【お知らせ】7月〜8月は満室の学校が増えています。お申込みはお早めに!留学の相談はこちら

オーストラリア英語の特徴と訛り

英語

オーストラリアはイギリスに植民地支配を受けていた影響もあり、英語もイギリス英語の影響を強く受けています。そして独立後、「オージーイングリッシュ」と言われるような、独自の英語に発展しました。

特にオーストラリア英語には、発音に「rを発音しない(r-less)」、「aは「アイ」と発音される」、「短縮形が多い」という3つの特徴があります。そして、単語の使い方にも「語尾を"-ie"に変形させる」、「erを"re"という順で表記する」というような特徴があります。

今回は、オーストラリア英語の特徴を歴史的背景から実用的な表現まで、詳しく解説します。

オーストラリア英語の歴史的背景

オーストラリア英語の歴史的背景

オーストラリア英語は、イギリス英語の影響を大きく受けてながら独自のオーストラリア英語へと発展しました。イギリスから植民地支配を受けていた時代が、特に影響をもたらしています。

オーストラリアには、もともとアボリジニと呼ばれる先住民が暮らしていました。アボリジニたちは、少なくとも5万年前からはオーストラリアに住居を構えていたと言われており、独自の言語や文化を築き上げていました。

しかし、1770年にイギリス人の探検家であるキャプテン・ジェームス・クックがオーストラリアに到着します。というのも、1700年代は数多くのヨーロッパ人探検家が航海をしている時代でもありました。オーストラリアもそうしてイギリス人に発見され、1778年にはシドニー・ハーバーに多くのイギリス人が到着し、植民地支配がはじまります。

そして、1901年にオーストラリアが国家として成立するまで、イギリス人を中心に中国人や中東系の人々など、数多くの国からオーストラリアへ移住者が訪れました。その中でも、一番始めにオーストラリアへやってきたイギリス人の英語が、強く残っています。

また、オーストラリア独立後の英語の変化は、オーストラリア人の気さくで少し怠惰な性格も影響していると言われています。その性格から、短縮形や変形した〝オージーイングリッシュ〟と言われる、独自の単語の形が生まれました。

発音の特徴

発音の特徴

オーストラリア英語には、アメリカ英語にはない独自の特徴があります。ここでは、

・rを発音しない(r-less)
・aは「アイ」と発音される
・短縮形が多い

という3つの特徴をご紹介します。

rを発音しない(r-less)

オーストラリア英語では、rの音を発音しないと言われており、イギリス英語にも同じ特徴があります。通常アメリカ英語では舌を巻いて発音するところを、オーストラリア英語では舌を伸ばしたまま発音します。

そのため、英語ネイティブであるはずのオーストラリア人の英語でも、なんとなくカタカナ英語のように聞こえることがあります。rの音を発音しないことは、r-lessと言われています。

aは「アイ」と発音される

aの音は、アメリカ英語であれば、「エ」や「エイ」と発音されます。しかし、オーストラリア英語では、aの音は「」や「アイ」と発音されています。

代表的な単語に、「Today」があります。アメリカ英語や授業で習う発音は「トゥデイ」となりますが、オーストラリア英語では「トゥダイ」と発音されます。

しかし、オーストラリア人は「アイ」と発音しますが、語学学校の先生たちはtsだしい発音である「トゥデイ」と教えるところがほとんどです。

短縮形が多い

オーストラリア人は、よく単語を短縮した形で話します。あまりにも短く短縮するため、何を意味するのか分からないこともしばしばあります。

代表的な短縮形に以下の単語があります。

・Ta「タ」
"Thank you"の短縮形です。

・G Day「グッダイ」
"Good Day"の短縮形です。友人や知り合いに挨拶するときに使います。

・mossi「モージー」
蚊を意味する"mosquito"の変形した形です。

・arvo「アルヴォ」
午後という意味の"afternoon"を意味する単語が変形した形です。

・cuppa「カッパ」
"cup of tea"(一杯の紅茶)という意味の単語が短縮されています。

ここに紹介したオーストラリア英語の短縮形は、まだまだ一部です。オーストラリア人はたくさんの短縮形を利用するので、知っておくと会話がスムーズになるかもしれません。

オーストラリア人の英語の使い方の違い

オーストラリア英語では、同じ単語でもアメリカ英語と比べると異なる単語の使い方がいくつかあります。その中から「語尾を"-ie"に変形させる」、「erをreという順で表記する」というスペルの違いと、"No Worries"というオーストラリア人がよく使うフレーズをご紹介します。

語尾を"-ie"に変形させる

単語の語尾を、"-ie"の形に変形させてしまうことも、オーストラリア英語の特徴です。例えば、代表的な単語の例に「breakfast(朝食)」があります。

この単語も、オーストラリア英語になると"brekkie"というように変形します。"-ie"の形に変形するという法則を知らなければ、なかなか分かりにくいです。

また、オーストラリア人のことを指す、"Aussie"「オージー」という単語も同じ法則にしたがった単語です。何の単語か分からないときは、"-ie"の前についている文字を参考にしながら考えましょう。

erをreという順で表記する

オーストラリア英語では、スペルもアメリカ英語と異なる点がいくつかあります。そのひとつにerのスペルの順番があります。

例えば、"center"という単語は"centre"というように、eとrの順番が逆になって表記されます。このスペルの違いは、イギリス英語がもとになっており、オーストラリア英語でもそのまま受け継がれた表現方法です。

No Worries「ノーウォーリー」は覚えておこう

No Worries「ノーウォーリー」という言い回しは一番よく使われます。どういたしましてを意味する"You’re welcome"や"No problem"の意味です。"Don’t worry"とアメリカ英語でいうところを、Noに変形して使用しています。「気にしないよ!」といった意味で、男女問わず気軽に使われる単語です。

何かお礼を言われたときに、"Ta"(ありがとう)、"No Worries"(心配ないよ!)というやりとりができれば正しい使い方です。

まとめ

オーストラリア英語

オーストラリア英語は、イギリス入植時代の影響を強く受けています。そして、さらにイギリス英語から変化を遂げて、「オージーイングリッシュ」と呼ばれるオーストラリア独特の表現がたくさん生まれました。

特に、発音はイギリス英語がそのまま受け継がれています。「rを発音しない(r-less)」、「aは「アイ」と発音される」というイギリス英語の特徴に、オーストラリア人の少し怠惰な性格が加わって「短縮形が多い」という表現方法が生まれました。

また、単語の使い方もアメリカ英語とは異なります。特に、「語尾を"-ie"に変形させる」、「erをreという順で表記する」というスペルの違いが特徴的で、オーストラリア英語にしかありません。

特徴的で慣れないうちは難しいかもしれませんが、使っているうちに覚えてきます。よく使われるオーストラリア英語の表現だけでも、覚えて使ってみてくださいね。

オーストラリア留学の詳細はこちら

オーストラリア留学ガイド

オーストラリアでできるアクティビティ情報

オーストラリア留学の特徴とメリット・デメリット

オーストラリアの現地生活情報

オーストラリアの天気・気候と服装

英語試験対策とスコア換算表

オーストラリア英語の特徴と訛り

オーストラリア留学に必要なビザ情報

オーストラリアの空港情報と市内へのアクセス方法

目的からオーストラリア留学を探す

2ヶ国留学のススメ

オーストラリア留学コース選定ガイド

オーストラリア留学おすすめ人気都市ランキング

オーストラリア留学で失敗しないための学校の選び方

オーストラリア留学の滞在先の種類と特徴

留学計画早見表

1週間のオーストラリア留学費用の内訳と総額

1ヶ月のオーストラリア留学費用の内訳と総額

3ヶ月のオーストラリア留学費用の内訳と総額

オーストラリア留学前の準備の流れ

半年のオーストラリア留学費用の内訳と総額

オーストラリア留学持ち物リスト

オーストラリア留学の出国から帰国までの流れ

オーストラリアのおすすめ観光スポット情報

オーストラリアの祝日情報

1年のオーストラリア留学費用の内訳と総額

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学コーディネーターが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

School Withならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30 (祝日除く)

会員登録をして相談しよう メールで留学相談する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会(@東京)に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

School Withなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

3

安心の学校倒産保証(フィリピンのみ)

学校が万が一倒産した場合も、残りの留学期間を代替校で継続して授業が受けられるよう保証いたします。

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。