アメリカ英語の特徴とイギリス英語との違い

英語

語学留学に興味がある方であれば、アメリカ英語やイギリス英語の違いについて一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

日本語にも方言があるように、英語は国や文化によって異なります。英語は大きくアメリカ英語とイギリス英語に分けられ、様々な特徴があります。

こちらではそのアメリカ英語の特徴や地域ごとの違い、イギリス英語やカナダ英語とどう違うのかといったことをお伝えいたします。

アメリカ英語の特徴

アメリカ英語の特徴

アメリカ英語とはアメリカ合衆国で使用されている英語のことを言います。アメリカ英語は大きく北部の方言と南部の方言に分けられ、東海岸と西海岸によっても違いがあります。

世界的に公用語を英語としている国のほとんどはイギリス英語を基本としていますが、一部フィリピンなどはアメリカ英語を公用語しています。

日本では学校で習う英語や街中で見かける英語は全てアメリカ英語となっており、日本人には大変馴染み深いものです。しかし、世界的にはイギリス英語も広く普及しており、違いを理解しておくことは非常に重要です。

アメリカ英語の歴史的背景

英語は元々イギリスで誕生し、移民によってアメリカに伝わりました。アメリカ英語は移民によって元々の英語が伝わりましたが、発祥の地イギリスではより発達した英語となったという説があります。

また、イギリス英語が地域ごとに大きな差がある一方で、アメリカ英語はそこまで大きな違いはありません。アメリカ英語の歴史は古くイギリスからの移民がアメリカに渡った1600年代以降400年以上の長きに渡り使用されてきました。

イギリスとアメリカは大陸も離れているため、個々に異なる特徴を持って成長していきました。そのため、イントネーションや単語の綴りに至るまで、様々な面で変化し使われるようになったのです。

カナダ英語との違い

カナダ英語との違い

カナダ英語はイギリス英語ともアメリカ英語とも異なる特徴を持ちます。カナダ英語では綴りに関してはイギリス英語寄りですが発音に関してはアメリカ英語に近い発音となっています。

カナダ英語とアメリカ英語の発音が似ているのは、1776年から1793年の間にアメリカ独立革命を逃れて当時イギリスの領土であったカナダに大量流入した亡命集団がカナダ英語の基盤となっているためです。

王党派と呼ばれる亡命集団の一派は、アメリカ合衆国の中北部から北上してきた人々ですが、アメリカでも同じ中北部から西部開拓が始まり、アメリカ英語がアメリカ全土に広まっていきました。ですのでルーツは同じ地域に住む人々から始まっています。

対してカナダ英語がイギリス寄りの綴りをする背景は、教育の影響が大きいそうです。アメリカから逃れてきた王党派はどうにかしてイギリスに近い状態でいようと試みました。その結果として、イギリスの教育者や権威者がイギリス綴りやイギリス文法を学校で教えるようにしました。

このようにして発音はアメリカ寄りですが、綴りはイギリス寄りという特殊な状態が生まれたようです。カナダ英語の綴りは多くの場合はイギリス英語と同じですが、一部アメリカ英語と同じ綴りをするものもあります。

まずイギリス英語と同じ綴りの代表的な例として、アメリカ英語では単語が「-or」、「-er」で終わるもの。イギリス英語では「-our」、「-re」と表記されます。(例:colour、cheque、centre、metre)

ただアメリカと同じ綴りを用いる場合もあり、末尾が「-ize」「-yze」で終わる単語についてはアメリカと同じ綴りが使われています。(例:realize、paralyze)

綴りについては政治・経済の影響もあり、例えば「tire」はアメリカ式の綴りが使われますが、これは自動車産業がアメリカ中心で、アメリカとの取引が多いためだそうです。対して金融機関はイギリスとの関係が密のため、「cheque」はイギリス式が使われるようです。

日本語 アメリカ カナダ イギリス
小切手 check cheque cheque
color colour colour
中心、中心地 center centre centre
メートル meter metre metre
防御する defense defence defence
flavor flavour flavour
タイヤ tire tire tyre
認識する realize realize realise
麻痺する paralyze pararyze pararyse

アメリカ英語の発音の特徴

英語の発音はアメリカ英語とイギリス英語で異なります。アメリカ英語では、母音の後にRの綴りがある単語で、母音のあとの/r/を発音するR音性的な(rhoticあるいはr-full)発音となります。

これに対して、イギリス英語では同様の綴りで/r/を発音しない非R音性的な(non-rhoticあるいはr-less)発音をします。また、アメリカは広大な土地であるにもかかわらず、東部方言の発音やいわゆる「南部なまり」を除いては、発音の地域差はあまりありません。単語のスペルと発音の関係についてもアメリカ英語には特徴があります。

アメリカ英語ではイギリス英語に比べスペル通りの発音をしないことがあります。例えば、「t」が二つ並んだ綴りの場合、アメリカ英語ではスペル通りに発音しない場合があります。一方でイギリス英語では「t」はそのまま「t」で発音します。

このような発音の違いがあるので、日本人はイギリス英語の方が発音しやすいとされています。基本的には、アメリカ英語での発音はスペルとは少し違う音で発音することや、Rを強調して発音するといった傾向が強いとされています。

したがって、アメリカ英語を学習する際に気を付けなければならないのは、イギリス英語との違いを理解し、単語はスペル通りに発音されないこともあるので、スペルだけを見て発音するのではなく、ネイティブの発音をしっかりと把握した上で、注意して発音することが重要です。

アメリカ英語とイギリス英語で大きく発音の異なる単語

アメリカ英語とイギリス英語の違い

アメリカ英語とイギリス英語では、大きく発音が異なる単語が存在します。例えば前述の通り「r」の発音が大きく異なっていたり、「t」を発音するかどうかが異なっています。

また、アメリカ英語での母音「a」の発音が、イギリス英語においては「ɔ」になる違いが見られたりもします。ところが、このような一定の法則にすら当てはまらない大きな違いを持つ単語も存在します。

fillet(ヒレ肉)

アメリカ英語では「fɪléɪ」、イギリス英語では「fílɪt」と発音します。それぞれ、「フィレィ」と「フィリト」に近い発音です。イギリス英語の方が綴りにより忠実で、アメリカ英語が由来となったフランス語に近い発音になります。

data(データ)

アメリカ英語では「déɪṭə」、イギリス英語では「dˈæṭə」と発音します。イギリス英語の方が「ダータ」に近い発音になります。

often(しばしば)

アメリカ英語では「ˈɔːfən」、イギリス英語では「ˈɔːftən」と発音します。それぞれ、「オーフン」と「オフトゥン」に近い発音です。

schedule(スケジュール)

アメリカ英語では「skédʒuːl」、イギリス英語では「ʃédjuːl」と発音します。それぞれ、「スケジューゥ」と「シェジューゥ」に近い発音です。
アメリカ英語とイギリス英語には「明るいL」と「暗いL」の使い分けに違いがありますが、「schedule」のように語末に「l」の音が来る場合には、どちらも「暗いL」、つまり「ゥ」に近い音になります。

tomato(トマト)

アメリカ英語では「təméɪṭoʊ」、イギリス英語では「təmάːtəʊ」と発音します。それぞれ、「タメイトゥ」と「タマァトゥ」に近い発音です。

vitamin(ビタミン)

アメリカ英語では「vάɪṭəmɪn」、イギリス英語では「vítṭəmɪn」と発音します。それぞれ、「ヴァイタミン」と「ヴィタミン」に近い発音です。

これらの発音の違いは決して厳密なルールに縛られているものではありません。アメリカ人がイギリス英語風の発音をすることも、イギリス人がアメリカ英語風の発音をすることもあります。また、どちらの発音が通じないというようなこともあまりありません。

「トイレ」を表す言い方

「トイレ・お手洗い」を言い表すのに、カナダ、アメリカ、イギリスとそれぞれ別の言い方をします。カナダ英語では一般的に「washroom」と呼ばれます。「お手洗い」をそのまま直訳した感じで日本人にとってもすんなりと理解できる単語だと思います。アメリカでは「bathroom」と呼ぶ人が多いです。

アメリカ・カナダ両方とも家はユニットバスが基本でシャワーもトイレも一緒の部屋になっているという背景があってbathroomでも通じるのですが、ただ公共の場ではもちろんトイレのみのため、「bathroom」と聞くとおかしいと感じるようです。

イギリス英語ではpublic toilet、またはlavatoryと呼ばれます。アメリカ・カナダでは日本の「トイレ」と言っても通じない場合がありますので注意が必要です。

まとめ

このように、アメリカ英語はアメリカの時代背景や文化・政治・経済的理由から、独自に発展し、使われてきました。

イギリス英語やカナダ英語もそれぞれで別々の発展を遂げ今日の特徴がつくられてきたのです。そんな各国毎の英語の違いにも目を向けてみることでより英語に親しみを覚えられるかもしれませんね。

また、他国の英語の特徴や訛りと比較して、留学を検討したい方には、国ごとの英語訛りを紹介していますのでこちらを合わせて読んでみてください。↓↓
フィリピン英語の特徴
カナダ英語の特徴
オーストラリア英語の特徴
イギリス英語の特徴
ニュージーランド英語の特徴
アイルランド英語の特徴
マルタ英語の特徴

アメリカ留学に戻る

アメリカ留学ガイド

アメリカ留学の特徴とメリット・デメリット

アメリカの現地生活情報

アメリカ英語の特徴とイギリス英語との違い

目的からアメリカ留学を探す

2ヶ国留学のススメ

アメリカ留学コース選定ガイド

アメリカの天気・気候と服装

アメリカ留学おすすめ人気都市ランキング

アメリカ留学で失敗しないための学校の選び方

アメリカ留学の滞在先の種類と特徴

留学計画早見表

1週間のアメリカ留学費用の内訳と総額

1ヶ月のアメリカ留学費用の内訳と総額

3ヶ月のアメリカ留学費用の内訳と総額

6ヶ月のアメリカ留学費用の内訳と総額

1年のアメリカ留学費用の内訳と総額

アメリカ留学持ち物リスト

アメリカ留学の出国から帰国までの流れ

アメリカの空港情報と市内へのアクセス方法

アメリカ留学前の準備の流れ

アメリカの祝日情報

英語試験対策とスコア換算表

アメリカ留学に必要なビザ情報

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学コーディネーターが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

School Withならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30 (祝日除く)

会員登録をして相談しよう メールで留学相談する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会(@東京)に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

School Withなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

3

安心の学校倒産保証(フィリピンのみ)

学校が万が一倒産した場合も、残りの留学期間を代替校で継続して授業が受けられるよう保証いたします。

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。