10/13(木)~14(金)は社員研修のため、いただきましたお問い合わせは10/15(土)以降順次回答いたします。

アメリカ留学の失敗事例と後悔しないために知っておきたいポイント10選

アメリカ 留学 失敗

留学費用は多額の資金が必要なため、どうせ留学するなら絶対に失敗したくないですよね。特にアメリカは比較的物価が高い国なので、他の国に比べて留学コストがかさむケースが多いです。

ただ実際に留学をして感じることは、渡米前に失敗しないための対策をしっかりしておくことで留学生活がより充実したものになるということです。

そこで今回は、留学を失敗させない対策法を紹介したいと思います。アメリカの留学経験者による失敗談を例に具体的な対策法を紹介するので、留学に不安を感じる方はぜひ参考にしてくださいね。

留学カウンセラーがあなたのお悩みを無料で伺います!

「留学にはどれくらい費用がかかるんだろう?」
「渡航時期や期間はどうしよう?」
「留学先はどこにしよう?」

その留学のお悩み、プロに相談してみませんか?

スクールウィズでは無料で留学相談を受付中。 留学について気になっていることがある方、ぜひお気軽にご相談ください。

LINEで留学相談する

無料留学相談

アメリカ留学での失敗は想定外!対処法を身につけておこう

「きちんと留学のイメージも持てているし、失敗しないだろう」と思っていませんか?

実はその考えが大きな落とし穴になることもあります。ではアメリカ留学で失敗しないためには、どうすればいいのでしょうか。ここでは失敗した時の対処法を紹介していきますね。

環境が異なるアメリカ留学では「失敗」が誰にでも起こりうる

日本とは異なる環境や文化背景を持つアメリカでは、予期せぬ失敗は誰にでも起こり得ると考えましょう。どんなに留学生活を想定していたとしても、実際に留学してみると自分の思い通りに行かないこともしばしばです。

まずは海外留学するにあたり「海外では予期せぬことが起こるのは当たり前」ということを理解することが大切になります。

大切なのは失敗事例を知って対策を講じていくこと

海外で起こる想定外のことに対応するには、留学経験者の失敗事例をもとに心構えや対策を考えておくことが一番です。

もちろん語学学校や留学エージェントによっては日本語のサポートが付く場合もあるので、現地にいながら誰かに相談できる環境はあります。

ただ一番大切なのは留学している本人の意識です。周りがどれだけアドバイスしても本人のやりきる意識や心構えがないと、留学を成功させることはできません。

だからこそここで紹介する失敗談や対策法を理解して、アメリカ留学することがおすすめです。

LINE留学相談

アメリカ留学での失敗例とは?よくある失敗談10選

アメリカ留学の失敗例

では早速、アメリカ留学の失敗談を紹介していきます。

失敗談(1)日本人だけで行動してしまう

日本人にありがちなのが、日本語が通じる日本人と常に行動してしまうことです。慣れない環境や英語でのコミュニケーションに疲れを感じると、どうしても日本人との会話に居心地の良さを感じるものです。

また授業の一環でグループセッションがあることも多いので、お互いに助け合える日本人が一緒だととても安心です。

でもこの状態を続けているといつまで経っても英語は伸びません。伝えずらい内容は日本語に頼ってしまうので、英語力の成長はとても遅くなるのです。

特にスピーキング力を伸ばしたいと考える人は要注意ですよ。

失敗談(2)授業についていけない

基礎英語を理解できていない人によく起こる失敗が、学校の授業についていけないことです。当たり前のことですが、アメリカでの授業は全てが英語です。

つまり先生が英語で言ってることを理解しながら、新しい文法等を学ばなければいけません。これは想像以上に大変で、現地でパニックになる留学生も多いです。

英語で授業を受けるという前提を理解する必要があるでしょう。

失敗談(3)クラスに日本人が多すぎる

アメリカ留学で予期せぬ事態といえば、日本人のクラスメイトが想像以上に多かったケースが挙げられます。

留学する時期や都市にもよるのですが、グループレッスンの場合はクラスメイトの3分の1以上が日本人だったということも珍しくありません。

どこの語学学校でも授業が始まる前にレベルチェックがあり、自分のレベルに合ったクラスに振り分けられるのでそう簡単にクラスを変えることも難しいです。

このような理由から、英語を学ぶ環境はとても重要です。留学先の学校を決める際に注意したいポイントだといえます。

失敗談(4)自分の意見を言えない

日本人は自分の意見を言わない傾向にあります。私はそれは日本の教育方法が大きな影響を与えているからだと感じています。

たとえば日本では先生が行う授業を聞く受け身のスタイルが中心ですが、アメリカではディスカッションを大切にするため、授業中に生徒も積極的に自分の意見を述べます。

先生からも「あなたはどう感じる」「なぜそう思うの」といった疑問を聞かれることも多いです。しかしディスカッション形式に慣れていない日本人は、戸惑って何も言えなくなります。無言でいると意見がない人だと判断される場合もあるので注意が必要ですよ。

失敗談(5)車がないと、自由に移動が出来ない

せっかくアメリカ留学するんだから、有名な観光地や大自然をたくさん楽しみたい!という方も多いかと思います。

しかしアメリカの広い国土ゆえに起こる影響として、「車なしでは行けない場所が多い」という問題があります。

例えば、かの有名なグランドキャニオンや、インスタ映えで最近人気のサルベーション・マウンテンに行くには、車が必要不可欠です。大自然が魅力のアメリカの観光スポットに周りには電車などの公共交通期間は通っていないことが多いです。

このような理由から、行きたい場所に行けなかった、なんてことにもなりかねません。

失敗談(6)資金が途中で底を突く

学費以外にも食費や交通費など、留学には多額の費用が必要になります。特に留学先がアメリカの都心部であれば物価が高く、散財の誘惑も多いので予想以上にお金がかかることも。

またアメリカは外国人の就労に厳しく、留学期間中に貯金が尽きても、観光ビザや学生ビザでは働くことはできません。最悪の場合、お金が続かずに帰国せざる終えない状況になることもあります。いろんな状況を想定して資金を事前に準備しておくことが大切です。

失敗談(7)食事が合わない

アメリカでは食事が合わないと感じる人もいます。特に、比較的薄味でヘルシーな日本食に対して、アメリカはボリュームがある上に高カロリーの食べ物も多いです。

ですので、毎日食べ続けると「胃がどうしても受け付けない」という日も出てくるかもしれません。

食事は毎日のことなので、留学先の食べ物が自分に合っているかは重要です。合わない場合は自分で食事を用意できるのかどうかを確認しておきましょう。

失敗談(8)ホームシックで何度も帰国

留学 ホームシック

アメリカは日本とは環境や文化も大きく違うため、留学期間中にホームシックになることもあります。特に留学したばかりの時は友達も少ないので、相談できる相手もあまりいませんよね。

お金に余裕があれば一時帰国してもいいですし、日本にいる家族や友人に電話で話を聞いてもらうのもいいでしょう。

でも何度も帰国を繰り返したり、家族や友人に頼り過ぎたりしてしまうのは考えものです。なぜなら現地に馴染むのがおそくなってしまったり、日本語を使う機会がより多くなってしまうからです。

結果として、留学生活自体を楽しめずに帰国日ばかり考えながら生活する、なんていうことにもなりかねません。

失敗談(9)モチベーションが下がり、怠慢な生活を送ってしまう

留学期間が長くなってくると、海外生活に慣れて怠慢な生活を送ってしまうことがあります。特に学生なら、親元から離れた開放感もあり、誘惑も多いので、それらに流されてついつい遊んでしまうこともあるでしょう。

またシェアハウスや寮で同世代の人と生活を一緒にしている場合は、毎日パーティ三昧なんて事もざらにあります。

もちろん現地の生活を楽しむことも大切ですが、座学で知識をインプットしないことには新しい表現や英単語を使えるようにはならないですよね。海外には目的があって来ているということを思い出す必要があるでしょう。

失敗談(10)単独行動が多くなる

留学時に英語力が低いと、英語でコミュニケーションをとることに苦手意識を感じて1人で行動することが多くなる人もいます。

単独で行動することで英語で会話する必要がなくなるので楽なのですが、英語力を伸ばす機会も減りますし、友達の輪もなかなか広がりません。

英語を伸ばす場所は語学学校だけではなく、プライベートな時間も英語を伸ばすチャンスがたくさんあります。留学生同士が英語でコミュニケーションを取るのはなかなか難しいですが、楽しむ気持ちを何よりも大切にトライしてみましょう!

アメリカ留学の心得!失敗を防ぐための対処法10選

アメリカ留学の失敗対処法

では次に失敗を防ぐための対処法を紹介します。

対処法(1)積極的に話しかける

海外留学では初めての環境に馴染めないこともあるかもしれませんが、外国人のクラスメイトに積極的に話しかけて友達を作る努力をしましょう。

日本語が通じるからといって日本人とばかり行動していては、英語が伸びることはありません。

また、学校以外のシチュエーションで英語を使うことで表現の幅も広がるはずです。特に語学学校であれば、自分と同じく英語習得中の人がクラスメイトなので、比較的言葉の壁もあまり感じないでしょう。積極的に話しかけて友達の輪をどんどん広げていく姿勢が大切です。

対処法(2)分からない時は先生に質問する

日本と海外では言葉の壁があるだけでなく教育システムも異なるため、「授業についていけない」と感じることもあるかもしれません。そんな時は理解できていないことを先生に質問することが大切です。

せっかく高い授業料を払っているので質問しないのは勿体無いですね。もしクラスメイトの前で質問するのが恥ずかしいと感じるなら、授業が終わった後に聞くのもいいでしょう。生徒の英語力向上を誰よりも考えているのが先生ですから、丁寧に対応してくれるはずです。

分からないことを分からないままにすることだけは避けましょうね。

対処法(3)日本人が少ない語学学校を選ぶ

有名で大規模な学校だと日本人のクラスメイトが多い場合があります。もし英語力を高めたいのであれば、日本人が少ない語学学校を選ぶことがおすすめです。

なぜなら英語を伸ばすには、英語しか使えない環境に身を置くことがとても大切だからです。日本人が多い語学学校は安心な反面、日本人がクラスにいるとついつい日本語を喋ってしまうというデメリットがあります。

留学期間は限られているので、どんな語学学校を選ぶかで英語の伸びも大きく変わりますよ。

対処法(4)国際免許を取っておく

上記でも述べたように、アメリカでの国内旅行には車の運転が欠かせません。
ですので日本の運転免許をお持ちの方は、渡航前に国際免許を取得しておくことをおすすめします。

国際免許取得の手数料は地域によって変動しますが2,000円~3,000円程。
手続きにかかる時間も空いていれば30分ほどで完了します。

国際免許さえ持っていれば、あとは現地で車をレンタルすればどこでも移動可能!
留学中の旅行がより楽しくなるでしょう。

もし日本の運転免許を持っていなければ、交通機関を利用して移動できる旅行先をピックアップしておくと良いでしょう。アメリカは観光大国なので、ニューヨークや西海岸周辺など交通機関の整った場所でも見どころはたくさんありますよ!

対処法(5)渡米前に英語力を上げる

渡米前に英語力を身につけることで、留学中の大幅な英語の伸びが期待できます。

多くの人は留学に行けば誰でも英語が伸びると考えがちですが、実際に海外で生活したとしてもそんなに簡単に英語は伸びません。

もし英語を伸ばすことを留学の目的にしているのであれば、日本にいる間に英語で簡単な会話ができるレベルまで英語力を上げておきましょう

そして渡米後は留学先で色んな人と会話しながら、どんどん英語力を高めていくのがおすすめです。

英会話力を上げる手段としては英単語・英文法の学習はもちろんオンライン英会話やアプリでのリスニング等がおすすめです。

以下の記事でも英会話アップの方法をご紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

【英語初心者向け】独学で英会話ができるオススメ勉強法と教材15選まとめ
テーマ・レベル別に解説!おすすめオンライン英会話サービス11選と活用のコツまとめ

対処法(6)しっかり予算を立てる

留学では多くのお金が必要になるので、しっかり見積もりを立てて資金を準備するのが大切です。学費は渡米前に支払うので問題ないですが、生活費や交通費は実際に現地で生活しないと分からない部分もあります。

また、現地では友達ができると、食事に出かけたりパーティに呼ばれたりなど出費が増えることもよくあります。特にアメリカは、現地で働くことは難しいので、渡米前にしっかり予算を立てて資金を準備しておくことが大切ですよ。

以下の記事ではアメリカ留学の予算について期間別で紹介しています。

予算はその人の過ごし方によって大きく異なりますが、参考にして自身の予算計画を立ててみるとよいでしょう。

期間別アメリカ留学の費用まとめ

対処法(7)日本食材を購入して自炊する

アメリカンフードが自分に合わないと感じたら、自炊をしてみることがおすすめです。

自炊は節約にもなりますし、カロリーもコントロールしやすくて身体にもいいですよね。アメリカは日本食ブームが続いているので、日本の食材も比較的簡単に手に入ります。

また、日本食レストランはもちろんのこと、タイ料理や中国料理などさまざまな国のレストランがあるので、お金に余裕がある人はたまには外食をして世界の色々な食文化を楽しむのも良いでしょう!

対処法(8)日本人の友達を作る

知らない土地で生活する以上、ホームシックになる可能性はあります。留学当初は友達も少ないので問題や悩みを1人で抱え込むことも少なくありません。人と関わりたくないと感じて家にこもる事も多くなってくれば、精神的にも辛くなってしまいます。

語学力を伸ばすためには日本人ばかりで固まらない方がいいのですが、でも1人で問題を抱え込んでしまうくらいなら、現地で日本人の友人を作るのがおすすめです。

英語を学ぶ時と日本人の友人と話すときのメリハリをきちんと付ければ、英語力向上にも差支えないはずです。

むしろ抱え込まずに人に相談することで、ストレスの少ない生活になり、英語学習に集中できるようになるでしょう!

対処法(9)留学の目的を忘れないための工夫をする

海外の生活に慣れてくると、勉強よりも遊びに夢中になってしまうことがあります。もちろん留学の醍醐味は勉強だけではないですし、友達とショッピングをしたり旅行したりなどたまには気晴らしも必要です。

でも気晴らしばかりが増えてくると、英語の勉強に集中できなくなりますよね。留学の期間は限られているので、時間を有効的に使うのが一番です。勉強に集中できていないなと感じた時は、優先順位を整理し、留学前に決めた目標や目的を思い出してみましょう。

具体的な対策としておすすめなのが、紙に書いて見えるところに貼っておくということと、周りの人に自分の留学の目的を伝えておくということです。

部屋やトイレに目的を明文化して貼っておくことで常に意識することができますし、周りの人に伝えておくことでその目的を見失ってしまったときに忠告してくれる存在となりえるでしょう。

対処法(10)滞在方法を変えてみる

単独行動をしてしまい、英語を使う機会が減ってしまうということの対処法として、滞在方法を途中で変えてみるのという補法があります。

たとえば日本人とシェアハウスに住んでいるなら、外国人が同居人のシェアハウスに移動するのもいいですよね。

逆に一人暮らししている方は、滞在方法を途中でホームステイに変えて英語の使用頻度を増やすのもいいでしょう。ホームステイであれば誕生日やクリスマスなど家族のイベントに参加できるケースも多いので、より充実した留学生活が送れるはずですよ。

LINE留学相談

まとめ

アメリカ留学はどんなに想定していても、さまざまな失敗が起こる可能性はあります。

ただ失敗しても対処法さえ分かっていれば、気持ちの切り替えができてまた英語の勉強に集中できるはずです。

ここで紹介した留学の失敗談のほかにも、「アメリカのドラマや映画に憧れて留学したけど、語学学校ではアメリカ人と仲良くなるチャンスがなかった」「現地のルールや文化を理解しておらず、失礼な行動をしてしまった」などのようにアメリカならではの失敗も想定されます。色んなパターンを参考にして、失敗を回避できるようにしておきましょうね。

LINE留学相談

アメリカ留学ガイド

アメリカ留学のメリット・デメリット

期間別のアメリカ留学費用まとめ

1週間のアメリカ留学費用

2週間のアメリカ留学費用

3週間のアメリカ留学費用

1ヶ月のアメリカ留学費用

2ヶ月のアメリカ留学費用

3ヶ月のアメリカ留学費用

半年のアメリカ留学費用

1年のアメリカ留学費用

留学計画早見表

英語試験対策とスコア換算表

アメリカ英語の特徴と訛り

アメリカ留学の失敗事例

アメリカの天気・気候と服装

アメリカの現地生活

アメリカのおすすめ観光スポット

アメリカのおすすめアクティビティ

2ヶ国留学のススメ

アメリカ留学に人気の都市ランキング

目的からアメリカ留学を探す

アメリカ留学の学校の選び方

アメリカ留学コース選定ガイド

アメリカ留学の滞在先の種類と特徴

アメリカ留学前の準備の流れ

アメリカ留学の出国から帰国までの流れ

アメリカ留学持ち物リスト

アメリカ留学に必要なビザ

アメリカの空港情報と市内へのアクセス方法

アメリカの祝日

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学カウンセラーが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

スクールウィズならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学カウンセラーへ相談する

03-4500-8346

お気軽にお問い合わせください。

会員登録をして相談しよう オンライン個別面談を予約する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

スクールウィズなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

無料留学相談する!

\直接話を聞いて相談したいなら/

留学カウンセラーと
個別面談する(オンライン)

\まずは気軽に相談したいなら/

LINE友達追加で
相談する LINE留学相談 QRコード

スクールウィズのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。