1週間のオーストラリア留学費用の内訳と総額

お金

オーストラリアの語学留学費用は、平均1週間で19万円〜24万円の費用がかかります。具体的に何にいくらほどかかっているのでしょうか。オーストラリア留学に必要な、授業料、滞在費、航空券、生活費など、費用の内訳を順を追ってご紹介します。

※費用は1オーストラリアドル(豪ドル)=90円で計算
※留学費用は選ぶ学校や生活スタイルにより個人差がありますので、あくまでも目安にご覧ください。

授業料は1週間2万2,000円〜3万6,000円

教科書

オーストラリア留学費用の大きな割合を占めているのは授業料です。1週間で平均2万2,000円〜3万6,000円かかります。学校の立地や設備、校舎の綺麗さなどによって、金額の差があります。

滞在費用はホームステイ、寮(レジデンス)、シェアハウスで異なる

滞在費用も授業料と同様に全体費用の中で大きな割合を占めます。留学中の主な滞在形式はホームステイ、寮(レジデンス)、シェアハウスとなります。

ホームステイは1週間2万2,500円〜2万7,000円

ホームステイの費用は、1週間に2万2,500円〜2万7,000円かかります。

ホームステイは滞在費だけでなく、基本的には食費も含まれているのが他の滞在形式との違いです。部屋タイプも個室が多いため、初めての留学でプライベートが欲しいという方には安心です。ご家庭によりますが、ホストファミリーとコミュニケーションを取ることにより、英語を使う機会も増やせます。

ホームステイは、はじめての留学や、勉強とコミュニケーションをバランスよく楽しみたい人におすすめです。

寮は1週間1万8,000円〜2万7,000円

寮(レジデンス)の費用は週に1万8,000円〜2万7,000円かかります。

食事のありなしはオプションで選ぶことが多く、基本的には費用には含まれておりません。部屋は個室、もしくはドミトリー(相部屋)です。日本人だけでなく、他の国籍の留学生と同室になることもあり、多国籍な友達ができるでしょう。学校の敷地や近くにあるので、通学時間もホームステイに比べ短く、利便性が高い環境です。寮は、自分のペースで生活したい人や多国籍な友達が欲しい人におすすめです。

シェアハウスは1週間9,000円〜1万8,000円

シェアハウスは、滞在費用を一番安く抑えられる方法です。

費用は、1週間で9,000〜1万8,000円かかります。

シェアハウスは、立地で金額も変わります。都心部に近づくと1週間1万8,000円ほどしますが、地方にいけば半分の9,000円ほどになります。また、いろいろな国籍の人とシェアハウスをすることになるでしょう。通学に時間とお金はかかりますが費用は安く、友達も作りやすいです。

シェアハウスは、ある程度留学に慣れた人、費用を抑えたい人、ワーキングホリデーで来ている人におすすめです。

宿泊手配は日本で行いましょう

現地に行ってから滞在先を手配することも可能ではありますが、万が一すぐに見つからない場合はホテル滞在となり、割高となることもあるため、少なくとも最初の数ヶ月は日本で手配しておきましょう。ワーキングホリデー目的などで、長期で滞在する方は学校の寮からシェアハウスに途中で移る方もいます。

その他のプログラム費用は何が必要?

オーストラリア留学では、授業料と滞在費の他に、以下のような費用が必要です。

入学金

語学学校への入学金を授業とは別に支払う必要があります。平均で1万8,000円かかります。

教科書代

受講するコースによって、必要な数が異なってきます。1冊1,350円前後です。1週間滞在で数冊の購入が必要な場合が多いです。

空港送迎

現地空港到着時に出迎えサービスを使う方は必要な費用になってきます。平均で1万1,700~1万3,500円かかります。

滞在先手配料

ホームステイや寮の手配を学校に依頼する場合にかかってくる費用になります。平均で1万8,000~2万2,500円かかります。

この中で意外に見落としがちなのが入学金です。授業料に含まれていると思っている方もおりますが、含まれていないことが多いです。また教科書も、現地に着いてから学校の本屋さんで購入することが多いです。

航空券・海外旅行保険・ビザ代は日本で準備しよう

飛行機

次に、渡航準備として大切な航空券・海外旅行保険・ビザについてご紹介します。

航空券は平均8万円~10万円

オーストラリアへの航空券は、利用する航空会社や時期により異なりますが、平均8万円~10万円くらいかかります。費用を少しでも抑えたい方は、日本からオーストラリアは格安航空会社(LCC)の便があるため、利用するのもよいでしょう。

学生ビザは3ヶ月以上の留学から必要

学生ビザの申請は、3ヶ月以上の留学から必要です。3ヶ月未満の留学は、ETASという観光ビザで入国できます。

ETASは3ヶ月未満の人が対象で、実質無料のビザです。ただし、オーストラリアが委託しているシステム会社を利用するので、手数料として約1,800円かかります。

3ヶ月以上の留学は学生ビザの申請が必要です。1回につき約5万円かかります。申請には「一定の出席率(80%以上)を保つこと」や「入学先が政府認定校であること」、「十分な滞在資金があること」などいくつか条件がありますので、確認してから申請しましょう。

学生ビザを取得すれば、「週25時間以上の受講、週20時間までの就労」が認められます。そのため、学生ビザをもっている人は、アルバイトをしながら留学することも可能です。オーストラリアは時給が高いことで有名です。1,800円(20豪ドル)前後は保障されているので、費用をおさえながら留学することもできます。

海外旅行保険は1週間5,000円~7,000円

留学時には、海外旅行保険に加入しておきましょう。1週間で5,000円~7,000円ほどかかります。費用は加入するプランにより異なります。

3ヶ月未満であればクレジットカードの付帯保険も利用できます。クレジットカードは、90日間カードを所持している本人であれば、海外旅行保険が使えます。

カード会社やカードの種類によって、自動付帯(カードを持っているだけで保険が使える)や利用付帯(渡航費の一部をカード支払いすると保険が使用できる)という違いがありますので、利用する場合は事前に確認しておきましょう。

現地生活費は1週間2万5,000円が目安

留学費用だけでなく、もちろん現地での生活費もかかります。

現地での生活費は日本と同じくらい

現地で必要な生活費は個人差がありますが、1週間2万5,000円あれば生活できるでしょう。ホームステイは、滞在費と食費が含まれているので、外食や娯楽費用のみ必要となります。旅行に行く予定がある方などは多めに用意しておくとよいでしょう。

オーストラリアの物価について

オーストラリアの物価は日本と同じくらい、もしくはやや高いくらいと言われています。
目安として、外食が1回につき900~1,800円かかります。ただ、食料もスーパーで買えば安く済みます。電車やバスは180~270円と、日本よりも安いです。

合計費用は1週間で19万円〜24万円

お金

各内訳の平均的な費用を合計すると1週間で19万円〜24万円かかります。

3ヶ月以上の長期留学やワーキングホリデーになると、さらにビザ代などがかかります。オーストラリアでは、学生ビザやワーキングホリデービザを持っているとアルバイトをすることができるので、全体的な費用を抑えることができます。

留学費用に関しては、行く学校や受講するコース、滞在する場所、現地の生活費など個人差があります。まずは気になった学校の見積りをして、費用を確認してみましょう。

オーストラリア留学に戻る

オーストラリア留学ガイド

オーストラリア留学の特徴とメリット・デメリット

オーストラリアの現地生活情報

オーストラリアの天気・気候と服装

英語試験対策とスコア換算表

オーストラリア英語の特徴と訛り

オーストラリア留学に必要なビザ情報

オーストラリアの空港情報と市内へのアクセス方法

目的からオーストラリア留学を探す

2ヶ国留学のススメ

オーストラリア留学コース選定ガイド

オーストラリア留学おすすめ人気都市ランキング

オーストラリア留学で失敗しないための学校の選び方

オーストラリア留学の滞在先の種類と特徴

留学計画早見表

1週間のオーストラリア留学費用の内訳と総額

1ヶ月のオーストラリア留学費用の内訳と総額

3ヶ月のオーストラリア留学費用の内訳と総額

オーストラリア留学前の準備の流れ

半年のオーストラリア留学費用の内訳と総額

オーストラリア留学持ち物リスト

オーストラリア留学の出国から帰国までの流れ

オーストラリアのおすすめ観光スポット情報

オーストラリアの祝日情報

1年のオーストラリア留学費用の内訳と総額

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学コーディネーターが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

School Withならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30 (祝日除く)

会員登録をして相談しよう メールで留学相談する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会(@東京)に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

School Withなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

3

安心の学校倒産保証(フィリピンのみ)

学校が万が一倒産した場合も、残りの留学期間を代替校で継続して授業が受けられるよう保証いたします。

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。