フィリピン留学のご飯事情を徹底解説!気になる食事の悩みを解決します

フィリピン留学 ご飯

こんにちは、フィリピン留学の経験があるライターのモリキです。

「フィリピン留学中、日本食は出るのかな」
「そもそもフィリピンのご飯が口に合うか不安」

と、お悩みではありませんか?

フィリピンの語学学校では、基本的に1日2〜3食が出されます。学校によっては日本食や韓国料理、洋食など、日本でもなじみのあるご飯を食べることができます。

とはいえ、フィリピンでの食事が自分の口に合うのか、不安もありますよね。

そこで今回は、

・フィリピン留学の食事事情
・語学学校で出されるご飯の種類
・フィリピン留学の食事でよくある悩みと対処法

を紹介します。

フィリピン留学中の食事に不安がある人や、詳しいメニューを知りたい人はぜひ参考にしてくださいね。

フィリピン留学は3食付きが基本!

フィリピン留学 ご飯

最初にフィリピン留学の食事について、特徴やポイントを解説します。

多くの学校で3食を提供している

フィリピンにある語学学校では、1日3回の食事を提供するのが一般的です。

メニューは例えば次のような、バランスの良い食事です。

  • 朝食
    数種類のパン、スープ、ソーセージ、スクランブルエッグなど
  • 昼食&夕食
    パンやご飯、麺の主食、肉や魚を使ったメインディッシュ、野菜やスープなど副菜、フルーツなどデザート

ご飯はビュッフェスタイルがほとんど。量を自分で調整できるため、好き嫌いが多い人や少ししか食べられない人でも安心です。

出されるご飯は日本食、韓国料理、洋食などバリエーション豊かなのもフィリピン留学の特徴と言えるでしょう。

ただし、学校によっては朝食と夕食の2回のみ、平日のみなど、提供回数が異なります。もしくは、決まった量が出される定食スタイルの語学学校もあります。

食事付きの学校だと節約・勉強に集中できる

留学中、勉強をしながら自炊するのはなかなか大変です。授業の後でも復習と予習をこなさなければならず、慣れない環境下で自炊と勉強を両立させるのは骨が折れます。

かといって外食ばかりするのも、経済的ではありません。出費が増え、食事代が高く付いてしまいます。

そのような中で語学学校がご飯を提供してくれることには、「食費を節約できる」「料理する時間を勉強に使える」というメリットがあります。

フィリピンの語学学校ではほとんどの場合、授業料に滞在費・食費が含まれています。追加でご飯代を支払う必要はなく、さらにそもそもの授業料も安いため、留学費用をおさえられます。

さらに、食事する場所は、学校の食堂や敷地内のレストランです。留学中は学校の敷地内や近くの寮で生活するため、食事場所まで時間をかけて移動する必要もなく、時間の節約になります。

語学学校のご飯情報は必ず事前にチェック

語学学校のご飯は、味付けが口に合わない可能性もあります。

特に3食提供される学校のご飯が口に合わないと、ストレスを感じ、留学生活が辛くなるかもしれません。ご飯情報は学校選びの際に、必ず確認しておくことをおすすめします。

日本食を出してくれる、食事がおいしいと評判の語学学校もありますが、調味料や味付けはフィリピンのものです。

実際に私が通っていた語学学校では、生姜焼きなど日本食が出されましたが、日本で食べる味とは「何か違う……」ということもありました。

食事にこだわりがある、好き嫌いが多い場合は、日本人好みのご飯をウリにしている日本人経営・日本人向けの語学学校を選んでみましょう。

LINE留学相談

フィリピン語学留学のご飯って何が出る?代表的な4つを紹介

フィリピン留学 ご飯

先ほどフィリピンの語学学校で出されるご飯は、バリエーション豊かだとお伝えしました。

よりイメージしやすいように、食事の種類として、

・日本食
・韓国料理
・フィリピン料理
・洋食

の4つを紹介しますね。

日本食

日本食は、主に日本人経営や日本人向けの語学学校で出されます。

メニューは例えば、

・カレー
・唐揚げ
・味噌汁
・焼きそば

などです。

食事にこだわりのある人が初めて留学するときは、日本食が出される語学学校を選ぶと安心ですね。

ただしお米はパサパサとした東南アジア産であり、日本のようなもちっとした感触はありません。また味付けも、日本で食べる日本食とは微妙に異なります。

完璧な日本食を想像するとガッカリすることもあるため、あくまで“日本人好みの味付け”と考えておきましょう。

韓国料理

フィリピンはもともと韓国人に人気の留学先で、現在も韓国資本の語学学校が多くを占めています。そのため学校によっては、韓国料理を中心に提供しています。

メニューは少しスパイシーな味付けのキムチやビビンバ、ナムルなどが中心です。辛味が苦手な人は、日本食や洋食が中心の語学学校を選んだ方が安心かもしれません。

フィリピン料理

語学学校では、現地のフィリピン料理が出されることもあります。

メニューは例えば、

・アドボ(肉や野菜を煮込んだ料理)
・ルンピア(フィリピン風の春巻きで日本のものよりスパイシー)

などです。

またマンゴーなど、フィリピンのフルーツが出されることもありました。現地のご飯が語学学校で手軽に食べられるのはうれしいですね。

フィリピン料理は中華のような脂っこさもありつつ、少し濃い目で日本人に好まれる味付けです。ガッツリ食べたい人は好みのはずです。

洋食

フィリピンの語学学校には、日本人や韓国人の他に、欧米から留学している人もいます。そのためパスタやミネストローネなど、洋食が提供されることもあります。

特に朝食はパンやサラダ、ソーセージ、オレンジジュースなど洋食が中心です。私の語学学校も朝食は洋食でしたが、「メニューがホテルの朝食っぽいな」と感じました。

洋食は日本でも口にすることも多く、なじみのある味かと思います。好き嫌いや苦手な食べ物が多い人は、洋食が中心の語学学校を選ぶと、食事が合わないというストレスを感じにくそうですね。

フィリピン語学留学のご飯でよくある悩みと対処法

フィリピン留学 ご飯

フィリピン留学中の食事事情についてある程度理解できたものの、留学前は「好き嫌いが多いけど大丈夫かな」など、不安を抱えることもありますよね。

そこでよくある悩みとして、

・好き嫌いが多い
・食事を毎回取らないといけないのか
・ご飯がおいしくない

を紹介します。

対処法もあわせて紹介するので、参考にしてみてください。

悩み1:好き嫌いが多いから不安

好き嫌いや苦手なものがあると、「食べられるご飯はあるかな……」と不安に感じるのではないでしょうか?苦手なものばかりが出されると、なかなか食欲が湧きませんよね。

食事にこだわりがある人は、インスタントの日本食を持っていくと安心です。語学学校にもよりますが、お湯をもらって、カップラーメンや味噌汁など作っている人もいました。

苦手なご飯が出されたときでもインスタント食品があると、お腹を満たすことができます。

悩み2:食事は食べなくてもいいの?

1日3食出されると聞くと、「そんなに食べられない」「絶対に食堂でご飯を食べなきゃいけないの?」と思う人もいるのではないでしょうか。

結論から言うと、毎日必ず学校で食事をとる必要はありません。強制ではなく、食事の時間に現れなかったからといって、怒られることもないです。

ただし、授業料に食費が含まれているため、食べた方がお得です。

外食したいときは外で食べたり、お腹が空いていないときは食べなかったり、自由に食事を取りましょう。

悩み3:ご飯がおいしくなくて留学が辛い

語学学校によっては、食事のクオリティが低い、味付けが口に合わないために、おいしくないと感じることもあります。

食べることが好きな人場合、ご飯がおいしくないだけでもストレスが溜まります。そのストレスから日本食が恋しくなる、またはご飯が喉を通らず、その結果体調不良になるかもしれません。

対処法としては、次の2つがおすすめです。

・学校の近くで外食する
・語学学校の食事の口コミを確認する

マニラやセブ島など人気の留学先では、語学学校の近くに飲食店があるはずです。フィリピンは物価が安いため、ローカルな飲食店では1食300円ほどで食事できることもあります。

どうしても語学学校の食事がおいしくない場合は、外でご飯を食べることも考えましょう。出費は増えますが、栄養不足による体調不良や食事へのストレスは防げます。

また不安な場合は、語学学校の口コミを確認しておくのもおすすめです。生徒の感想や食事の写真が載せられていることもあり、メニューやクオリティを確認できます。

まとめ

今回は、フィリピン留学のご飯事情について解説しました。

留学にあたって「ご飯ってどうしたらいいんだろう」と思うかもしれませんが、フィリピンでは語学学校で1日2食、もしくは3食提供されますので心配はいりません。

また日本食を出す語学学校を選ぶと、味やメニューのクオリティが高くて安心です。

不安な場合はインスタント食品を持っていくなど、対処法も考えておくと食事でのストレスを減らすことができます。

今回の記事を参考にしながら、フィリピン留学の準備を進めてくださいね。

LINE留学相談

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

モリキアユミ

モリキアユミ

1992年生まれ、京都府出身のフリーライター。大学卒業時に就職を蹴って、24カ国・50都市の世界一周を実行し、旅の途中からそのままライターへ。現在はタイと日本を行ったり来たりしています。オーストラリア留学とセブ島留学の経験あり。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学カウンセラーへ相談する

03-4500-8346

お気軽にお問い合わせください。

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。