【お知らせ】7月〜8月は満室の学校が増えています。お申込みはお早めに!留学の相談はこちら

ニュージーランドの天気・気候と服装

天候

ニュージーランドは大きく分けて北島と南島の2つがあります。そして、日本のように四季があります。

こちらでは、北島と南島の季節ごとの特徴と準備すべき服装をお伝えします。

ニュージーランドの気候は主に2つのエリア区分に分けられる

オークランド

ニュージーランドは南半球にあるため日本とは気候が真逆です。南へ行くほど平均気温は低くなります。そして、ニュージーランドの気候区分は、主に北島と南島の2つに分けられます。

・オークランド、ウェリントンを含む北島
・クライストチャーチ、ダニーデンを含む南島

ニュージーランドは日本と同様に四季がありますが、夏〜冬の気温差はそれほど大きくありません。ただし「一日のなかに四季がある」と言われるほど1日の気温差が大きいのが特徴です。

日照時間は非常に長く、夏の場合、21時ぐらいまで日が沈まず明るいということもあります。また、年間を通じて紫外線が非常に強く、その量は日本の約7倍と言われています。

オークランド、ウェリントンを含む北島

オークランド

ニュージーランド最大の都市のオークランド、首都ウェリントンのある北島は、冬の降水量が多いものの、年間の日照時間が長く気候が温暖で快適に過ごすことができます。また冬の最低平均気温も氷点下を下回ることなく、雪が積もることはほとんどありません。

オークランドの月別気温と降水量

月別 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温(℃) 23.3 23.6 22.5 19.8 17.0 14.8 14.0 14.8 16.0 17.6 19.6 21.6
平均最低気温(℃) 15.8 15.9 14.9 12.5 9.9 7.9 6.9 7.9 9.4 10.9 12.6 14.3
降水量(mm) 74.3 81.2 86.4 92.9 100.4 116.3 125.6 111.4 92.9 80.2 83.6 91.4

北島内の都市ごとの詳しい気候情報はこちらから
オークランドの天気・気候と服装
ウェリントンの天気・気候と服装

クライストチャーチ、ダニーデンを含む南島

クライストチャーチ

ニュージーランドの南島最大の都市クライストチャーチ、最も南に位置する主要都市ダニーデンを含む南島は、年間を通して降水量が少なく温暖な気候です。雪は南部の山間部で積もることがあるものの、平野部で積もることはほとんどありません。

クライストチャーチの月別気温と降水量

月別 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温(℃) 22.3 21.8 20.1 17.4 14.0 11.3 10.7 12.1 14.5 17.1 19.1 21.0
平均最低気温(℃) 12.1 11.6 10.3 6.9 3.7 1.0 0.8 2.1 4.3 6.5 8.6 10.8
降水量(mm) 46.4 41.7 57.5 53.3 57.6 50.5 68.3 59.5 41.0 44.4 49.9 45.1

南島内の都市ごとの詳しい気候情報はこちらから
クライストチャーチの天気・気候と服装
クイーンズタウンの天気・気候と服装
ダニーデンの天気・気候と服装

上記の通りに季節ごとに気候が異なるため、各季節毎のおすすめの服装もお伝えします。

ニュージーランドの春のおすすめの服装

服装

ニュージーランドの春は9月から11月です。日中の気温は16〜19℃ぐらいで、日本の3月から5月ぐらいの気候になります。

ただし、1日の寒暖差が大きく、日中は夏のように暑かったのに、日が落ちれば冬のように寒いといった日が多いです。また、この時期は天候が変わることが多く、雨が降ると一気に気温が下がります。

服装は、寒暖差が激しいことから、かんたんに羽織れる上着などを常に持っておいた方がよいです。9月は薄手のダウンジャケットやフリースなど、10〜11月はカーディガンなどがあるとよいです。

ニュージーランドの夏のおすすめの服装

ニュージーランドの夏は12月から2月です。日中の気温は20〜25℃ぐらいで、日本に比べ湿度が低いです。そのため、日中でも日陰にいくと涼しいと感じられます。日本と違い梅雨が無いので、春から急に夏らしい気候に変わります。

服装は、日中は半袖のTシャツなどで大丈夫です。ただし、春と同様に1日の気温差が大きく朝晩は冷え込むため、薄手の長袖で羽織れるものを持っておいた方がよいです。

また、この時期は日差しが非常に強くなるため、紫外線対策が必要となります。サングラスや帽子、日焼け止めクリームがあるとよいです。ニュージーランドの夏は降水量が少なく、快適に過ごすことができます。

ニュージーランドの秋のおすすめの服装

ニュージーランドの秋は3月から5月です。日中の気温は17〜21℃ぐらいで、暑すぎず寒すぎない気候です。服装は、日中は長袖のTシャツ一枚で大丈夫です。しかし、朝晩は冷え込むため、カーディガンやジャケットなどを持っておいた方がよいです。

また、4月半ば以降は気温が下がるため、セーターやフリースジャケットが必要となります。ニュージーランドの秋も降水量が少なく、良好な天候が続きます。

ニュージーランドの冬のおすすめの服装

ニュージーランドの冬は6月から8月です。日中の気温は12〜16℃ぐらいで、厳しい寒さを感じることはありません。

服装は、日中に日が照った場合、長袖のTシャツ一枚でも大丈夫な日もあります。ただし、他の季節と同様に朝晩はかなり冷え込むので、ダウンジャケットや厚手のコートが必要となります。

また、雨が降った場合も一気に気温が下がります。降水量は、北島では多くなりますが、南島では多くなく安定した天気が続きます。雪は、南島の山間部では積もるものの、北島および南島の平野部で積もることはありません。

ニュージーランド留学に戻る

ニュージーランド留学ガイド

ニュージーランド留学の特徴とメリット・デメリット

ニュージーランドの現地生活情報

英語試験対策とスコア換算表

ニュージーランド英語の特徴と訛り

ニュージーランドの天気・気候と服装

ニュージーランドのおすすめ観光スポット情報

目的からニュージーランド留学を探す

2ヶ国留学のススメ

ニュージーランド留学コース選定ガイド

ニュージーランド留学おすすめ人気都市ランキング

ニュージーランド留学で失敗しないための学校の選び方

ニュージーランド留学の滞在先の種類と特徴

留学計画早見表

1週間のニュージーランド留学費用の内訳と総額

1ヶ月のニュージーランド留学費用の内訳と総額

3ヶ月のニュージーランド留学費用の内訳と総額

半年のニュージーランド留学費用の内訳と総額

1年のニュージーランド留学費用の内訳と総額

ニュージーランド留学持ち物リスト

ニュージーランド留学前の準備の流れ

ニュージーランドの祝日情報

ニュージーランド留学の出国から帰国までの流れ

ニュージーランドの空港情報と市内へのアクセス方法

ニュージーランド留学に必要なビザ情報

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学コーディネーターが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

School Withならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30 (祝日除く)

会員登録をして相談しよう メールで留学相談する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会(@東京)に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

School Withなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

3

安心の学校倒産保証(フィリピンのみ)

学校が万が一倒産した場合も、残りの留学期間を代替校で継続して授業が受けられるよう保証いたします。

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。