10/13(木)~14(金)は社員研修のため、いただきましたお問い合わせは10/15(土)以降順次回答いたします。

ニュージーランド留学の滞在先の種類と特徴

ニュージーランド 留学 滞在先

「ニュージーランド留学の滞在先をどこにしよう」
「そもそもどんな滞在方法を選べるんだろう……」

と悩んでいませんか?

ニュージーランド留学では5つの滞在先を選択できますが、それぞれ特徴が異なる上に、留学期間や英語力、予算によって相性の良い滞在方法も変わります。

ついついホームステイなど代表的な滞在先を選びがちですが、必ず全員に合うとは限りません。自分の留学期間や英語力などに合わせて選ぶ方がストレスなく滞在できます。

途中変更の手間や追加料金などもかからず、楽しい留学生活を送れます。

そこで今回は、ニュージーランド留学で選べる滞在先のメリット・デメリット、自分に合う滞在先の選び方、手配の流れを紹介します。

今回の記事を参考にしながら、楽しい留学生活が送れる滞在方法を考えていきましょう。

留学カウンセラーがあなたのお悩みを無料で伺います!

「留学にはどれくらい費用がかかるんだろう?」
「渡航時期や期間はどうしよう?」
「留学先はどこにしよう?」

その留学のお悩み、プロに相談してみませんか?

スクールウィズでは無料で留学相談を受付中。 留学について気になっていることがある方、ぜひお気軽にご相談ください。

LINEで留学相談する

無料留学相談

ニュージーランド留学で選べる滞在先一覧

ニュージーランド 留学 滞在先

ニュージーランド留学で選べる滞在先5つのメリットとデメリットを下記の表にまとめました。

メリット デメリット
ホームステイ
  • ・ホストファミリーとの会話が英語の練習になる
  • ・留学生の受け入れに慣れているため、安心して滞在できる
  • ・ニュージーランドはホームステイ費用がやや安い
  • ・家庭ごとにルールがあり、守る必要がある
  • ・家族の一員とみなされるため、お客さん気分ではいられない
  • ・滞在先の家が街の中心エリアから少し離れていることもある
学生寮
  • ・同じ学生と出会える上に友達が増えやすい
  • ・滞在費が安いのに利便性が高い
  • ・管理人がいるとトラブルが合ったときも相談できる
  • ・ルームメイトと相性が合わないこともある
  • ・学校から近い分休んでいる気分は味わいにくい
  • ・意識的に外出しないと現地生活も体験しにくい
シェアハウス・ルームシェア
  • ・学生以外の人と出会う機会があり、現地生活や現地就職について話を聞ける
  • ・滞在費用が安く、特に長期留学では費用を抑えられる
  • ・自分で物件探しや手続きを完了できると自信になる
  • ・入居手続きなどは細かく確認しないと契約トラブルが発生する
  • ・自由度は高いが、料理や洗濯、掃除などは自分でしないといけない
  • ・初対面の人と住むため、セキュリティ面は気を付ける必要がある
アパート
  • ・ニュージーランドに移住した場合のイメージがつかめる
  • ・都市部に住める可能性が高い
  • ・物件探しから契約、現地生活までこなせると自信になる
  • ・家賃が高く、滞在費用は高くなる
  • ・契約上のトラブルなど自分で対応しないといけない
  • ・留学生は契約を断られることもある
ホテル・ゲストハウス・B&B滞在
  • ・個室を予約すれば自分のペースで生活できる
  • ・旅行気分も味わいながらのんびり滞在できる
  • ・都市部に滞在でき、スキマ時間に観光も楽しめる
  • ・ハイシーズンは料金が高くなる
  • ・ホテルやゲストハウスによっては設備が古く、対応が悪いこともある
  • ・料金の高さから長期滞在には向いていない

細かい特徴は次で順番に説明しますね。

LINE留学相談

ニュージーランド留学で選べる滞在先1.ホームステイ

ホームステイ

ホームステイはニュージーランドの一般家庭に滞在し、家族の一員として生活します。

ニュージーランドのホストファミリーの特徴は多国籍なことです。アジア系や中東系など幅広く、中には仕事や結婚などでニュージーランドに住んでいる日本人家庭に滞在することもあります。

ホームステイでは1日2〜3食が提供され、ホストファミリーによっては掃除や洗濯もお願いすることが可能です。

特にニュージーランドの食事はイギリス文化に影響を受けているため、フィッシュ&チップスなどをよく食べます。さらに羊の多い国のため、ラム料理がよく食べられています。

週末になるとバーベキューを楽しむ家庭が多いことも特徴で、さまざまな食生活を楽しめそうですね。

滞在費用は1週間あたり2〜3万円が相場です。

ホームステイのメリット

ホームステイのメリットは、次の3つです。

  • ・ホストファミリーとの会話が英語の練習になる
  • ・留学生の受け入れに慣れているため、安心して滞在できる
  • ・ニュージーランドはホームステイ費用がやや安い

ホームステイ費用は他の国では1週間あたり5万円を超えることもありますが、ニュージーランドのホームステイ費用は2〜3万円ほど。

欧米圏の中ではやや安いため、ホームステイを選ぶハードルも下がります。

ホームステイのデメリット

ホームステイのデメリットは、次の3つです。

  • ・家庭ごとのルールを守る必要がある
  • ・家族の一員とみなされるため、お客さん気分ではいられない
  • ・滞在先の家が街の中心エリアから少し離れていると交通費がかかる

家庭によっては家事を手伝う必要があり、お客さんのようにもてなしてもらえる訳ではありません。

ホストファミリーとの関係を円滑にするためにも、掃除や洗濯など自分でできることは積極的に自分で担当しましょう。

ニュージーランド留学で選べる滞在先2.学生寮(レジデンス)

学生寮(オンキャンパス)

学生寮(レジデンス)は、留学する学校が直接運営している宿舎と民間企業が運営する宿舎の2種類があります。

語学学校などが直接運営しているレジデンスは、同じ語学学校に通う人が宿泊しているため、寮内で友達を作ったり国際交流をしたりする機会が多いです。

民間企業が運営するレジデンスは学校運営と設備などは大差ないものの、入寮している人が同じ学校の生徒とは限りません。学校外の友達を作る機会にもなり得ます。

学生寮は基本的に学校の敷地内または近隣に建っているため、通学時間もホームステイに比べて短く、利便性が高いです。

滞在費用は1週間あたり1万5,000〜2万円と考えておきましょう。

学生寮のメリット

学生寮のメリットは、次の3つです。

  • ・同じ学生と出会える上に友達が増えやすい
  • ・滞在費が安いのに利便性が高い
  • ・管理人がいるとトラブルが発生したときも相談できる

世界各国からやってきた学生と寝食を共にすることにより、多くの友人を作ることができ、その中で多様な文化や考え方に触れることができます。

学生寮で共同生活を送るだけでも日本との違いに気付き、異文化理解が深まることもあります。

学生寮のデメリット

学生寮のデメリットは、次の3つです。

  • ・ルームメイトと相性が合わないこともある
  • ・学校から近い分休んでいる気分は味わいにくい
  • ・意識的に外出しないと現地生活も体験しにくい

学生寮は個室またはドミトリー(相部屋)です。相部屋のルームメイトは自分で選べないため、入寮するまでどんな人かは分かりません。

自分はきれい好きなのにルームメイトが大雑把、夜中に騒ぐような人の場合、ストレスが溜まる留学生活となります。

LINE留学相談

ニュージーランド留学で選べる滞在先3.シェアハウス・ルームシェア

留学中の滞在先

シェアハウス・ルームシェアは複数人で一軒家またはアパートを借りて生活する滞在方法です。日本でもシェアハウスとして広まっていますが、ニュージーランドではフラットシェアと呼ばれることもあります。

フラットシェアでは各々の部屋があり、生活に必要なキッチンやシャワー、リビングなどは共同スペースとしてみんなで使用します。調理器具や調味料、トイレットペーパーなど生活必需品も共有します。

1週間あたりの滞在費用は1〜1万5,000円と、今回紹介する中ではもっとも安いです。

シェアハウス・ルームシェア(フラットシェア)のメリット

フラットシェアのメリットは、次の3つです。

  • ・現地で働く人と出会う機会もあり、現地生活・就職について話が聞ける
  • ・滞在費用が安く、特に長期留学では費用を抑えられる
  • ・自分で物件探しや手続きを完了できると自信になる

フラットシェアに住む人は留学生とは限りません。ニュージーランドで生まれ育った人、現地で働いている社会人など、属性や年齢はバラバラです。

交流の幅が広がり、自身の進路選択の参考にもなるでしょう。

シェアハウス・ルームシェア(フラットシェア)のデメリット

フラットシェアのデメリットは、次の3つです。

  • ・入居手続きなどは細かく確認しないと契約トラブルが発生する
  • ・自由度は高いが、料理や洗濯、掃除などは自分でしないといけない
  • ・初対面の人と住むため、私物の管理などセキュリティ面は気を付ける必要がある

ホームステイや学生寮とくらべて自由度が高くなる分、責任も大きくなります。例えば家賃や生活費の支払いはもちろん、何か家の設備などでトラブルが起きたときも自分たちで解決しなければなりません。

緊急事態を乗り越える精神力も必要となり、なんとかしようと行動できる人の方が暮らす上でストレスは溜めにくいです。

ニュージーランド留学で選べる滞在先4.アパート

ニュージーランド 留学 滞在先

アパートは日本での一人暮らしのように、賃貸物件を契約して入居する滞在方法です。

ただしニュージーランドでは、日本ほど気軽に一人暮らしできるものでもありません。単身用の1Kといった物件が少なく、基本的には2LDKなど複数人で利用することを想定した部屋が多いです。

家賃はオークランドなど都市部では1週間あたり3万円、月12万円ほど必要となります。

メリット

アパートに住むメリットは、次の3つです。

  • ・ニュージーランドに移住した場合のイメージがつかめる
  • ・都市部に住める可能性が高い
  • ・物件探しから契約、現地生活までこなせると自信が付く

アパートは都市部に集まっており、立地の良い物件が多いです。オークランドやクライストチャーチなど都市部で生活する場合は利用しやすいです。

デメリット

アパートには、次のデメリットもあります。

  • ・家賃が高く、滞在費用は高くなる
  • ・契約上のトラブルなど自分で対応しないといけない
  • ・留学生は契約を断られることもある

留学生は定期的な収入がない、トラブルが起こりそうなどの理由から契約を断られることもあり、必ず入居できるとも限りません。

よって、アパートはどうしてもプライベート空間が欲しい、ワーキングホリデーなどでアルバイトをしている場合におすすめです。

ニュージーランド留学で選べる滞在先5. ホテル・ゲストハウス・B&B

ニュージーランド 留学 滞在先

ニュージーランドには観光客向けのホテルやゲストハウスがあり、留学生が利用することも可能です。

特に1週間の短期留学ではホームステイや学生寮に入ってもすぐにお別れとなり、滞在先での生活をなかなか満喫できません。期間が短すぎると入居できないこともあり、短期滞在できる宿泊施設の方がおすすめです。

ホテル1泊あたり5,000円〜2万円と費用は割高ですが、短期留学には良い生活環境でもあります。

ゲストハウスは相部屋が基本ですが、1泊あたり2,000円前後と安いです。また留学生の他にも旅をしている人と出会うこともあり、友達が増えやすいです。

また寝床と朝食を提供してくれるB&Bも利用できます。

日本でいう民泊のような滞在先で、ほとんどが家族で経営されています。都合が合えばオーナー家族と交流もでき、ホームステイに近い体験をすることも可能です。

メリット

宿泊施設を利用するメリットは、次の3つです。

  • ・個室を予約すれば自分のペースで生活できる
  • ・旅行気分も味わいながらのんびり滞在できる
  • ・都市部に滞在でき、スキマ時間に観光も楽しめる

宿泊施設は観光客が多い上に、本来は旅行で使われる場所のため、のんびりとした雰囲気が漂います。社会人の有給を使った留学などでは、旅行気分も味わいながらリフレッシュできそうですね。

デメリット

宿泊施設のデメリットは、次の3つです。

  • ・ハイシーズンは料金が高くなる
  • ・ホテルやゲストハウスによっては設備が古く、対応が悪いこともある
  • ・料金の高さから長期滞在には向いていない

宿泊施設は観光客が増えるハイシーズンになると、料金が変わることもあります。また1泊あたりの料金が高い分、滞在日数が増えれば増えるほど滞在費が高くなり、長期留学には向いていません。

ニュージーランド留学で自分に合う滞在先の選び方

ニュージーランド 留学 滞在先

続いては、自分に合う滞在先を見つけるポイントとして、次の3つを紹介します。

  • ・留学期間
  • ・英語力
  • ・予算

選び方1.留学期間

各滞在方法でもお伝えしたように、留学期間によっておすすめの滞在方法が変わります。割高の滞在方法に長期で滞在すると、費用が大幅に上がってしまうためです。

3ヶ月以内の短期留学では、次の滞在先を活用しましょう。

【3ヶ月以内の短期留学】

  • ・ホームステイ
  • ・学生寮
  • ・ホテル・ゲストハウス・B&B滞在

特にホテルやゲストハウスは1ヶ月未満の滞在がおすすめです。

長期留学の場合、次の3つが相性の良い滞在先です。

【3ヶ月以上の長期留学】

  • ・学生寮
  • ・シェアハウスやルームシェア(フラットシェア)
  • ・アパート

学生寮は寮によって受け入れ期間が異なるため、事前に確認しておくことをおすすめします。

選び方2.英語力

現在の英語力によっても、相性の良い滞在方法が異なります。

まず次の滞在方法では、日常会話レベル以上の英語力が求められます。

  • ・シェアハウスやルームシェア
  • ・アパート

物件の見学や入居手続きはすべて英語であり、契約内容をしっかりと理解しなければなりません。未確認によるトラブルを防ぐためにも、ある程度の英会話とリーディングができることは必須条件です。

英語力に自信がない場合は、次の滞在方法を選びましょう。

  • ・ホームステイ
  • ・学生寮
  • ・ホテルやゲストハウス

特にホームステイは留学生の受け入れに慣れている分、拙い英語でも急かすことなく聞いてくれるため、英語初心者でも安心して会話できます。

選び方3.予算

留学の予算によっては安い滞在先を希望することもありますよね。各特徴でも紹介したように、滞在方法によっては費用が割高となるため、予算を確認しながら選ぶ必要があります。

費用が安い滞在方法は、次の3つです。

  • ・学生寮
  • ・シェアハウスやルームシェア
  • ・ゲストハウス

特に学生寮は安く、滞在費用に食事代や水道光熱費が含まれていることもあります。総合的な出費が抑えられるため、家賃や滞在費用に何が含まれているのかも確認してみてください。

ニュージーランド留学の滞在先が決まった後の流れ

ニュージーランド 留学 滞在先

ここまでを読んで滞在先を決めたら、実際に手配しましょう。

滞在先ごとに手配の流れを紹介しますね。

ホームステイ

ホームステイは留学エージェントまたは斡旋団体に依頼します。基本的に滞在家庭を選ぶことはできませんが、アレルギーの有無など健康に関わることは事前に伝えておくと配慮してもらえます。

流れは次の通りです。

  • ・希望条件を整理し、エージェントや斡旋団体に手配を依頼する
  • ・受け入れ先のホストファミリーの名前や住所など教えてもらう
  • ・メールであいさつする

ホームステイは利用する人も多い分埋まりやすいため、留学が決まった時点で一緒に申請しておきましょう。

学生寮

学生寮は学校または運営元の民間企業が管理しているため、留学先の学校または運営会社に手配を依頼します。

手配の流れは次の通りです。

  • ・大学や語学学校、運営会社に依頼する
  • ・必要書類を記入して送る
  • ・部屋が決まり、寮の写真やルールに目を通す
  • ・予約確認書で入寮日を確認する

学生寮も留学シーズンは部屋がすぐに埋まるため、留学の3ヶ月〜半年前から手配しておくのがおすすめです。

シェアハウス・ルームシェア、アパート

シェアハウスやルームシェア、アパートは自分で物件を探します。

流れは次の通りです。

  • ・ネットで物件を探し、見学日を決めておく
  • ・問題なければ契約書など手続きをする
  • ・カギを受け取る

ただし何度かお伝えした通り、契約などには一定の英語力が求められます。自分の英語力を確認した上で探すようにしましょう。

ホテル・ゲストハウス滞在

ホテルやゲストハウスも自分で予約しますが、予約サイトから手配することが可能です。「Booking.com」「Agoda」などで条件を入力して確認できるため、一度探してみてください。

流れは次の通りです。

  • ・空き部屋を確認する
  • ・予約して、受付確認のメールを受け取る
  • ・予約日にホテルでチェックインする

予約サイトでクーポンがあれば、通常価格より安くなることもあります。

まとめ

今回はニュージーランドの滞在先として、次の5つを紹介しました。

  • ・ホームステイ
  • ・学生寮
  • ・シェアハウス・ルームシェア(フラットシェア)
  • ・アパート
  • ・ホテル・ゲストハウス・B&B

滞在先は留学期間や英語力、予算によって相性の良いものが変わります。

悩んだらそこまで高くない上に短期でも長期でも入れる学生寮がおすすめです。まずは留学する学校に寮があるか確認するところから始めてみましょう。

もし滞在先選びで悩むことがあれば、留学エージェント「スクールウィズ」の留学カウンセラーが無料で相談に乗りますので、気軽にご相談ください。
LINE相談はこちら

LINE留学相談

ニュージーランド留学ガイド

ニュージーランド留学のメリット・デメリット

期間別のニュージーランド留学費用まとめ

1週間のニュージーランド留学費用

2週間のニュージーランド留学費用

3週間のニュージーランド留学費用

1ヶ月のニュージーランド留学費用

2ヶ月のニュージーランド留学費用

3ヶ月のニュージーランド留学費用

半年のニュージーランド留学費用

1年のニュージーランド留学費用

留学計画早見表

英語試験対策とスコア換算表

ニュージーランド英語の特徴と訛り

ニュージーランド留学の失敗事例

ニュージーランドの天気・気候と服装

ニュージーランドの現地生活

ニュージーランドのおすすめ観光スポット

ニュージーランドのおすすめアクティビティ

2ヶ国留学のススメ

ニュージーランド留学に人気の都市ランキング

目的からニュージーランド留学を探す

ニュージーランド留学の学校の選び方

ニュージーランド留学コース選定ガイド

ニュージーランド留学の滞在先の種類と特徴

ニュージーランド留学前の準備の流れ

ニュージーランド留学の出国から帰国までの流れ

ニュージーランド留学持ち物リスト

ニュージーランド留学に必要なビザ

ニュージーランドの空港と市内へのアクセス方法

ニュージーランドの両替方法

ニュージーランドの祝日

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学カウンセラーが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

スクールウィズならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学カウンセラーへ相談する

03-4500-8346

お気軽にお問い合わせください。

会員登録をして相談しよう オンライン個別面談を予約する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

スクールウィズなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

無料留学相談する!

\直接話を聞いて相談したいなら/

留学カウンセラーと
個別面談する(オンライン)

\まずは気軽に相談したいなら/

LINE友達追加で
相談する LINE留学相談 QRコード

スクールウィズのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。