【お知らせ】2月~3月は満室の学校が増えています。お申込みはお早めに!留学の相談はこちら

大学生の留学

春休み・夏休みを利用した短期留学はもちろん、休学留学やワーホリなど、まとまった時間を自由に使いやすい大学生の留学。1年次は短期留学で海外体験、2年次は休学・認定留学で語学力を磨きながら異文化交流、3年次はキャリアを見据えて資格取得や進学準備など、何度もチャレンジしやすい大学生の留学は、様々な可能性があります。最後の学生生活、しっかりプランニングして一歩踏み出してみませんか?

大学生向けの留学スタイル

春休み・夏休みを利用した短期留学から、休学をしての長期留学など、大学生に人気の留学プランをご紹介します。

大学生におすすめの留学時期と期間

大学生はいつ留学に行くのがベストなの?大学生におすすめの留学時期を学年別にご紹介します。

  • 1年生の場合、大学生活やサークルなどに慣れてから留学するのが一般的。夏休みや春休みなどの長期休暇を利用して行く短期留学が人気です。大学2、3年生での長期留学を視野に入れている方は、この時期に一度海外で生活体験をしてみるのもおすすめです。

    人気の留学スタイル 留学時期 留学期間の目安
    短期留学
    オンキャンパス型留学
    夏休み(8月中旬~9月中)
    春休み(2月中旬~3月)
    1週間〜1ヶ月半程度
  • 大学生活にも慣れ、留学の選択肢が広がる2年生。休暇を利用した短期留学はもちろん、半年〜1年間の休学・認定留学に挑戦してみるのもおすすめ。休学の場合、卒業時期が遅れるケースもあるので目的や卒業後の進路と合わせて計画しましょう。

    人気の留学スタイル 留学時期 留学期間の目安
    短期留学
    オンキャンパス型留学
    夏休み(8月中旬~9月中)
    春休み(2月中旬~3月)
    1週間〜3ヶ月程度
    TOEIC対策留学
    TOEFL対策留学
    IELTS対策留学
    インターンシップ留学
    前期または後期で半年間の休学
    夏休み(8月中旬~9月中)
    春休み(2月中旬~3月)
    1ヶ月〜半年程度
    長期留学(休学留学)
    ワーキングホリデー
    大学進学準備留学
    1年間の休学
    前期または後期で半年間の休学
    3ヶ月〜1年程度
  • そろそろ就活を意識し始める3年生は、卒業後のキャリアプランを見据えての留学がおすすめ。この時期に半年〜1年間の休学をして、インターンシップや資格取得、海外大学院への進学準備や就活前の語学力アップなどに取り組む方も多いです。

    人気の留学スタイル 留学時期 留学期間の目安
    短期留学
    オンキャンパス型留学
    夏休み(8月中旬~9月中)
    春休み(2月中旬~3月)
    1週間〜3ヶ月程度
    TOEIC対策留学
    TOEFL対策留学
    IELTS対策留学
    インターンシップ留学
    前期または後期で半年間の休学
    夏休み(8月中旬~9月中)
    春休み(2月中旬~3月)
    1ヶ月〜半年程度
    長期留学(休学留学)
    ワーキングホリデー
    大学進学準備留学
    1年間の休学
    前期または後期で半年間の休学
    3ヶ月〜1年程度
  • 4年生の留学は、内定後や卒論提出後から卒業までの期間を利用しての短期留学が人気です。また就活ではなく進学を決めた方は語学力アップ期間として留学に挑む方もいます。卒業か進学かをしっかり決めた上で、計画を立てましょう。

    人気の留学スタイル 留学時期 留学期間の目安
    短期留学
    TOEIC対策留学
    TOEFL対策留学
    IELTS対策留学
    11月~12月中(内定後)
    1月中旬~3月中旬(卒業式前)
    1週間〜2ヶ月程度
    大学進学準備留学 1年間の休学
    前期または後期で半年間の休学
    3ヶ月〜1年程度

大学生の留学費用

大学生の留学は目的も期間も人それぞれ。ここでは人気の留学スタイル別に目安の費用をご紹介します。

※費用は授業料、滞在費、航空券、お小遣いなどの合計です。

留学スタイル 留学期間 留学費用の目安 概要
短期留学
オンキャンパス型留学
1週間 15~35万円 渡航先の国や滞在方法によって費用は大きく変わってきます。寮制の場合は複数人部屋を選ぶと費用を抑えることができ、友達も作りやすいため、大学生に人気です。 夏休み留学の場合はハイシーズン料金を設けている学校もあるため、左記の費用の1.3倍ほど高くなる場合があります。
4週間 25~65万円
12週間 65~150万円
TOEIC対策留学
TOEFL対策留学
IELTS対策留学
4週間 25~70万円 各試験に合わせて専用のカリキュラムが組まれるため、 英会話中心の授業に比べると少し費用が高くなる傾向があります。また少し費用を追加するとスコアアップを保証するコースを選ぶことも出来ます。
12週間 65〜180万円
インターンシップ 4週間 20〜35万円 授業時間が少ない分、費用が安くなる傾向にあります。インターンシップは無給と有給がありますが、有給の場合は就労ビザが必要な国もあるため、渡航先の国の条件をしっかり確認しましょう。
12週間 45〜75万円
長期留学(休学留学)
大学進学準備留学
6ヶ月 120~300万円 留学期間が長くなればなるほど、国や目的の他に生活スタイルによっても費用に差が出ます。留学目的に加えて、滞在先や生活イメージからどのくらいの費用が必要かを算出しましょう。
1年 200~500万円
ワーキングホリデー 1年 100〜200万円 30歳までの方が現地での就学・就労ができるビザです。 現地で収入を得ることで費用を抑えることができます。

アドバイス付き!大学生の留学体験談

なぜ留学に行ったの?留学前、留学後の変化は?など、大学生の留学体験談を集めました。

大学生の留学でよくある質問

大学生の留学相談でよくいただく質問をまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

  • 何年生で留学に行くのがおすすめですか?
    一般的には大学生活に慣れた2年次から就職活動が始まる前の3年次に留学される方が多いです。
    ですが留学は1週間からでも行けるため、1ヶ月程度の場合は全学年の方が留学に行かれています。特に大学生に人気なのは、夏休みや春休みなどの長期休暇を利用して行く1ヶ月〜2ヶ月程度の短期留学です。
    半年から1年間、休学して留学に行かれる場合は就活が始まる前の2年次〜3年次での留学がおすすめです。休学の場合、卒業時期が遅れる場合もありますので、ご自身が通われている大学に確認の上、スケジュールを立てるようにしましょう。
  • 初めて海外に行くので、不安です。
    初めて一人で海外に行くのが留学という方も多くいらっしゃいます。
    到着時の出迎えサービスや現地での学校スタッフのサポートもございますので、安心して留学してください。
  • 英語初学者なのですが、受け入れてくれる学校はありますか?
    はい、ございます。学校によっては入学時に基準があるものもありますが、多くの学校の場合、初学者でも入学可能です。しかし、入学後しっかりと英語力を伸ばすためにも事前に中学レベルまでの英語力をつけて行かれることを強くおすすめします。
  • 留学に興味はあるけど、理由もなく行って大丈夫でしょうか?
    大学生のうちに留学に行くメリットは、休みが取りやすく長期留学がしやすいことや、視野が広がり早い時期に国際感覚を養うことができることです。ですが、留学の目的は人によって異なるため、「何を得たいか」、「どんな経験をしてみたいか」など、ご自身の考えを明文化してみましょう。 目的があるかないかによって、留学中の過ごし方が変わるため、得られる経験も変わってきます。 まだ具体的な留学のイメージがわかないという方は、「はじめての留学ガイド」をチェックしてみてください。
  • どれくらいの期間留学をすべきでしょうか。
    目的やスケジュールによりますが、一定の語学力アップを求めるなら3ヶ月以上行くことをおすすめします。まずは海外での生活を体験して、英語を使ってみたいという場合でしたら1ヶ月未満でもよいかもしれません。
  • 目標とする英語レベルの習得にかかる留学期間が知りたいです。
    留学生それぞれ習熟度合いは異なりますが、一般的な習熟期間はこちらの「留学計画早見表」を参照してみてください。
  • 学校選びのポイントを教えてください。
    一番大事なのは、留学する目的です。目的によってどの学校を選ぶべきかは変わってきますが、以下の視点で学校を選ぶことが多いです。
    ・どこの国、地域に留学するか。
    ・学校の規模(大規模、小規模)
    ・受講コース(例:試験対策コースがあるか)
    ・滞在方法(寮・ホテル・ホームステイ・アパート)
    ・生徒の国籍比率(日本人比率)
  • 自分にあった国や都市の選び方を教えてください。
    それぞれの国や都市ごとに特徴が異なるため、留学の目的や期間、滞在方法、予算などによりご自身にあった場所は異なります。 気軽にチェックしたいという方は「オススメの国・都市診断」をご利用してみてください。気候や学習環境、人種の割合など、留学生活をイメージしながら選択することで、あなたに合った留学先の国や都市を紹介させていただきます。 また、予算や留学中にしたい体験など、希望の条件がある程度決まっている方はカウンセラーに相談してみましょう。
  • 費用をなるべく抑える方法が知りたい。
    一般的には、授業のコマ数が少ないコースと複数人部屋で人数が多い部屋ほど安くなります。
    また多くの人が留学に行く夏休み・春休みはハイシーズン料金を設けている学校もあります。特にゴールデンウィークや夏休みは航空券も高くなりますので、なるべく安く行きたい方はこの時期を外して留学に行かれることをおすすめします。
    また、オフシーズンの場合、学校独自のお得なキャンペーンを行う学校も増えますので、興味のある学校はお気に入りに入れて、チェックしてみてください。
    School Withのお得なキャンペーンはキャンペーン・特集ページでご紹介しています。
    国別の留学費用の目安は語学留学ができる国一覧の下部よりご覧ください。
  • 留学はどれくらい前から申込めばよいのでしょうか?
    【フィリピン】
    3〜1ヶ月前までにお申込することをおすすめします。ご希望の学校の空室が確保できれば1週間前でも留学のお手続きは可能ですが、お手続きが直前になれば、ご希望の学校や、お部屋が満室になる可能性が高くなりますので余裕を持ってご準備いただくことをおすすめしています。

    【欧米】
    3ヶ月以内の短期留学の場合はご出発の3ヶ月前まで、3ヶ月以上の長期留学の場合には6ヶ月前までを目安にお申込することをおすすめします。ビザのご準備が既にお済みの場合には2週間前でもお手続きが可能な場合もありますが、余裕を持ってご準備いただくことをおすすめしています。

留学のギモンを解消!はじめての留学ガイド

はじめての留学には疑問がたくさん!
費用や期間はどれくらい?英語力は必要?などの基本情報から、留学中の現地生活、留学準備の流れについてまとめました。
留学に興味を持ったらぜひ参考にしてみてくださいね。

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。