アメリカの空港情報と市内へのアクセス方法

最終更新日:2024/01/27

アメリカ 空港

アメリカは日本のおよそ25倍もの面積があり、広大な土地を有します。もちろん空港数の数も多く、その数は13,500にものぼります。日本の空港の数と比べると、約80倍もの数の多さになります。

そんなアメリカの空港ですが、いざ利用するするとなると、どの空港を利用するのが便利か、空港内にはどのような設備があるのかなど気になる点が次々に出てくることかと思います。

そこで今回は日本からアメリカの行き方、アメリカの各空港の情報、空港から市内までの移動方法について紹介していきたいと思います。

本記事は2022年12月時点での情報に基づいて作成しています。公開から期間が経ち、直行便の就航状況など掲載情報が古くなっている恐れがあるため、空港を利用の際には事前に最新情報をご確認ください。

夏の留学を考えているなら
今すぐスクールウィズへご相談ください!

LINEで留学のプロに無料相談

大人気の夏の留学、今ならまだ空室があります!
人気の語学学校はすぐに空きが埋まってしまうので、今がラストチャンス!

スクールウィズならLINEで留学カウンセラーの相談に気軽に相談できるので、
留学先の検討がサクサク進みます!

最新の情報をもとに希望に適う留学先をご提案しますので、
これから夏の留学を準備しようとしている方は今すぐご相談ください!

【無料】LINEで留学相談する!

(1)シアトル:シアトル・タコマ国際空港

シアトル 空港

photo by:Ian Dewar Photography / Shutterstock.com

日本からシアトルへ渡航する際に主に利用されているのは、シアトル・タコマ国際空港です。2021年には3,600万人を超える旅客数を記録し、アメリカ国内でも有数の利用者数を誇る空港となっています(※1)

なお、シアトルにはシアトル・タコマ国際空港以外にも、主に貨物輸送や航空機技術開発などで使われているキング郡国際空港/ボーイング・フィールド(空港コード:BFI)、ケンモアエアハーバー水上飛行機基地(空港コード:LKE)があるため、航空券を購入する際や空港へ移動する際には注意してください。

空港コード SEA
ターミナル数 1
日本からの直行便
就航空港:成田国際空港、東京国際空港(羽田空港)

シアトルの詳しい空港情報を知りたい方はこちらで紹介しているので参考にしてみてください。
シアトルの空港情報と市内へのアクセス

LINE留学相談

(2)ボストン:ジェネラル・エドワード・ローレンス・ローガン国際空港

ジェネラル・エドワード・ローレンス・ローガン国際空港

photo by:Leena Robinson / Shutterstock.com

日本からボストンへ渡航する際に主に利用されているのは、ボストン・ローガン国際空港です。2021年には2,200万人を超える旅客数を記録し、アメリカ国内でも有数の利用者数を誇る空港となっています(※2)

なお、ボストンにはボストン・ローガン国際空港以外にも、現在は使われていないノーウッド・メモリアル空港(空港コード:OWD)があるため、航空券を購入する際や空港へ移動する際には注意してください。

空港コード BOS
ターミナル数 4
日本からの直行便
就航空港:成田国際空港

ボストンの詳しい空港情報を知りたい方はこちらで紹介しているので参考にしてみてください。
ボストンの空港情報と市内へのアクセス

(3)ニューヨーク:ジョン・F・ケネディ国際空港

ニューヨーク 空港

photo by:Pit Stock / Shutterstock.com

日本からニューヨークへ渡航する際に主に利用されているのは、ジョン・F・ケネディ国際空港です。2021年には3,000万人を超える旅客数を記録し、アメリカ国内でも有数の利用者数を誇る空港となっています(※3)

なお、ニューヨークにはジョン・F・ケネディ国際空港以外にも、ニューアーク・リバティー国際空港(EWR)やラガーディア空港(LGA)があるため、航空券を購入する際や空港へ移動する際には注意してください。

空港コード JFK
ターミナル数 7
日本からの直行便
就航空港:成田国際空港、東京国際空港(羽田空港)

ニューヨークの詳しい空港情報を知りたい方はこちらで紹介しているので参考にしてみてください。
ニューヨークの空港情報と市内へのアクセス

LINE留学相談

(4)サンフランシスコ:サンフランシスコ国際空港

サンフランシスコ 空港

photo by:JHVEPhoto / Shutterstock.com

日本からサンフランシスコへ渡航する際に主に利用されているのは、サンフランシスコ国際空港です。2021年には1,000万人を超える旅客数を記録し、アメリカ国内でも有数の利用者数を誇る空港となっています(※4)

なお、サンフランシスコにはサンフランシスコ国際空港以外にも、ノーマン・Y・ミネタ・サンノゼ国際空港(KSJC)、オークランド国際空港(KOAK)があるため、航空券を購入する際や空港へ移動する際には注意してください。

空港コード SFO
ターミナル数 4
日本からの直行便
就航空港:成田国際空港、東京国際空港(羽田空港)

サンフランシスコの詳しい空港情報を知りたい方はこちらで紹介しているので参考にしてみてください。
サンフランシスコの空港情報と市内へのアクセス

(5)ロサンゼルス:ロサンゼルス国際空港

ロサンゼルス 空港

photo by:Michael Rosebrock / Shutterstock.com

日本からロサンゼルスへ渡航する際に主に利用されているのは、ロサンゼルス国際空港です。2021年には4,800万人を超える旅客数を記録し、アメリカ国内でも有数の利用者数を誇る空港となっています(※5)

なお、ロサンゼルス周辺にはロサンゼルス国際空港以外にも、ハリウッド・バーバンク空港(BUR)、ロングビーチ空港(LGB)、ジョン・ウェイン空港(SNA)、オンタリオ国際空港(ONT)があるため、航空券を購入する際や空港へ移動する際には注意してください。

空港コード LAX
ターミナル数 9
日本からの直行便
就航空港:成田国際空港、東京国際空港(羽田空港)、関西国際空港

ロサンゼルスの詳しい空港情報を知りたい方はこちらで紹介しているので参考にしてみてください。
ロサンゼルスの空港情報と市内へのアクセス

(6)サンディエゴ:サンディエゴ国際空港

サンディエゴ 空港

photo by:Markus Mainka / Shutterstock.com

日本からサンディエゴへ渡航する際に主に利用されているのは、サンディエゴ国際空港です。2021年には1,500万人を超える旅客数を記録し、アメリカ国内でも有数の利用者数を誇る空港となっています(※6)

なお、サンディエゴにはサンディエゴ国際空港以外にも、ブラウン・フィールド空港(空港コード:SDM)があるため、航空券を購入する際や空港へ移動する際には注意してください。

空港コード SAN
ターミナル数 2
日本からの直行便
就航空港:成田国際空港

サンディエゴの詳しい空港情報を知りたい方はこちらで紹介しているので参考にしてみてください。
サンディエゴの空港情報と市内へのアクセス

(7)シカゴ:オヘア国際空港

シカゴ 空港

日本からシカゴへ渡航する際に主に利用されているのは、シカゴ・オヘア国際空港です。2021年には5,400万人を超える旅客数を記録し、アメリカ国内でも有数の利用者数を誇る空港となっています(※7)

なお、シカゴにはシカゴ・オヘア国際空港以外にも、シカゴ・ミッドウェー国際空港(空港コード:MDW)があるため、航空券を購入する際や空港へ移動する際には注意してください。

空港コード ORD
ターミナル数 4
日本からの直行便
就航空港:成田国際空港、東京国際空港(羽田空港)

シカゴの詳しい空港情報を知りたい方はこちらで紹介しているので参考にしてみてください。
シカゴの空港情報と市内へのアクセス

(8)マイアミ:マイアミ国際空港

マイアミ 空港

photo by:taravelworld1971 / Shutterstock.com

日本からマイアミへ渡航する際に主に利用されているのは、マイアミ国際空港です。2021年には1,800万人を超える旅客数を記録し、アメリカ国内でも有数の利用者数を誇る空港となっています(※8)

なお、マイアミ周辺にはマイアミ国際空港以外にも、フォートローダーデール・ハリウッド国際空港(空港コード:FLL)があるため、航空券を購入する際や空港へ移動する際には注意してください。

空港コード MIA
ターミナル数 3
日本からの直行便 ×

マイアミの詳しい空港情報を知りたい方はこちらで紹介しているので参考にしてみてください。
マイアミの空港情報と市内へのアクセス

(9)ハワイ(ホノルル):ダニエル・K・イノウエ国際空港

ホノルル 空港

photo by:my_ photos / Shutterstock.com

日本からホノルルへ渡航する際に主に利用されているのは、ダニエル・K・イノウエ国際空港です。

ホノルルにはダニエル・K・イノウエ国際空港以外にも、カフルイ空港(空港コード:OGG)、ヒロ国際空港(空港コード:ITO)、エリソン・オニヅカ・コナ国際空港(空港コード:KOA)、リフエ空港(空港コード:LIH)などがあるため、航空券を購入する際や空港へ移動する際には注意してください。

空港コード HNL
ターミナル数 2
日本からの直行便
就航空港:成田国際空港、東京国際空港(羽田空港)、関西国際空港、中部国際空港、札幌国際空港

ハワイの詳しい空港情報を知りたい方はこちらで紹介しているので参考にしてみてください。
ホノルルの空港情報と市内へのアクセス

(10)フォートローダーデール:フォートローダーデール・ハリウッド国際空港

フォートローダーデール 空港

photo by:Markus Mainka / Shutterstock.com

日本からフォートローダーデールへ渡航する際に主に利用されているのは、フォートローダーデール・ハリウッド国際空港です。2021年には2,500万人を超える旅客数を記録し、アメリカ国内でも有数の利用者数を誇る空港となっています(※9)

なお、フォートローダーデール周辺にはフォートローダーデール・ハリウッド国際空港以外にも、マイアミ国際空港(空港コード:MIA)があるため、航空券を購入する際や空港へ移動する際には注意してください。

空港コード FLL
ターミナル数 4
日本からの直行便 ×

フォートローダーデールの詳しい空港情報を知りたい方はこちらで紹介しているので参考にしてみてください。
フォートローダーデールの空港情報と市内へのアクセス

(11)アトランタ:ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港

アトランタ 空港

photo by:Billy F Blume Jr / Shutterstock.com

日本からアトランタへ渡航する際に主に利用されているのは、アトランタ国際空港です。2021年には7,500万人を超える旅客数を記録し、アメリカ国内でも有数の利用者数を誇る空港となっています(※10)

なお、アトランタ周辺にはディカルブ・ピーチツリー空港(空港コード:PDK)があるため、航空券を購入する際や空港へ移動する際には注意してください。

空港コード ATL
ターミナル数 2
日本からの直行便
就航空港:東京国際空港(羽田空港)

アトランタの詳しい空港情報を知りたい方はこちらで紹介しているので参考にしてみてください。
アトランタの空港情報と市内へのアクセス

(12)フィラデルフィア:フィラデルフィア国際空港

フィラデルフィア 空港

日本からフィラデルフィアへ渡航する際に主に利用されているのは、フィラデルフィア国際空港です。2021年には1,900万人を超える旅客数を記録し、アメリカ国内でも有数の利用者数を誇る空港となっています(※11)

なお、フィラデルフィア周辺にはフィラデルフィア国際空港以外にも、ノースイースト・フィラデルフィア空港(空港コード:PNE)があるため、航空券を購入する際や空港へ移動する際には注意してください。

空港コード PHL
ターミナル数 7
日本からの直行便 ×

フィラデルフィアの詳しい空港情報を知りたい方はこちらで紹介しているので参考にしてみてください。
フィラデルフィアの空港情報と市内へのアクセス

アメリカでの入国の流れ

アメリカ 空港

アメリカでの入国には主に上の4つのステップであります。

ステップ1. 機内で税関申請書を記入

アメリカへ入国する際には、税関申請書を記入し提出する必要があります。基本的には機内で配布されるので、到着前に記入欄を埋めておきましょう。

なお、税関申請書は到着後空港で受け取り記入することも可能です。

ステップ2. 税関、入国審査

空港へ到着すると、続いては入国審査を受けます。もし英語力に不安を感じる場合には、事前に聞かれやすい質問への自分の回答を準備しておきましょう。

よく聞かれる質問や入国審査前にしておく準備は下の記事でまとめているので、準備に漏れがないか確認したい方はあわせて参考にしてみてください。
事前に知っておけば怖くない!アメリカの入国審査の流れや質問項目、解答例をご紹介

ステップ3. 荷物の受け取り

入国審査などを終えると、荷物の受け取り口へ移動します。飛行機から降り、通路案内に従うと航空便ごとの荷物が運ばれるターンテーブルが並ぶエリアに到着するので、まずは自分の荷物を受け取ってください。

ステップ4. 到着口へ移動

入国審査が完了すれば、あとは到着口へ移動して入国完了です。滞在先までのピックアップを申し込んでいる場合には、指定の場所へ移動し担当者が来るのを待ちましょう。

また、自分で滞在先や市内へ移動する場合には、空港の案内に従い利用する移動手段の停留場所まで移動してください。空港では無料のWi-Fiが使えるので、事前に配車アプリのダウンロードや地図の読み込み、移動手段の検討などをする際には利用してみてください。

なお、アメリカ渡航時には事前にビザ、あるいはESTAの申請が必要になります。

詳しい申請方法は下記の記事で紹介しているので、ビザ準備を進める際には参考にしていただければと思います。
【2023年版】アメリカ留学にビザは必要?ビザの種類から申請方法までを解説

まとめ

いかがでしたでしょうか。アメリカの主要空港は各所にあります。アメリカに留学する際には利用する空港も今回紹介した空港の中にあるでしょう。

空港によってそれぞれの特色や構造も異なります。スムーズに出入国するために事前に調べておいてから空港を利用するようにしましょう。

あなたの目的に合った語学学校をご紹介します!

留学 ステップ

留学先となる国や都市のイメージを持てたら語学学校選びに移りましょう。ただし、国や都市と違い、語学学校選びはより希望を整理しながら進めていく必要があります。

  • ポイント1. 留学の目的
  • ポイント2. 生徒規模や雰囲気
  • ポイント3. 日本人留学生の比率や日本人スタップの有無
  • ポイント4. 立地
  • ポイント5. 滞在方法、滞在先の希望
  • 特に生徒規模や雰囲気、日本人留学生の比率や日本人スタッフの有無などは時期によって変わりやすいので、自分で調べた情報だけで決めてしまうと学校選びで失敗してしまう恐れがあります。
    より最新の情報をもとに語学学校を決めるなら、留学エージェントに相談してみましょう。

    英語力アップに強い留学エージェント「スクールウィズ」

    スクールウィズ

    スクールウィズは英語力アップに強い留学エージェントです。 初中級者のための英語学習プログラム「プレ留学」×「カスタム留学プラン」であなたの留学を、経験豊富なカウンセラーが万全の体制でバックアップ致します。

    1. 【スクールウィズが選ばれる7つの理由】
    2. 1. 専門家監修!英語学習プログラム「プレ留学」で事前学習もバッチリ
    3. 2. 充実した英語学習サポート体制!
    4. 3. 1万通り以上から選べる「カスタム留学プラン」
    5. 4. 経験豊富なカウンセラーによるベストなプラン提案
    6. 5. 代理店手数料0円&最低価格保証
    7. 6. 安心安全、充実の留学サポート体制
    8. 7. スマホで相談から手続きまで完結!

    せっかくの留学を失敗してほしくない想いから、英語力を伸ばす独自のサポート、納得いくプランづくりに力を入れています。

    いま英語力に不安があっても、しっかり準備するから大丈夫。留学で、憧れだった「英語を話せる理想の自分」を私たちと一緒に実現させましょう!

    留学に対するご質問から、留学プランづくり、事前の英語学習、留学中のサポートまで対応しておりますので、ご相談お待ちしております。

    【無料】LINEで留学相談する!


    【参考文献一覧】

    ※1...Port of Seattle「SEA Airport Statistics」(参照日:2022-12-9)

    ※2...Boston Logan International Airport「Airport Statistics」(参照日:2022-12-9)

    ※3...The Port Authority of New York and New Jersey「Data & Statistics」(参照日:2022-12-9)

    ※4...San Francisco Airport「STATISTICS FOR SAN FRANCISCO AIRPORT」(参照日:2022-12-9)

    ※5...LAWA Official Site「Volume of Air Traffic」(参照日:2022-12-9)

    ※6...San Diego International Airport「San Diego International Airport Served 15.6 Million Passengers in 2021」(参照日:2022-12-9)

    ※7...Flychicago「Air Traffic Data」(参照日:2022-12-9)

    ※8...Miami International Airport「Airport Statistics」(参照日:2022-12-9)

    ※9...Fort Lauderdale-Hollywood International Airport「About FLL Statistics」(参照日:2022-12-9)

    ※10...Hartsfield-Jackson Atlanta International Airport「Statistics」(参照日:2022-12-9)

    ※11...PHL.org「Philadelphia International Airport Welcomed 19.6 Million Passengers in 2021: Passenger Volume Up 65.5% Over 2020; Air Cargo Growth Continues」(参照日:2022-12-9)

    アメリカ留学ガイド

    アメリカの基本情報

    アメリカ留学のメリット・デメリット

    期間別のアメリカ留学費用まとめ

    1週間のアメリカ留学費用

    2週間のアメリカ留学費用

    3週間のアメリカ留学費用

    1ヶ月のアメリカ留学費用

    2ヶ月のアメリカ留学費用

    3ヶ月のアメリカ留学費用

    半年のアメリカ留学費用

    1年のアメリカ留学費用

    留学計画早見表

    英語試験対策とスコア換算表

    アメリカ英語の特徴と訛り

    アメリカ留学の失敗事例

    アメリカの天気・気候と服装

    アメリカの治安状況

    アメリカの現地生活

    アメリカのおすすめ観光スポット

    アメリカのおすすめアクティビティ

    2ヶ国留学のススメ

    アメリカ留学に人気の都市ランキング

    目的からアメリカ留学を探す

    アメリカ留学の学校の選び方

    アメリカ留学コース選定ガイド

    アメリカ留学の滞在先の種類と特徴

    アメリカ留学前の準備の流れ

    アメリカ留学の出国から帰国までの流れ

    アメリカ留学持ち物リスト

    アメリカ留学に必要なビザ

    アメリカの空港情報と市内へのアクセス方法

    アメリカの祝日

    英語力アップの留学エージェントなら
    スクールウィズ

    無料留学相談する!

    英語力を伸ばす「あなたにピッタリな留学プラン」を一緒に見つけましょう

    \直接話を聞いて相談したいなら/

    留学カウンセラーと
    個別面談する(オンライン)

    \まずは気軽に相談したいなら/

    公式LINEで
    相談・質問する LINE留学相談 QRコード

    スクールウィズのユーザーになる
    ×

    会員登録は無料!30秒で完了します。
    以下いずれかの方法で会員登録してください。

    既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。