School Withとは

School With は留学・語学学校の今がわかる留学情報メディアであり
一人ひとりの留学に向き合う留学エージェントです。

無料会員登録して使ってみる

  • 留学経験者の口コミが見れる!

    世界32カ国の語学学校を約4,000校掲載。
    最新の学校のカリキュラムや料金表や
    留学経験者の最新の口コミ評判も充実。

  • 見積り、申込の手数料無料!

    School Withでは、留学のお手続きは
    全て無料でサポートしています。
    ご安心してご利用ください。

× 次回から表示しない

School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

現役女子大生が見たフィリピン留学のリアル #01~ 私が2回目のフィリピン留学に行く理由

School With留学アンバサダー

初めまして。
将来の目標は"海外で活躍するスーパーキャリアウーマン"、古屋みなみです。海外、特に東南アジアと韓国が大好きな都内の大学に通う22歳、女子大生です。

フィリピン留学やセブ島留学は、ここ最近大学生の間でも身近に英語を学べる選択肢として広まってきました。私の同世代にもフィリピン留学に興味を持っている方が少なくない印象を受けます。ですが、実際に英語をしっかり学べるのか、そもそもフィリピンってどんなところなのか、疑問を持っている方も多いはず。

そこで今回「School With留学アンバサダー」として7月30日からフィリピンのセブ島に2ヶ月間、そしてバギオに1ヶ月間、計3ヶ月間語学留学をすることになりました。これから3ヶ月間に渡り、リアルな留学生活の様子を現役女子大生の目線でみなさまにお伝えしていきます!

今回は実際の留学のお話の前に、なぜ私が留学に行こうと思ったのか、留学を決意した背景についてお話していきます。

【PR】

中学生時代のカナダへの留学経験が人生を大きく変えるきっかけに。

私は中学3年生(15歳)で半年間のカナダ留学を経て、その当時から「世界で働く」という目標がありました。

海外旅行が好きな両親の影響から幼い頃から海外に興味を持っていた私は、中学在学中に留学ができるプログラムのある学校に通いました。当時から英語も好きだったため、留学に行くまで心配はなかったのですが、実際カナダへ留学してみると、ホームステイの滞在だったこともあり異国の人々と接すること、生活することことは容易ではありません。

まして、当時の私は中学生だったので、慣れない環境からホームシックに陥りました。ですが心配は最初のうちだけで、時間が経つにつれ、ホームステイにも慣れ始め、友達もたくさんでき、英語の実力も徐々に上がっていきました。

留学終盤には、英語を話している夢まで見るようになりました。外国語を話している夢をみると、語学力が上がった証拠だと聞いたことがあったので、非常に喜んだことを覚えています。私が通っていたカナダの学校には様々な人種の生徒がいて、初めて肌の色が違うクラスメイトと友達になったり、話したりする中で、もっと様々な人と関わりたいと思うようになりました。人種は関係ない、私たちは地球という同じ国に生まれて、ただ話す言語が違う「地球人」なんだという意識が芽生えたのはその当時からです。

今でもそのマインドは変わらず、そのお陰で現在は英語を使ってどの国の人とも積極的に話すことができています。こうした経験もあり、将来は様々なバックグラウンドを持つ人達と世界を舞台に働きたい、と自然と考えるようになりました。

初めてのフィリピン留学は想像を超える楽しさだった

ラオスに訪れた際の様子

大学在学中には国際ボランティア団体に所属し、ラオスに教育支援を行ったり、東南アジアを旅していくうちに、東南アジアに魅了されていました。そんな中、英語をまた勉強し始めたいと思っていた私は、2017年2月に人生二度目の語学留学として、1ヶ月間のフィリピン留学を決意しました。

初めてのフィリピン留学、正直期待はしていませんでした。しかし実際に1ヶ月行ってみて、他の国と比べて圧倒的に低価格で滞在できること、自分のペースで自分の目的・目標に合わせて勉強ができる環境、そしてオンとオフは切り替えて、週末は友達と海へ行ったりとアクティビティができるなどの想像を超える楽しさに、「フィリピン留学、すごい」の一言でした。

School With 留学アンバサダーとして、2回目のフィリピン留学へ

1回目のセブ留学中に、留学の様子をSNSにあげたり、ブログを書いたりしていたのですが、留学に興味を持っている方や、これからセブ留学に行く予定のある学生の方から、投稿のお陰で興味が湧いたなどのご連絡をいただいたりと、想定外の反応がありました。それを見て、フィリピン留学の需要を感じると共に、まだまだフィリピン留学を知らない方もいらっしゃる現状を知りました。

私の将来の目標は冒頭にもある通り、"海外で活躍するスーパーキャリアウーマン"です。その実現のためには英語のスキルが必須です。今の段階では、完璧と言えるほどの実力ではなかったため、もう一度しっかり英語を勉強したいと思い、マンツーマンレッスンの多い、フィリピンに留学をしたいと考えました。

そして今回で2回目となるフィリピン留学。今回はただ行って英語を勉強するだけでなく、多くの方、特に同世代の大学生に知ってもらいたいと強く思い、School With 留学アンバサダーを務めさせていただきます。SNSとブログを通じて、現地からリアルタイムでフィリピン留学を伝えていきたい思います。

前回セブ島に訪れた際の様子

留学の目標はTOEIC800点を取得すること

長期間ただ留学に行くことは簡単です。しかし、せっかく貴重なお金と時間を使って留学をするため、今回の留学に向けて必ず成し遂げたい目標を2つ掲げました。

まず1つ目は「TOEIC800点取得」です。現役で英語を毎日学んでいた過去と比べると実際現在のTOEICスコアは500点くらいかもしれません・・。リスニングは得意なのですが、リーディングや長文問題が苦手です。フィリピン留学はマンツーマンレッスンが多いことが特徴のひとつでもあるので、自分が苦手とする分野を先生とマンツーマンで教えてもらい、自分のコミット次第で高得点獲得も大いに期待できそうです。

そして2つ目は、Twitter、Instagramを毎日投稿すること。「School With 留学アンバサダー」のInstagramアカウントも作り、リアルなフィリピン留学を毎日配信して行くので、ぜひご覧ください!

大学生活最後の夏休みだからこそ、一切妥協しない充実した留学生活にしていこうと思います。

ボホール島に訪れた際の写真

現役女子大生代表として、女性目線のリアルなフィリピン留学を伝えていきます!

やはり、フィリピン留学と聞くと「治安は大丈夫なの?」「食事は安全でお腹下したりしない?」「宿舎はどんな感じなの?」などの心配事が多かったり、「そもそも何でフィリピンなの?」とよく聞かれます。

そんな疑問点など基本的なことをはじめ、「女性目線で伝えるリアルなフィリピン留学とは」をテーマに、現地からのSNS投稿や動画配信などを通じて、リアルな留学生活をみなさまにお伝えしていきます。

ということで、留学生活1週間目!頑張ります!

1回目のセブ島留学

●schoolwith留学アンバサダー
Instagramアカウント:@sw_ambassador

●古屋みなみ
Instagramアカウント:@miiiii000
Twitterアカウント:@Miiiiinami_m

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

留学の準備で役立つ「留学のしおり」を無料でプレゼント!

留学のしおり(準備編)フィリピンVer.

フィリピン留学をお考えのみなさんが、 事前に知っておくべきことを「留学のしおり」としてまとめました。

  • フィリピンまでのおすすめ航空会社まとめ
  • VISAや保険、お金周りなど事前の注意事項とは?
  • 日本で準備しておくべき持ち物リスト
  • これで心配無用!出発当日確認すべきことって?

など、役立つ情報が満載!
是非チェックしてみてください。

無料ダウンロードする

※ ダウンロードには会員登録(無料・30秒でかんたん)が必要です。

この留学ブログを書いた人

古屋みなみ

古屋みなみ

School With留学アンバサダー 2017年8月から3ヶ月間、フィリピンはセブ島とバギオに留学します。留学中のリアルな情報を女子大生目線からお伝えします。

こちらの留学ブログもいかがですか?

カテゴリーから記事を探す

みんなの留学相談サービス「留学アンサーズ」
School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。