円ほどになります。

実はフィリピンは電気・水道などのインフラ費が高い傾向があります。特に実費精算の場合は使い過ぎにはご注意ください。

宿泊先のデポジット費:0.5万円

寮やホテルに滞在される際に、最初にデポジット費用ががかる場合があります。これは万が一部屋の鍵をなくした場合や、設備を破損した場合などの補償金となります。

特に問題がない場合は帰国する際に返金される費用になります。滞在を開始する際に、平均5,000円ほどが必要となります。

SSP申請費:1.5万円

SSP(Special Study Permit)とは、観光を目的としてフィリピンに入国した外国人が、合法的に就学するために必要な許可証です。フィリピンの語学学校へ留学する場合は1週間の留学でも必要となります。

申請手続きについては学校が代理で行ってくれます。費用は学校によって異なりますが、1.5万円程度です。

LINE留学相談

航空券:5万円

フィリピン 留学 費用 1ヶ月 飛行機

フィリピンへはLCC(格安航空)も多く飛んでいます。

渡航費を抑えたい方はそちらを利用すると平均で5万円ほどあれば航空券は購入できます。ただし、お盆やゴールデンウィークなどのハイシーズンになると、10万円でも航空券が買えない場合もあるので、なるべく費用を抑えたい方はなるべくハイシーズンを避けて渡航することをおすすめします。

フィリピン留学でよく利用される航空会社は以下の通りです。

・セブパシフィック航空
フィリピンの格安航空会社です。時々プロモーションセールを行っており、安く購入できることもあります。
・フィリピン航空
フィリピンを代表する航空会社(ナショナル・フラッグ・キャリア)です。
・ANA全日空/JAL日本航空
日本の二大航空会社です。料金はフィリピンの航空会社よりもやや高めです。

また格安航空会社は不定期でセールを行うことがあるため、その時期に航空券をうまく購入できれば、2~3万円で往復航空券を購入することもできます。
フィリピン行き(マニラ・セブ島)格安航空券の探し方&お得情報まとめ

海外旅行保険:2万円

現地で病気やケガ、トラブルに会った時のために、海外旅行保険の加入は必須です。保険会社やプラン(補償内容)にもより金額は異なりますが、1ヶ月平均2万円ほどかかります。

クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用する方もいますが、カード会社とカードの種類によって補償内容や期間などが異なってきますので、クレジットカード付帯保険を利用する場合は必ず事前に補償内容と条件を確認しておきましょう。
フィリピン留学で保険は必要?おすすめの保険から選び方のポイントまで徹底解説

ビザ:0円

日本人の場合、30日以内のフィリピン滞在であれば、ビザは申請不要なためビザ代はかかりません。

一方滞在期間が30日を越える場合は、30日間ごとに現地での観光ビザの延長が必要となり費用も発生するので、留学期間を迷われている、あるいは留学後に旅行でしばらく現地にいたい場合には、期間ごとにかかるビザ費用がいくらになるかをしっかりと押さえておきましょう。
フィリピン留学に必要なビザ情報

現地生活費(お小遣い):4万円

フィリピン 留学 費用 1ヶ月

フィリピンでの現地生活費は、個人の生活スタイルによって大きく変わります。

外食や買い物、旅行の機会が多ければその分出費が多くなります。1ヶ月では4万円程度を目安にしましょう。

日本と比較すると物価の安いフィリピンですが、ショッピングセンターや観光客が多いところに行くと、日本と変わらないくらいの物価のこともあります。海外にいるとついつい使う過ぎてしまうことがあるので、使用金額を制限したい方は計画的に使いましょう。
フィリピンの物価って実際安いの?現地の物価事情を項目別にまとめて解説!

またフィリピン留学では、休日に他の留学生や学校の先生と観光に出ることもあります。そうなると現地生活費も高くなるので、休日の予定は予算を元に決めましょう。

留学費用を抑える!節約のポイント

フィリピン 留学 費用 1ヶ月 節約

ここまでフィリピン留学の費用について、総額と内訳をご紹介してきました。いかがでしょうか、あなたの予算にあったものだったでしょうか。

もし予算が足りないと感じた場合はご安心ください。フィリピン留学では先ほど紹介した内訳の中で節約できるポイントがいくつかあるので、それらを押さえると留学費用を減らすことが可能です。

節約のポイント(1)授業数を減らす【2〜3万円節約】

まず大きく予算を抑えたいなら、授業数を減らすという選択肢があります。

フィリピンの語学学校では多くの場合、複数の授業数でのコースを用意しているので、予算に合わない場合には想定していた授業数から何コマか減らしたコースを受講することで授業料を抑えられます。

また単純にコマ数を減らさなくても、マンツーマンクラスのいくつかをグループに変更するなどしても授業にかかる費用が減ります。

ただし注意点としては、授業を減らした分勉強の時間が減ることです。減った分自習に当てて英語力を向上させられるというのなら話は別ですが、授業でないと集中できないということであれば、授業数は減らさない方が無難でしょう。

他にも時間ができる分外に出る機会が増え、結果として現地生活費が高くついてしまうこともあるので、授業数を減らすことには注意が必要です。

節約のポイント(2)滞在先を複数人部屋に変更する【2〜3万円節約】

滞在先を複数人部屋に変更することも留学費用を抑えるポイントとなります。

フィリピンの語学学校では、多くの場合寮、あるいはホテルの部屋は1人部屋、2人部屋、3人部屋などの種類があり、部屋人数が増えるほど滞在費が安い傾向があります。

注意点としては、複数人部屋が必ずしもすべての人に良い選択とはならないこと。人によっては自分の部屋に他人が生活していることがストレスに感じる場合もあり、無理して複数人部屋で生活してもストレスが溜まってしまいます。

ことによっては体調を崩したりなどもしかねないため、滞在先は自身がどのような環境なら快適に生活できるかを元に選択しましょう。

節約のポイント(3)休日もあまり遊ばず勉強に集中する【2〜3万円節約】

現地生活費を抑えるなら休日もなるべく勉強などを行い、出費を抑えるという手段もあります。フィリピンでは物価が日本と比べ安く、気軽に買い物ができる分、思ったより買い過ぎたりし結果としてかなり出費をしてしまったということもあります。

どうしても費用を工面できない場合、奨学金という選択肢もあります。
以下の記事でもご紹介しておりますので、費用に不安のある方は参考にしてみてくださいね。
留学するなら必須!留学奨学金・助成金まとめ
留学ローンって実際どうなの?種類から利用方法、社会人の借り入れまで徹底解説

またSchool Withではクレジットカードでの支払いも受け付けています。
費用面に不安がある方はぜひお気軽にご相談ください。

まとめ

以上が1ヶ月のフィリピン留学にかかる留学費用についてでした。

改めておさらいすると、以下が1ヵ月のフィリピン留学の費用です。

項目 料金
授業料・滞在費・食費 18万円
その他諸経費 4万円
航空券 5万円
海外旅行保険 2万円
ビザ 0円
現地生活費(お小遣い) 4万円
総額 33万円

今回ご紹介した費用はあくまでも一例になります。地域や学校、受講コースや滞在先タイプによって費用は大きく変動していきます。気になる学校がありましたら、まずは費用の無料見積りをしてみましょう。

見積もりを取ることで、留学費用のより具体的な金額が想定でき、留学準備を早く進めることができるようになります。
フィリピンの人気語学学校一覧はこちら

また、費用や学校について相談したい!という方はSchool Withで無料留学相談を受け付けています。ぜひお気軽にご相談くださいね。
School With無料留学相談はこちら

LINE留学相談

フィリピン留学ガイド

フィリピン留学のメリット・デメリット

期間別のフィリピン留学費用まとめ

1週間のフィリピン留学費用

2週間のフィリピン留学費用

3週間のフィリピン留学費用

1ヶ月のフィリピン留学費用

2ヶ月のフィリピン留学費用

3ヶ月のフィリピン留学費用

半年のフィリピン留学費用

1年のフィリピン留学費用

留学計画早見表

英語試験対策とスコア換算表

フィリピン英語の特徴と訛り

フィリピンの天気・気候と服装

フィリピンの現地生活

フィリピンのおすすめ観光スポット

フィリピンのおすすめアクティビティ

2ヶ国留学のススメ

フィリピン留学に人気の都市ランキング

目的からフィリピン留学を探す

フィリピン留学の学校の選び方

フィリピン留学コース選定ガイド

フィリピン留学の滞在先の種類と特徴

フィリピン留学前の準備の流れ

フィリピン留学の出国から帰国までの流れ

フィリピン留学持ち物リスト

フィリピン留学に必要なビザ

フィリピンの空港と市内へのアクセス方法

フィリピンの祝日

フィリピン留学リアルレポート

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学カウンセラーが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

School Withならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学カウンセラーへ相談する

03-4330-0935

お気軽にお問い合わせください。

会員登録をして相談しよう メールで留学相談する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会(@東京)に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

School Withなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

3

安心の学校倒産保証(フィリピンのみ)

学校が万が一倒産した場合も、残りの留学期間を代替校で継続して授業が受けられるよう保証いたします。

無料留学相談は
こちらから

留学カウンセラーへ相談する

03-4330-0935

お気軽にお問い合わせください。

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。