クライストチャーチ留学

Christchurch - New Zealand

洗練されたイギリス文化が香る魅力あふれる街

南島のゲートウェイ、公園や庭園が多いことから「ガーデンシティ」と呼ばれ、南島経済の中心地にして、四季折々の風景が楽しめる街です。オックスフォード大学クライストチャーチ・カレッジの出身であるイギリス植民者によって作られ、博物館や美術館などの文化施設、ショッピングやグルメも充実。テーマパークや動物園、カジノ、ファーマーズマーケットなど見どころたくさんです。

クライストチャーチ留学おすすめポイント

  • イギリス文化が色濃く残る南島の玄関口
  • 日本の南東に位置し、南島中央部のカンタベリー地方にある最大都市クライストチャーチは、南島の玄関口です。オークランド、ウィリントンに次いで国内で3番目に大きな都市です。日本からは直行便がなく、オークランドを経由し、14時間で行くことができます。南半球にあるため、日本とは気候が逆転していますが、日本と同じように四季があります。クライストチャーチは、夏季の気温は17℃から30℃、冬季の気温は2℃から12℃程度で、一年を通して雨が少なのも特徴です。1日の間の気温差が激しいので、「1日の中に四季がある」と言われています。

  • 公園・庭園などが多く、ガーデンシティーとしても有名
  • 大きな街でありながら、ゴシック調の建物が多く、ガーデニン文化が色濃く根付いているため「イギリス以外で最もイギリスらしい街」と呼ばれ、英国風の優雅な伝統と現代文化が見事に融合している街です。毎年2月に盛大なフラワーフェスティバルが開かれるほか、ガーデニングに情熱を注ぐ人が多く、個人の庭も手入れが行き届いています。このようにガーデンの美しさを表し「ガーデンシティ」とも呼ばれています。2月の町全体が花で埋め尽くされる「フラワーフェスティバル」に是非訪れてみて下さい。

  • 交通網が充実した移民の多い便利な都市
  • クライストチャーチは、街全体がコンパクトで移動しやすいのが特徴です。市内には無料シャルバス、市内バス等があり、交通面ではとても便利です。白人率が高いものの、アジア人も多く滞在し、特に中国・韓国・タイからの人々が多く滞在しています。田舎町のため、都会の生活を好む方には向いてはいませんが、生活費が安くゆったりと過ごしたい人にはおすすめの街です。

クライストチャーチの人気語学学校ランキング

カウンセラーに相談する

毎週開催!基礎知識が知りたい方はこちら

留学説明会に参加する(@東京)

留学についての悩みやご相談はこちら

メールでの留学相談はこちら

クライストチャーチの基本情報

国名

ニュージーランド

カンタベリー地方

時差

+3時間

サマータイム

+4時間

交通手段

バス、路面電車

人口

37万人

渡航情報

東京から13時間50分(オークランド、シドニー、ブリスベンなど経由)

ビザ

3ヶ月以上滞在の場合必要

ビザの詳細を見る

電源プラグ

O (日本はA)

為替

NZ$1 ≒ 81.73円

(2018年12月11日時点でのレートです)

クライストチャーチの留学ガイド

クライストチャーチの地区・周辺エリア情報

クライストチャーチ留学の特徴とメリット・デメリット

クライストチャーチのおすすめ観光スポット情報

クライストチャーチの現地生活情報

クライストチャーチの空港情報と市内へのアクセス方法

クライストチャーチの天気・気候と服装

はじめての留学ガイド

フィリピン留学の流れ

留学申し込み特典

ニュージーランドのオススメ都市診断 >

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。