School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

【オーストラリアのスラング一覧】ネイティブが使う挨拶や会話表現40選

オーストラリア スラング

「オーストラリア英語にもスラングってあるのかな…」
「辞書には載っていない表現を使う人が多くて、なかなか理解できない…」

という方は多いのではないでしょうか?

オーストラリアでは、略語の感覚でスラングを使います。そのためスラングを知っていることで、現地の友達との会話がスムーズに理解できます。

ただし、スラングは友達同士やカジュアルなシーンのみで使う若者言葉であり、フォーマルなシーンではあまり使用しません。そのため、注意点を理解しながら使うことが必要です。

とはいえ、現地のスラングや注意点は、なかなかわかりにくいですよね。

そこで今回は、

  • ・オーストラリアのスラングの特徴
  • ・オーストラリアで使うスラング(挨拶、日常会話、メール)
  • ・スラングの注意点や使用シーンに気をつけたいフレーズ

を紹介します。

「いきなりスラングを使いこなすのは難しい…」と感じるかもしれませんが、概要をつかむだけならハードルは高くありません。

まずはオーストラリアのスラングについて、ざっくりと理解しましょう!

【PR】

オーストラリアで使うスラングの特徴とは?

オーストラリア スラング

そもそもスラングとは「特定の共通点のある集団の中で使われる隠語や俗語」です。方言や若者言葉に近く、同じ英語でも、イギリスやアメリカとはまた異なります。

まずはオーストラリアスラングの特徴として、

  • ・イギリス英語が基盤であること
  • ・省略形が多いこと
  • ・チャットでは使わないこと

の3点を解説します。

特徴(1)オーストラリアの英語はイギリスが基盤

オーストラリア英語は、イギリス英語の影響を強く受けています。そのため、スラングの中にはイギリス由来のものが少なくありません。

中にはイギリスでも使われているスラングもあり、イギリス英語を学んだ人にとっては、覚えやすく感じます。

特徴(2)元々のフレーズを省略したものが多い

オーストラリアのスラングは、汚い言葉よりも「略語」に近いです。

というのも、オーストラリア人には面倒くさがりな人種。おしゃべりは好きですが、「フレーズを毎回すべて発音することが面倒だ」と感じる人が少なくありません。

そのため「Arvo(Afternoon)」など、元の単語を短くしたスラングがよく使われています。

特徴(3)スラングは口頭で使い、チャットでは使わない

スラングは基本的に会話で使うため、SNSやチャット、メッセージでは限られたものしか使用しません。そのためスラングはスペルよりも、発音を覚えた方が会話をすぐに理解できます。

オーストラリアで使うスラング一覧【挨拶・返事編】

挨拶

まずは挨拶や返事のスラングとして、

  • ・Hiya
  • ・G’day mate
  • ・No worries

などのスラングを10個紹介します。

スラング(1)Hiya(ハイヤ)「こんにちは / やあ」

・英文:Hiya (Hello / Hi)! Where are you going now?
・意味「やあ!どこ行くの?」

親しい友達や身近な人に対して使い、職場や目上の人にはあまり使いません。

スラング(2)G’day mate!(グッデイ/グッダイ、メイト/マイト)「よう!元気?」

・英文:G’day mate (Hi)! / Hey mate!
・意味「やあ!元気?」

「mate(メイト/マイト/メイなど)」には“親しい友人を呼ぶ愛称”の意味があります。

スラング(3)Morning(モーニング)「おはよう」

・英文:Morning mate (Good morning)! How are you?
・意味「おはよう!調子はどう?」

「good」を省いたスラングです。

スラング(4)Ta(タァー)「ありがとう」

・英文:Ta (Thank you)!
・意味「ありがとう!」

最もよく使い、最初に耳にすることも多いスラングの1つです。

また「Cheers(チアーズ)」「Cheers mate(チアーズ メイト)」も同じ意味です。

スラング(5)How’s it going(ハウズ イットゥ ゴーイング)?「調子はどう?」

・英文:How’s it going mate (How are you)?
・意味「調子はどう?」

「How are ya going ?」と言うこともあります。

返事には「Not bad(悪くないよ)」や「Good(うん、調子いいよ!)」などを使いましょう。

スラング(6)Yep(ヤップ) / Nup(ノップ)「はい/いいえ」

ハイタッチする男性

・英文:Did you go to cafe near the station? Yep(Yes)!
・意味「昨日、駅前のカフェにいた?」「うん!」

親しい人との会話で使います。

スラング(7)No worries(ノーウォーリーズ)「大丈夫」

・英文:No worries,mate(Don’t worry / Never mind) !
・意味「大丈夫だよ!気にしないで。」

「Sorry」や「Thank you」と言われたとき、問題ないことを伝えるときに使います。

オーストラリア人はよく使うため、覚えておきたいスラングの1つです。

スラング(8)Good on ya!(グッド オン ヤ)「よくやった!」

・英文:Good on ya (Great)!
・意味「よくやったね!」「良かったね!」「最高!」など

行動をほめるときに使います。

スラング(9)Cya this arvo!(シーヤ ズィス アルヴォ)「また午後にね!」

・英文:Cya this arvo (See you soon)!
・意味「また午後に会おうね!」

arvoは「aftenoon」のスラング、cyaは「See you」の略語です。

スラング(10)Tara(タラー/チャラー)「さよなら」

・英文:Thank you for today.Tara (Bye)!
・意味「今日はありがとう。じゃあね!」

「Good bye」「Bye」がさらにカジュアルになった言い方です。仲の良い友達との別れ際に使いましょう。

オーストラリアで使うスラング一覧【日常生活編】

シドニー

続いては日常生活で使うスラングとして、

  • ・Straya
  • ・Maccas
  • ・Heaps

など20個のスラングを紹介します。

スラング(11)Aussie(オージー)「オーストラリア人」

・英文:My boyfriend is Aussie(Australian).
・意味「私の彼氏はオーストラリア人です。」

人だけでなく、「オーストラリア製の」「オーストラリアの」などの由来を指すこともあります。

スラング(12)Straya(ストラーヤ)「オーストラリア」

・英文:This is Straya(Australia).
・意味「ここがオーストラリアだよ。」

オーストラリア人が、自分の国を愛情込めて呼ぶときに使用します。

スラング(13)Barbie(バービー)「バーベキュー」

ここからは食べ物関連のスラングを紹介します。

・英文:Let’s have a Barbie(Barbecue) on Friday.
・意味「金曜日にバーベキューしよう!」

メールやメッセージ、SNSなどでは「BBQ」と頭文字を取って表現するため、場面で使い分けましょう。

スラング(14)Esky(エスキー)「クーラーボックス」

・英文:I bring big Esky(cooler).
・意味「大きめのクーラーボックスを持ってくるよ。」

バーベキューとセットで覚えておきたいスラングです。

スラング(15)Lollies(ロリーズ)「キャンディ」

・英文:Give me lollies (candy)!
・意味「キャンディちょうだい!」

キャンディだけでなく、グミやキャラメルなどお菓子全体に対しても使います。

スラング(16)Biccie(ビッキー)「ビスケット」

・英文:Do you like bikkie (biscuits)?
・意味「ビスケットは好きですか?」

ビスケットやクッキーなどのお菓子をまとめて、ビッキーと呼びます。

スラング(17)Maccas(マッカーズ)「マクドナルド」

・英文:I want to go to Maccas(McDonald's) after school.
・意味「学校が終わったらマクドナルドに行きたいな。」

ファーストフード「マクドナルド」もスラングに。一部の店舗は看板も「Maccas」で書かれています。

スラング(18)Brekkie(ブレッキー)「朝食」

・英文:I want to eat miso soup for today’s brekkie (breakfast).
・意味「今日の朝食にお味噌汁が飲みたいな。」

オーストラリアのスラングは「〇〇ッキー」が多いです。

スラング(19)tea(ティー)「夕食」

・英文:What do you want to est for today’s tea (supper)?
・意味「今日の夕食は何が食べたい?」

夕食という意味の「supper」がスラングになった形です。しかしアフタヌーンティーのような、通常のティータイムも同じ「Tea」のため、混同しないようにしましょう。

スラング(20)Cuppa(カッパ)「お茶をする」

・英文: Let's have some cuppa (tea)!
・意味「ちょっとお茶しましょう!」

外出先での休憩から、友達が家に来たときまで幅広く使用できます。

スラング(21)Veggies(ベジーズ)「野菜」

野菜

・英文:My son don’t like veggies (vegetables).
・意味「私の息子、野菜が苦手なの。」

ベジタリアンのことは「Vego(ベゴ)」と表現します。

スラング(22)Arvo(アーヴォ)「午後」

ここからは、オーストラリア人の中でも頻繁に使われるスラングを紹介します。

・英文:I will go back to office this arvo(afternoon).
・意味「午後にはオフィスに戻ります。」

「this arvo」で今日の午後です。「S’arvo」とも表現します。

スラング(23)Chrissie(クリッシィ)「クリスマス」

・英文:I have a date with my boyfriend for Chrissie(Christmas).
・意味「クリスマスは彼氏とデートするの!」

クリスマスも最後まで言い切ることが面倒で、省略されています。

スラング(24)Fotty(フッティー)「フットボール」

・英文:Let’s go to watch the footy(football) match next sunday!
・意味「来週の日曜日、フットボールの試合を観に行こうよ!」

フットボールの中でも、オーストラリアのルールで行われる試合のことです。オーストラリア人はフットボールが大好きなので、よく使います。

スラング(25)servo(サーヴォ)「ガソリンスタンド」

・英文:Excuse me, where is servo (service station)?
・意味「すみません、ガソリンスタンドはどこにありますか?」

ガソリンスタンドは「ガスステーション」や「サービスステーション」と言いますが、これを略して「サーヴォ」と言います。

スラング(26)Heaps(ヒープス)「たくさんの」

・英文:I bought heaps (a lot) of clothes.
・意味「服をたくさん買っちゃった!」

オーストラリア人でさえ、スラングだと知らないほど浸透しているフレーズです。

スラング(27)Roo/Joey(ルー/ジョーイ)「カンガルー/カンガルーの赤ちゃん」

・英文:Let’s go to zoo to see Roo (Kangaroo) next Sunday!
・意味「次の日曜日、動物園にカンガルーを見に行こうよ!」

「ジョーイ」は赤ちゃんカンガルーや、お母さんカンガルーのポケットに入っている状態の赤ちゃんも指します。

スラング(28)Mozzie(モジー)「蚊」

・英文:Mozzie (Mosquito) bites your arm!
・意味「蚊が君の腕にとまっているよ!」

bite「噛む」とよく一緒に使われます。

スラング(29)sunnies(サニーズ)「サングラス」

ここからは服装に関するスラングを2つ紹介します。

・英文:You must bring sunnies (sunglasses), if you go to Australia.
・意味「オーストラリアに行くなら、サングラスは必ず持っていかないといけないよ。」

オーストラリアは紫外線が強いため、サングラスなどのUVカットアイテムが必需品です。

スラング(30)Thongs(ソングス)「サンダル」

・英文:I forgot my thongs (sandals) in my friend’s house.
・意味「友達の家にサンダル忘れちゃった。」

ただしイギリス人やアメリカ人にとっては「下着(Tバック)」を意味する単語。使用には注意してください。

オーストラリアで使うスラング一覧【メール・メッセージ編】

スマホ画面

最後に、メールやSNSのメッセージなどで活用できるスラングとして、

  • ・flat out
  • ・Piece of cake
  • ・Facey

などを10個紹介します。

スラング(31)I recokn(アイ レコン)「私は〜と思う」

・英文:What do you reckon (think)? / I reckon ~.
・意味「あなたはどう思う?」「私は〜と思います。」

意見や考えを述べるときに使います。

スラング(32)flat out(フラットアウト)「忙しい」

・英文:I’m flat out (busy) now, so I can’t cathch a phone.
・意味「今ちょっと忙しいから、電話に出られないんだ。」

「全速力」という意味のフレーズが、「busy」の代わりに使われています。

スラング(33)I get (アイ ゲット)「私は〜です」

・英文:I get (am) tired.
・意味「今疲れているんだ。」

「I am」などの代わりに使用します。

スラング(34)Easy Peasy(イージーピージー)「お任せください」

・英文:No worries, esay peasy (take it easy)!
・意味「心配しないで、お任せください!」

何か頼まれたときの返事として使用します。

スラング(35)Piece of cake(ピース オブ ケイク)「お安い御用です」

・英文:To make a power point for meeting is piece of cake (easy).
・意味「会議のための発表資料を作るなんて、お安い御用ですよ。」

「なんてことないですよ」など、得意なことを頼まれたときに使います。

スラング(36)Defo(デフォ)「もちろん」

PC

・英文:Would you like to go to shopping next sunday? Defo (definitely)!
・意味や例「来週の日曜日、買い物に行かない?」「もちろん!」

「definitely」は「絶対に」という意味ですが、「Of course(もちろん)」と同じ感覚で使用します。

スラング(37)fortnight(フォー トゥ ナイト)「2週間」

・英文:Every fortnight (two weeks), please call me!
・意味「2週間おきに電話して!」

「for a fortnight」などという形でも使います。

スラング(38)It’s all good(イッツ オール グッド)「大丈夫」

・英文:I never mind , it’s all good (no problem)!
・意味「気にしてないから大丈夫!」

落ち込んでいるときや、ショックなことがあったときの返事として使います。

スラング(39)lol「(笑)」

・英文:I was surprised ! lol (laughing out loud)
・意味「驚いちゃったよ!(笑)」

オーストラリア以外の国でもよく使われています。

スラング(40)Facey(フェイシー)「フェイスブック」

・英文:Do you have a Facey (Facebook)?
・意味「フェイスブックのアカウント持ってる?」

SNSのような、固有名詞までスラングになります。

ここまでオーストラリアのスラングを40個紹介しました。

日常的に使われているスラングですが、使用には注意点もあります。次で詳しく解説しますね。

スラングの注意点:フォーマルなシチュエーションでは使わない

スマホ画面

スラングは基本的に、「やばい」「まじで」のような若者言葉として使われます。

そのため以下のような、フォーマルなシチュエーションではあまり使用しません。

  • ・仕事中
  • ・学会などの発表会
  • ・目上の人と話すとき

これらのシーンで使うと失礼にあたることも。なるべく、仲の良い友達との会話だけで使うようにしましょう。

使うシーンに注意したいスラング一覧

STOP

最後に使用シーンが限られるスラングとして、

・罵声を意味するスラング
・使う相手に気をつけたいスラング

を紹介します。

罵声を意味するスラングは使用を避ける

罵声を意味するスラングもあり、日常的に使うオーストラリア人もいます。

しかし私たちが意味を知らずに使ったり、何気なく使ったりすることで、ケンカや大きなトラブルにつながるケースも。

例えば、

  • ・Fuck!(Fucking cunts)「クソ!」
  • ・You bustard / Bloody dickhead!「ばか野郎!」
  • ・Pissed!「この野郎!」

などです。

このような過激的なスラングは、使わない方が安心です。

使用シーンに注意したいネガティブなスラング

以下のスラングは、一般的に「汚い」とされるものです。使用をなるべく控えましょう。

・Bloody「とても(very)」
・Whinge「不満を言う(complain)」
これらはネガティブなイメージを与えかねません。

・Dunnie「トイレ(toilet)」
一般的に使うものの「toilet」や「restroom」と言う人が多いため、わざわざ使わなくても良いです。

・Earbashing「口うるさい」
直訳すると耳を殴りつける人、という意味。人によっては失礼に感じます。

・Bogan「ヤンキー、不良」
公共の場で騒いでいる人のことを指します。そのような人を見かけても、本人に直接言わないようにしましょう。

スラングは便利ですが、使用フレーズには注意してください。

まとめ

ここまでをおさらいします。

オーストラリアのスラングには、以下の特徴があります。

  • ・イギリス英語が基盤であること
  • ・省略形が多いこと
  • ・チャットでは使わないこと

そして以下の3つにわけて、スラングを40個紹介しました。

  • ・挨拶や返事
  • ・日常会話
  • ・メールやメッセージ

スラングは便利ですが、若者言葉です。そのため、目上の人に向かってやフォーマルなシーンでは使用しません。

また以下のスラングは、使用シーンや相手に気をつけましょう。

  • ・罵声を意味するスラング
  • ・使う相手に気をつけたいスラング
  • ・特定の職業を表すスラング

注意点に気をつけながらスラングを覚えていくことで、オーストラリア人との会話が理解しやすくなります。

身近なものから少しずつ、使ってみてくださいね。

留学のギモンを解消!はじめての留学ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

モリキアユミ

モリキアユミ

1992年生まれ、京都府出身のフリーライター。大学卒業時に就職を蹴って、24カ国・50都市の世界一周を実行し、旅の途中からそのままライターへ。現在はタイと日本を行ったり来たりしています。オーストラリア留学とセブ島留学の経験あり。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。