【2022年版】ニュージーランド留学にビザは必要?ビザの種類から申請方法までを解説

ニュージーランド 留学 ビザ

「ニュージーランド留学にはどんなビザがあるんだろう」
「自分はどのビザを申請すれば良いのかな……」

と悩んでいませんか?

ニュージーランド留学では主に観光ビザ、学生ビザ、ワーキングホリデービザのどれかを申請します。

手続きは窓口や郵送、オンラインなどさまざまな方法で受け付けていますが、申請にあたって必要な書類や料金などはビザによって異なります。

また手続きは英語のため、最初はなかなか難しそうに感じるものです。

そこで今回は留学またはワーキングホリデーに必要となるビザ一覧と、各ビザの特徴や申請方法、申請料金などを紹介します。

事前に申請方法を知っておくことで、複雑な手続きも乗り越えられます。今回の記事を参考に、ニュージーランド留学の準備を進めていきましょう。
※すべて2022年1月時点の情報を参考にしています。※本記事ではニュージーランドドルをNZDと表記します。為替レートには2022年2月4日時点での情報を参照し、1NZD=79円で計算しています。

ニュージーランド留学に活用できるビザ一覧

ニュージーランド 留学 ビザ

3ヶ月以上ニュージーランドに滞在する場合、日本人留学生はビザを発行してもらう必要があります。主に次の3種類から選びます。

ビザの種類 特徴・対象者
観光ビザ 3ヶ月以内の語学留学
学生ビザ 3ヶ月を超える語学留学、大学や大学院、または専門学校への留学
ワーキングホリデービザ 働きたい、あるいは観光や勉強など自由に過ごしたい18〜30歳

なお、各ビザでは就学、就労条件などが異なります。

ビザの種類 観光ビザ 学生ビザ ワーキングホリデービザ
就学条件 最大3ヶ月まで可能 20時間以上の授業を受け、3ヶ月以上の就学を希望する 6ヶ月まで就学可能
就労条件 不可 週20時間まで就労可能 ※博士、修士過程学生は就労時間に制限なし 12ヶ月まで制限なしで就労可能
申請費 12NZD(948円)※別途観光税35NZD(2,765円)の支払いが必要 5,600円(手数料) ※別途観光税35NZD(2,765円)の支払いが必要 無料 ※別途観光税35NZD(2,765円)の支払いが必要

それぞれ詳しく解説しますね。

ニュージーランド留学で活用できるビザ1.観光ビザ(短期訪問ビザ)

ニュージーランド 留学 ビザ

観光ビザ「NZeTA」は、ニュージーランドの滞在期間が3ヶ月以内の留学生が対象のビザです。

厳密に言うと、3ヶ月以内の滞在者はビザの申請が必要ありません。しかし2019年10月からニュージーランドに観光を目的に入国する人に、事前にNZeTAという電子渡航認証の申請が義務付けられました。

セキュリティとして、どんな人が入国したのかを履歴として残すことが目的です。

観光を目的としたビザ(渡航認証)であるため、就労はできません。ただし3ヶ月以内の就学は認められているため、3ヶ月未満の語学留学ではNZeTAを発行します(※1)

滞在中にNZeTAの有効期限が切れた場合の再申請、もしくは別ビザへの切り替えも認められています。

例えばNZeTAから学生ビザやワーキングホリデーなど、別の滞在方法に変更も可能です。途中で語学学校から大学に編入したい、アルバイトしたいなどの要望も叶えられます。

有効期間(在留期間)

まず1回の申請では最長2年まで利用できます。期間中は何度でも使用でき、再申請の必要はありません(※2)

一度の入国における有効期間は、1回あたり3ヶ月です。一度でもニュージーランドから出国すると、滞在期間はゼロに戻ります。

そのためビザ期限の2年以内であれば、再入国するとまた最大で3ヶ月滞在することが可能です。

ただしニュージーランドは、18ヶ月中に滞在できる日数が最大で9ヶ月と決められています(※3)。連続して入国する場合は、最大9ヶ月までと覚えておきましょう。

どれくらい前に準備すべき?

ビザは基本的にはオンラインですぐ申請できますが、時間がかかる可能性もあります。遅くとも1ヶ月以上前から取りかかりましょう。

新しいパスポートの申請も必要な場合は、さらに2〜3週間前から準備を始めてください。

申請条件

申請条件は、次の通りです。

  • ・滞在期間が3ヶ月以内であること
  • ・ニュージーランドの他のビザを持っていないこと
  • ・健康で犯罪歴がないこと
  • ・ニュージーランド国外からの申請であること

6ヶ月を超えて滞在する場合は、ニュージーランド政府指定の病院で胸部X線検査を受ける必要があります。

申請に必要な書類

NZeTAを申請するには以下の書類や該当データが必要です(※4)

  • ・パスポート
  • ・クレジットカード

ビザの申請で顔写真の提出が必要な場合があります。そして顔写真には以下の条件があります(※5)

  • ・ファイルサイズが500KBから3MBの間であること
  • ・縦横の比率が4:3であること
  • ・縦が1200~3000px、横が900~2250pxであること

ビザの申請方法

NZeTAはオンラインで申請します。

ニュージーランド移民局のホームページにアクセスし、次の流れで進めてください。

  • ・サイト内でGet a visa or NZeTAを選択する
  • ・必要情報を入力する
  • ・写真や必要書類をアップロードする
  • ・メールアドレスを入力する
  • ・申請料金を支払う
  • ・72時間以内に手続き完了のメールもしくは通知を受け取る

以上で完了します。

ビザの申請費用と支払い方法

NZeTAの申請費用は12NZD(948円)です(※6)

またニュージーランドは入国にあたって、IVL(観光税)として35NZD(2,765円)を支払う必要もあります。

観光税はすべてのビザで支払いの義務があるため、一緒に精算しましょう。

ビザの発給までにかかる日数

NZeTAは申請から最短で10分、最長で72時間かかります。3日以内には発行されますが、それより遅い場合は申請内容に不備があったか、認められなかった可能性が高いです。

その場合は再申請もしくは別ビザでの留学を検討しましょう。

ニュージーランド留学で活用できるビザ2.学生ビザ

ニュージーランド留学 ビザ 学生ビザ

photo by:reinaimaging / Shutterstock.com

学生ビザは1週間に20時間以上の授業を受け、3ヶ月以上の就学を希望する場合に申請するビザです(※7)

主に3ヶ月を超える語学留学や大学・大学院留学、専門留学などに利用します。

学生ビザと観光ビザの違いは「就労が認められていること」。

観光ビザでアルバイトはできませんが、学生ビザであれば週に20時間までアルバイトが許可されています(※8)

就労するには、次の条件を満たすことが必要です。

  • ・学校に14週間以上通う
  • ・対象はNZQA Category1の学校のみ
  • ・フルタイムで就学する
  • ・提出書類の原本がカラーであれば、カラーコピーを提出する

上記を満たして学生ビザを申請すると、次の就労が認められます(※9)

  • ・語学留学生:週最大20時間の就労許可が得られる
  • ・1学年またはそれ以上就学する学生:休暇中にフルタイムで働く権利を得られる
  • ・博士号または修士号の研究生:制限のない就労権利が認められる

基本的には週に20時間までですが、休暇中であればフルタイムでの就労も可能です。そして博士や修士の学生は就労時間に制限がありません。

ビザは延長することもできます。

加えて学生ビザ自体の期間を延長するだけでなく、観光ビザやワーキングホリデービザに切り替えることも可能です。

有効期間(在留期間)

まず学生ビザは発行から12ヶ月以内にニュージーランドへ入国する必要があります。

現地での有効期限は、就学期間によってさまざま。大学に3年通う場合は、有効期限も3年となります。

※ニュージーランドの大学は日本と異なり、3年制が一般的です。

どれくらい前に準備すべきか

学生ビザの準備は、学校がスタートする2ヶ月前には始めましょう。早ければ早いに越したことはありません。

申請条件

ニュージーランドの学生ビザの申請条件は、次の通りです。

  • ・3ヶ月を超えて語学学校に通う、もしくは大学や大学院に通うこと
  • ・就学期間中は海外旅行保険に加入すること
  • ・6ヶ月以上滞在する場合は胸部X線検査を受けること
  • ・教育審査や諮問機関NZQA認定校の入学許可証を持っていること

また場合によっては、事前に健康診断の受診を求められることがあります。該当するケースは、次の通りです。

  • ・12ヶ月を超えてニュージーランドに滞在する
  • ・PhD、NZ Aidまたは交換留学目的で留学する
  • ・静脈に対する薬を使ったことがある
  • ・輸血をされたことがある
  • ・深刻な感染症にかかっている
  • ・移民局から指示を受けている

申請に必要な書類

学生ビザの申請には次の書類が必要です(※10、11)

  • ・学生ビザ申請書
  • ・滞在期間に加えて3ヶ月の残存期間があるパスポート
  • ・3.5cm×4.5cmの写真2枚
  • ・本人名義の口座の預金残高証明書
  • ・入学許可証
  • ・学費の支払い証明書
  • ・宿泊証明書
  • ・ニュージーランドを出国する航空券もしくはその支払証明書
  • ・身体検査やレントゲンの受診証明
  • ・18歳以上かつ2年以上の留学の場合、無犯罪証明書
  • ・VFSのチェックリスト

銀行の預金残高証明書は、36週未満なら月1,250NZD(98,750円)、36週間以上なら年15,000NZD(1,185,000円)を用意してください。

またニュージーランドに以前留学し、再度戻る場合はニュージーランドからの学校の成績表や出席票も出してください。

英語以外の言語で書かれた書類を提出する場合、翻訳会社など第三者機関による翻訳証明付きの翻訳版が必要となります。

上記の書類やビザ申請センターの窓口に直接持参、もしくは郵送で提出します。

申請方法については、この後解説しますね。

ビザの申請費用や支払い方法

ビザ自体の費用は無料ですが、申請を取り扱う手数料として5,600円が発生します(※12、13)。加えてIVS(観光税)の35NZD(2,765円)も請求されます。

また郵送による返信を希望する場合は、追加で800円が必要です。

次のどちらかに当てはまる金額をご用意ください。

  • ・郵送を希望しない場合:8,128円
  • ・郵送を希望する場合:8,928円

支払いは郵送で申請する場合は銀行振込、オンラインで申請する場合は申請サイトからクレジットカードなどで支払います。

ビザの発給までにかかる日数

学生ビザは申請から発行まで、およそ3週間の時間が必要です。

ただし年末年始など休暇中は混み合う上に閉館日もあるため、時間がかかります。余裕を持って4週間ほど前から手続きを進めるのがおすすめです。

ビザの申請方法

ニュージーランドビザの申請方法は、以下の3つです。

(1)窓口申請:ニュージーランドビザ申請センターの窓口で申請
(2)郵送申請:ニュージーランドビザ申請センターに書類を郵送して申請
(3)オンライン申請:ニュージーランド移民局のホームページから申請

学生ビザはどの方法でも申請できます。次でひとつずつ解説しますね。

ちなみに、窓口と郵送で使用するニュージーランドビザ申請センターの住所は以下の通りです。

ニュージーランドビザ申請センター
〒105-0014
東京都港区芝1-4-3
SANKI 芝金杉橋ビル4F

窓口申請

東京のニュージーランドビザ申請センターを訪問して申請する方法です。必要な書類を持って、ビザ申請センターを訪れてください。

受付時間は祝祭日と休館日を除いて、平日の午前8時から午後2時までです。代理人が申請する場合は申請用委任状、写真つきの公的身分証明書のコピーが必要です。

郵送申請

郵送申請の大まかな流れは以下の通りです。

(1)必要な書類を用意する
(2)郵送代金をビザ申請センターの銀行口座に振り込む
(3)必要書類と返信用封筒、そして振込明細書をビザ申請センターへ郵送する

振込明細書はスキャンしたものを、メールでビザ申請センターのメールアドレスに送付することも可能です。

オンライン申請

オンライン申請は、ニュージーランド移民局のホームページで受け付けています。

大まかな流れは以下の通りです。

  • ・サイトにアクセスし「Student Visa」を選ぶ
  • ・「Real Me」という専用アカウントを作成する
  • ・プロフィールを登録する
  • ・必要書類をアップロードする
  • ・申請料金を支払う
  • ・申請が完了したら結果を待つ

ニュージーランド留学で活用できるビザ3.ワーキングホリデービザ

ニュージーランド留学 ビザ ワーキングホリデービザ

photo by:RUBEN M RAMOS / Shutterstock.com

ワーキングホリデービザは、ニュージーランド国内で就労を希望する人が申請するビザです。

そもそもワーキングホリデーとは、滞在中に観光や就学、就労など幅広い体験が許可されている制度です。18歳から30歳までという年齢制限はありますが、ビザを申請すれば1年間はニュージーランドに滞在できます(※14)

またニュージーランド入国日から1年間、自由に出入国も可能です。

ワーキングホリデー中、ニュージーランドでは6ヶ月まで就学可能、就労は12ヶ月まで認められています。

希望者はビザの延長も認められています。

条件として「12ヶ月の就労期間の内、3ヶ月以上はニュージーランドの農園やブドウ栽培関係で働いていること」「過去に延長の申請をしたことがないこと」があり、クリアしていれば延長することが可能です。

またワーキングホリデービザから観光ビザへの切り替えも許可されており、複数の方法で滞在する人もいます。

ビザの切り替えについて、詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。
「ニュージーランド滞在を延長できる!?ワーホリビザを観光ビザへ切り替える方法を解説」

有効期間(在留期間)

ワーキングホリデービザは、発行日から12ヶ月以内に入国する必要があります。

入国からは最大で12ヶ月まで滞在することが可能です。

どれくらい前に準備すべき?

発行自体は数週間で完了しますが、申請者が多いと時間がかかります。出発に遅れないためにも、申請は2ヶ月以上前から準備しましょう。

就労(アルバイト)はできる?

就労に関して、特に制限はありません。12ヶ月間、同一雇用主のもとで働くことができます。

もともと同一雇用主のもとで働けるのは最大3ヶ月と決められていましたが、期間が変更されました。

1年間ずっと同じアルバイト先で働くこともできるため、滞在中ずっと同じアルバイト先を選ぶ人もいます。

申請条件

ニュージーランドのワーキングホリデービザの申請条件は、次の通りです。

  • ・ビザ申請時に18歳〜30歳であること
  • ・健康であり、犯罪歴がないこと
  • ・過去にニュージーランドのワーキングホリデーを利用していないこと
  • ・日本のパスポートを持っており、残存期間が12ヶ月に加えて3ヶ月以上あること
  • ・過去にニュージーランドのワーキングホリデーを利用していないこと
  • ・資金として4,200NZD(32万7,300円)以上を持っていること
  • ・往復航空券もしくは帰国の航空券を購入できる資金を所持していること
  • ・子供を同伴しないこと

申請に必要な書類

申請に必要な書類は、以下の通りです。

  • ・残存期間が15ヶ月以上あるパスポート
  • ・滞在資金または航空券の購入資金を証明する書類
  • ・胸部レントゲン検査の結果

ワーキングホリデービザはオンラインでの申請に限られ、顔写真の提出にいくつか条件があります。次の条件を満たしているか、確認した上で準備しましょう。

  • ・ファイルサイズが500KBから3MBの間であること
  • ・縦横の比率が4:3であること
  • ・縦が1200~3000px、横が900~2250pxであること

ビザの申請費用や支払い方法

日本人はビザ申請料金が無料です。

ただしIVS(観光税)の35NZD(2,765円)が請求されます(※15)。申請時に支払いましょう。

ビザの発給までにかかる日数

ワーキングホリデービザの申請はオンラインで完結するため、およそ2週間あれば発行されます。

ただし時間がかかることもあるため、申請自体は渡航の1ヶ月以上前から始めておきましょう。

ビザの申請方法

ワーキングホリデービザは、窓口や郵送で申請できません。ニュージーランド移民局のホームページで手続きを進めましょう。

流れは次の通りです。

  • ・サイトにアクセスし「Working Holiday Visa」を選ぶ
  • ・「Real Me」という専用アカウントを作成する
  • ・プロフィールを登録する
  • ・必要書類をアップロードする
  • ・申請料金を支払う
  • ・申請が完了したら結果を待つ

まとめ

今回は、ニュージーランド留学に必要なビザ一覧を紹介しました。

まとめると、ニュージーランド留学では次のどれかを申請します。

  • 観光ビザ:3ヶ月以内の語学留学
  • 学生ビザ:3ヶ月を超える語学留学、大学や大学院留学
  • ワーキングホリデービザ:就労や観光など自由に過ごしたい場合

申請方法や条件などお伝えしましたが、細かい情報は今後ニュージーランド政府によって変更される可能性もあります。手続きをスムーズに進めるには、準備する前に最新情報を確認した上で進めましょう。

また手続きが英語で大変そう、書類など不備がないか不安という人は、留学エージェントがサポートすることも可能です。気になる方は無料相談も受け付けているため、お気軽にご相談ください。


【参考文献一覧】

※1...IMMIGRATION NEW ZEALAND「Visas that allow you to visit New Zealand」(参照日:2022-2-8)

※2...IMMIGRATION NEW ZEALAND「Information about NZeTA」(参照日:2022-2-8)

※3...IMMIGRATION NEW ZEALAND「How long can I stay as a visitor?」(参照日:2022-2-8)

※4、6...IMMIGRATION NEW ZEALAND「Request an NZeTA」(参照日:2022-2-8)

※5...IMMIGRATION NEW ZEALAND「Acceptable photos for a visa or NZeTA」(参照日:2022-2-8)

※7...IMMIGRATION NEW ZEALAND「When you need an NZ student visa」(参照日:2022-2-8)

※8...IMMIGRATION NEW ZEALAND「Working while on a student visa」(参照日:2022-2-8)

※9...IMMIGRATION NEW ZEALAND「Working while on a student visa」(参照日:2022-2-8)

※10...IMMIGRATION NEW ZEALAND「Before you apply for a student visa」(参照日:2022-2-8)

※11...IMMIGRATION NEW ZEALAND「Who needs an x-ray or medical examination」(参照日:2022-2-8)

※12...IMMIGRATION NEW ZEALAND「Fees, decision times and where to apply」(参照日:2022-2-8)

※13...vfsglobal「Tokyo」(参照日:2022-2-8)

※14...IMMIGRATION NEW ZEALAND「Information about Japan Working Holiday Visa」(参照日:2022-2-8)

※15...IMMIGRATION NEW ZEALAND「Process & costs」(参照日:2022-2-8)

ニュージーランド留学ガイド

ニュージーランド留学のメリット・デメリット

期間別のニュージーランド留学費用まとめ

1週間のニュージーランド留学費用

2週間のニュージーランド留学費用

3週間のニュージーランド留学費用

1ヶ月のニュージーランド留学費用

2ヶ月のニュージーランド留学費用

3ヶ月のニュージーランド留学費用

半年のニュージーランド留学費用

1年のニュージーランド留学費用

留学計画早見表

英語試験対策とスコア換算表

ニュージーランド英語の特徴と訛り

ニュージーランド留学の失敗事例

ニュージーランドの天気・気候と服装

ニュージーランドの現地生活

ニュージーランドのおすすめ観光スポット

ニュージーランドのおすすめアクティビティ

2ヶ国留学のススメ

ニュージーランド留学に人気の都市ランキング

目的からニュージーランド留学を探す

ニュージーランド留学の学校の選び方

ニュージーランド留学コース選定ガイド

ニュージーランド留学の滞在先の種類と特徴

ニュージーランド留学前の準備の流れ

ニュージーランド留学の出国から帰国までの流れ

ニュージーランド留学持ち物リスト

ニュージーランド留学に必要なビザ

ニュージーランドの空港と市内へのアクセス方法

ニュージーランドの両替方法

ニュージーランドの祝日

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学カウンセラーが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

スクールウィズならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学カウンセラーへ相談する

03-4500-8346

お気軽にお問い合わせください。

会員登録をして相談しよう オンライン個別面談を予約する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

スクールウィズなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

無料留学相談する!

\直接話を聞いて相談したいなら/

留学カウンセラーと
個別面談する(オンライン)

\まずは気軽に相談したいなら/

LINE友達追加で
相談する LINE留学相談 QRコード

スクールウィズのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。