ニュージーランド留学で失敗しないための学校の選び方

失敗しないための学校選び

留学先として、日本人にとても人気のある国ニュージーランド。温厚な人が多く治安の良さから、世界各国から留学生が集まっている国です。

しかし、一言にニュージーランド留学といっても、地域や学校の種類によって得られるものが変わってきます。

こちらでは、ニュージーランド留学で失敗しないために気をつけるべき学校の選び方についてご紹介します。

どの国・地域に滞在するか決める

ニュージーランド

今は語学留学といっても国、地域も多種多様で様々な選択肢があります。まずどの国、地域にするか決めるにあたってどのようなメリット、デメリットがあるか把握することが大切です。ここではまずなぜニュージーランドなのか、ニュージーランド留学をする上でのメリットとデメリットを確認しておきましょう。

ニュージーランド留学のメリット

ニュージーランド留学

教育レベルが高い

ニュージーランドは教育ビジネスが盛んな国のため、多くの語学学校がそのレベルを競っています。また、ニュージーランドにある語学学校には政府機関が介入しており、ある一定レベル以上になるよう監督しています。

そのため、教育レベルは高く、語学を勉強するには最適な環境が整っています

留学費用が比較的安い

ニュージーランドの留学費用は、フィリピンなどのアジア圏よりは高いですが、英語圏のアメリカやカナダなどと比べると、断然安いです。

ニュージーランド留学のデメリット

ニュージーランド

日本人が少ない

日本人が少ないのは語学留学にとってメリットでもありデメリットでもあります。同じ語学学校に日本人がいた方が安心と思う方は、デメリットと感じるかもしれません。

比較的田舎の地域が多い

大自然のなかでのアクティビティを主に楽しみたいのであれば問題ありませんが、ニュージーランドは留学先として人気のアメリカやカナダに比べ、田舎です。最大の都市オークランドでも、お店が17時に閉まったりと大都会というには少し物足りない感じがします。

物価が高い

ニュージーランドの物価は日本と同じぐらいか少し高いぐらいです。島国ゆえに輸入に頼っている部分が大きく輸入品は高いです。また、外食費が特に高いのが特徴です。

ニュージーランドの語学学校の運営形態は大きく分けて3つ

次にニュージーランドの語学学校の一般的な運営形態について理解しておきましょう。まずはニュージーランドの語学学校は大別して私立の英語学校公立の国立総合専門学校の付属校国立大学の付属校の3つに分けられます。

私立の英語学校

ニュージーランドには、政府機関のNZQAに認定・登録されている私立の英語学校が200以上あります。政府機関に認定・登録されていることから、いずれの学校も教育レベルは一定レベル以上にあります。

また、生徒数は少人数で私立ならではのアットホームな雰囲気があるのも特徴です。

国立総合専門学校の付属校

国立総合専門学校(ポリテクニック)は、英語の基礎レベルから大学院レベルまで学ぶことができます。生徒数が多いため、クラスはレベル別に分けられます。

社会で通用する即戦力となるスキルを身につけることを目的としていることから、実践的な授業が多いのが特徴です。

国立大学の付属校

国立大学の付属校では、長期間かけて英語を学ぼうという人が多いです。また大学進学を目的としている人も多く、勉強に真剣な生徒が多いです。生徒数が多いことから、ポリテクニックと同様にレベル別でクラス分けされます。

学校選びで確認したいこと

ニュージーランド留学

ここからは、具体的に学校を選ぶにあたってどのような点を確認しておけばよろしいでしょうか?

ここでは私立の学校と公立の学校(国立総合専門学校の付属校と国立大学の付属校)に分けてご紹介します。

語学学校の規模と学生数

学校の規模によって人数は変わってきますが、公立の学校の場合、1クラスの人数は平均10〜15人程度です。私立の学校の場合は1クラス10人以下であることが多く、細かいサポートを受けたいという人は私立の学校の方が向いています。

授業時間数とレッスン内容

ニュージーランドで学べる英語コースは、一般英語コース、検定試験コース、大学入学準備コース、アクティビティコースなどあります。

私立の学校の場合、目的に合わせてコースを選ぶことができます。授業時間は、1週間に15時間や25時間とさまざまな授業時間数が設定されています。

入学時期と期間

私立の学校の場合、多くは毎週月曜日が入学日となっています。期間は最短12週間から最長48週間ぐらいです。公立の場合は入学日が指定されていることが多く、学習期間は長いところが多いです。

留学生の国籍割合

地域や学校によって異なりますが、ニュージーランド全体でみるとアジア圏からの留学生が多いです。特に中国、韓国、日本からの留学生が多いと言われています。

ヨーロッパと馴染みの深いダニーデンなどの都市ではヨーロッパ圏の留学生も多くなります。

予算

学校の立地や設備、受講するコースによって授業料は変わってきますが、一般的に1週間で2〜3万円、1ヶ月で8〜12万円程度と言われています。私立の学校と公立の学校で、授業料の差は大きくありません。そのたの滞在費と合わせて、1ヶ月20〜30万円が目安となります。

留学目的・優先順位を決める

自分が今回の留学で何を達成したいか、何を経験したいかという目的を明確にしましょう。単純に英語力を伸ばしたい、現地の文化に触れながら学びたい、異国の友だちを何人以上作るなど、目的は人それぞれだと思います。まずはここを明確にしましょう。

留学学校の条件を定める

次に目的に沿った留学学校の条件を定めます。

先ほどの「学校選びで確認したいこと」を参考に、受講するコース、学校の規模や1クラスの人数、日本人の割合など、どんな条件であれば自分の目的が達成できるか考えながら検討してみましょう。

どんな学校であれば自分の目的が達成できるか分からない場合は、留学エージェントを活用するのも一つの手です。

まとめ

以上、ニュージーランドの語学学校の選び方について説明しました。ニュージーランド留学のメリットとデメリットはさまざまありますが、教育レベルが高く治安が良いというのは安心できる点です。

学校により魅力が異なりますが、今回ご紹介した方法で、あなたご自身にとって最良な留学先候補が見つかると思います。こちらを参考にュージーランド留学の学校選びをしてみてください。

ニュージーランド留学に戻る

ニュージーランド留学ガイド

ニュージーランド留学の特徴とメリット・デメリット

ニュージーランドの現地生活情報

英語試験対策とスコア換算表

ニュージーランド英語の特徴と訛り

ニュージーランドの天気・気候と服装

ニュージーランドのおすすめ観光スポット情報

目的からニュージーランド留学を探す

2ヶ国留学のススメ

ニュージーランド留学コース選定ガイド

ニュージーランド留学おすすめ人気都市ランキング

ニュージーランド留学で失敗しないための学校の選び方

ニュージーランド留学の滞在先の種類と特徴

留学計画早見表

1週間のニュージーランド留学費用の内訳と総額

1ヶ月のニュージーランド留学費用の内訳と総額

3ヶ月のニュージーランド留学費用の内訳と総額

半年のニュージーランド留学費用の内訳と総額

1年のニュージーランド留学費用の内訳と総額

ニュージーランド留学持ち物リスト

ニュージーランド留学前の準備の流れ

ニュージーランドの祝日情報

ニュージーランド留学の出国から帰国までの流れ

ニュージーランドの空港情報と市内へのアクセス方法

ニュージーランド留学に必要なビザ情報

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学コーディネーターが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

School Withならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30 (祝日除く)

会員登録をして相談しよう メールで留学相談する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会(@東京)に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

School Withなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

3

安心の学校倒産保証(フィリピンのみ)

学校が万が一倒産した場合も、残りの留学期間を代替校で継続して授業が受けられるよう保証いたします。

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。