セブ島留学の特徴とは?メリット・デメリットを徹底解説!

セブ島 留学

「セブ島で語学留学したい」
「でも留学先に選んで大丈夫かな……」

とお悩みではありませんか?

セブ島は近年日本人に人気の留学先のため、英語学習のために渡航する人も増えました。

実際に語学学校の数が多く勉強に集中しやすい、リゾート地ゆえに遊ぶ場所もあり、英語力アップとリフレッシュの両方を叶えやすい場所です。

しかし人気だからこそ良い口コミもあればネガティブな口コミもあり、本当に留学先に選んで良いのか、不安も残りますよね。

そこで今回はセブ島留学のメリットやデメリット、セブ島留学をおすすめする人の特徴を紹介します。

この記事を参考にしながら、留学先をセブ島にするかどうか、考えていきましょう。

※記事は2022年7月時点の情報を参考にしています。

留学カウンセラーがあなたのお悩みを無料で伺います!

「留学にはどれくらい費用がかかるんだろう?」
「渡航時期や期間はどうしよう?」
「留学先はどこにしよう?」

その留学のお悩み、プロに相談してみませんか?

スクールウィズでは無料で留学相談を受付中。 留学について気になっていることがある方、ぜひお気軽にご相談ください。

LINEで留学相談する

無料留学相談

セブ島はフィリピンを代表するリゾート地

セブ島 留学

セブ島はフィリピン中部に位置する南北に長い島で、7,000以上の島から成り立つ都市です。

セブ島は主に、セブ・シティとマクタン島という2つの地区に分けられます。

セブ・シティはセブ島の中心部にあり、ショッピングモールやレストラン、観光スポットだけでなく、大学なども集まる場所です。

対してマクタン島はビーチ沿いのリゾート地で、セブ・マクタン空港もマクタン側に作られています。

セブ島に住んでいるのはフィリピン人が中心ですが、リゾート地ゆえに日本人を始めとするアジア系、欧米系の観光客もよく見かけます。

セブ島の気候は高温多湿で、年間を通して暖かいです。平均気温も27〜29℃と寒くなることはなく、かといって日本ほど暑すぎない、過ごしやすい気候です。

LINE留学相談

セブ島にはどんな留学生がいる?体験談を紹介

セブ島留学は一般的に語学留学を選ぶのが一般的ですが、留学形態や語学学校によって留学生活は変わります。

そこでここでは、3人の留学生の体験談をもとにセブ島留学の様子をお伝えしますね。

大学生が3ヶ月の語学留学!セブ島でのリゾート留学

留学 体験談

photo by: 古屋みなみさん

フィリピンの語学学校は平均で1日5〜8コマの授業を受けるハードな日々ですが、語学学校や寮で食事の提供、洗濯・掃除サービスなどが受けられます。

古屋さんが留学したブルーオーシャンズアカデミーもサポートが手厚く、食事のサポートを受けながら英語を勉強できます。

というのも古屋さんは、セブ島留学でTOEIC800点という目標を掲げている中で、時間管理の大切さを実感したそうです。1分1秒もムダにできない留学生活の中で、時間を取られやすい家事のサポートがあるのは助かりますね。

1日7コマの授業をこなす毎日ですが、サポートが充実したセブ島の語学学校だからこそできることかもしれません。

詳しい体験談はこちらをお読みください。
リゾート留学”中の私の1日のスケジュールと授業内容を紹介!

社会人が仕事の合間に2週間の短期留学

留学 体験談

photo by: 池澤あやかさん

タレント兼エンジニアとして活躍されている池澤あやかさんは、仕事の合間に2週間のセブ留学を経験しました。

もともとフィリピン留学を考えている中で留学先を考えていたときに、セブ島ならバカンス気分も味わえるのではと考えたそうです。

語学学校もビーチまで徒歩圏内のところを選び、放課後にはビーチで遊んだりショッピングをしたり、セブ島滞在を楽しみました。

池澤さんの体験談はこちらをお読みください。
社会人でもいける!池澤あやかが行くフィリピン超短期留学

英語初心者の30歳が1ヶ月の語学留学

留学 体験談

photo by: のっちさん

ライター・のっちさんはアラサーという区切りをきっかけに、1ヶ月セブ島に留学しました。年齢に加えて英語を話す自分もなかなか想像できず、英語をしっかりと学びたい気持ちもあったそうです。

留学当初は初心者レベルだった英語力は、1ヶ月経った頃には自分のしたいことや相手にしてほしいことが伝えられるようになりました。

また必死に会話していた状態から「この人とこの話をしたい!」という気持ちが湧き、事前に準備して会話できるようにもなったそうです。

短期留学は意味がないという声もあるものの、変化があらわれるのは英語力だけではありません。この経験を通してのっちさんも、英語力の変化は小さくても自分の中では大きな変化と成長を感じられたと話します。

1ヶ月の留学による変化はこちらをご参照ください。
英語嫌いのアラサー女子が1ヶ月間の留学を終えて変わったこと

セブ島留学のメリット

セブ島留学のメリットとデメリット

続いてはセブ島留学のメリットとして、上の5つを紹介しますね。

メリット1.勉強と観光・遊び両方楽しめる

セブ島 留学 メリット 留学タイプが多い

photo by: 古屋みなみさん

もちろん留学の目的は英語力アップや勉強かと思いますが、留学期間が長ければ長いほど息抜きも必要です。

セブ島は海があることから、ダイビングを始めとしたマリンアクティビティが人気です。またジンベイザメと一緒に泳ぐツアー、セブ島近くの島を巡るアイランドホッピングなど、ツアーもたくさんあります。

勉強と遊びを両方楽しめることから、平日は勉強に集中、休日は観光といったスケジュールも実現します。

短期留学でも帰国前の週末に気軽に遊びに行きやすく、海外滞在の思い出をしっかりと作ることが可能です。

メリット2.日系の語学学校が多数集まっている

セブ島 留学 メリット 留学タイプが多い

photo by: QQ English ITパーク校

セブ島を始めフィリピンはもともと韓国人から人気の留学先でした。現在も韓国資本の語学学校がたくさんありますが、近年は日本人が経営する語学学校も増加しています。

英語力が乏しい場合、トラブルや万が一の場合には「言いたいことが伝えられるかな」と心配になりますよね。日本人経営の学校であれば、事前カウンセリングや現地対応も日本人が担当していることがあります。

留学生も日本人が集まる傾向にあり、初めての海外留学や英語力に不安がある人でも安心です。

メリット3.他の都市より語学学校の数が多く、コースの選択肢も豊富

セブ島 留学 メリット 留学タイプが多い

photo by: HLCA

セブ島はフィリピンでもっとも語学学校が集まっており、さまざまなコースも用意されています。その分留学の選択肢も豊富です。

例えば次の3つです。

  • ・IT留学:英語とあわせてプログラミングを学ぶ
  • ・親子留学:お子さんと一緒に英語を勉強する
  • ・リゾート留学:ゴルフやダイビングなど英語学習+アクティビティを楽しめる

語学学校の数が多いと自分の希望条件に合う学校・コースも見つかりやすく、留学の目的も達成しやすくなります。

メリット4.リゾート地でリフレッシュできる

セブ島 留学 メリット

photo by: Veniaa / Shutterstock.com

何度かお伝えしている通り、セブ島はリゾート地ゆえにビーチや観光スポット、飲食店など旅行気分を味わえる場所をたくさん見かけます。リラックスできる環境のため、海外滞在を通してリフレッシュすることも可能です。

留学とはいえ、社会人や大学生であれば休暇中の旅行を兼ねている人もいるかと思います。

セブ島であれば語学学校や滞在先の近くにリフレッシュできる場所があり、他都市に比べると気分転換もしやすいです。

メリット5.日本食レストランが多い

セブ島留学のメリットとデメリット

フィリピンは日本から近い分日本のものは手に入りやすいですが、地方都市で入手するのは難しくなります。

その中でもセブ島は日本人から人気の留学先のため、日本食レストランが多く集まっています。また日本の食品や製粉を取り扱うお店もあるため、ホームシックになったときも安心です。

セブ島内であれば、どの語学学校や滞在先を選んでも日本を感じやすいでしょう。

LINE留学相談

セブ島留学のデメリット

セブ島留学のメリットとデメリット

セブ島留学には、もちろんデメリットもあります。代表的なデメリットとして、上の3つを紹介しますね。

  • ・語学学校の数が多く、選ぶのに時間がかかる
  • ・リゾート地ゆえに散財しやすい
  • ・勉強よりも観光や遊びを重視している留学生もいる

デメリット1.語学学校の数が多く選ぶのに時間がかかる

先ほども紹介した通り、セブ島は語学学校がたくさんありますが、数が多い分選ぶのも大変です。各学校の特徴やメリット、費用など複数を比較しながら探さないといけないため、学校を一から選ぶ場合はどうしても時間がかかります。

ポイントは留学の目的をハッキリさせることです。

例えば、留学の目的がTOEICのスコアアップと仕事の息抜きであれば、必要な授業数や内容はまったく異なりますよね。

目的さえ明確にしていれば条件をしぼって検索することもでき、効率よく学校を探せます。
どうしてみんな留学するの?留学経験者の留学理由や目的とは

デメリット2.リゾート地ゆえにお金を使いがちになる

ここまでセブ島はリゾート地でリフレッシュできると何度もお伝えしましたが、それだけお金を使う場面も多いです。遊ぶ回数が多いとそれだけ出費も増え、散財してしまうことも考えられます。

留学費用を残しつつリフレッシュもするには、平日は勉強に集中して週末のみ遊ぶなど、勉強とのバランスをうまく取りましょう。

また観光費用など遊びに使える予算を決めて、その範囲内のお金だけ使えるようにするのもおすすめです。残金を考えながら使えるため、無駄遣いを減らせます。

デメリット3.勉強よりも観光や遊びを重視している留学生もいる

何度もお伝えしている通りセブ島は日本人が多い、リゾート地であることから、自分を律しながら生活しないとついつい怠けてしまいやすいです。

実際に勉強が疎かになる人もいる上に、そもそも短期の息抜きを目的として留学している人もいます。どちらが悪い訳でもありませんが、観光や遊びが目的の生徒から誘われるなど、誘惑の多い環境であることは理解しておきましょう。

英語学習に集中したい場合は、TOEIC対策や大学進学など英語力アップの目的をしっかりと持つ人向けのコースを選ぶことをおすすめします。

セブ島留学をおすすめする人の特徴

セブ島 留学 おすすめ

photo by: 3D ACADEMY

ここまでセブ島留学のメリット・デメリットを紹介しました。

セブ島はリゾート地のため、海やアクティビティが身近にあります。また日本人から人気の留学先であることから、日本人や日本食レストランも多くて安心です。

セブ島留学は次のような人におすすめです。

  • ・勉強と観光の両方楽しみたい人
  • ・日本人の多い環境で安心して勉強したい人

一方で誘惑の少ない環境で勉強に集中したい、大都会の雰囲気を感じたい場合には、セブ島はもしかすると合わないかもしれません。その場合はスパルタ校の多いバギオ、首都のマニラなどがおすすめです。

気になる方はこちらのページを参考にしてみてください。

スパルタ式で勉強に集中したいならバギオ留学!
バギオ留学の特徴とは?メリット・デメリットを徹底解説!
首都のマニラで急成長のフィリピンを目の当たりにする!
マニラ留学の特徴とは?メリット・デメリットを徹底解説!

まとめ

セブ島 留学

今回はセブ島留学のメリットやデメリットを紹介しました。

おさらいすると、セブ島留学には次のメリットがあります。

  • ・勉強と観光・遊び両方楽しめる
  • ・日系の語学学校が多数集まっている
  • ・他の都市より語学学校の数が多く、コースの選択肢も豊富
  • ・リゾート地でリフレッシュできる
  • ・日本食レストランなど日本のものが手に入りやすい

セブ島が自分の希望に合っていると感じた方は、語学学校や期間など具体的なプランを決めていきましょう。

留学プランに悩んだときは、留学エージェントに相談するのもおすすめです。

スクールウィズでも相談を受け付けています。気になる方はまずこちらのLINEを登録してみてくださいね。
LINEで無料相談する

LINE留学相談

セブ島留学ガイド

セブ島1週間のセブ島留学費用

セブ島留学のメリット・デメリット

1ヶ月のセブ島留学費用

3ヶ月のセブ島留学費用

半年のセブ島留学費用

1年のセブ島留学費用

セブ島の治安事情

セブ島の気候とおすすめの服装

セブ島の生活ガイド

セブ島の交通事情

セブ島のエリア情報

セブ島の定番観光スポット

セブ島留学の休日の過ごし方

セブ島留学の滞在先の種類

セブ島の空港と市内へのアクセス方法

セブ島留学での両替情報

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学カウンセラーが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

スクールウィズならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学カウンセラーへ相談する

03-4500-8346

お気軽にお問い合わせください。

会員登録をして相談しよう オンライン個別面談を予約する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

スクールウィズなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

無料留学相談する!

\直接話を聞いて相談したいなら/

留学カウンセラーと
個別面談する(オンライン)

\まずは気軽に相談したいなら/

LINE友達追加で
相談する LINE留学相談 QRコード

スクールウィズのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。