オーストラリアの天気・気候と服装

天候

オーストラリアは、日本と同じように四季のある国です。しかし、日本とは正反対の南半球に位置するため、気候特性は真逆になります。日本が冬である12月から2月にかけて、オーストラリアは夏にあたります。

また、オーストラリアは、日本の21倍の国土を持つ国です。そのため、同じ国でも地域によって気候が異なり、着るべき服装も変わります。そのため留学前に、自分の渡航先の気候特性をしっかりと確認しておく必要があります。

今回は、オーストラリアの気候特性として平均気温や降水量、春夏秋冬それぞれの気候の特徴や服装も、合わせてご紹介します。

オーストラリアの気候特性

ゴールドコースト

オーストラリアは、南半球に位置する国です。そのため、気候特性は日本と真逆になります。

オーストラリアは日本と季節が真逆の国

オーストラリアにも、四季があります。ただし、南半球に位置するオーストラリアは、日本と正反対の気候になります。そのため、夏は12月から2月まで、冬は6月から8月までに当たります。

年間平均気温は17.9℃と、1年を通して暖かい国です。日本と比べると湿度も低くて、カラッとした爽やかな暑さを感じられるでしょう。紫外線が強いことも特徴です。

反対に、湿度が低いので、朝や日中と夜で、気温がまったく異なることがあります。地域によっては、「1日の中で四季が感じられる」と言われているところもあります。そのため、日中あたたかくても、地域によっては夜になるにつれて、やや肌寒くなる地域もあります。

オーストラリアの平均気温

オーストラリアの平均気温は、約17.9℃です。1年を通して、比較的あたたかいので、過ごしやすいと言われています。冬でも、地域によってはコートといったアウターが必要ありません。

年間を通して日差しが強いので、冬でもあたたかく感じやすいです。ただし、日差しが強いともよく言われます。紫外線対策として、サングラスや日焼け止めは用意しておくことをおすすめします。

オーストラリアの平均降水量

オーストラリアの平均降水量は、約110mmです。日本と雨期も逆で、冬の6月から8月にかけて降水量が増えます。反対に、夏にあたる12月から2月にかけては、降水量が少なくなります。

梅雨と呼ばれる時期はないので、日本と比較すると雨は少なく感じるでしょう。さらに、オーストラリアは湿度の低い国です。そのため、日本のようにじめじめした空気を感じることはあまりありません。

オーストラリアの地域ごとの気候特性

シドニー

また、国土の広い国なので、地域によって気候特性がまったく異なります。簡単な、地域別の気候特性は以下のようになります。

シドニー

平均気温は25℃と、年間を通して温暖な地域です。「1年で340日晴れている」と言われているほど、降水量が他の地域に比べて少ないことが特徴です。
シドニーの詳しい気候情報はこちらから
シドニーの天気・気候と服装

メルボルン

天候の変化が激しく、「1年の中で四季が味わえる」と言われている地域です。そのため、夏でも夜は肌寒く、上着を持ち歩いていると安心です。平均気温は15℃前後です。
メルボルンの詳しい気候情報はこちらから
メルボルンの天気・気候と服装

ブリスベン

年間を通して暖かくて、平均気温も20℃前後です。冬よりも、夏の方が降水量が多くなります。ただ、日本の雨と異なり、何日も続くことは少ないです。
ブリスベンの詳しい気候情報はこちらから
ブリスベンの天気・気候と服装

パース

比較的暖かく、平均気温は20℃ほどになります。冬でも平均気温が10℃と過ごしやすいです。夏は、他の地域よりも乾燥していることが特徴です。
パースの詳しい気候情報はこちらから
パースの天気・気候と服装

アデレード

内陸部の砂漠エリアが近いこともあり、湿度が低く、カラッとしています。平均気温は18℃前後で、他の地域に比べると涼しいです。夏でも上着を用意しておきましょう。
アデレードの詳しい気候情報はこちらから
アデレードの天気・気候と服装

ゴールドコースト

年間を通して温暖で、平均気温は20℃になります。降水量が、他の地域は冬に多いことに対して、ゴールドコーストは夏の方が多くなります。気候はブリスベンとよく似ています。
ゴールドコーストの詳しい気候情報はこちらから
ゴールドコーストの天気・気候と服装

ケアンズ

1年を通して暖かい地域です。冬でも平均気温が25℃で、半袖や長袖1枚といった軽装で過ごせます。
ケアンズの詳しい気候情報はこちらから
ケアンズの天気・気候と服装

バイロン・ベイ

平均気温は25℃と、暖かい地域です。特に、夏の暑い日は38℃まで気温があがり、かなり暑くなります。紫外線も強いので、サングラスや日焼け止めはしっかりと用意しておきましょう。
バイロン・ベイの詳しい気候情報はこちらから
バイロン・ベイの天気・気候と服装

オーストラリアの春夏秋冬

服装

オーストラリアの春夏秋冬は、シーズンごとに以下のような特徴があります。特徴と合わせて、季節ごとの服装もご紹介します。

オーストラリアの春(9〜11月)

春は平均気温が18℃と、1年で一番過ごしやすい時期と言われています。服装は、昼間であれば長袖1枚、もしくは半袖に羽織といった軽装で過ごせます。降水量も比較的少ない時期なので、ストレスなく過ごすことができる時期でしょう。

オーストラリアの夏(12〜2月)

夏は、1年で最も暑く、日差しも強い時期です。平均気温は22℃と、日本ほど気温は高くなりません。半袖に短パン、ビーチサンダルといった軽装で過ごせます。

しかし、オーストラリアの夏は日差しが強いです。そのため、気温は低くても、「暑い」と感じることは多いです。サングラスと帽子、日焼け止めといった紫外線対策は、必ず行うようにしましょう。

オーストラリアの秋(3〜5月)

秋は春と同じように、昼間は長袖1枚で過ごせる快適な季節です。平均気温は18℃、5月に近くにつれて、15℃を下回る日も増えていきます。

また、日中はあたたかくても、夜は肌寒い日もあります。気温対策として、羽織やジャケットを持ち歩いていると安心です。秋から冬に近づくにつれて、徐々に降水量も増えていくでしょう。

オーストラリアの冬(6〜8月)

冬の6月から8月は、1年で最も寒い季節です。平均気温は12℃と、日本よりはあたたかいです。しかし、それでもセーターや厚手のジャケット、コートといったアウターは必要です。

また、冬は1年の中で最も降水量も増える時期です。降水量が120mmを超える日も多くなりますので、折り畳み傘は持ち歩くようにしておきましょう。

オーストラリアのベストシーズン

オーストラリアのベストシーズンは、春(9〜11月)です。あたたかくて過ごしやすいだけでなく、降水量も少ない時期になります。

特に、11月は夏目前で暖かく、雨も少ない時期です。勉強や休日の観光でも、快適な気温で過ごせる日が多くなるでしょう。

まとめ

オーストラリアは、南半球に位置する国です。そのため、季節が日本と正反対で、夏は12月から2月まで、冬は6月から8月までになります。

年間を通して暖かい国で、平均気温は17.9℃です。降水量も110mmですが、日本に比べると冬以外は雨が少ないです。ただし、年間を通して紫外線も強い国と言われています。サングラスや日焼け止めといった、紫外線対策は忘れないようにしましょう。

ベストシーズンは、春(9〜11月)です。特に、11月は気温も適度にあたたかく、雨の量も少ない時期です。勉強や休日の観光にも出かけやすいでしょう。

ただし、オーストラリアは国土の広い国なので、地域によって気候特性が異なります。自分の留学先の気候特性は、事前によく確認しておきましょう。

オーストラリア留学に戻る

オーストラリア留学ガイド

オーストラリア留学の特徴とメリット・デメリット

オーストラリアの現地生活情報

オーストラリアの天気・気候と服装

英語試験対策とスコア換算表

オーストラリア英語の特徴と訛り

オーストラリア留学に必要なビザ情報

オーストラリアの空港情報と市内へのアクセス方法

目的からオーストラリア留学を探す

2ヶ国留学のススメ

オーストラリア留学コース選定ガイド

オーストラリア留学おすすめ人気都市ランキング

オーストラリア留学で失敗しないための学校の選び方

オーストラリア留学の滞在先の種類と特徴

留学計画早見表

1週間のオーストラリア留学費用の内訳と総額

1ヶ月のオーストラリア留学費用の内訳と総額

3ヶ月のオーストラリア留学費用の内訳と総額

オーストラリア留学前の準備の流れ

半年のオーストラリア留学費用の内訳と総額

オーストラリア留学持ち物リスト

オーストラリア留学の出国から帰国までの流れ

オーストラリアのおすすめ観光スポット情報

オーストラリアの祝日情報

1年のオーストラリア留学費用の内訳と総額

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学コーディネーターが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

School Withならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30 (祝日除く)

会員登録をして相談しよう メールで留学相談する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会(@東京)に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

School Withなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

3

安心の学校倒産保証(フィリピンのみ)

学校が万が一倒産した場合も、残りの留学期間を代替校で継続して授業が受けられるよう保証いたします。

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。