フィリピン留学おすすめ人気都市ランキング

東南アジアにあるフィリピンは、ルソン島・ビサヤ諸島・ミンダナオ島などを中心とし、大小合わせて約7,100の島々で構成されている国です。熱帯気候のため、一年を通して気温・湿度が高く、年平均気温は26〜27℃となっています。地域によって異なりますが、雨季(6〜11月)と乾季(12〜5月)の季節があります。歴史的背景からヨーロッパ・アメリカ・アジアの生活様式や文化を持ち合わせており、共通語として英語が多く話されているのも特徴です。アメリカ企業が大規模なコールセンターの地としていたり、アメリカ・イギリスに次ぐ世界第3位の英語話者が多い国でもあります。そのため、英語学習の地として注目され、数多くの語学学校がフィリピン国内に点在しています。

1位 セブ島

セブ島

セブ島基本情報

フィリピン留学の聖地であり、世界屈指のリゾート

フィリピンで英語学校が最も多く集中し、リゾート地やセブ空港があるマクタン島と一部都市化が進むセブ本島に分けられます。世界有数のリゾート地だけあって東京、大阪、名古屋からもセブ行きの直行便が出ています。ITパークと呼ばれる地区には高層ビルが立ち並び、アヤラモールやSMモールなどの大型ショッピングセンターが点在します。勉強も遊びも楽しみたい人に最適です。

セブ島留学のおすすめポイント

リゾートで有名な地域なので週末のアクティビティも充実

セブ市東部のマクタン島にはホテルをはじめとするリゾート施設が充実しており、スキューバダイビングやウインドサーフィン、パラセーリングなどのマリンスポーツが楽しめます。また、島内にはゴルフ場や本格的なスパやエステサロン、カジノやレストラン、バーやカフェなどのナイトスポットも充実しています。セブ島周辺にあるボボール島など、少し足を伸ばすとダイビング・観光にお勧めなスポットも数多くあるので、セブを拠点に周辺の島々を訪れることもできます。

多くの観光客が集まるフィリピン第二の都市

南北に細長いセブ本島を中心としたセブ州は、セブ島・マクタン島など計167の島々で構成されています。一般的に知られているセブ・リゾート地は、マクタン・セブ空港が位置するマクタン島を指しています。世界でもフィリピンの屈指のリゾート地として知られ、多くの観光客が集まる都市。また中心地のセブシティは「Queen City of the South(南部の女王)」の愛称で親しまれ、マニラに次ぐ第二の都市です。観光客がよく訪れる巨大ショッピング・モールやリゾートホテルが多数あります。

フィリピンで一番多くの語学学校が集まる地域

フィリピン留学といえばセブ島をイメージする人が多いほど人気の留学先です。街の活気が感じられるセブシティとリゾート地のマクタン島と2つのエリアに100校以上の語学学校が存在します。日本人経営や韓国人経営、試験対策に特化したカリキュラムなど、それぞれ違う色を持った学校があるため、豊富な選択肢から自分にあった学校選びをすることができます。日本各地から直行便もあるセブ島でザ・フィリピン留学を体感することができます。

2位 バギオ

バギオ

バギオ基本情報

フィリピンの軽井沢と称される涼しい気候の高原都市

高原都市バギオはマニラからバスで6時間ほどの距離で、標高が1500メートルと高い地形にあります。そのため1年中涼しい気候が特徴で、フィリピンの避暑地として人気です。雨季の中でも7月から10月は強い雨が降り、湿度が高くなるため注意です。遊ぶ場所が少なく、本気で英語を学ぶ人向けのスパルタと呼ばれる学校が傾向として多いです。

バギオ留学のおすすめポイント

年間平均気温が23℃前後と涼しい地域で、避暑地として人気

バギオはフィリピン最大の島・ルソン島北部の中心都市で、首都マニラから車で約6時間~8時間の標高約1,500mに位置しています。平均気温が23℃で、最も暑い4月でも26℃を超えることがほとんど無く、避暑地としても有名です。年中冷涼な気候のため、3月から6月にかけて夏の一番暑い時期にマニラから大統領府をはじめとした政府主要機関がバギオに移動します。このことからバギオは「サマーキャピタル(夏の首都)」とも呼ばれています。ただし山岳地帯の為、7月〜9月の雨季にあたる時期はほぼ毎日雨が降ります。

海より山派、食事は野菜中心が好きという方におすすめ

バギオはフィリピンの中でも農業が盛んな地域で、フィリピンでは珍しく新鮮な野菜やフルーツを楽しむことが出来ます。山岳地帯でありながら、少し足を伸ばすと様々な見どころがあります。世界文化遺産にも登録されているコルディレラの棚田群(ライステラス)で知られるバナウェは、約2000年前にイフガオ族が神への捧げ物として造ったといわれており、その壮大さゆえに「天国への階段」と呼ばれ、世界の七不思議に次ぐ、八番目の不思議とも言われています。バギオからバスで1時間半のところには、海のリゾート地「サン・フェルナンド」があり、世界各国のサーファーが集まるとても人気ビーチです。

とにかく勉強に集中したいという学習意欲が高い学生が多く集まる

フィリピンの中で安全な都市の1つであるバギオ。マニラやセブよりも犯罪率は低く、東京をも下回るデータが出ています。バギオは物価も安く、生活必需品などは日本の約3分の1の値段で購入できます。バギオは34万人の都市ですが、総合大学が多くあり、フィリピンの「教育都市」として有名です。バギオの英語語学学校も徹底的に勉強するスタイルのスパルタ式の学校が多く、長期間勉強に集中したい学生が多く集まる傾向にあります。

3位 クラーク

クラーク

クラーク基本情報

米軍基地の名残りからか欧米人が多く住む街

マニラから車で約2時間に位置します。都市名はアンヘレスですが、特別区内はクラークと呼ばれています。ゴルフ場やカジノ、歓楽街などが充実し、米軍基地があった名残から欧米人が多く住みます。その為、他都市に比べて欧米ネイティブスピーカーの講師割合が高い学校がいくつかあります。欧米ネイティブ講師とのマンツーマンレッスンが実現できる世界でも稀有な街です。

クラーク留学のおすすめポイント

年間を通して気候が安定している経済特区

クラークはマニラから車で3~4時間の場所に位置します。他の地域よりも大雨や台風による影響が小さく、年間を通して時期を問わず快適に過ごすことができます。フィリピンならではの渋滞に悩まされることなく経済特区内では現地の乗り物ジプニー、それ以外の地域ではトライシクルがメインの交通手段となります。元米軍基地があったため、現在でも欧米人が多く居住しています。米軍基地がフィリピン政府に返還された跡地は現在経済特別区に指定されており、経済発展が進んでいます。

ショッピングセンターもあり生活しやすく、週末はゴルフや周辺地域に小旅行も可能

クラークは、中心部にはショッピングセンターやゴルフ場、日本でもお馴染みのマクドナルドや映画館など商業施設やレジャー施設も充実しています。また、クラークから車で約1時間程度のところにはスービックという有名なビーチリゾートがあります。スービックではビーチだけでなく動物園でアニマルショーも楽しめます。クラークから車で約1時間移動するとハイキングやトレッキングツアーを楽しめるピナツボ火山があります。車で3時間程度離れたところにあるハンドレットアイランドでは白砂のビーチでリラックスしたり無人島探検ができます。

欧米ネイティブ講師のマンツーマンレッスンを受けることができる

クラーク地域に留学する最大の魅力は、ネイティブ講師のマンツーマンレッスンを受けれることです。米軍基地はあった名残から今でも多くの欧米人が在住しており、どの語学学校も多くのネイティブ講師を抱えています。欧米へ行かずともネイティブ講師のレッスンを受けれるため、発音を気にする方やフィリピン留学の後にワーホリや英語圏への二カ国留学を考えている方におすすめの地域となります。経済特区に指定されているので警備の数や質が良く、警察の取締りもあちこちで行われていて犯罪率が少ない地域です。

4位 マニラ

マニラ

マニラ基本情報

アジア有数の巨大都市であり、ビジネスの中心地

フィリピンの中で最も大きなルソン島に位置する首都マニラは人口1000万人を超えるメガシティです。政治、経済、文化、交通の中心地でオフィスビルや24時間オープンのショッピングセンターが多く立ち並びます。語学学校は中心部から少し離れたところに点在しています。マニラは渋滞が激しいところが不安要素ですが、新興国らしい雰囲気を感じることができます。

マニラ留学のおすすめポイント

政治・経済・文化の中心であるフィリピンの首都

フィリピンの首都、マニラの正式名称は『メトロマニラ』。マニラ市をはじめとする17の行政地域の集合体がメトロマニラ(マニラ首都圏)です。通常マニラと言う場合にはこのメトロマニラを指し、マニラ市はマニラシティと呼ばれています。 大都市マニラは歴史的でありながら現代的で、また裕福であり貧しくもあります。美しく整備されたショッピングエリアや幹線道路のほど近くには、まるでそこだけ時が止まったような遺跡や歴史的建造物が横たわり、一歩中心地を離れれば手付かずの大自然が残されています。

大型ショッピングモールが多くあり、買い物天国

首都マニラの中でも特に発展したマカティは、フィリピン最大財閥のひとつであるアヤラ一族によって開発されたエリアで、高層ビルが立ち並ぶ近代的な雰囲気です。高級ホテルも数多くあり、たくさんの旅行者が集まります。マカティの中心部、アヤラ通りとマカティ通りの交差点付近、「アヤラセンター」は、グロリエッタ、グリーンベルトなどの巨大ショッピングモールや、デパート、スーパーマーケットが広がる一大ショッピングゾーン。またマニラ湾沿いにあるアジア最大のショッピングセンター"Mall of Asia(モール・オブ・エイジア)"、頭文字をとってMOA(モア)、も初めて訪れるとまずその規模に圧倒されます。モールやデパートをはしごして一日中楽しめるほど、マニラにはたくさんのショッピングスポットがあります。

日本からの直行便も多く、アクセスが良いため短期留学の方に人気

日本から直行便が多くアクセスの良いマニラは、ビジネスマンを中心として短期留学に人気の地域となっています。マニラ首都圏には世界中から多くのビジネスマンが集まり、日本人も多く住んでいます。ショッピングモールやお店も充実しているため、語学学校で学んだ英語を実践の場でアウトプットできる環境も万全です。フィリピンの活気づいた大都市でビジネスの最先端を感じつつ、留学できるのがマニラ留学の魅力です。

5位 ダバオ

ダバオ

ダバオ基本情報

美しい海と緑に囲まれた暮らしやすい第三の都市

ダバオはフィリピン南部に位置するミンダナオ島の都市です。マニラ・セブに次ぐ第三の都市と呼ばれています。20世紀初頭に多くの日本人が移民としてダバオに行ったことから、現在でも多くの日系人が住んでいる地域でもあります。一年を通して比較的天気が良く、また都市全体が禁煙になっているため、空気もよく、生活するのに適した都市です。海や山へのアクセスも良好です。

ダバオ留学のおすすめポイント

台風などの影響が少なく天候が安定しているフィリピン第三の都市

ダバオはマニラ、セブに続いてフィリピン第三の都市で、戦前は多くの日本人が住んでいたことで知られています。年間を通して台風や地震など自然災害の心配もなく、平均気温が27度の温暖な気候と、程良い雨量に恵まれています。そのためバナナやドリアンなど多くのフルーツの産地としても有名です。一度ダバオへ訪れたら、誰もがもう一度訪れたいと思うほど、澄んだ空気と水がありゆったりと過ごせます。

週末はビーチリゾート・ゴルフ・買い物など様々な過ごし方が出来る

ダバオにはフィリピン国内でも人気のキレイなビーチやダイビングスポット、ヨットクラブが豊富にあり、沖合いにあるサマール島はマリンスポーツの人気スポットです。ダイビングライセンスの取得も格安でできるのが物価の安いダバオの魅力の一つです。また、マリンスポーツだけでなくゴルフや乗馬も低価格で楽しむことができます。フィリピン最高峰のアポ山の近くではゴルフレッスンとラウンドを楽しむことができるクラブもあります。

日本との深い繋がりがあり、日本文化が残る街

実は日本と非常に深い繋がりのあるダバオ。戦前多くの日本人がダバオに移住し、農業開発などに日本人が関わっており、現在でも日系人が多く住んでいます。ダバオ市内の治安はフィリピン国内でも非常に良いと言われており、現地に住む人々もとても気さくで優しく接してくれます。日本からダバオへは直行便がなく、マニラ又はセブ島での乗り継ぎが必要となります。日本人生徒の少ない環境で費用を抑えて留学されたい方におすすめの地域です。

6位 ターラック

ターラック

ターラック基本情報

のどかで穏やかな田舎街

ターラックはルソン島の北部、マニラから北に124kmの所にあります。農村地帯のため大変のどかでおだやかな都市ですが、バスは24時間あるため、移動に便利な地域です。ターラックは年中安定した気候で、程よく田舎で程よく都会ととてもバランスがとれた都市と言えます。レジャー施設が少し離れたところにあり、勉強に集中することが可能です。

ターラック留学のおすすめポイント

田舎町でゆったりとした雰囲気

ターラックは年中安定した気候で、程良く田舎で程良く都会というとてもバランスが取れた都市です。ターラックは地域のほとんどが農村地帯ですが、バスは24時間あるため、交通の便がよい地域です。ターラック市内にはショッピングモール、スターバックスや映画館、総合病院、ゴルフ場などのレクリエーション施設もあり、生活に不便を感じることはありません。

街中に遊ぶ場所が少なく、オンとオフの切り替えをしやすく勉強に集中できる

高速バスに乗れば、海、山、都会など様々な場所に行くことができます。車で2~3時間でマニラやバギオにも移動できるため、週末を利用して小旅行もできます。ピナツボ火山、少し足を伸ばせば世界遺産であり、まるでスペインのような街並みが楽しめるビガンやバナウェイにも行くこともできます。勉強と息抜きのオンとオフをきっちり分けたい人におすすめです。

治安が比較的良いので、海外が不安な方にもおすすめ

ターラックには空港がないため、日本からはまずはマニラに行く必要があります。マニラからは車で2~3時間で到着します。街にはお店の数もそれほど多くなく、遊びの誘惑も少ないです。ターラックはフィリピン国内でも治安の良い地域なため、都会の喧騒を離れて安全な田舎で、のんびりリラックスして勉強したい人におすすめの地域となります。

7位 バコロド

バコロド

バコロド基本情報

微笑みの街、バコロド

バコロドはフィリピン中部のネグロス島北部の都市です。日本から行く場合はマニラから飛行機を乗り継いで1時間弱のところにあります。「微笑みの街」とも呼ばれており、街の雰囲気は親しみやすく、バコロドに住む人々はフレンドリーな人が多いです。バコロドは白い砂のビーチや有名な観光地はありませんが、ゆったりとした田舎生活をしたい方にはおすすめと言われており、勉強も集中しやすいでしょう。街を歩いていても日本人に遭遇することはあまりないかもしれません。なぜかチキンが有名で、美味しいチキンを食べたい人はバコロドを選んでみるのも選択肢です。

バコロド留学のおすすめポイント

外国人にも有効的な微笑みの街

バコロドはフィリピン中部地域に位置するフィリピン最大の砂糖の生産地として有名な都市です。日本の夏に似た気候で、平均気温は年間を通して26℃程度で日中は30℃を越えることもあります。8月や9月は台風が多く豪雨になることもあります。安全でのんびりとした雰囲気を醸し出す和やかな「微笑みの街」として知られており、外国人にも大変好意的で、素直で優しい人々が多い街です。国民生活満足度調査では「一番住みやすい都市1位」に何度も選出されています。

バコロドチキンが有名な食べ物天国

バコロドはビーチリゾートというだけでなはく、伝統文化も残っている歴史のある街です。毎年10月に開催される民族衣装を身につけて道を練り歩く「マスカラフェスティバル」のパレードは有名で、微笑みの街ならではの現地文化の体験ができます。また、鶏肉の美味しい街としても有名です。美味しいバコロドチキン・果物・飲料・スイーツを格安で楽しむことも可能な食べ物天国バコロドだと長期留学でも飽きることがないです。

日本人留学生が少ない穴場の留学スポット

フィリピン留学の留学先として認知度が低い地域ですが、学費や物価が大都市と比べると安く、治安の良さも魅力です。バコロドではコールセンター産業が盛んで、ローカルフィリピン人の英語力が高く、アメリカ系、カナダ系など欧米企業のコールセンターが続々と進出しております。アメリカンアクセントの専門トレーニングを受けたコールセンター出身の講師陣を積極的に採用している学校が多いので、スピーキング力に焦点を置いた留学をご希望の方におすすめです。

8位 ドゥマゲッティ

ドゥマゲッティ

ドゥマゲッティ基本情報

海と若者の街、ドゥマゲッティ

ドゥマゲッティはネグロス島にあり人口10万人を越える比較的大きな都市です。ダイビングの隠れたスポットとして有名であり、また多くの学校が集まった若者の街としても有名です。ドゥマゲッティの海は、フィリピンの他の海とは別格と言われるほど美しく、海岸線に沿って歩道があります。ここでは景観保護が徹底されており、ゴミを捨てると罰金が化せられるほどです。「学園都市」という別名を持つほど、至るところに学校があります。

ドゥマゲッティ留学のおすすめポイント

アジア各地から学生が集まり、町に学生が多い学園都市

ドゥマゲッティは、ネグロス島南部にある都市です。気候は年間を通して平均気温は28度、降水量は東京の約半分です。南国特有のスコールが一日1~2時間降った後は、さっきまで降っていた雨が嘘のようにカラッと晴れます。人口13万人の小さな街ですが約30%が学生というフィリピン屈指の学園都市です。マニラやセブなどの都市部と比較するとコンパクトな街並みですが、様々な国籍の人が集まり、小さな世界を形成しているため街に出れば多くの外国人を見かけます。

世界でも有数の綺麗な海があり、海のリゾート・アクティビティを楽しみたい方におすすめ

街の中心部にある、18世紀中期に建てられたと言われるベルタワーは古くから街のシンボルです。動物園も有名で、ネグロスオリエンタル州にしかいないシリマンズやイノシシなどの固有種を見ることができます。ドゥマゲッティからフェリーで1時間程度でいけるシキホール島はダイビングスポットとして人気です。

温かい人が多い優しさの街

ドゥマゲッティ市の公式スローガンがCity of Gentle People(優しさの街ドゥマゲッティ)となっているほど、穏やかな人々が多いのが特徴です。フィリピン屈指の学園都市と言われるだけに、人々が誇りを持ち秩序を保っており治安の良い地域です。優秀な人材が多く、英語力を必要とする人材採用を積極的に行ってます。プライベートスクールなども数多くあり、教育移住に適した街です。

9位 イロイロ

イロイロ

イロイロ基本情報

フィリピンで一番住みやすい、教育学園都市

イロイロはフィリピン中部のパナイ島南部にある都市です。マニラから飛行機で1時間弱のところにあります。砂糖やマンゴーなどの生産地として、フィリピン農業の中心地でありながら、市街地にはショッピングモールも多くあり、日常生活には支障はありません。その他にもサンペドロ要塞をはじめとした観光地、教会や博物館など見どころも満載です。数多くの大学や専門学校があることから教育都市としても栄えているのが特徴です。世界的にも有名なリゾート地でもあるボラカイ島にも近く、週末を利用して遊びに行く留学生が多いです。

イロイロ留学のおすすめポイント

新旧建物が混在したフィリピンを代表する学園都市

イロイロはフィリピンの真ん中「パナイ島」の南岸にある地方都市です。年間を通じて平均気温が26〜7度に保たれており、非常に暖かで過ごしやすい気候です。街は大きく分けて、開発の進む「ニュータウン」と、活気あふれる「旧市街」の2つの顔を持ちます。マニラの次に高等教育機関が多く、約40の大学・カレッジが集中している、名実共にフィリピンを代表する教育・学園都市です。

人気リゾート地ボラカイ島へのアクセスも抜群

中心部から車を30分走らせると海や畑が広がり、いつでも自然に触れ合える環境です。パナイ島およびその周辺には様々な観光地やビーチリゾートがあり、気軽に週末旅行に行くことができます。世界遺産に登録されているミアガオ教会や約4kmも続くホワイトビーチと透き通った海を楽しめるボラカイ島は「世界最高の島」と評されるビーチリゾートです。辺り一面が夕日で真っ赤に染まる「ボラカイサンセット」は、息をのむほど美しいと評判です。

日本人留学生が少ない穴場の留学スポット

激しい交通渋滞や家賃の高騰などで過剰都市化が進むマニラやセブに続いて、近年イロイロは新たなBPO産業の拠点「NEXT WAVE CITY」として注目されています。地域ごとに様々なデータを公開している教育指数では、フィリピン全国平均と比較してもイロイロの教育は高水準と言えます。そのため講師の質や治安が良く学習に最適な環境で勉強に集中することができます。日本人留学生も他の地域と比べるとまだまだ少ない穴場スポットです。

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学コーディネーターが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

School Withならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30 (祝日除く)

会員登録をして相談しよう メールで留学相談する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会(@東京)に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

School Withなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

3

安心の学校倒産保証(フィリピンのみ)

学校が万が一倒産した場合も、残りの留学期間を代替校で継続して授業が受けられるよう保証いたします。

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。