ワーキングホリデー

憧れの海外で働きながら生活しよう

ワーキングホリデーとは2カ国の政府間協定により生まれた制度です。青年(18~30歳)が異なる文化の中で休暇を楽しみながら、滞在期間中の資金を補うために一定の就労を認められた査証制度です。語学学校に通うことはもちろんのこと、現地でのアルバイトや旅行など海外生活を自由に楽しむことが出来ます。「学ぶ」「働く」「暮らす」「旅する」をすべて実現できるのがワーキングホリデーの魅力です。一生に一度のワーキングホリデービザを活用して、海外での貴重な生活体験をしましょう。

ワーキングホリデーの特徴

  • 語学学校で基礎から英語を学べる

    ワーキングホリデービザでは一定期間の就学が許可されています。まずは3~4ヶ月学校に通い、英語力もアップし、生活にも慣れてきてから仕事探しをする人が多いです。すでにある程度英語力に自信がある方は、午前中は英語の授業を受けて、午後からアルバイトをすることもできます。

  • 海外で働く貴重な経験をできる

    ワーキングホリデーの魅力はなんといっても海外でアルバイトを通じて、働く経験ができることです。就ける仕事はご自身の英語レベルによって異なってきます。英語にあまり自信ない人は、日本食レストランや日本人観光客の対応がメインのお土産ショップ、ホテルのベッドメイキングなど、それほど英語力が必要にならない仕事がメインになってきます。英語レベルがある程度ある方は、地元のカフェやレストラン、ツアーガイドなど英語での対応が必要となってくるような仕事も選択できるようになります。

  • 長期間自由にいろいろな場所に旅ができる

    そもそもワーキングホリデーは休暇(ホリデー)を楽しむことを目的とした制度でもあります。そのため、勉強やアルバイトだけではなく、渡航先国内を旅行することはもちろん、現地の文化やエンターテインメント、スポーツなど様々なことをに積極的にチャレンジしてみましょう。

ワーキングホリデーの準備

  • ビザについて

    ビザについて

    ワーキングホリデービザは、海外で働けることが1番の特徴です。金銭面で長期滞在を諦めていた方も夢を叶えられるかもしれません。ビザ申請(受理)時の年齢が18~30歳までの方対象となります。ビザ申請時か受理時かは国により異なります。

  • 準備期間

    ビザについて

    ワーキングホリデーは1年間以上の長期間行くことが多いため、様々な準備が必要になります。ビザの申請と資金計画、現地での留学プラン、保険の申請などやることは多くあります。ビザの申請期間は国によって異なりますので、国ごとに確認しましょう。準備に早すぎることはないので、できるだけ早くから準備しましょう。

  • 準備費用

    ビザについて

    ワーキングホリデー中はアルバイトをするため、お金が掛からないと思う方がいますが、語学学校の授業料や生活費など実際は多くの費用が掛かります。アルバイトの仕方によっては、最終的にはプラスになる方もいますが、どれくらい自身が必要なのか、事前に把握しておくことをおすすめします。下記に参考費用を載せていますので、参考にしてみてください。

支出項目 オーストラリアの場合 カナダの場合
ビザ申請料金 3万5千円 1万5千円
往復航空運賃 5~10万円 8~15万円
海外留学保険(年間) 20万円 20万円
語学学校費
※4ヶ月
50万円 50万円
宿泊費&生活費 150万円 130万円
支出合計 約230万円 約210万円
収入(6ヵ月のアルバイト) 108万円(月18万円) 84万円(月14万円)
必要経費 約122万円 約126万円

ワーキングホリデー中の現地生活

仕事について

ビザについて

カフェ

カフェは、ワーキングホリデー中のアルバイト先として人気を誇ります。現地に溶け込んで同僚やお客さんとコミュニケーションを取る必要があるため、高度な英語力が求められます。またカフェによっては、バリスタのスキルを持っていることを期待されるため、事前にバリスタの学校に通う方もいます。

ビザについて

日本食レストラン

日本食レストランはワーキングホリデーで訪れる、多くの日本人がアルバイトをしている場所です。同僚も日本人が多く、英語がそれほど出来なくても接客ができるため、英語力に自信がない方でも比較的働き口を見つけやすいです。ただし、場所によっては求められるスキルやレベルが異なるため、英語力もないに越したことはないです。

ワーキングホリデーにあるよくある質問

  • ワーキングホリデーでもはじめは語学学校に通ったほうがいいですか?

    必ずしも必要はありませんが、環境に慣れるために数ヶ月学校に通うという方は多いです。その中で学校の友達や講師から仕事を紹介してもらったり、求人の探し方を教えてもらったりする人もいます。ただ留学先によってはワーキングホリデー中の就学期間が制限されている国もあります。代表的な国では、オーストラリアが4ヶ月、カナダ、ニュージーランドが6ヶ月がワーキングホリデービザで通える就学期間です。その他の国に関しては留学に必要な各国ビザ情報でまとめられているので、ご参照ください。

  • アルバイト先にはどんなものがありますか?

    カフェやレストランが一般的です。中でも日本食レストランは比較的職を手にしやすく、多くの日本人が働いています。他にもオーストラリアなどでは畑で作物を収穫する仕事の求人も多いです。

  • 仕事先はすぐに見つかりますか?

    こればかりは状況によるとしかお答えできません。しかしインターネットを使い求人を探したり、留学生同士で情報を交換したりする中で、仕事を見つけられるケースも多いので、積極的に情報を探してみてください。

  • どれくらいお金を持って行った方が良いですか?

    国によって費用は異なりますが、オーストラリアの場合、半年では222万円〜295万円ほど、1年では444万円〜590万円ほどかかります。 詳しい情報は英語留学ができる国一覧から国を選び、ページ内にある留学ガイドを見ていただくと具体的な費用を確認することができます。

  • ワーキングホリデービザの申請代行を行ってもらえますか?

    残念ながらSchool Withではワーキングホリデービザ申請の代行は行っていません。申請に必要な情報などはこちらに載せているので、そちらを参考にしていただきながらお客様自身で申請をお願いしております。

迷ったらカウンセラーに相談しよう

留学のご相談はお電話、メール、個別面談、留学説明会(東京)にて承っております。

ワーキングホリデー留学ガイド

ワーキングホリデーへ行く前の準備の流れ

ワーキングホリデーの特長とメリット・デメリット

ワーキングホリデーの持ち物リスト

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学カウンセラーが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

School Withならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学カウンセラーへ相談する

03-4500-8346

お気軽にお問い合わせください。

会員登録をして相談しよう メールで留学相談する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会(@東京)に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

School Withなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

3

安心の学校倒産保証(フィリピンのみ)

学校が万が一倒産した場合も、残りの留学期間を代替校で継続して授業が受けられるよう保証いたします。

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。