【お知らせ】7月〜8月は満室の学校が増えています。お申込みはお早めに!留学の相談はこちら

ニュージーランドの現地生活情報

生活情報

四季があり1年を通してとても過ごしやすいニュージーランド。治安もよく留学先としては非常に人気です。

こちらでは、ニュージーランドで生活する際に必要な情報をお届けします。

ニュージーランドの生活基本情報

オークランド

時差

日本とニュージーランドの時差は以下の通りです。ニュージーランドの方が日本より時間が進んでいます。

・通常:+3時間
・夏時間の期間:+4時間

ニュージーランドの夏時間は、毎年9月の後半の日曜日から翌年4月の前半の日曜日までとなります。

電源プラグタイプ

ニュージーランドの電源プラグタイプは日本と異なり、Oタイプ(ハの字型)となります。よって、日本の電化製品を使うには、変換プラグが必要になります。また、電圧も同様に日本と異なり240Vですので、日本の電化製品を使う場合、240Vに対応しているもの、もしくは変圧器が必要になります。

治安

ニュージーランドの治安は世界的に見ればかなり良い方です。ただし、日本ほど安全ではありません。銃器犯罪などの凶悪な犯罪は少ないですが、置き引きや空き巣などの軽犯罪は日本と比較すると多いです。

それでも昼間のニュージーランドはとても安全です。気をつけなければならないのは日没後で、夜は犯罪が多くなる傾向があります。ナイトクラブや繁華街周辺をひとりで歩くのは危険です。

お金について

ニュージーランドドル

通貨

ニュージーランドの通貨は「ニュージーランド・ドル」です。以下5種類の紙幣とコインがあります。

・紙幣:5、10、20、50、100ニュージーランド・ドル
・コイン:10、20、50セント、1、2ニュージーランド・ドル

日本円からニュージーランドドルへの両替は、現地では銀行、市内の両替所、ホテルで行うことが可能です。

物価、税金

ニュージーランドの物価は、日本に比べ高いです。自国で生産している農産物などは安く買えるものもありますが、島国ゆえに輸入に頼っている部分が大きく、輸入品は高いです。

加工食品、電化製品、文具類などの輸入品の価格は、日本で同じものを購入するより数割高いです。

お金の管理方法(現地銀行口座、現金、クレカ)

ニュージーランドはクレジットカード決済が普及しています。また、EFTPOS(エフトポス)と呼ばれるデビットサービスもあり、現地の人はあまり現金を持ち歩きません。

EFTPOSを利用するには現地で銀行口座を開設する必要があります。

口座開設手順は、電話もしくは銀行窓口で口座開設の予約を取り、予約した日時に銀行でオリエンテーションを受ければ完了です。

オリエンテーションの際に必要な書類は以下の通りです。

・パスポート原本
・ビザ(コピーで可)
・マイナンバー(番号が分かればコピーで可)
・現住所が分かる書類(自分の名前と住所が記載された公共交通機関が発行した書類)

現地での口座開設が不安な方は、手数料がかかりますが現地口座開設仲介サービスを利用して日本にいながら口座開設することも可能です。

交通情報

バス

電車

ニュージーランドの鉄道はあまり発達していないため、移動手段としては向いていません。主に観光客向けの路線として、1日1往復運行しています。座席は完全予約制のため、乗車の際は予約が必要です。

バス

ニュージーランドの主な移動手段はバスとなります。日本のように鉄道路線が発達していないため、バスの路線網が全国くまなく張り巡らされています。

バスの種類は、都市間を結ぶ長距離バス、空港と市内を結ぶ空港バス(SkyBusなど)、市内を周る市内バス(シティリンクバスなど)があります。

長距離バスの場合、座席は完全予約制のため、乗車の際は予約が必要です。なお、長距離バスの停留所は、オークランドなどの大都市以外には無く、ほとんどがその街のインフォメーションセンター前となっています。

飛行機

国際空港のオークランド空港を含め、ニュージーランド国内には5つの空港があります。

・オークランド空港
・ウェリントン空港
・クライストチャーチ空港
・クイーンズタウン空港
・ダニーデン空港

他の交通手段に比べ価格が高いものの、北島と南島をまたぐ移動のような場合だと圧倒的に早く目的地に着くことができます。北島のオークランド空港から、南島のクライストチャーチ空港とクイーンズタウン空港、ダニーデン空港までは、それぞれ2時間以内で到着できます。

その他

旅行者の主な移動手段には、長距離バスと並んでレンタカーがあります。ニュージーランドの交通ルールは「右ハンドル車の左側通行」と日本と同様です。制限速度は、都市部の場合50km/h程度、郊外や高速道路(Motorway)は70〜100km/hになります。

日本の交通ルールと異なる点として「後部座席のシートベルト着用義務」があります。また、ラウンドアバウトと呼ばれる信号のない交差点が多いです。

食事・レストラン情報

食事

現地の食生活、料理

ニュージーランドの朝食は軽めのトーストやシリアル、オートミール(麦を牛乳で粥状に煮たもの)になります。特にシリアルは種類が豊富で、スーパーマーケットに行くとグラノーラやコーンフレークなど、様々な種類のものが置いてあります。

昼食は、ファーストフード色が強く、ニュージーランドの国民的軽食のミートパイやハンバーガー、サンドイッチということが多いです。また、英国の植民地の名残から、フィッシュ&チップスもよく食べられます。

夕食は、ゆでた野菜と焼いたお肉などをワンプレートに乗せて、ソースをかけて食べる、あまり手のかからない料理がメインになります。

ランチやディナーの値段

ニュージーランドでの外食の費用は日本に比べ高いです。一般的な飲食店の場合、予算の目安は以下の通りです。

・朝食:10ニュージーランド・ドル前後
・昼食:10〜20ニュージーランド・ドル
・夕食:20〜40ニュージーランド・ドル

チップ

ニュージーランドは日本と同様にチップの習慣がありませんので、基本的にチップを払う必要はありません

飲酒、喫煙:法律(年齢制限)

ニュージランドのお酒とたばこの年齢制限は、法律でいずれも18歳以上から認められています。ただし、購入する際に、見た目が若くみられた場合、身分証明証の提示が求められます。年齢を証明できるものがない場合、販売を断られます。

医療情報

医療

病院事情

ニュージーランドでは、病気やけがの診療は、基本的に総合診療医のGP(General Practitioner)によって行われます。GPは一人の医師が、内科、外科、小児科、産婦人科など全般にわたって診察をします。

診察の結果、薬の処方で問題なければ処方せんが出され、専門医による診断が必要と判断された場合は指定の病院などを紹介されます。薬の処方は、日本と同様に街なかにある薬局で処方してもらえます。

GPの診療時間は一般的に以下の通りです。

・平日:9時〜17時
・土曜:午前中のみ診療または休診
・日曜および祝祭日:ほとんど休診

診療代は40ニュージーランドドル前後ですが、週末や時間外診察となると5〜10ニュージーランド・ドル程度加算されます。

留学生が診療にかかる場合の方法やアドバイス

言葉の不安がある場合は「日本語医療紹介サービス」があり、日本人オペレーターによって、病院の手配や病院への付き添いを行なってくれます。ただし、サービス対象の都市が限られていますので、事前に確認が必要です。

また、ニュージーランド国内で起きた事故による治療の場合は、ACC(Accident Compensation Corporation)という政府機関の費用補助制度が利用できます。この制度は旅行者やワーキングホリデービザでの滞在者にも適用されます。

ニュージーランド留学に戻る

ニュージーランド留学ガイド

ニュージーランド留学の特徴とメリット・デメリット

ニュージーランドの現地生活情報

英語試験対策とスコア換算表

ニュージーランド英語の特徴と訛り

ニュージーランドの天気・気候と服装

ニュージーランドのおすすめ観光スポット情報

目的からニュージーランド留学を探す

2ヶ国留学のススメ

ニュージーランド留学コース選定ガイド

ニュージーランド留学おすすめ人気都市ランキング

ニュージーランド留学で失敗しないための学校の選び方

ニュージーランド留学の滞在先の種類と特徴

留学計画早見表

1週間のニュージーランド留学費用の内訳と総額

1ヶ月のニュージーランド留学費用の内訳と総額

3ヶ月のニュージーランド留学費用の内訳と総額

半年のニュージーランド留学費用の内訳と総額

1年のニュージーランド留学費用の内訳と総額

ニュージーランド留学持ち物リスト

ニュージーランド留学前の準備の流れ

ニュージーランドの祝日情報

ニュージーランド留学の出国から帰国までの流れ

ニュージーランドの空港情報と市内へのアクセス方法

ニュージーランド留学に必要なビザ情報

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学コーディネーターが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

School Withならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30 (祝日除く)

会員登録をして相談しよう メールで留学相談する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会(@東京)に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

School Withなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

3

安心の学校倒産保証(フィリピンのみ)

学校が万が一倒産した場合も、残りの留学期間を代替校で継続して授業が受けられるよう保証いたします。

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。