フィリピン留学の滞在先の種類と特徴

生活情報

フィリピン留学の滞在形式には、主に学生寮、ホテル、コンドミニアムの3つがあります。こちらでは、それぞれの滞在形式の特徴とメリット・デメリットを紹介します。

フィリピン留学の3つの滞在形式のメリット・デメリット

メリット デメリット
学生寮 ・ホテルやコンドミニアムよりも費用が安い
・相部屋だと英語を話す環境がある
・一人部屋ならプライベート感がある
・語学学校の近くのため移動の負担が少ない
・同じ学校の学生とたくさん交流ができる
・寮の管理人がトラブルの相談にのってくれる
・相部屋だと常に人がいるのでプライバシーがあまりない
・日本人と一緒になりやすいので日本語を使い過ぎてしまう
・ルームメイトがいると英語の音読の勉強がしづらい
ホテル ・掃除やベッドメイクをしてもらえる
・フロントスタッフが常駐しているため緊急時の対応も可能
・Wi-Fi環境やレストランやバー・ジムなどを備えていることが多い
・学生寮やコンドミニアムに比べると費用は安くはない
・学校以外ので交友関係を作りづらい
・現地の雰囲気をそこまで味わえない
コンドミニアム ・現地の人と似た生活を味わえる
・キッチンが使える
・学校が提供している場合や契約内容によっては、清掃や洗濯も含まれている
・プール付きのところが多い
・全体的に費用が少し高い
・インターネットを引かないと通じないこともある
・学校まで移動に距離がある
・学校の生徒以外の人も住んでいる

学生寮

フィリピン留学の滞在先、寮

フィリピン留学で一番定番の滞在先が学生寮です。学校と寮が同じ敷地内にあることが多く、学校の建物と寮が別々の場合もあります。

基本的にその学校の生徒と一緒に滞在施設を利用する形になります。

部屋のタイプによって費用が異なり、多くの学校では1人部屋・2人部屋・3人部屋・4人部屋が用意されています。もっと人数が多い6人部屋・8人部屋があることもあります。基本的に人数が多くなればなるほど費用は安くなります。

学校によって滞在している生徒の国籍は異なりますが、フィリピン留学では主に日本人や韓国人、台湾人が多くを占めており、他は英語圏ではない外国人が学びにきています。

学生寮のメリット

学生寮は部屋の人数が多ければ多いほど費用が安くなります。一番費用が高いのは1人部屋です。適度の交流が持てて、ホテルよりも安い滞在先を探している人は、学生寮の1人部屋を選ぶといいでしょう。

ルームメイトが日本人でない場合は、部屋の中で国際交流する機会を持てるのが、一番のメリットともいえます。学校の中で学んだ英語を学生寮に戻ってきて使うことができれば、復習かつ実践の場にもなります。

学生寮のデメリット

同じ部屋に複数のルームメイトがいて気になるのはプライバシーの問題です。学生寮だと1人部屋を選ばない限り、他の留学生と相部屋になるのが一般的なので、たとえルームメイトと仲良く打ち解けることができても、日本の自分の部屋のようにプライバシーが守りやすいとはいえません。

相部屋の場合、貴重品の管理はしっかりと心がけた方がいいでしょう。何週間も同じ学校と部屋で一緒に過ごしてきた仲間とはいえ、何が起こるかはわかりません。財布やスマホなどの貴重品はベッドの上に無造作ににおいて出ていかない方が無難だといえます。

ホテル

フィリピン留学の滞在先、ホテル

その名の通り留学中にホテルに滞在するスタイルです。学生寮よりも滞在先として充実した設備を望む人や比較的年齢層の高い人が選ぶ傾向にあります。

ホテルのメリット

快適具合でいえばホテルでの滞在が一番快適に生活できるといえます。学生寮やコンドミニアムで1人部屋を選べば、ある程度快適な留学生活を送ることもできますが、ホテルにはかなわないでしょう。

まず、電気代や水道代は宿泊費に含まれているので気にせず使うことができます。週に数回清掃が入り(ホテルによっては毎日の場合も)、清掃の度に無料の水が渡されるホテルもあります。

日本のように水道水が飲めないフィリピンでは、ミネラルウォーターはなくてはならないものです。

洗濯物もランドリーサービスやクリーニングを利用すれば、自分で洗濯機を回す必要もありません。留学期間中ずっとホテルで滞在せずとも興味があれば短期間だけでも滞在してみてもいいかもしれません。

ホテルのデメリット

デメリットは滞在費用が高くなる点です。当たり前ですが、学生寮の滞在費用と比較すると、費用が高くなってしまします。金銭的に余裕がある人は、サービスが充実したホテル滞在を選択してもいいかもしれません。

ただし日本のホテルのような清潔レベルを期待していない方がいいでしょう。「ここは外国」ということを念頭においておかないと、がっかりしてしまうかもしれません。

多くのホテルは学校と提携しているとはいえ、大抵学校からは少し離れた場所にあります。そのため、学生寮に住むよりも通学に時間がかかります。

またずっとホテル滞在をしているとフィリピンにいるという異国情緒はあまり味わいにくいという点と、ホテルにばかりいると学校以外ので交友関係を作りづらい点などが挙げられます。

コンドミニアム

コンドミニアムは日本でいうと高層マンションのイメージに近いでしょうか。現地では高級住宅として認識されています。

留学生がコンドミニアムに滞在する場合は、学校が宿泊先として提携している場合がほとんどです。稀にご自身でコンドミニアムを契約する方もいます。

コンドミニアムのメリット

フィリピン留学の滞在先、コンドミニアム

現地の人と同じ生活を送れることが特徴です。また場所によってはコンドミニアムにジムやプールがついていることもあります。

学校が提供する場合は、寮と同じように1人部屋や複数人でシェアする場合があります。

学生寮とは違い、門限や規則がないため、自分の生活リズムで過ごすことができます。キッチンも使えるため、親子で留学される方が好む傾向にあります。

コンドミニアムのデメリット

現地の人と同じような生活を送れる一方で、同じ学校の留学生以外の方も住んでいるため、不安に思われる方もいらっしゃいます。学校から少し距離が離れている場合があり、学生寮と比較すると移動に時間がかかる場合が多いです。

また比較的費用が高くなることや、場所により部屋にインターネットが通っていないこともあります。何かあれば、学校スタッフかコンドミニアムのスタッフが対応してくれると思いますが、自分でまずは対応することが求められます。

まとめ

このようにフィリピン留学で滞在する方法としては、主に学生寮・ホテル・コンドミニアムと3つの種類があります。自分の好みと滞在目的によって選ぶことが大切です。

国際交流や語学スキルのアップなど人それぞれではありますが、自分に合った滞在先を選びましょう。

滞在期間やかかる費用、個人の時間をどのように使いたいかなどが選択の判断基準になってきます。留学といっても、滞在方法の選択によって留学中の生活の内容は大きく変わってきます。

事前に自分にあった滞在先を考えて、よりよい留学生活を送りましょう。

フィリピンでは学校によって可能な滞在方法が異なります。留学を予定している方は、自分が検討している学校にどのような滞在方法があるのか確認しましょう。
フィリピンの人気語学学校一覧

フィリピン留学トップへ

フィリピン留学ガイド

フィリピン留学の特徴とメリット・デメリット

フィリピンの現地生活情報

フィリピン英語の特徴と訛り

フィリピン留学の出国から帰国までの流れ

目的からフィリピン留学を探す

2ヶ国留学のススメ

フィリピン留学コース選定ガイド

フィリピンの天気・気候と服装

フィリピン留学おすすめ人気都市ランキング

フィリピン留学リアルレポート

フィリピン留学で失敗しないための学校の選び方

フィリピン留学持ち物リスト

フィリピン留学の滞在先の種類と特徴

留学計画早見表

1週間のフィリピン留学費用の内訳と総額

1ヶ月のフィリピン留学費用の内訳と総額

3ヶ月のフィリピン留学費用の内訳と総額

半年のフィリピン留学費用の内訳と総額

フィリピン留学に必要なビザ情報

1年のフィリピン留学費用の内訳と総額

英語試験対策とスコア換算表

フィリピンの空港情報と市内へのアクセス方法

フィリピン留学前の準備の流れ

フィリピンの祝日情報

フィリピンのおすすめ観光スポット情報

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学コーディネーターが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

School Withならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30 (祝日除く)

会員登録をして相談しよう メールで留学相談する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会(@東京)に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

School Withなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

3

安心の学校倒産保証(フィリピンのみ)

学校が万が一倒産した場合も、残りの留学期間を代替校で継続して授業が受けられるよう保証いたします。

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。