留学中の英語学習や友達づくりにおすすめ!「Meetup」イベントに参加するメリットと参加方法をレポート

Meetup中の様子

ニュージーランド在住ライターの舞子です。突然ですがみなさんは「Meetup」というサービスをご存知でしょうか?

Meetupは同じ趣味や興味をもつ人がインターネット上で集まり、リアルイベントを開催し交流できるプラットホームサイト。

世界中で2,700万人以上が利用しているので多言語に対応していて、様々な都市で文化交流が盛んに行われています。

もちろんニュージーランドでもMeetupは有名です。オークランド地域のMeetupグループはなんと150件以上あり、活動ジャンルも多いのが特徴です

グループは主に、

・アクティビティ
・異文化交流会
・勉強会
・ディベート・ディスカッション(課題解決)
・同じ悩みを持つグループ

などに分けられており、好きな時に好きなだけ、好きなグループに参加することができます。

今回はそんなMeetupについて、参加するメリットやイベントの様子をお伝えしていきます。留学やワーホリ中で現地の友達をつくりたい、語学力を向上したい、そんな方はぜひチェックしてみてくださいね。

【PR】

Meetupに参加する4つのメリット

Meetup中の様子

まずはMeetupのイベントに参加するメリットを4つご紹介します。

1. 趣味が合う友達を見つけられる

Meetupのグループは同じことに興味のある人たちがイベントには参加しているため、友達になりやすいというメリットがあります。

また参加者はほとんど初対面同士なので、緊張しているもの同じ。そこはオーガナイザーが自己紹介の時間をうまく活動前にとってくれたり、工夫してくれるので安心です。

2. 英語力アップ・スキルアップにつながる

グループではネイティブと英語でやりとりする場面が多いので、活動していると生きた英語にだんだんと慣れてきます。

グループでは日本人が苦手とするような、反射的に英語で返事をしたり意見を求められたりする場面も多いので、英語会話の良い練習になります。勉強会やディベートに参加することで、スキルアップに繋がることも魅力です。

3. ローカルに知り合いができる

ワーホリ中などで意外と難しいのが、地元の友達を作ること。特に日本食レストランでアルバイトをしていると、なかなかローカルの人とは友達になれません。

しかしMeetupの参加者はローカルの人も多いです。ローカルの人と繋がりを持ちたければ、参加しない手はありません。

4. 参加者と情報交換ができる

Meetupでは、同じことに興味がある人同士で情報交換も盛んに行われています

他のイベントの情報だけではなく勉強方法や現地の生活に役に立つ情報などなど、参加者は有益な情報をたくさん持っています。どんどん話しかけてみましょう。

私が在住しているニュージーランドは小さな国なので、仕事を探しているよと言ってみると「僕の友達が探してるよ」など、紹介してもらえるチャンスにもなります。

またワーホリはもちろん、永住した人・ワークビザを取得した人などもよく参加しているので、ビザ周りについてアドバイスをもらうこともできます。

どうやってMeetupに参加するの?

Meetup公式サイト
Photo by:Meetup公式サイト

Meetupに参加するには、まず最初にMeetupの公式サイトからサインアップを選択し、自身のプロフィールページを作成します。

次に興味のあるジャンルを複数選択し、参加したいコミュニティ、またはイベントカレンダーから参加したいイベントを選択します。

イベントの参加表明をすると、オーガナイザー(主催者)から集合日時や場所などの詳細情報が返信されます。グループ内ではスレッドを作成をしたり写真を追加したりできるので、リアルなイベント中だけでなく、イベント前後もネット上で交流ができます。

Meetup公式サイト

Meetup参加時に確認すること

Meetupに参加する時に事前に確認して欲しいことをご紹介します。

費用

Meetupでは参加するグループによって参加費用は大きく異なります

無料または寄付程度のものから、アクティビティの場合には事前予約が必要で少し高額になるかもしれません。参加前に告知やイベント詳細をよく読んでおきましょう。

参加するグループの活動状況

グループの活動が活発なMeetupに参加しましょう。グループが作成された状態のまま、更新がなかったりオーガナイザーが新しいイベントを主催していないこともあります。最近の活動報告や写真を確認すると確認しやすいです。

英語のレベル

Meetupのグループへ参加するメンバーの英語力は多くはネイティブです。しかし語学学習のためのグループによっては、活動日が初級、中級などに分れていることもあります。

難しすぎると楽しめないので、自分のレベルにあったクラスを選び参加することをオススメします

実際にMeetupイベントへ参加してきました!

実際にニュージーランドで開催されていたMeetupイベントへ参加してきました。どんなイベントがあるのか参考にしてみてくださいね。

ランゲージエクスチェンジ「Mundo Lingo」

ランゲージエクスチェンジ「Mundo Lingo」

「Mundo Lingo」は参加人数も多く、事前予約も必要ないので気軽に参加できるオススメなイベントです。各都市の中心地にあるバーなどで定期的に行われています。

参加者はまず受付で話せる言語(国)のステッカーを、相手の見えるところに貼ります。他の参加者もステッカーを貼っているので、それを目印に会話する相手を見つけてみましょう。あとは飲み物と会話を楽しむだけ。

このランゲージエクスチェンジイベントの最大のメリットは、外国語を勉強する苦労をわかってくれる人が多く参加していること

参加している人のほとんどが第二外国語の勉強中、または勉強したことがある人たちです。そのため、私のつたない英語でも理解しようとしてくれます。

最初は緊張していても大丈夫。英語で会話するのに絶好のチャンスですよ!

ソーシャル英会話グループ

私が毎週必ず参加するのが、ソーシャル英会話グループ。実用的な英語を学ぶことがテーマで、英会話の練習と会話を楽しむことにかなりの重点が置かれています

参加した時のテーマは「医療・病院」だったので、体調が悪い時にアポイントメントの電話をかけたり、お医者さんに病状を伝えたり、処方箋を持って薬局に行く時に使える英語表現などを勉強しました。

ソーシャル英会話グループ
ロールプレイで病院に行く体験をしました。

参加する人の英語レベルや年齢層、国籍もさまざまですが、現地に住む人と友達になれることがかなり嬉しいグループです。

授業の合間にあるティーブレイク時に、コーヒーや紅茶を自由に飲むことができます。緊張せずにリラックスして英会話を学ぶことのできるとても楽しい2時間。

料金も無料で特に予約も必要ないので、とてもおすすめなグループです。

英語カンバセーションクラブ(ESOL)

英語カンバセーションクラブ(ESOL)
イベントには友達がたくさん参加するので、毎回会うのが楽しみです。

カンバセーションクラブは地域の図書館で働く司書さんがオーガナイザーとなり、クイズやゲームなどを交え英語を勉強するクラブです。

週1回、各地域の図書館で1時間ほどのクラブがあり、基本的に参加費はほぼ無料。「Koha カハ(マオリ語の募金という意味)」と呼ばれる募金箱に1ドル(80円)程度の募金をします。運営はほぼ募金によってまかなわれています。

授業内容は週によってことなりますが、文法を学んだりディベートをしたりします。自分の意見を発表することが大切にされるグループです。

英語カンバセーションクラブ(ESOL)
オリンピックの好きな競技について意見交換している様子。

この日は好きなオリンピックの競技や住んだことのある場所、国ごとのパーソナリティなどについて発表しました。こうした異文化交流によって、たくさん文化の違いを学んだり発見もあるのでとても新鮮です。

日本でもMeetupに参加してみよう

Meetup

日本ではあまり知られていないMeetupですが、実は日本でも開催されているって知っていましたか?

数ではやはり地方都市よりも東京など都心部が多いですが、文化交流や英会話グループも頻繁に活動されています。

ワーホリ前の英語力アップや、帰国後の英語力維持のためにオススメ。日本で一度参加してMeetupの雰囲気に慣れておくものいいですね!

ぜひ一度Meetupに参加してみてください!

Meetup

私はニュージーランド滞在中にホットヨガやアート、ライブフェスティバル、英会話クラブなど、たくさんのMeetupイベントに参加してきましたが、同じような考え方や悩みを持っている人にたくさん出会えました。

さらにたくさんローカルの友達が増え、その人たちとまた別のMeet upに行ってみたり、休日に一緒に遊ぶことにも繋がっています。

ワーホリだとどうしてもアルバイト仲間の日本人と交流することが多くなりがちですが、Meetupでは日本人以外と過ごす、英語オンリーで有意義な時間を過ごせるので、もう少し早く参加しておけばよかったな!と思います

皆さんもチャンスがあれば、ぜひぜひMeetup参加してみてくださいね!
以上、ニュージーランドの首都、ウェリントンからお伝えしました。

それではMeetupでお会いしましょう!

過去の連載記事はこちらから↓↓

ニュージーランドでワーホリするなら、到着1日目に準備すべき6つのこと【現地在住者が解説】
こんにちは!ニュージーランド在住の舞子です。初めてのニュージーランドワーホリだと文化や生活の違いに戸惑い、初日にあたふたしてしまいがち。そこで今回は「ワーホリ初日に準備すべきこと」を6つ順を追って説明します。現地で各種手続きに慌てず、スムーズに新生活のスタートダッシュができるよう、アドバイスしていきたいと思います!
2019/08/07
ワーキングホリデー

留学・ワーホリ時の入国審査・手続きの流れと必要な書類【英語が苦手でも大丈夫!】
海外での入国審査が不安、何を聞かれるのかドキドキ、そんな方も多いはず。しかし、事前にどんな流れで何を聞かれるのか準備しておけば、入国審査でスムーズに対応できます。今回の記事では留学やワーホリでの入国審査の流れや事前に用意しておくべき書類、また入国審査で役立つ英語フレーズ、通過時のアドバイスも合わせてお伝えいたします!
2019/07/13
留学前の準備

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

舞子

舞子

女子力、英語力、海外留学経験、貯金オール0の関西人です。新婚旅行で訪れたウェリントンに一目惚れし、夫と移住を決意。2018年1月ワーキングホリデーでニュージーランドに入国。ウェリントンで語学学校に通いながら、お寿司屋さんでアルバイトしていました。留学される方の不安や、疑問に答えられるように記事を書きたいと思います!

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。