【2022年版】イギリス留学にビザは必要?ビザの種類から申請方法までを解説

イギリス 留学 ビザ

「イギリスに留学するけれど、どのビザを申請すればいいんだろう」
「手続きがややこしそう……」

と悩んでいませんか?

イギリス留学には基本的に、何らかのビザが必要になります。

ただし留学期間や方法によって、取得するビザや申請方法、申請期間、必要書類などが変わります。正しい書類や方法で申請しないとビザが発給されず、再手続きなど時間もかかります。

とはいえ、ビザ申請はややこしく、調べてもよく分からない人もいるのではないでしょうか。

そこで今回はイギリス留学に活用できるビザ4種類の特徴、申請方法、申請期間、料金、必要書類などをまとめました。

今回の記事を読んで、ややこしいイギリス留学のビザ申請を少しずつ理解していきましょう。
※本記事は2022年2月時点の情報を参考にしています。
記事内ではイギリスポンドをGBPと表記します。為替レートには2022年2月4日時点での情報を参照し、1GBP=160円で計算しています。

イギリス留学で活用できるビザの種類一覧

イギリス 留学 ビザ

イギリス留学に活用できるビザは、次の4種類です。

ビザの種類 特徴・対象者
観光ビザ(Standard visitor visa) 6ヶ月未満の語学留学、事前申請は必要なし
短期学生ビザ(Short-term study visa) 6ヶ月以上11ヶ月未満の語学留学
学生ビザ(Student visa) 11ヶ月以上の語学留学、大学や大学院留学、専門学校への留学
ワーキングホリデービザ(Youth Mobility Scheme) 就労を希望する人。2年間の滞在が可能

なお、各ビザでは就学、就労条件などが異なります。

ビザの種類 観光ビザ 短期学生ビザ 学生ビザ ワーキングホリデービザ
就学条件 最長6ヶ月まで可能 6ヶ月以上、11ヶ月まで可能 制限なく就学可能 制限なく就学可能
就労条件 不可 不可 語学留学では不可。大学や大学院留学の場合、週最大20時間の就労可能 制限なく就労可能
申請費 無料 186GBP(29,760円) ※別途国民健康サービス加入費470GBP(75,200円)の支払いが必要 348GBP(55,680円)※別途国民健康サービス加入費(1年あたり470GBP(75,200円))の支払いが必要 244GBP(39,040円)※別途国民健康サービス加入費(1年あたり470GBP(75,200円))の支払いが必要

それぞれの特徴はこの後紹介しますね。

イギリス留学のビザは2021年度に新しく変更された

実はイギリス留学のビザは、2021年度に名称や制度が新しいものに変わりました。

というのもイギリスが2020年1月、EUから離脱したとニュースで報じられたことはご存じかと思います。

EU離脱にともない、これまでビザが不要だった国の人もビザが必要になるなど、イギリス入国に関するビザ制度も一部見直しされ、2021年から反映されました。

よって、2021年以前の情報は古い可能性もあります。手続きのやり直しなどを避けるためにも、ビザ情報は常に最新のものを確認しましょう。

イギリス留学で活用できるビザ1.観光ビザ(Standard visitor visa)

イギリス 留学 ビザ

まずもっとも留学期間が短く、申請ハードルも低いビザとして観光ビザ(Standard visitor visa)があります。

観光ビザは次のような人が利用します。

  • ・観光や旅行
  • ・短期の語学留学

6ヶ月以内の滞在という制限はありますが、ビザ申請に英語力の証明を必要としません(※1)

また渡航までに日本でビザ申請手続きをする必要もなく、イギリス入国時に発行することが可能です(※2)

ただし注意点として、次の2つがあります(※3、4)

  • ・ビザの延長や切り替えはできない
  • ・就労も認められていない

延長や就労は認められていませんが、留学期間が決まっている、英語学習を目的に留学する人は観光ビザで十分です。

有効期限

観光ビザの使用可能な期間は6ヶ月です。主に、6ヶ月未満の語学留学で使用できます。

もともと観光ビザによる滞在は6ヶ月まで可能でも、語学学校に通える日数に30日の制限がありました。

しかしビザ制度の変更によって、現在は観光ビザでも最長6ヶ月の就学が認められています。

申請条件

申請にあたって、次の条件を満たしている必要があります(※5)

  • ・16歳以上
  • ・語学学校で6ヶ月以内のコースを受ける人

以前は申請者の年齢制限が18歳でしたが、2018年に16歳に変更されました。申請するときに16歳になっていれば問題ありません。

16歳未満の場合は、子ども用の「Standard Visitor Visa(Child)」を申請しましょう。

申請方法と申請期間

観光ビザは日本で事前に取得しておくことも可能です。

その場合はイギリス政府のホームページから、オンラインで近くのビザ申請センターへ申請予約を入れて、ビザ申請センターを訪問しましょう。

日本にあるビザセンターは以下の2つになります。

【東京】
東京都港区東新橋2-3-14

【大阪】
大阪府大阪市中央区南船橋1-3-5

申請に必要な書類

イギリスの空港で取得する場合は、入国審査官に次の書類を提出します(※6)

  • ・語学学校の入学許可証
  • ・復路航空券の控え
  • ・滞在する場所の詳細
  • ・18歳未満の留学生は保護者の連絡先

申請費用と支払い方法

入国時に観光ビザを申請する場合には、費用はかかりません。

ビザ発給までにかかる日数

ビザは入国時にその場で発行してもらえます。書類に不備がなければそれほど時間もかかりません。

どれくらい前に準備すべきか

書類の用意は1〜2ヶ月前から進めておきましょう。加えて、入国時に聞かれそうな滞在場所や資金、留学期間などを英語で答えられるようにしておくのもおすすめです。

イギリスの入国審査について、詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。
「事前の心構えで安心!イギリスの入国審査の流れ、質問項目や解答例をご紹介」

イギリス留学で活用できるビザ2.短期学生ビザ(Short-term study visa)

イギリス 留学 ビザ 短期学生ビザ

photo by: 1000 Words / Shutterstock.com

ここからは学生ビザを紹介します。

学生ビザには2種類あり、まず紹介するのは短期学生ビザ(Short-term study visa)です。

短期学生ビザは6ヶ月以上、11ヶ月未満の語学留学に使用するビザです。イギリスに認可されている語学学校に、6ヶ月〜11ヶ月通う人が申請します。

観光ビザと異なる点は、次の通りです(※7)

  • ・留学期間が6ヶ月を超える
  • ・ビザは事前に申請する

その他は観光ビザと同じで、ビザの途中での延長や切り替えはできません。就労やインターンシップも許可されておらず、あくまで就学を目的としている人向けのビザです。

有効期限

有効期限は6ヶ月以上、11ヶ月未満です。

申請条件

申請条件は、次の通り(※8)

  • ・申請時点で16歳以上である
  • ・イギリスの語学学校に通うのが6ヶ月以上、11ヶ月未満である
  • ・イギリスの語学学校で英語を勉強するコースに通う
  • ・生活資金が十分にある
  • ・帰国用の航空券代を支払える能力がある

申請方法と申請期間

学生ビザは、オンライン申請を経た上でビザ申請センターで手続きする必要があります。申請は渡航の3ヶ月前から可能です。

ビザ申請はイギリス政府に代わって、VFSグローバルという民間の代行業者がビザ申請を受け付けています。

流れは次の通りです。

  • ・サイトの「Student visa」の申請画面に進む
  • ・ビザ申請料を支払う
  • ・ビザ申請センターに提出する書類をアップロードする
  • ・ビザ申請センターの来館予約を取る
  • ・予約日に来館し、書類の提出と指紋や写真の登録をする
  • ・審査完了のメールが届く
  • ・申請センターの窓口もしくは郵送でビザ付きパスポートを受領する

オンラインでの手続きはすべて英語となり、申請の時点で有効なパスポートと留学する語学学校の入学許可証を持っていることが条件です。

申請に必要な期間は、ビザ申請センターを訪れてから15日ほど。2週間前後で結果のメールが届きます。

必要書類と申請料金については、この後紹介しますね。

申請に必要な書類

短期学生ビザに必要な書類は以下の通りです(※9)

  • ・有効かつ見開き2ページ以上の余白があるパスポート
  • ・CAS番号が記載されている入学許可証
  • ・英文の財政証明書
  • ・滞在先情報と留学計画書

申請費用と支払い方法

申請費用は186GBP(29,760円)で、支払いはクレジットカード(Visa、MasterCard、JCB)を利用できます(※10)

加えてビザ申請費は別に、短期学生ビザの申請には国民健康サービス(NHS:National Health Service)への加入が義務付けられています。加入費は多くの場合、470GBP(75,200円)ほどかかり、短期学生ビザの申請には合計656GBP(104,960円)の支払いが必要です。

ビザ発給までにかかる日数

ビザの発給までにはビザ申請センターへ資料を提出してから順調に行けば約2週間、長くて1ヶ月ほどです。

近年は新型コロナの影響で入国状況が変わる可能性もあるため、2〜3ヶ月前など早めの申請をおすすめします。

イギリス留学で活用できるビザ3.学生ビザ(Student visa)

イギリス 留学 ビザ 学生ビザ

photo by: Andrei Nekrassov / Shutterstock.com

もうひとつの学生ビザは「Student visa」です。もともと「Tier4」や「Tier 4 General student visa」と呼ばれていましたが、2020年に「Student visa」という名称に変更されました。

学生ビザは主に次のような人が申請します。

  • ・語学学校に11ヶ月以上通う人
  • ・大学や大学院、専門学校、カレッジに留学する人
  • ・語学留学の後、大学など高等教育機関に入学したい人

観光ビザや短期学生ビザと異なるのは「就労できること」。

学校に通っている間は週最大20時間の制限がありますが、長期休暇においてはフルタイムでの就労が認められています。

加えて延長は不可であるものの、イギリス国内において他のビザに切り替えることは許可されています。

そのため大学留学を終えた後に就労ビザで働くなど、多様な進路に対応することが可能です。

有効期限

有効期間は就学する学校によって変わります。事前に就学期間を確認しておきましょう。

就労(アルバイト)の可否

大学や大学院の場合、週に20時間以内ならアルバイトが認められています。

長期休暇中はフルタイムで勤務可能なため、イギリスで就職したときの生活を疑似体験することも可能です。

ただし語学学校に通っている場合のみ、就労はできません。詳細は留学方法によって異なるため、注意しましょう。

申請条件

学生ビザの申請条件は次の通りです。

  • ・18歳以上である
  • ・留学先が発行する入学許可書(CAS)のリファレンス番号が分かる
  • ・最終学歴の証明書を持っている
  • ・授業料の支払い能力を証明する書類がある
  • ・IELTSのスコアが4.0を超えている

2021年にビザの名称は変わりましたが、申請時に英語力と資金の証明が求められる点などは変わりません。

申請方法と申請期間

学生ビザも短期学生ビザと同じで、イギリス政府の代行としてVFSグローバルという民間業者がビザ申請を受け付けています。

申請方法も、短期学生ビザと変わりません。

  • ・サイトの「Student visa」の申請画面に進む
  • ・ビザ申請料を支払う
  • ・ビザ申請センターに提出する書類をアップロードする
  • ・ビザ申請センターの来館予約を取る
  • ・当日に来館し、書類の提出と指紋や写真の登録をする
  • ・審査完了のメールが届く
  • ・申請センターの窓口もしくは郵送でビザ付くパスポートを受領する

学生ビザもビザ申請センターを訪れてから15日ほどで、審査結果のメールが届きます。

申請条件が変更になる可能性も考えて、数ヶ月前など早めの申請を心がけましょう。

申請に必要な書類

申請に必要な書類は下の通りです(※11、12)

  • ・オンラインビザの申請書
  • ・有効かつ見開き2ページ以上の余白があるパスポート
  • ・CAS番号が記載されている入学許可証
  • ・パスポートサイズの証明写真
  • ・英文の財政証明書
  • ・IELTSなどのイギリス内務省指定の英語力証明書

申請費用と支払い方法

申請費用は348GBP(55,680円)で、支払いはクレジットカード(Visa、MasterCard、JCB)を使用できます(※13)

加えて学生ビザ申請費には、短期学生ビザと同様に国民健康サービスへの加入が義務付けられています。加入費は滞在期間に応じ変動し、1年間に470GBP(75,200円)ほどの支払いが必要です。

1年間の語学留学を想定すると、合計費用は818GBP(130,880円)となります。

ビザ発給までにかかる日数

ビザの発給には、ビザ申請センターを訪れてから約2週間。長くて1ヶ月ほどかかかることもあるため、留学の数ヶ月前には申請しておくのが安心です。

イギリス留学で活用できるビザ4.ワーキングホリデービザ(Youth Mobility Scheme)

イギリス 留学 ビザ ワーキングホリデービザ

photo by:paul rushton / Shutterstock.com

最後に紹介するのは、ワーキングホリデービザ(YMS:Youth Mobility Scheme)です。

イギリスは日本とワーキングホリデーの協定を結ぶ国のひとつで、ワーホリを使えば最長で2年まで滞在することができます(※14)

そもそもワーキングホリデーは観光や就学、就労などが認められており、現地での過ごし方の自由度が高いビザです。加えて休暇を目的とする他国と異なり、イギリスワーホリは就労を主な目的としています。

さらなるイギリスのワーホリビザの特徴として、人数制限による抽選があります。毎年2回、無作為の抽選が実施され、ビザの当選者が決まります。

また受け入れ人数も制限があり、例えば2022年度は1,500人に制限されています。800名と700名の2回に分けて実施されますが、応募者が1,500人に達した時点で締め切られます(※15)

そして抽選後に書類の提出などがありますが、不備があるとビザは発行されません。ただ申請するだけでなく、抽選と手続きの2ステップに分けてクリアする必要があることは頭に入れておきましょう。

加えて、ワーキングホリデーはそもそも18歳以上、30歳未満の年齢制限があります。申請時に30歳であることが条件となるため、社会人の方などは申請時の年齢に注意してください。

申請時に30歳であれば、入国時点で31歳になっていても問題ありません。

イギリスワーホリの応募者情報は、毎年10〜12月に発表される傾向です。気になる方はこの時期に情報を確認してみましょう。

有効期限

最長で2年間、イギリスに滞在できます。

就労(アルバイト)の可否

イギリスのワーキングホリデービザは労働ビザと同じ扱いのため、就労が可能、かつ方法や時間に制限がありません。そのため正社員や派遣社員など、雇用方法にとらわれずにイギリスで働くことができます。

申請条件

申請条件は以下の通りです(※16)

  • ・日本国籍である
  • ・申請時の年齢が18〜30歳である
  • ・過去にYMSビザでイギリスに滞在したことがない
  • ・扶養義務のある子どもを同伴させない
  • ・資金証明として過去28日間に最低2,530GBP(404,800円)が銀行口座に継続して預金されていることを提示できる

申請方法と申請期間

まず申請は抽選へのエントリーと当選後の手続きの2ステップあります。

抽選の方法と期間は次の通りです。

  • (1)募集スタートから48時間以内に受付用のメールアドレスに応募メールを送信します
  • (2)48時間以内に応募できたら、受信確認の自動返信が届く
  • (3)当選した場合、10〜14日ほどで当選のメールが送られる

応募メールは、次の点に注意しましょう。

  • ・件名にはパスポートと同じ表記の申請者名、生年月日、パスポート番号を記載する
  • ・メールの本文に氏名、生年月日、パスポート番号、携帯の電話番号を書く

記載はすべて英語です。

当選しなかった場合は、応募から2週間以内に落選のメールが届きます。

抽選で選ばれた場合、90日以内に次の手続きを進めてください。

  • (1)当選連絡とともに入国許可申請の必要書類に関するメールが届く
  • (2)期日までに申請料金を支払う
  • (3)居住地のビザ申請センターの来館予約を取る
  • (4)必要書類を準備する
  • (5)ビザ申請センターで手続きをする
  • (6)1〜4週間で申請完了のメールが届き、パスポートを受け取ります。
  • (7)渡航予定日から30日以内にイギリスに入国する
  • (8)現地で入国から10日以内に在留許可証を受け取る

注意点として、期日までに申請料金を支払わなかった場合、当選が取り消されてしまいます。抽選から90日以内という申請そのものの期日もあるため、早めの準備を心がけましょう。

申請に必要な書類

申請には、次の書類が必要です(※17)

  • ・2枚以上の余白と有効期限が6ヶ月以上あるパスポート
  • ・英文の残高証明書

申請費用と支払い方法

申請料は244GBP(39,040円)で、支払いはクレジットカード(Visa、MasterCard)を利用できます(※18)

加えてワーキングホリデービザの申請費には、学生ビザと同様に国民健康サービスへの加入が義務付けられています。加入費には2年間の滞在を想定し940GBP(150,400円)、合計費用は1,184GBP(189,440円)となります。

支払いには1ヶ月ほどの期日が設けられているため、過ぎないように注意しましょう。

ビザ発給までにかかる日数

抽選からビザ発給まで、早めに申請した場合は1ヶ月ほどで完了します。

90日以内の期限ギリギリに申請した場合は3〜4ヶ月かかるため、出発に遅れないように注意してください。

どれくらい前に準備すべき?

ビザの抽選は毎年1月と7月頃に実施されます。最初の応募はメールのみで完了しますが、その後書類の手続きなどが必要です。

抽選の結果が分かる前でも、書類の手配などは1ヶ月ほど前から進めておきましょう。

またイギリスのワーホリビザは、支払いや書類の提出などの期限が細かく決められています。

焦ってミスをして発給不可とならないよう、余裕を持って早めに準備するのがおすすめです。

ワーキングホリデービザは競争率と詐欺に注意

イギリスのワーキングホリデービザ申請は競争率が非常に高く、1,500名の枠に毎年1〜2万の応募者が殺到するといわれています。

当選のためにいろいろとしたくなりますが、応募や申請ができるのは本人のみで、抽選もランダムです。何かをすることで有利になることはありません。

キャンセル待ちに関する情報も一切公開されていないため、落選した場合は気持ちを切り替えて、次回の抽選日に向けて準備しましょう。

また倍率の高さから「私たちの会社で手配すれば確実に当選します」と売り込む代行業者も存在します。しかし抽選はランダムのため、特定の業者を使って手配した人が優先されることはありません。

基本的には公式の案内を参考にし、メールなど自分で手配するようにしてください。

もしくはその中で必要書類や英文メールの内容など、不明点がある場合は留学エージェントのサポートを活用するのがおすすめです。

メールの送信などは自分で担当しますが、分からないことがあった場合に確認することができます。

不備を減らして当選の確率を少しでも高めるために、留学エージェントのサポート利用も考えてみてくださいね。

イギリス留学ビザまとめ

今回は、イギリス留学で活用できるビザについてまとめました。

おさらいすると、イギリス留学では4種類のビザを利用できます。

  • ・観光ビザ:6ヶ月未満の語学留学
  • ・短期学生ビザ:6ヶ月以上11ヶ月未満の語学留学
  • ・学生ビザ:11ヶ月以上の語学留学、大学や大学院留学、専門学校への留学
  • ・ワーキングホリデービザ:就労を希望する人

ビザ発給には、正しい申請書類や手順を把握し、準備することが必須です。

今回の記事を参考にしながら、ビザの手配を始めていきましょう。


【参考文献一覧】
※1...GOV.UK「Visit the UK as a Standard Visitor」(参照日:2022-2-8)
※2、4、5、6...GOV.UK「What’s your nationality as shown on your passport or travel document?」(参照日:2022-2-8)
※3...GOV.UK「Visit the UK as a Standard Visitor」(参照日:2022-2-8)
※7、10...GOV.UK「Study English in the UK (Short-term study visa)」(参照日:2022-2-8)
※8...GOV.UK「Study English in the UK (Short-term study visa)」(参照日:2022-2-8)
※9...GOV.UK「Study English in the UK (Short-term study visa)」(参照日:2022-2-8)
※11、13...GOV.UK「Student visa」(参照日:2022-2-8)
※12...GOV.UK「Prove your English language abilities with a secure English language test (SELT)」(参照日:2022-2-8)
※14、16、18...GOV.UK「Youth Mobility Scheme visa」(参照日:2022-2-8)
※15...GOV.UK「Youth Mobility Scheme 2022 (日本国籍者)」(参照日:2022-2-8)
※17...GOV.UK「Youth Mobility Scheme visa」(参照日:2022-2-8)

イギリス留学ガイド

イギリス留学のメリット・デメリット

期間別のイギリス留学費用まとめ

1週間のイギリス留学費用

2週間のイギリス留学費用

3週間のイギリス留学費用

1ヶ月のイギリス留学費用

2ヶ月のイギリス留学費用

3ヶ月のイギリス留学費用

半年のイギリス留学費用

1年のイギリス留学費用

留学計画早見表

英語試験対策とスコア換算表

イギリス英語の特徴と訛り

イギリスの天気・気候と服装

イギリスの現地生活

イギリスのおすすめ観光スポット

イギリスのおすすめアクティビティ

2ヶ国留学のススメ

イギリス留学に人気の都市ランキング

目的からイギリス留学を探す

イギリス留学の学校の選び方

イギリス留学コース選定ガイド

イギリス留学の滞在先の種類と特徴

イギリス留学前の準備の流れ

イギリス留学の出国から帰国までの流れ

イギリス留学持ち物リスト

イギリス留学に必要なビザ

イギリスの空港と市内へのアクセス方法

イギリスの両替方法

イギリスの祝日

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学カウンセラーが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

スクールウィズならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学カウンセラーへ相談する

03-4500-8346

お気軽にお問い合わせください。

会員登録をして相談しよう オンライン個別面談を予約する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

スクールウィズなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

無料留学相談する!

\直接話を聞いて相談したいなら/

留学カウンセラーと
個別面談する(オンライン)

\まずは気軽に相談したいなら/

LINE友達追加で
相談する LINE留学相談 QRコード

スクールウィズのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。