オーストラリア留学

南半球の大都市を有する留学人気国

豊かな自然と近代的な都市が融合し、南半球に位置する国。最大都市のシドニーはもちろん、グレートバリアリーフの玄関口ケアンズや、国内最大のリゾート地でありサーファーの聖地でもあるゴールドコースト、メルボルンはテニスなどスポーツイベントが多数。ブリスベン、パースは都市と自然が融合していて住みやすいと定評あります。日本人からはワーキングホリデーで人気の国で、日本人以外でも世界中から留学生が集います。

オーストラリア留学おすすめポイント

  • 世界で評価される住みやすい都市
  • オーストラリアはメルボルンやパースを始め、毎年発表される「世界で最も住みやすい都市ランキング」で多くの都市がランクインするほど、治安もよく魅力的な都市が多いです。全体的にコンパクトで人も多すぎず、都会と自然との距離が近く、バランスの取れた都市が多いです。エアーズロックやブルーマウンテン、グレートバリアリーフなどを始めとした、大自然にも触れることができます。また、南半球ならではの夏のクリスマスも各地で楽しむことができます。地域によって気候や雰囲気も異なり、都市ごとに色が違うため、長期留学する方は数ヶ月ごとに都市を変える方もいます。オーストラリア国内を移動して、いろいろな都市に滞在するのもオーストラリア留学の醍醐味です。

  • 初心者から上級者まで幅広い留学先の選択肢がある
  • ひとえにオーストラリア留学と言っても、目的により様々な楽しみ方があります。留学しながら働く経験もしたい、資金の足しにしたいという方は、学生ビザでも週20時間まで働くことができるので、学費をアルバイトで賄いながら語学学校に通うことも可能です。英語以外のこともしたい方は、ヨガやサーフィン、バリスタのレッスンを受けられるコースもあります。医療英語を学習したい方向けの英語コースがあるように専門英語を学べるコースも充実しています。また、現地の日本語サポートも充実しており、初心者にとっても安心して留学が出来ます。このようにオーストラリア留学といっても目的により、様々な選択肢があります。目的に合った、自分だけのオーストラリア留学を見つけましょう。

  • 多くの留学生で賑わうワーキングホリデーのメッカ
  • オーストラリアには毎年ワーキングホリデーを目的として世界中から留学生がやってきます。人気の理由はワーキングホリデービザの発給数が無制限な点や、日本食レストランや観光地も多く、働く場所を見つけやすいからです。さらに一定期間季節労働をすると、セカンドワーキングホリデービザを取得でき、最大で2年間滞在することも可能です。英語レベルによって就ける職の幅が広がるため、多くの方は最初の数ヶ月は語学学校で英語を学び、語学力アップだけでなく人脈を広げることができます。

オーストラリアのどこへ留学する?

オーストラリア留学の人気都市ランキング

  • 1

    ブリスベン

    ブリスベン

    都市と自然が調和し、晴天率も高く暮らしやすい街

    しっかり勉強しながらアクティビティも楽しみたい方にオススメ!

  • 2

    ゴールドコースト

    ゴールドコースト

    サーフィンの聖地、世界有数のビーチリゾート

    サーフィンやビーチアクティビティに興味ある方にオススメ!

  • 3

    メルボルン

    メルボルン

    世界で最も住みやすいと称される都市

    お洒落なカフェ巡りをしたい方にオススメ!

  • 4

    シドニー

    シドニー

    オーストラリアが誇る世界都市シドニー

    大都市の雰囲気と海の両方を楽しみたい方にオススメ!

  • 5

    パース

    パース

    真っ青な空と海に囲まれて過ごす留学生活

    長期でしっかりと勉強したい方にオススメ!

オーストラリア留学おすすめ人気都市ランキングを見る

オーストラリアの人気語学学校ランキング

オーストラリア留学費用例

General Englishコース(20時間/週)、ホームステイ2食付きの場合 ※1豪ドル=85円で算出

留学期間 4週間 12週間 備考
入学金 8,500円 8,500円
授業料 117,300円 326,400円
教材費 8,500円 10,200円
滞在先手配料 21,250円 21,250円 ホームステイ手配
ホームステイ費 100,300円 300,900円
空港出迎え 12,750円 12,750円
海外旅行保険 18,100円 47,250円 保険加入費用
往復航空券 100,000円 100,000円
ETAS 1,700円 1,700円 電子渡航認証
お小遣い 60,000円 180,000円 個人差あり
総額 448,400円 1,008,950円

オーストラリア留学に関するよくある質問

  •  オーストラリアの気候について教えてください。

    オーストラリアには熱帯性気候、砂漠性気候、亜熱帯性気候、温帯性気候の4つの気候が存在します。熱帯性気候は、雨季と乾季に分けられますが、1年を通して温暖な気候が特徴です。北部のケアンズやダーウィンが当てはまります。砂漠性気候は、昼夜の気温差が大きく、年間を通して雨が少ないです。12〜2月の夏時期にはに注35℃以上になる日もありますが、夜は涼しくなります。ウルルやアリススプリングス周辺の地域です。亜熱帯性気候は1年を通して晴れの日が多く、年中過ごしやすい気候ですが、日差しがとても強いので、帽子やサングラス、日焼け止めが必需品です。ブリスベンやゴールドコーストなどの地域が当てはまります。温帯性気候は、オーストラリアの中で一番四季がはっきりしており、春は温暖で、冬はウィンタースポーツを楽しむことができるほどです。シドニーやパース、メルボルン、アデレードが相当します。

  •  日本から電化製品を持ち込んで、使用することはできますか。

    電圧は220/240Vで、プラグタイプはOタイプです。高圧のため、プラグ付近に付いているスイッチを入れないと電気が流れない仕組みになっています。コンセント変換プラグを持っていれば、大抵の電化製品は使用可能です。持参予定の電化製品の充電器やACアダプターに100−240Vと書かれていれば、変圧器は必要ありません。コンセント変換プラグさえ持っていれば、海外のどこでも使うことができます。

  •  水を飲むことができますか。

    オーストラリアは水道水は飲むことができます。ですが、胃腸の弱いと思う人や心配だと感じる人はミネラルウォーターやスプリングウォーターを買うと良いでしょう。スーパーなどで600mlで$2~4前後です。

カウンセラーに相談する

毎週開催!基礎知識が知りたい方はこちら

留学説明会に参加する(@東京)

留学についての悩みやご相談はこちら

メールでの留学相談はこちら
オーストラリアの基本情報
国名

オーストラリア

首都

キャンベラ

主要都市

シドニー、メルボリン、バース、ブリスベンなど

人口

約2,424万人

通貨

オーストラリアドル

物価

タクシー初乗り 約320円
ミネラルウォーター500ml 約80円
コーラ350ml 約140円

主な宗教

キリスト教徒全体64%、非キリスト教5%、無宗教18.7%

時差

-1時間から+1時間

電源プラグ

O

気候

東側は温暖湿潤気候、西岸海洋性気候

ビザ

3ヶ月以上滞在の場合必要

ビザの詳細を見る

オーストラリア留学ガイド

オーストラリア留学の特徴とメリット・デメリット

オーストラリアのおすすめ観光スポット情報

1ヶ月のオーストラリア留学費用の内訳と総額

オーストラリア留学持ち物リスト

オーストラリア留学で失敗しないための学校の選び方

オーストラリア留学の滞在先の種類と特徴

オーストラリア留学の出国から帰国までの流れ

オーストラリア留学おすすめ人気都市ランキング

オーストラリアの天気・気候と服装

オーストラリアの現地生活情報

オーストラリア英語の特徴と訛り

オーストラリア留学前の準備の流れ

オーストラリア留学コース選定ガイド

オーストラリアの祝日情報

留学計画早見表

2ヶ国留学のススメ

英語試験対策とスコア換算表

オーストラリア留学に必要なビザ情報

留学申し込み特典

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。