イギリス留学の特徴とは?メリット・デメリットを徹底解説!

メリットとデメリット

イギリスは言わずと知れた金融の中心地。ファッションやスポーツなども有名で留学生にとても人気の留学先となっています。

しかし、実際に留学を考えると「イギリスはどんな国か」、「どんな人がイギリス留学に向いているか」気になりますよね。

そこで今回はイギリス留学のメリット・デメリットをご紹介します。イギリス留学を検討している人はぜひ参考にしてみてください!

イギリスの基本情報

イギリス

イギリスの正式名称は「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)」です。イングランド、スコットランド、ウェールズという3つの国からなるグレートブリテンと北アイルランドの計4つの国によってイギリスという国が構成されています。

陸続きのヨーロッパ各国の中で、イギリスは島国であり、国の大きさは24.3万平方キロメートルです。これは日本の本州と同じくらいの大きさです。また、人口は2016年時点で約6,565万人、首都のロンドンには約879万人が暮らしています。

言語は基本的には英語ですが、国によってはウェールズ語やスコットランド語も公用語となっている場合があります。

最近ではEU離脱のニュースが記憶に新しいかと思いますが、イギリスはユーロ加盟国の共通通貨ユーロを採用せず、従来の通貨ポンドが使われています。ちなみに1ポンドは日本円にすると大体150円前後です。

以上がイギリスの基本情報です。この情報でイギリスがどんな国かイメージしつつ、続いてはイギリス留学について特徴や魅力を紹介していきます。

イギリス留学の特徴と魅力

外国人が多い

ここでは、イギリス留学の特徴、さらにはイギリス留学ならではの魅力について紹介します。

(1)日本人比率の低い学習環境

冒頭でも触れていますが、イギリスは他の英語圏の国に比べて日本人留学生が多くありません。

国によってはせっかく留学したのに教室を見渡すと日本人ばかり、街中でも日本人を見かけ、ついには日本人同士でコミュニティを形成し海外にいるのに日本にいるのと変わらないというケースもあります。

もちろん、イギリスにも日本人はいますし、語学学校や大学、大学院で日本人と一緒になる可能性はゼロではありません。そ

れでも日本人のいない環境に身を置けるというのは大きな特徴だといえます。ちなみに、ロンドン以外のイギリスの学校における日本人の比率は5%以下とも言われています。

実際に世界的に公用語として離されている英語はイギリス英語なので、イギリスで英語を学ぶことは正統な英語を勉強できるということなのです。

将来は国際的に活躍したい、海外で働いてみたい、という人にとってはぜひともイギリスに留学して英語を学びたいところですね。

(2)多数の観光地

もしロンドンに留学するのであれば、さまざまな観光地を巡ることができます

ロンドン市内だけでも、大英博物館やバッキンガム宮殿、ロンドンブリッジ、ビッグベンなどなど。街中を歩くだけでも十分楽しむことができます。

また、オイスターカードというカードを購入すればバスや地下鉄に乗り放題(条件あり)なので、ロンドン名物の2階建てバスにのってぶらぶらと観光するなんて楽しみ方もできます。

さらに、ロンドンからはイギリス各地へのアクセスも便利で、マンチェスターやリバプール、ウェールズ、スコットランドなどへも比較的簡単に足を運ぶことが可能です。

また、ヨーロッパ各地への旅行もおすすめです。日本からヨーロッパの国へ行こうとすると、1回で十数万円が必要になることも少なくありません。しかし、イギリスからであれば、国内旅行に出かけるくらいの感覚で気軽に各国に行くことができます。

旅が好きという方にとってイギリス留学はまさにうってつけです。

(3)日本では感じることのできない多様性

日本にはいくつかの民族が暮らしていますが、ほとんどは同じ民族であり、単一民族のイメージを持っているかもしれません。しかし、同じ島国でもイギリスにはさまざまな民族、国籍の人たちが生活しています。

中国系、インド系、さらにはヨーロッパ各国、中南米、アフリカ、アラブ、東南アジア。街中を歩くだけでも実に多くの人たちを見かけることができます。

日本でも年々外国人は増えているようですが、移民の受け入れなどにも見て取れるようにイギリスははるかに多くの外国人が住んでおり、多様性を肌感覚で感じることができます。

イギリス留学のメリット

イギリス

ここではイギリス留学におけるメリットを紹介します。留学先としてなぜイギリスがいいか、一緒に見ていきましょう。

(1)比較的治安がいい

イギリスは他の国に比べ治安が良いです。

もちろん、荷物を手放さない、目をはなさない(席取りに荷物を置くのはNG)、必要な時以外は夜遅くに出歩かないなど注意をする必要はありますが、しっかりと注意していれば楽しい留学生活を送ることができるはずです。

(2)エンタメが豊富

イギリスには多くのエンタメがあります

例えば、サッカー。チケット代は少し高めですが世界トップクラスのリーグであるプレミアリーグや代表戦を観戦することができます。また、各地域におらが町の地元のクラブチームがあり、ローカルとは思えないほどの盛り上がりを見せています。

他にスポーツでいうとクリケットも盛んで、公園でプレーしている姿を見かけることも少なくありません。日本では馴染みのないスポーツですが、留学を機に触れてみるのもいいかもしれませんね。

歴史や美術に、大英博物館やナショナルギャラリーでは美術品が楽しめるほか、伝統的な建築物も数多くあるので、建築に興味のある人は建物巡りをすることもできます。

お酒に関しては、スコットランドはスコッチウィスキーの本場なので、お酒好きの人にとってもおすすめです。日本でいう居酒屋のような場所として各地にパブがあり、地元の人たちが集う場所と成っています。そういった場所でお酒を楽しむのも楽しいのではないでしょうか。

(3)大学院が1年で修了できる

大学院というと多くの場合、修士課程は修了までに2年かかりますが、イギリスでは1年で修了させることができます。

そのため、あまり時間や費用をかけずに修士課程を取得することが可能です。

イギリスにはオックスフォードやケンブリッジに代表されるように世界的に評価されている大学も多く、また大学のほとんどが国公立であるため、アメリカ(私立も多い)よりも学費をおさえることができます。

海外の大学院に行きたい、でも時間とお金はあまりかけられないという人はイギリスを検討してみてはいかがでしょうか。

イギリス留学のデメリット

fish&chips

メリットがある一方でデメリットとなる点も残念ながらあります。現地に到着してからこんなはずじゃなかった、とならないように確認しておきましょう。

(1)食事がおいしくない?

イギリスというと食事がおいしくないというイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。美味しい食事は慣れない土地での生活の活力となりますが、その食事を楽しむことができなければ留学生活は苦しいものとなりかねません。

イギリスの料理の特徴はシンプルな点にあります。味付けが薄いため、素材の味を楽しむイメージです。いい素材を使った料理であればおいしいですが、そうでもない素材ならおいしくないかもしれません。

そうなると頼りになるのが調味料です。パブなどに行くとテーブルにマスタードやケチャップなどさまざまな調味料が置かれているので外食時に味が薄いと感じたらこういったものを利用することになります。

日本の食事に慣れている分、最初は大変かもしれませんが、むしろそれを楽しむぞくらいの心持ちでいるといいでしょう。

ちなみに街中には中華料理屋やファーストフード店も多くあるため、イギリス料理が口に合わない人はそちらを利用するのも手です。

(2)生活費がかかる?

イギリスは物価が高いとされています。例えばロンドンに住んだ場合、住居の形態にもよりますが1ヶ月の家賃は500ポンド〜800ポンド(約75,000円〜120,000円)ほどとなります。

確かに家賃に関しては決して安くはありません。しかしそれ以外の部分に関しては工夫することで安く抑えることも不可能ではありません。

例えば、食費に関してはスーパーマーケットで販売されている食材は比較的安く、それに加えて量も日本のものより多くなっています。

また、飲み会に関しても、イギリスの場合カウンターで自ら注文しなければ飲み物はこないので、最初の一杯だけ注文してチビチビと飲むという方法もできます。日本の飲み会だと1回で数千円飛んで行くこともありますが、イギリスの場合1回1,000円以内におさえることも不可能ではありません。

このように、物価が高い側面もありますが、出費をおさえることは可能であり、日本と同じくらいの費用で生活することも十分に可能です。

(3)日本と離れている?

日本とイギリスは9,000km以上離れていて、直行便を利用しても12時間以上かかります。そのため当然ではありますが、すぐに日本に帰ることはできません。

韓国や台湾、東南アジアなどであれば、その日のうちに帰国することもできますが、ヨーロッパの場合はそういった点も考慮しなければいけません。

留学中に何もないに越したことはありませんが、身内に何か起こったという時にすぐに帰りたくても帰れないというのはデメリットとなります。

しかし現在ではLINEやSkypeなどによってインターネット回線があれば気軽に日本と通話ができます。時差の関係でタイミングは考慮する必要がありますが、心理的には昔に比べはるかに近い国になりました。

イギリスへ留学する際に知っておきたいこと・注意点

最後にイギリスに留学するにあたって覚えておいてほしいことを紹介します。

日本と違う点が多い

まず初めに当然といえば当然ですが、イギリスでは日本の常識が通じません。電車やバスは時間通りにこないこともありますし、ストライキで止まることもあります。また、お店のサービスも決して日本ほど良くはありません。

こういった違いにいちいちイライラしていてはとてもじゃないですが、留学生活を楽しむことはできません。郷に入っては郷に従え、住めば都という言葉があるように、日本と比べるのではなく、こういうものなんだと受け入れるようにしましょう。

ホームステイの場合、合わなければ相談を

留学中はホームステイをする人もいるかと思います。ホームステイは、受け入れ先の家族が大歓迎してくれるイメージがあるかもしれませんが、実際は家によってまちまちです。

とても喜んでくれて、いつもコミュニケーションをとってくれる人もいますし、仕事が忙しくて、ほとんど顔を合わせないという人もいます。また、シャワーや洗濯機の使用に関するルールを定めていることも少なくありません。

もし、自身のホームステイ先の家と合わないと感じたら、家を変更することも考えるようにしましょう。

語学学校はレベル変更が可能

語学留学をする場合、学校に入学するとまずレベルを測定するテストを受けるのが一般的です。テスト結果をもとにクラスが分かれるのですが、日本人は英語の知識は豊富なため、このテストで意外といい成績を残すことができます。

そうなるとレベルの高いクラスに入るのですが、知識はあっても会話はできないとなるケースも少なくなく、結果として授業が全くわからないとなってしまいます。そういったときはクラスのレベルを下げることができるので、遠慮なく申請するようにしてください。

まとめ

いかがでしたか。今回はイギリス留学の特徴やメリット・デメリットについて紹介してきました。

イギリスは英語を学ぶのはもちろん、さまざまな人種、国の人たちに出会うことができ、日本ではできないような経験を得ることが可能です。ぜひ、留学先の1つとして検討してみてください。

イギリス留学に戻る

イギリス留学ガイド

イギリス留学の特徴とメリット・デメリット

イギリスの現地生活情報

イギリス英語の特徴とアメリカ英語との違い

イギリスの天気・気候と服装

目的からイギリス留学を探す

2ヶ国留学のススメ

イギリス留学コース選定ガイド

1週間のイギリス留学費用の内訳と総額

イギリス留学おすすめ人気都市ランキング

イギリス留学で失敗しないための学校の選び方

イギリス留学の滞在先の種類と特徴

留学計画早見表

1ヶ月のイギリス留学費用の内訳と総額

3ヶ月のイギリス留学費用の内訳と総額

半年のイギリス留学費用の内訳と総額

1年のイギリス留学費用の内訳と総額

イギリス留学前の準備の流れ

イギリス留学持ち物リスト

イギリス留学の出国から帰国までの流れ

英語試験対策とスコア換算表

イギリスの空港情報と市内へのアクセス方法

イギリスの祝日情報

イギリス留学に必要なビザ情報

イギリスのおすすめ観光スポット情報

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学コーディネーターが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

School Withならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30 (祝日除く)

会員登録をして相談しよう メールで留学相談する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会(@東京)に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

School Withなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

3

安心の学校倒産保証(フィリピンのみ)

学校が万が一倒産した場合も、残りの留学期間を代替校で継続して授業が受けられるよう保証いたします。

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。