期間別フィリピン留学の費用まとめ

フィリピン 留学 費用

「フィリピンで安く留学ができるって聞いたけど、実際どれくらいの費用がかかるんだろう?」

フィリピンはアメリカ、オーストラリア、カナダといった欧米圏の留学先に比べ、留学費用が抑えられると近年人気になりつつある留学先です。予算的に欧米での留学は厳しいが、フィリピン留学なら行けるという学生が多いのも特徴です。

とはいえ、実際にフィリピン留学がどれほどコスパが良いのか、イメージが持ちづらいですよね。

そこで今回は、フィリピン留学が欧米に比べどれだけ安いかをご紹介した上で、期間別では実際にいくらほどの費用がかかるのかをご紹介します。費用を理由に留学を諦めないためにも、ぜひ本記事を参考に具体的に検討してみてはいかがでしょうか。

フィリピン留学って実際に安い?費用を欧米と比べてみた!

フィリピン 留学 費用

ではさっそくフィリピン留学にはどれくらいの費用がかかるのか、また他の留学先と比べるといくらほどかかるのかをご紹介していきます。

1ヶ月のフィリピン留学はおよそ33万円!

仮にあなたが一般的なフィリピン留学をすると、1ヶ月の留学費用はおよそ33万円になります。

いかがでしょうか? このくらいの価格であれば学生であればアルバイトを半年ほどすれば貯まるかと思いますし、社会人であれば3、4ヶ月ほど節約すれば十分に用意できるかと思います。

とはいえではどれくらい安いのか、他の国と比較しないとなかなかイメージが湧かないですよね。

フィリピン留学は欧米に比べると、約40%も費用を抑えられる

フィリピンと一般的な留学先として人気のアメリカ、オーストラリア、カナダでの留学費用を比べます。期間別に費用を出すと以下になるので、見てみましょう。

国名 フィリピン アメリカ オーストラリア カナダ
1週間 16.7万円 26万円 25万円 25万円
1ヶ月 33万円 63万円 50万円 50万円
3ヶ月 87万円 160万円 120万円 110万円
6ヶ月 150万円 313万円 233万円 192万円
1年 308万円 613万円 446万円 413万円

フィリピンでは総じて欧米圏に比べおよそ40%ほど費用が安く、1年で比べると100万円以上の金額差があります。もちろん学校やコースによって大きく差はありますが、こう見ますとフィリピン留学がいかに欧米留学に比べ費用が安いかわかるかと思います。

何より、驚くべきなのはそのコストパフォーマンスの高さです。低予算にもかかわらず、1日のコマ数は平均7〜8コマ。そのうえほとんどの語学学校で、マンツーマン授業を提供しています。

欧米に比べ圧倒的に費用が安いフィリピン留学。でも一体何が理由で安くなっているのか、知らないと怖いですよね。フィリピン留学が安いのには主に2つの理由があります。

理由(1)物価が安い

欧米圏では物価レベルが日本と同等、あるいは高いため、留学費用がフィリピンに比べ高くなってしまいます。

一方フィリピンは途上国にあたり、全体的に物価が日本よりも低いです。そのため教員の人件費が安く、結果として授業料や滞在費、食費など留学で主にかかる費用を抑えられます。

フィリピンでは年々物価が上昇しており、欧米圏との費用差は年が経つにつれ縮まることが予想されます。もし今ほどの費用で留学へ行きたい場合には早い段階で具体的に留学を検討する必要があります。

ただひとつ留意しておいていただきたいのは、フィリピンの水道光熱費は比較的高い傾向にあります。ですので、ご自身でアパートなどを借りる際には予算組みにご注意ください。

理由(2)日本との距離が近く、その分航空券が安い

留学期間によりますが、留学費用の中でも一定の割合を占めるのが渡航費です。

航空券は渡航先との距離によって価格が変わってきます。

欧米圏への留学の場合、日本からの距離が遠く、航空券の値段も高くなりがちです。一方フィリピンでは日本からの距離が近く、欧米に比べ安い費用での渡航ができ、渡航費を安く抑えられます。

LINE留学相談

フィリピン留学にはどんな費用がかかっている?内訳を紹介

上ではざっくりとフィリピン留学の総額費用をご紹介しました。少し留学費用についてイメージを持てたでしょうか。続いては留学費用についてのより具体的なイメージを持っていただくために費用の内訳をご紹介します。

内訳がわかればどの費用にいくらお金がかかるのかを知れる上、費用の調整などもしやすくなるので、賢く留学するためにもしっかりと見ていきましょう。

フィリピン留学にかかる費用1. 授業料・滞在費・食費

フィリピン 留学 費用

フィリピン留学費用の大部分を占めるのが授業料・滞在費・食費です。

特徴的なのはフィリピンの語学学校では基本的に授業料と滞在費、食費が一つの料金なっていることです。そのため、欧米の留学費用と比較する際には注意してください。

一般的な授業料・滞在費・食費は以下の通りです。

期間 料金
1週間 6万円
1ヶ月 18万円
3ヶ月 53万円
6ヶ月 105万円
1年 210万円

授業料には、授業のコマ数、授業の専門性などによってかかってくる料金が変わってきます。特にフィリピン留学では、マンツーマンレッスンをどれくらい入れるかによっても費用が大きく変わるので慎重に考えましょう。

最も安い価格帯だと週3万円台から、高い価格帯だと週10万円台まで幅広くあります。

滞在費については、フィリピンの場合、滞在先に学生寮、ホテルなどの選択肢があります。多くの場合学生寮の方が費用が安くを選ぶのですが、学生寮を選んだ後に、さらに何人部屋を選ぶかを決めなければいけません。

フィリピンの学生寮では1人〜6人部屋などの種類があり、特に6人部屋を選ぶと1人部屋、あるいはホテルと比べ大幅に費用を抑えることができます。

なお、食事についてはあまり料金の違いは発生しませんが、食事がどうしても合わないという留学生は外食をすることもあります。そうなると追加で食費がかかってくるので注意が必要です。

フィリピン留学にかかる費用4. その他学校に支払う諸経費

フィリピン留学では授業料以外にも、入学金、教科書代、空港送迎費などの費用が発生してきます。こちらは学校によってあまり金額に違いはなく、留学する際には必ず発生する費用として認識してください。

おおよその目安として、以下の料金をご参考にしてください。

【主な諸経費】
・入学金:1.5万円
・空港送迎費:無料(一部追加費用)
・教科書代:3,000円/月
・管理費:1,000円/週
・水道光熱費:1,000円/週
・滞在先デポジット費:1万円

それらを期間別にまとめると以下の通りです。

期間 料金
1週間 3万円
1ヶ月 3万6,000円
3ヶ月 5万8,000円
6ヶ月 9万1,000円
1年 15万7,000円

入学金や水道光熱費は学校による違いはあまり大きくありません。ただ管理費、水道光熱費は留学期間に応じて費用が変わってくるので注意しておいてください。

フィリピン留学にかかる費用5. 渡航費

フィリピン 留学 費用

フィリピンへ渡航するためには航空券を買う必要があります。日本から渡航する場合、往復チケットで平均で5万円ほどかかってきます。

なお、2〜3月、7〜8月などの長期休み、お盆、ゴールデンウィークなどの繁忙期は価格が高くなり、最低でも10万円は必要になってくるので注意が必要です。

渡航費を安く抑えたい方はLCC(格安航空会社)の利用がおすすめです。LCCの場合5万円以下で渡航できることも多く、セールなどを利用すれば往復2万円以下で渡航できることも。

セール情報はLCCのホームページで発信されているので、少しでも安く費用を抑えたい方は定期的に航空会社のホームページを確認しましょう。

フィリピン留学にかかる費用6. ビザ費用

フィリピンでは滞在期間にあわせてビザを申請する必要があります。1ヶ月未満の短期であればビザの申請は必要ありませんが、1ヶ月を超える場合はフィリピン現地にて旅行ビザの延長申請が必要になってくるので注意しましょう。

各留学期間でのビザ費用は以下の通りです。

※2020年1月現在のレート 1ペソ=2.1円で計算しています。

留学期間 支払い金額 支払い金額(日本円換算)
1ヶ月(30日)以内 無料 無料
2ヶ月(59日)以内 3,130ペソ 6,573円
3ヶ月(89日)以内 7,540ペソ+ACR-I カード発行費用(外国人登録証):3,000〜5,000ペソ 22,134〜26,334円
4ヶ月(119日)以内 11,690ペソ+ACR-I カード発行費用:3,000〜5,000ペソ 30,849〜35,049円
5ヶ月(149日)以内 14,120ペソ+ACR-I カード発行費用:3,000〜5,000ペソ 35,952〜40,152円
6ヶ月(179日)以内 16,550ペソ+ACR-I カード発行費用:3,000〜5,000ペソ 41,055〜45,255円

なおフィリピン留学の場合、ビザの申請は語学学校が代わりに行う場合が多いので、申請の手間についてはご安心ください。ただし学校によって申請の手数料が異なってきますので、上でご紹介したビザ費用はあくまで目安として出しています。

またビザではありませんが語学留学をする場合、SSP(Special Study Permit)と呼ばれる就学許可証を発行する必要あります。こちらは滞在期間にかかわらずフィリピン国内で就学するには必ず必要な許可証となっています。

同じく60日以上滞在する場合はACR-I カードという外国人登録証を発行する必要があります。

フィリピン留学にかかる費用7. 海外旅行保険費

海外へ渡航する際にはもしもの事態に備え海外旅行保険へ加入しましょう。保険会社では各社渡航期間に合わせさまざまな補償内容のプランを擁しているので、自身の希望の補償範囲を設定した上でプランを選んでください。

期間別の留学費用の目安は以下の通りです。

期間 料金
1週間 0.7万円
1ヶ月 2万円
2ヶ月 4万円
3ヶ月 5万円
4ヶ月 7万円
6ヶ月 11万円

また短期での留学であればクレジットカード付帯の保険を利用するというのも手ですが、カードの保険は補償内容が充実していない場合がほとんどです。

海外の病院等で治療を受けると、日本では考えられないほど高額な治療費がかかってしまうことも少なくありません。

もしものことを考えると、海外保険料は決して高い金額ではありません。渡航前に加入することをおすすめします。

フィリピン留学にかかる費用8. 生活費

フィリピン留学では放課後や休日に学校の外に遊びに出ることもあるかと思います。月あたり5万円ほどが目安となります。
なお、生活費は日用雑貨や外食、買い物、通信費、交通費などを含んだ金額として表示しています。
どのようなペースで、どのような遊びをするかによって費用は大きく変わってきますが、物価は日本のおよそ2分の1ほどで見積もれます。特にマッサージは、1時間で料金500円ほどのお店も多く、留学生に人気です。

期間別のフィリピン留学費用を解説

フィリピン 留学 費用

ここまでフィリピン留学にかかる費用の内訳を紹介してきました。各項目についてどんな選択ができ、それによって費用がどう変わるかのイメージは少し持てたかと思います。

続いては、期間ごとのフィリピン留学費用を紹介します。留学予算をより具体的に考えていきましょう。

1週間のフィリピン留学の費用

まずは1週間のフィリピン留学でかかる費用をご紹介します。

項目 かかる料金
授業料・滞在費・食費 6万円
その他学校に支払う諸経費 4万円
渡航費 5万円
ビザ費 0円
海外旅行保険費 0.7万円
生活費 1万円
総額 16.7万円

1週間の留学はビザの費用はかかりませんが、SSPの費用がかかります。

1週間の留学の場合、滞在費よりも渡航費や学校に収める諸経費のほうが大きなウエイトを占めます。

特に渡航費はANAやJALといった航空会社を利用すると時期によっては10万円近くまで上がったりしますが、LCCのセールなどを利用すると往復4万円前後で購入できることもありますよ。

細かい内訳の選択や費用を抑えるコツについては下の記事で詳しく解説しているので、留学期間を1週間で考えている方はぜひ参考にしてみてください。
1週間のフィリピン留学費用の内訳と総額

1ヶ月のフィリピン留学の費用

続いて1ヶ月のフィリピン留学でかかる費用をご紹介します。

項目 かかる料金
授業料・滞在費・食費 18万円
その他学校に支払う費用 4万円
渡航費 5万円
ビザ 0円
海外旅行保険 2万円
現地生活費 4万円
総額 33万円

1ヶ月の場合、生活費には最低でも4万円は持っていくようにしましょう。語学学校では週末留学生同士で外に出る機会も多くあり、その分交遊費がかさみます。

また授業料・滞在費・食費は低予算の学校では10万円~、高めな学校では30万円を越す場合も。価格に比例して施設の設備や生徒の年齢層は変化しますので、自分の希望に合う場所を選びましょう。

細かい内訳の選択や費用を抑えるコツについては下の記事で詳しく解説しているので、留学期間を1ヶ月で考えている方はぜひ参考にしてみてください。
1ヶ月のフィリピン留学費用の内訳と総額

3ヶ月のフィリピン留学の費用

3ヶ月のフィリピン留学でかかる費用をご紹介します。

項目 かかる料金
授業料・滞在費・食費 53万円
その他学校に支払う諸経費 3万円
渡航費 6万円
ビザ費 2万円
海外旅行保険費 8万円
生活費 12万円
総額 84万円

3ヶ月間の留学の授業料・滞在費・食費は30万円~100万円ほどの幅があり、平均的な料金は53万円ほどです。

また60日以上の留学の場合、ビザの申請が必要になってきます。
海外保険の価格も期間に比例して高くなってゆきますので、ご注意ください。

細かい内訳の選択や費用を抑えるコツについては下の記事で詳しく解説しているので、留学期間を3ヶ月で考えている方はぜひ参考にしてみてください。
3ヶ月のフィリピン留学費用の内訳と総額

半年のフィリピン留学の費用

まずは1週間のフィリピン留学でかかる費用をご紹介します。

項目 かかる料金
授業料・滞在費・食費 105万円
その他学校に支払う諸経費 滞在費:4万円
渡航費 6万円
ビザ費 3万円
海外旅行保険費 14万円
生活費 24万円
総額 156万円

半年のフィリピン留学の場合、費用の総額は156万円ほどです。欧米の3ヶ月分の留学費用とほぼ同じ金額となっています。

細かい内訳の選択や費用を抑えるコツについては下の記事で詳しく解説しているので、留学期間を半年で考えている方はぜひ参考にしてみてください。
半年のフィリピン留学費用の内訳と総額

1年のフィリピン留学の費用

最後に1年間のフィリピン留学でかかる費用をご紹介します。

項目 かかる料金
授業料・滞在費・食費 210万円
その他学校に支払う諸経費 5万円
渡航費 6万円
ビザ費 9万円
海外旅行保険費 24万円
生活費 48万円
総額 332万円

実はフィリピンに1年留学するケースはあまり多くありません。なぜならフィリピンである程度英語力が付いたら、カナダやアメリカなどのネイティブ圏への留学にチャレンジする方が多いからです。

また同じ日々の繰り返しだとどうしてもモチベーション維持が難しくなってしまうので、フィリピン留学は半年までの期間をおすすめします。

細かい内訳の選択や費用を抑えるコツについては下の記事で詳しく解説しているので、留学期間を1年で考えている方はぜひ参考にしてみてください。
1年のフィリピン留学費用の内訳と総額

LINE留学相談

留学期間を決める前に注意しなければいけないこと

フィリピン 留学 費用

いかがでしたでしょうか。期間別の留学費用をご紹介したところで、なんとなく自分の予算ではどの留学期間が妥当か頭の中で想定されたかと思います。

そんなあなたに、留学期間を決める上で注意しなければいけないことがあります。それは決して予算だけで留学期間を決めないことです。

すべての留学に関わる選択は目的によって決める

あなたはなぜ留学へ行きたいのでしょうか。自分が行こうとしている留学は何を目的にしているものなのでしょうか。

留学はあなたが目的を果たすことが何よりも大事です。もし費用の都合だけで目的が果たせない留学期間を選んでしまったら、その留学が失敗することは容易に想像がつくかと思います。

そのため、まずは留学の目的をはっきりと自分の中で整理し、その上で自分の目的を達成するためにはどこの国へ行こう、どの期間で留学しようと考えるようにしましょう。

参考までに他の留学生の留学の目的を下の記事で紹介しているので、どのような観点で目的を設定すればいいかわからない方は参考にしてみてください。
どうしてみんな留学するの?留学経験者の留学理由や目的とは

現在予算がないときに取れる選択肢

ではいますぐ留学予算を準備できないときはどのようにすれば良いのでしょうか。ここでは主な手段を3つご紹介します。

手段1. 親に頼めるのなら資金援助を頼む

もし可能であれば親をはじめ親族などに資金援助を頼むのも一つの手段です。下で紹介する奨学金やローンでは、自分を知らない第三者からお金を借りることになるので、審査などいくつか手続きを取る必要があります。

一方自分との距離が近い親族などであれば手続きを省略して資金を用意できます。もちろん、お金を借りる以上、留学する理由や目的ははっきりさせて相手を納得させられる必要があるので、相談をする前にどのようなことを伝えるべきかは自分の中で整理する必要があります。

手段2. 留学奨学金・ローンを検討

留学生向けの奨学金やローンがあることはご存知でしょうか。語学留学も対象になる奨学金が世の中にはあります。

また奨学金の中でも返済の必要がない給付型ではなく、一時的にお金を借りる貸与型であれば比較的奨学金を借りやすいので、渡航時期までに手続きを済ませらえる場合は活用するのも一つの手です。

留学するなら必須!留学奨学金・助成金まとめ
留学ローンって実際どうなの?種類から利用方法、社会人の借り入れまで徹底解説

手段3. 渡航時期を遅らせて資金を貯める

もし今すぐのお金の用意ができない場合は渡航時期を後ろ倒しして、留学資金を貯める期間を増やしましょう。

焦ってアルバイトを詰め込み過ぎたり、必要以上に節約をして体などを壊してしまっては留学に行けなくなる恐れがあります。万全の状態で留学に臨むためにも、資金を用意するペースは無理のない範囲で行いましょう。

また、スクールウィズでは留学費用をクレジットカードの分割支払いで賄うことも可能です。利用を希望される方は、カウンセラーまでご相談ください。

フィリピン留学費用のまとめ

フィリピン 留学 費用

いかがでしたでしょうか。

今回は以下のフィリピン留学の費用についてご紹介しました。すでに留学期間が決まっている方は、内訳の項目でどんな選択を取るかを考えましょう。

項目 かかる料金
1週間 18万円
1ヶ月 33万円
3ヶ月 84万円
6ヶ月 156万円
1年 332万円

記事内で各期間ごとの費用の詳細の記事を用意しているので、そちら参考にあなたの留学を実現するための費用をより具体的にしていってください。

また、スクールウィズでは無料留学相談にて留学費用のお見積りや、予算に合った語学学校の提案も行っています。

ぜひお気軽にご相談ください。

スクールウィズ無料留学相談はこちら

LINE留学相談

フィリピン留学ガイド

フィリピン留学のメリット・デメリット

期間別のフィリピン留学費用まとめ

1週間のフィリピン留学費用

2週間のフィリピン留学費用

3週間のフィリピン留学費用

1ヶ月のフィリピン留学費用

2ヶ月のフィリピン留学費用

3ヶ月のフィリピン留学費用

半年のフィリピン留学費用

1年のフィリピン留学費用

留学計画早見表

英語試験対策とスコア換算表

フィリピン英語の特徴と訛り

フィリピンの天気・気候と服装

フィリピンの現地生活

フィリピンのおすすめ観光スポット

フィリピンのおすすめアクティビティ

2ヶ国留学のススメ

フィリピン留学に人気の都市ランキング

目的からフィリピン留学を探す

フィリピン留学の学校の選び方

フィリピン留学コース選定ガイド

フィリピン留学の滞在先の種類と特徴

フィリピン留学前の準備の流れ

フィリピン留学の出国から帰国までの流れ

フィリピン留学持ち物リスト

フィリピン留学に必要なビザ

フィリピンの空港と市内へのアクセス方法

フィリピンの祝日

フィリピン留学リアルレポート

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学カウンセラーが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

School Withならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学カウンセラーへ相談する

03-4330-0935

お気軽にお問い合わせください。

会員登録をして相談しよう メールで留学相談する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会(@東京)に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

School Withなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

3

安心の学校倒産保証(フィリピンのみ)

学校が万が一倒産した場合も、残りの留学期間を代替校で継続して授業が受けられるよう保証いたします。

無料留学相談は
こちらから

留学カウンセラーへ相談する

03-4330-0935

お気軽にお問い合わせください。

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。