バギオ留学の特徴とは?メリット・デメリットを徹底解説!

バギオ 留学 メリット デメリット

近年フィリピン留学は、英語学習の選択肢としてメジャーなものになってきています。特に英語初心者の方は、フィリピンは留学先として人気の国です。留学費用もリーズナブルで、先生とのマンツーマンレッスンが豊富、独特のカリキュラムがあるなど多くの魅力があります。

フィリピン留学といえば、多くの方は有名なセブ島をイメージされるかと思いますが、他にも注目すべきエリアが多くあります。その1つがバギオ。バギオは山々に囲まれ、常夏のフィリピンにありながら涼しくとても過ごしやすい地域。

今回はそんなバギオについて、基本情報・特徴から、バギオ留学のメリット・デメリットをご紹介していきたいと思います。

フィリピンの避暑地!高原都市バギオ

バギオ 留学 基本情報

バギオシティ(以下バギオ)は、フィリピン最大の島であるルソン島に位置しています。首都であるマニラも同じ島内に位置し、そのマニラから約250km北に向かって行くとバギオに到着します。

また熱帯のイメージが強いフィリピンですが、バギオは標高1,500mという高さに位置しているため、乾季(11月〜5月)の暑い時期でさえ平均最高気温25、26℃という比較的涼しい地域となっています。一方でバギオは山に囲まれているため、雨季(6月〜10月)には雨量も他地域より多くなります。

バギオの雰囲気は下の動画で紹介されているので、都市についてのイメージを持ちたい方はぜひ見てみてください。

フィリピンの軽井沢

バギオ 留学 基本情報

熱帯に属するフィリピンは、30℃を超える気温は日常ですが、その中で平均最高気温25、26℃のバギオはその他の地域の人たちにとっては、かなり涼しくかんじられることでしょう。

実際に、バギオは“避暑地”としてフィリピン人たちの中でとても人気の旅行地。避暑地としての歴史も長く、第二次世界大戦後、アメリカ政府の人たちやフィリピン大統領の夏季滞在場ともなっており、今現在でも当時使用されていた建物である「THE MANSION HOUSE」という名の別荘が残っています。

バギオは日本でいう軽井沢のような所とすると、イメージしやすいでしょうか。

エリア内での利便性は高い

バギオ 留学 魅力

バギオはルソン島北部に位置しており、この北部一帯の中心的地域となっています。ですので交通や食事、ショッピングなど生活していく上で不自由しない環境が整っています。

土日には、バギオのすべての人が買い物へ行くのではないかと疑ってしまうほど混雑するSMモールがあります。

SMモールは超巨大複合ショッピングセンターで、食料品はもちろん、映画館やフードコート、多種多様なお店が軒を連ねています。他にも、街のメインストリートであるSession Road(セッションロード)には多くの飲食店やオシャレなカフェがたくさんあります。

交通の面では、バギオにはタクシーが多く走っており、フィリピンの乗合タクシーである横長車のjeepney(ジプニー)も至る場所で見ることができます。

また毎晩開かれているナイトマーケットでは、衣類からおもちゃ、電子機器に至るまで驚くほどの破格の値段で売られています。街中心部には、広大な市場が存在し、その中にはお土産屋さんも多くあります。

LINE留学相談

バギオ留学のメリット

バギオのイメージが膨らんできたところで、ここからは英語を勉強する留学先として、バギオという環境がいかに良いのか、メリットをいくつかピックアップしてお伝えします。

メリット(1)英語漬けに自分を追い込む「スパルタ教育」がある学校が多い

バギオ 留学 メリット スパルタ校が多い

バギオは教育に力を入れている地域としても有名です。バギオの英語学校は、そのほとんどがスパルタ校

スパルタ系の学校では、基本的に平日は建物からの外出が禁止されており、外出することができるのは土日のみ。加えて、日曜日の夜9時には部屋ごとに点呼が警備員によって行われ、その時間までには部屋に戻っていなければなりません。そうした門限や外出制限がある学校が多いです。

また、学校によってはEOP(English Only Policy)を設けており、母語で話すことを禁止するルールを定めています。

中には、母語を話しているかどうかをチェックするための係の人が学校内にいることもあります。係の人に何度か母語を話している所を発見されると、最悪の場合退学させられるといったとても厳しい学校もあるそうです。
フィリピン留学のスパルタってどうなの?特徴や効果、おすすめの学校まで徹底解説

メリット(2)意識の高い生徒と切磋琢磨できる

バギオ 留学 メリット 意識の高い生徒と切磋琢磨できる

バギオにはスパルタ教育を提供している語学学校が多いことを上で紹介しました。しかし英語力を上げるのに本気なのは学校側だけではありません。

バギオに集まる留学生は、フィリピン留学をする人の中でも、しっかりとした英語力をつけるため勉強に集中する覚悟を持った人が多いです。

そのため、生徒同士で切磋琢磨し合いながら英語力を上げられる環境があると言えます。

特に留学では時に勉強に対するモチベーションが下がってしまうこともあります。そんな時に再びモチベーションを上げてくれる存在が近くにいることは留学生活全般に良い効果をもたらすと言えるでしょう。

メリット(3)海に山!自然を満喫できるスポットが充実

バギオ 留学 メリット 観光スポットが充実

英語の勉強をするのはもちろん重要ですが、勉強だけをし続けるのには限界があります。せっかくの休みの日には、友達とどこかへ遊びに出かけたりリフレッシュすることも大切です。実はバギオの立地はとても素晴らしく、勉強だけでなく休日を充実させることもできます

バギオは山々に囲まれた地域なので、近くに登山ができる山がいくつもあります。友達や先生を誘って、一緒にハイキングや登山をしに行くのも良いでしょう。とてもキレイな朝日に出逢うことができるかもしれません。登山が好きな人や挑戦してみたい人は、ぜひバギオ近隣の山々を制覇してみるのも面白い経験になりますよ。

棚田で有名なBanaue(バナウェ)もバギオから訪れることが可能です。バナウェの棚田群は世界遺産にも登録されており、一見の価値あり。バナウェの近くには、鍾乳洞・洞窟の中を探検できて面白いと有名なSagada(サガダ)というエリアもあります。

また海派の皆さんにはぜひ、キレイな海やビーチに行ってほしい。ということでご紹介したいのは、Hundred Islands(ハンドレッドアイランド)とPagudpud(パガッドパッド)です。どちらもキレイな海とビーチを堪能することができます。バギオからは少し距離があるので、日帰りよりも1泊2日の遠出スタイルを強く推します。

少し離れて、バギオから北に行ったところにスペイン統治時代の名残がそのまま保存されているVigan(ビガン)という街があります。建物も道もヨーロッパ風でフィリピンにいることを忘れてしまいそうな錯覚に陥ってしまいます。少し息抜きをしたい時。ちょっと足を伸ばして旅行してみるのも楽しいでしょう。
バギオ観光といったらここ!現地で楽しめるおすすめスポット7選

メリット(4)治安もよく安心して留学できる

バギオ 留学 メリット 治安が良い

バギオは治安面でフィリピンの他の都市と比べ、比較的安全ではあると思います。

特に主流の交通手段であるタクシーでは、「フィリピンではぼったくられることが多いんじゃないか」とよく言われますが、バギオでは比較的安心してタクシーに乗ることができます

初乗り数十円から始まり、200円程度あれば街の中心部にある大体の場所に行くことができると思います。また、正規料金を提示してくれますし、タクシーメーターを細工していたり、運転手さんが恐喝してくることはほぼありません。

なので、安心安全でバギオ内をタクシーで移動することができます。地元の人たちが毎日利用するジプニーに一緒に乗るのも良いでしょう。

またバギオでは1人で歩くのはオススメできませんが、友人など複数人でなら夜出歩くこともできる雰囲気です。

安全であると言っても、バギオは日本から遠く離れた海外。常に海外にいるという意識をもって、気を緩み過ぎず、必要最低限の注意を持ち生活するよう心がけましょう。

バギオ留学のデメリット

ここからは、バギオ留学におけるデメリットをお伝えしようと思います。

デメリット(1)ビーチリゾートからは結構遠い

バギオは辺りを山々に囲まれているため、海に面していません。ですので、セブ島界隈のリゾート地のように「学校から飛び出して直ぐにビーチに行けて、海で泳ぐことができる!」といったことができません。

先程ご紹介したビーチがあるハンドレッドアイランドやパガッドパッドへ行くためには、バンなどの車をレンタルして数時間の距離を移動する必要があります。

また近場のビーチ「サンファン」も車で片道2時間ほどの距離にあり、こちらの気軽に行くというよりは、しっかりとビーチを満喫するというモチベーションで行く方が良いかと思います。

デメリット(2)雨季のバギオは降雨量が多く気候に恵まれない

バギオの雨季は、おおよそ6月から10月までの期間です。雨季の時期の雨はとてつもない降水量の時もあります。

留学中に雨季のタイミングが被ると、雨の日がとても多くなります。だいたい午前中は晴れているのですが、午後からスコールのような、まとまった雨が何度か勢いよく降り注ぎます。

ずっと同じテンションの雨がしとしと降り続ける日本の梅雨とは、少し異なる天候となります。

また雨の日が続くと、気分的にも落ち込んでしまう人もいます。雨が好きではない人、避けたい人は雨季を避けた乾季(11月〜5月)の時期に留学に行く方が良い選択だと思います。

デメリット(3)最寄りの空港がなく少し不便

バギオ 留学 デメリット 空港からのアクセスが悪い

Photo by : Victory Liner, Inc.

バギオには空港がありません。日本から来る際は、マニラのニノイ・アキノ空港に最初降り立つはずです。おそらくほぼ全ての学校がニノイ・アキノ空港からバギオまでの送迎バスを用意しているかと思います。約5時間〜7時間のバス旅になります。

なので街の中も長距離バスが走る姿をよく目にします。長距離バスが苦手な人は少し厳しいかもしれません。

ただ、裏を返せば、首都とバス移動で繋がっており、1本でアクセス可能なことからバギオへのアクセスは良いとも読み取れるかと思います。

LINE留学相談

バギオ留学は勉強に集中する留学生活を送りたい方におすすめ!

バギオ 留学 おすすめ

ここまでバギオ留学のメリット・デメリットについて紹介してきました。

バギオ留学では山に囲まれた環境の中、意識の高い学生たちと勉強に集中できる環境があります。そのため、フィリピン留学でしっかりとした英語力を身につけたい留学生におすすめです。

一方、「遊びも満喫したい!」「温暖な気候の中留学生活を送りたい!」という方であれば、もしかするとバギオ留学は合わないかもしれません。

以下では人気の留学先を何カ所か紹介しているので、他の都市のメリット・デメリットを知りたいという方は参考にしてみていただけると幸いです。

人気リゾート地で勉強と遊びを両立させたいならセブ島留学!
セブ島留学のメリット・デメリット
日本からのアクセスを重視するならマニラ留学!
マニラ留学のメリット・デメリット

バギオ留学のメリット・デメリットまとめ

バギオ 留学

いかがでしたでしょうか。バギオとは「どのような街で、こういった雰囲気なんだな」と感じ取っていただけたなら幸いです。勉強するのにとても適している気候なので、集中しやすいでしょう。

もちろん雨季だと雨が降り過ぎて、時々どんよりすることもありますが、そんな時こそ友達とちょっと遠くへ旅行に行くのも気分転換には効果的です。

英語を勉強するという環境に身を置きたいと思った時に、スパルタな学校が多いバギオを選ぶことは得策だと考えます。日本で勉強していた時の数倍、いや数十倍集中でき、良い環境で英語を身に付けることができるのではないでしょうか。この記事が皆さんのバギオ留学への参考になれば幸いです。

もしバギオが留学先として自分に合っていると感じた方は、具体的な語学学校を決めていきましょう。

バギオでおすすめの学校や、留学費用について知りたい方は以下で紹介しているので参考にしてみてください。
バギオの人気語学学校ランキング
バギオ留学の1ヶ月の費用

留学総合サイト&エージェントSchool Withでは留学経験豊富なカウンセラーによる留学相談を受け付けています。学校選びはもちろん、国や都市選びなど少しでも留学で気になることがあれば、お気軽に問い合わせください!
【無料】LINE・メール相談 / 個別相談 / 説明会はこちらから

LINE留学相談

バギオ留学ガイド

バギオ留学のメリット・デメリット

1週間のバギオ留学費用

1ヶ月のバギオ留学費用

3ヶ月のバギオ留学費用

半年のバギオ留学費用

1年のバギオ留学費用

バギオ留学の失敗事例

バギオの治安事情

バギオの気候とおすすめの服装

バギオの生活ガイド

バギオの交通事情

バギオのエリア情報

バギオの定番観光スポット

バギオの人気アクティビティ

バギオ留学の滞在方法

バギオの空港と市内へのアクセス方法

バギオ留学での両替情報

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学カウンセラーが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

School Withならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学カウンセラーへ相談する

03-4500-8346

お気軽にお問い合わせください。

会員登録をして相談しよう メールで留学相談する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会(@東京)に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

School Withなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

3

安心の学校倒産保証(フィリピンのみ)

学校が万が一倒産した場合も、残りの留学期間を代替校で継続して授業が受けられるよう保証いたします。

無料留学相談は
こちらから

留学カウンセラーへ相談する

03-4500-8346

お気軽にお問い合わせください。

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。