ニュージーランド留学の特徴とは?メリット・デメリットを徹底解説!

ニュージーランド 留学 メリット デメリット

ニュージーランドは日本のように四季があり、治安もいいことから留学するのに適している国だと言われています。

また、ニュージーランドは留学生の受け入れる体制も整っており、観光ビザ、学生ビザ、ワーキングホリデーなど様々なビザで留学をすることができます。

とはいえ、ニュージーランドと聞くと「自然が多く穏やかな国」、「羊が放牧されている国」といった漠然としたイメージしか持てないという人も多いのではないでしょうか。

今回はニュージーランドでの留学するうえでのメリット、デメリット、気になるその魅力や注意点に関して、紹介していきます。現在ニュージーランド留学を検討している人は今回の記事を参考にしてみましょう。

ニュージーランドの基本情報

ニュージーランド 留学 基本情報

ニュージーランドは南半球に位置しています。南島と北島と、南北で2つの島からなる国で、南島と北島で違った気候や文化を楽しむことができます。

面積は約27万平方キロメートルで日本と同じくらいの大きさの島国です。首都はウェリントンという都市で、人口は約447万人います。

現地通貨はニュージーランドドルで、1ニュージーランドドル(NZD)はおよそ80円ほど。気候は一年を通じて温暖ですが、日本と比べると寒暖差が激しいです。

国としての歴史はまだ浅いですが、ニュージーランドには「マオリ」といわれている先住民がおり、ニュージーランドのいたるところでマオリの歴史文化を見ることができます。

ニュージーランド留学の特徴や魅力

ニュージーランド 留学 特徴 魅力

ここではニュージーランド留学の特徴や魅力ついて3つ紹介していきます。

魅力(1)気さくな人が多い

ニュージーランド人は一般的におおらかで気さくな人が多いといわれています。自然が多いニュージーランドだからこそ、このような気風を持った人が多いのかもしれませんね。

また、ニュージーランドの人々はおしゃべりが好きな人が多いようです。カフェにいるときの待ち時間など、エレベーターで並んでいるときなど日常生活の至るところで気軽に話しかけてくるでしょう。

日常的に話す機会が頻繁にあるので、初めての海外や留学でも孤独をあまり感じなくてすみますね。

魅力(2)教育水準が高い

ニュージーランドは世界の中でも教育水準が高い国として知られています。国内には全体で8校大学があり、一つ一つの大学が国によってしっかり管理されており、学部も豊富にあるので大学の質は高いといえます。

また、大学だけでなく語学学校の質も高く、IELTSやTOEFLなどの資格対策もしっかりとサポートしてくれます。

教育システムが高いニュージーランドで留学することで、質のいい教育を受けることができるでしょう。

魅力(3)多民族国家で移民に理解がある

ニュージーランドは小さな島国ですが、多民族国家で世界中の様々な国々から移民を受け入れています。

多民族国家であることと、世界でも治安が良い国であることから、人種差別が少ない国だと言われています。

留学生も世界の色んな国から集まっているので、留学中はニュージーランド人だけでなく色んな国の人々と触れ合うことができます。語学学校だけでなくアルバイト先やシェアハウスでの暮らしを通して、彼らと仲良くなることができるかもしれませんね。

ニュージーランド留学のメリット

ニュージーランド 留学 メリット

ここではニュージーランドで留学することのメリットを3つ紹介したいと思います。

メリット(1)ネイティブイングリッシュを学ぶことができる

ニュージーランドは元々、英国の統治下にあったということもあり、ネイティブイングリッシュを学ぶことができます。

さらに国内には語学学校がたくさんあり、無理せず自分に合ったレベルで英語を学ぶことが可能です。

メリット(2)治安がよく自然が多い

ニュージーランドは治安がいいことで有名です。現地の人々の性格も優しく穏やかな人が多いので、何か困っていることがあれば助けてくれることが多くあります。

また、ニュージーランドは自然が多く温暖な気候ということもあって、のびのびとした環境の中で勉強に励むことが可能です。

休日にはニュージーランドの大自然を楽しむスポーツに打ち込むこともできます。例えば、夏にはマリンスポーツ、冬にはウィンタースポーツなどを実際にすることができ、気分転換やストレス解消になります。
参考記事:ニュージーランドって本当に安全なの?ニュージーランド在住14年の私が治安状況を徹底解説!

メリット(3)働きながら勉強をすることができる

ニュージーランドは学生ビザであっても、働きながら語学学校に通うことが可能です。

生活費を稼ぎながら学校に通うことができるので、現地で「留学資金の底がつくかもしれない」と不安になることもあまりありません。

また、「日本で十分に留学資金を貯めてから行かなければならない」と気負う必要もないので、費用の面で留学することのハードルがあまり高くありません。

また、現地で働くことによって、ニュージーランドの人々と学校以外で交流することができるので英語力の向上にもつながるでしょう。さらに勉強だけでなく、海外で働いたという経験はその後の自分のキャリアにとっって必ず良い経験になるはずです。

ニュージーランド留学のデメリット

ニュージーランド 留学 デメリット

メリットがあればデメリットもあります。ここではニュージーランド留学のデメリットについて紹介します。

デメリット(1)気候の変化が激しく自然災害に備える必要がある

ニュージーランドには日本と同じように四季があり、それぞれの季節を楽しむことができますが。日本と比べて朝と夜で一日の温度が激しく変わる傾向にあります。そのため気温に気をつけて、体温調整など自分で自己管理をしっかりとする必要があります。

また、ニュージーランドは自然災害も多いと言われています。自然災害を未然に防ぐことはできませんが、自然災害に対して日本にいるときよりも危機感をもってすごす必要があるでしょう。
参考記事:ニュージーランドの天気・気候と服装

デメリット(2)日本と比べて利便性がない

ニュージーランドには都会的な都市もありますが、全体的にほとんどの街が田舎です。

もちろん田舎であるからこそ、自然が多くおだやかな空気が流れており、それがニュージーランドの良さでもあります。しかし、田舎にはない都会的な雰囲気を求めている人にとっては少し物足りないかもしれません。

また、ニュージーランドはコンビニやスーパーなど、日本と比べて24時間営業しているお店が少なく、夜になるとすぐに閉店してしまうお店が多いです。バスなどの交通機関でも日本のようにきっちりと時間通りにくるということがあまりなく、利便性はあまり高くはありません。

デメリット(3)物価が高い

ニュージーランドの物価は日本に比べると高いです。外食するのも日本より高い傾向にあります。節約したい人は自炊できる環境を整えておくことが大切です。

さらに消費税なども日本よりも多く徴収されます。留学資金が足りない可能性がある人は現地で働きながら学校に通うという選択肢も念頭に入れておく必要があります。
参考記事:【徹底比較】ニュージーランドの物価は高い?食費や家賃、留学費用、節約のコツまで解説

ニュージーランドへ留学する際に知っておきたいこと・注意点

ニュージーランド 留学 注意点

ここではニュージーランドに留学する際に知っておくべきことや注意点について4つ紹介します。

注意点(1)ニュージーランドでは水が貴重

ニュージーランドでは水は貴重なものとされています。そのため、各家庭でシャワーをするのは10分以内までと決めている家庭も少なくありません。

水が潤沢にある日本にいるとついつい意識するのを忘れてしまうかもしれませんが、ホームステイなど、ホストファミリーの家庭で過ごす場合、各家庭のルールをはじめに確認するようにしましょう。

注意点(2) ニュージーランド人の英語は早口

ニュージーランド人の英語は早口で独特と言われており、特に留学に来たての頃は聞きとるのに苦戦するかもしれません。その場合は、ちゃんともう一回話してほしいと相手に伝えるようにしましょう。

相手に自分の意志を伝えることで、英語力の向上だけでなく、コミュニケーション力の向上にもつながります。

また、当たり前のことですが、事前に英語をしっかりと勉強しておくようにしましょう。語学学校で勉強するからあまり勉強する必要はないかと思うかもしれませんが、英語の準備をすることでより充実した留学生活を送ることができるはずです。
参考記事:ニュージーランド英語の特徴と訛り

注意点(3) ホームステイ先への要望を明確にしておく

ニュージーランドに留学する場合、多くの人がエージェントを通してホームステイを滞在方法として選択します。

ホームステイする家庭によって家族構成やペットの有無もバラバラなので、事前に外せない条件がある場合は要望をエージェントに伝えておくようにしましょう。

全部の要望が通るとは限りませんが、できるだけ要望に沿ったホームステイ先を手配してくれるはずです。

注意点(4)ビザについて確認しておく

ニュージーランドに留学する際にはビザの滞在日数や労働制限などについても確認しておくようにしましょう。

主にニュージーランドに留学する際には、学生ビザかワーキングホリデービザで滞在するのが主流です。

学生ビザは3カ月以上の留学で週に20時間以上授業を受ける場合に取得することが、ワーキングホリデーのビザについては18歳~30歳までの若者であれば誰でも問題なくビザを取得することがで可能です。

学生ビザ、ワーキングホリデービザどちらでも現地で働くことができます。就労時間に関しては、学生ビザの場合週20時間まで就労が可能で、ワーキングホリデービザの場合労働時間の制限はありません。
参考記事:ニュージーランド留学にビザは必要?ビザの種類から申請方法までを解説

ニュージーランド留学のまとめ

ニュージーランド 留学 まとめ

ここまでニュージーランド留学の特徴や魅力、メリットやデメリットについて紹介しました。ニュージーランドは日本と同じように四季があり、一年を通して温暖な気候であることや治安のいいことから、初めて留学する人には最適の国と言えます。

もちろん、物価の高さや日本とは違って利便性には欠けるかもしれませんが、豊かな自然が身近にあることでのびのびとした留学をニュージーランドで体験することができるでしょう。

ニュージーランド留学を計画している人は、今回紹介したニュージーランド留学のメリット・デメリット、注意点を参考にして、今一度検討するようにしましょう。

ニュージーランド留学の詳細はこちら

ニュージーランド留学ガイド

ニュージーランド留学の特徴とメリット・デメリット

ニュージーランドの現地生活情報

英語試験対策とスコア換算表

ニュージーランド英語の特徴と訛り

ニュージーランドの天気・気候と服装

ニュージーランドのおすすめ観光スポット情報

目的からニュージーランド留学を探す

2ヶ国留学のススメ

ニュージーランド留学コース選定ガイド

ニュージーランド留学おすすめ人気都市ランキング

ニュージーランド留学で失敗しないための学校の選び方

ニュージーランド留学の滞在先の種類と特徴

留学計画早見表

1週間のニュージーランド留学費用の内訳と総額

1ヶ月のニュージーランド留学費用の内訳と総額

3ヶ月のニュージーランド留学費用の内訳と総額

半年のニュージーランド留学費用の内訳と総額

1年のニュージーランド留学費用の内訳と総額

ニュージーランド留学持ち物リスト

ニュージーランド留学前の準備の流れ

ニュージーランドの祝日情報

ニュージーランド留学の出国から帰国までの流れ

ニュージーランドの空港情報と市内へのアクセス方法

ニュージーランド留学に必要なビザ情報

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学コーディネーターが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

School Withならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30 (祝日除く)

会員登録をして相談しよう メールで留学相談する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会(@東京)に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

School Withなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

3

安心の学校倒産保証(フィリピンのみ)

学校が万が一倒産した場合も、残りの留学期間を代替校で継続して授業が受けられるよう保証いたします。

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。