School Withとは

School With は留学・語学学校の今がわかる留学情報メディアであり
一人ひとりの留学に向き合う留学エージェントです。

無料会員登録して使ってみる

  • 留学経験者の口コミが見れる!

    世界8カ国の語学学校を2,000校以上掲載。
    最新の学校のカリキュラムや料金表や
    留学経験者の最新の口コミ評判も充実。

  • 見積り、申込の手数料無料!

    School Withでは、留学のお手続きは
    全て無料でサポートしています。
    ご安心してご利用ください。

× 次回から表示しない

School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

絶対食べておきたいニュージーランドのおすすめ料理10選まとめ

こんにちは、ニュージーランドに永住しているHiroです。現在フリーランスのライター兼翻訳家をしていて、昔はニュージーランドのTVレポーターとして働いた経験もあります。

ニュージーランド人にニュージーランドの伝統料理は何かと聞くと、たいていの場合「フィッシュ・アンド・チップス」や「バーベキュー」、「マオリのハンギ料理」などを挙げます。

でもそれ以外にどんな料理があるか聞くと、言葉に詰まる人がとても多いのがニュージーランドのグルメ事情。というのも、ニュージーランドはイギリスからの移民とマオリ人により、1840年に建国された新しい国なので、移民の出身国の料理の影響が今でも色濃く、現在独自の食文化を形成中といえるでしょう。

そこで今回は、ニュージーランドに14年間に在住している私がオススメする「ニュージーランドで絶対に食べておきたいニュージーランド料理を10個」まとめてみました。

ニュージーランドに行く方は是非参考にしてみてくださいね。

【PR】

最短3日でお手続き!夏のフィリピン留学応援キャンペーン!

1) ハンギ料理

マオリのハンビ料理中
Photo by : Flickr

移民の持ち込んだ食文化の入り乱れるニュージーランドですが、ニュージーランド独自の伝統料理といえば、マオリのハンギ料理です。マオリの新年「マタリキ」や、その他マオリのお祝いごとの際に振る舞われる、特別なときに食べる料理ですね。

ハンギ料理を作るにはまず地面に穴を掘り、その底に敷き詰めた石をたき火で加熱して準備。準備が整うと素材を熱い石の上に置き、再び土をかぶせ2~3時間ほど蒸し焼きにして調理します。

サツマイモ、じゃがいも、ニンジン、かぼちゃなどの野菜と、チキンやポークの肉類、あるいは魚介類を入れることもあるんです。不思議なことにニュージーランドでは、マオリ料理を専門にしているレストランはほとんどありません。
旅行者用に「ハンギクッカー」と呼ばれる調理器を使って作ったものを食べる機会があるかもしれませんが、伝統的な調理法で作ったものはマオリ人の知り合いがいなければ食べるのが難しいかもしれません。

2) フィッシュ・アンド・チップス

フィッシュアンドチップス

ニュージーランド料理の定番中の定番といえば、フィッシュ・アンド・チップス。イギリスからの移民がもたらした、魚フライとフライドポテトというシンプルな組み合わせの料理ですが、ニュージーランドのどこでも食べられる1品です。

お店によってはパン粉をつけて揚げてくれるところや、グリルで料理した焼き魚として出してくれるところもあります。ポテトはバーベキュー味やチーズ味などの粉をまぶしてくれるところから、皮がついたままのウェッジズ(wedges)にサワークリームをつけてくれるところなど色々です。

お店により質に大きな違いがあるので、現地の人に聞いて美味しいお店を見つけましょう。ニュージーランドの大自然を背景に屋外で食べるのが通。ぜひ食べてみてくださいね!

3) バーベキュー

バーベキュー

バーベキューは、ニュージーランドの家庭料理の決定版です
たいていの家庭にはバーベキューセットがそろっていて、夏になると街のいたるところでバーベキューをしている人を見かけます。また無料で使える電気式のバーベキュー設備のある公園も多く、ニュージーランド文化に深く浸透しています。

私の家にも1台あり、オークランドの夏は8時半すぎまで明るいので、平日でもバーベキューをして家族と一緒に庭で夕飯を食べます。ホームパーティーでもバーベキューが多く、使用する肉はBYO (Bring Your Own=自分の食べる分を持ってくる)が基本です。

またワインやビールなどの飲み物もBYOがニュージーランドのスタイル。カジュアルで気取らないところがこの国の魅力ですね。

4) ラム料理

ケバブ

人口1人あたりの羊の数が6匹といわれる、世界1の羊大国であるニュージーランド。これを反映して、ニュージーランドではラム肉(羊の肉)の消費量はとても高くなっています。

家庭料理ではオーブンでローストして食べたり、シチューで煮込んだり、バーベキューにしたりと色々な方法で食べられています。レストランでは、ラムシャンク(ラムのすね肉)やケバブ(カバブ)料理のメニューで目にすることが多いです。

ケバブ料理屋

私はオークランドとウェリントンに合計14年間住んでいますが、驚いたのは両都市ともトルコ料理屋が多く、ラムはケバブとして10ドルもあれば食べることができます。また中国系のレストランではラム肉の鍋を食べることもできますよ。様々なラム料理を楽しんでくださいね。

5) ブラフ・オイスター

ブラフ・オイスター
Photo by : Flickr

ニュージーランド人なら誰もが知る、国内最高級の牡蠣「ブラフ・オイスター」。
ブラフ・オイスターの名前の由来は南島最南端の街、ブラフで採れることから、この名前がついています。養殖物の牡蠣が多く出回る中、天然物がほとんどというのが特徴ですよ。

収穫量が決められており、通常3月に解禁され8月位まで市場に出回ります。私も1度だけ解禁直後の3月に食べたことがありますが、ニュージーランドの綺麗な海水で育ったからなのか、癖がなく、コリコリとした歯ごたえとクリーミーなとろける食感が印象的でした。12個単位のダース売りが多く、ダースあたり25~30ドルするので少し高めです

シーズン中は全国で出回りますが、毎年ブラフで5月に開催される「ブラフ・オイスター&フード・フェスティバル」や他のフードフェスティバルで食べるのがオススメですね。

6) ホワイトベイト・フリッター

「ホワイトベイト」とはシラスのことです。
ニュージーランドではシラスを捕獲できる量と時期が厳しく定められているので、1キロあたり70ドルから100ドル以上と値段がとても高いんです

このホワイトベイト・フリッターという料理は「フリッター」と呼ばれていますが、揚げるわけではなくシラスを卵に入れて作ったオムレツのことを指しています。素材の味をこわさないように、通は卵の白身だけを使い料理するのだとか。

また、このフリッターをパンにはさんで食べることもあります。地域によりますが8月~11月が捕獲を許されている時期なので、運が良ければマーケットやレストランで食べることができますよ。シーズン外でも冷凍したものも食べられものの、値段が高いわりに味が劣るので旬の時期に食べたい1品です。

7) マッスル(ムール貝)

マッスル料理

マッスル(ムール貝)はニュージーランドでは、学生の定番食材として知られています。私がニュージーランドへ初めて来たとき、ムール貝の蒸し焼きで有名なレストランに誘われたことがあるのですが、なんとなく高そうだと思い断った経緯があります。それから現地のスーパーへ行き、とても安い食材だということをあとで知りました。

マッスルは基本的には家庭料理で使いますが、刻みガーリックと一緒に白ワインで酒蒸しにしたり、茹でてオリーブオイルとパセリを絡め、レモンと塩で食べたりと色々な楽しみ方があります。レストランで食べるものは味付けが店それぞれで、そのお店の個性が楽しめます。ワインやビールの肴として好まれる一品です。

8) カフェのサラダ

ニュージーランドのオススメ料理で「サラダ」と聞いて少し驚かれた方もいるかもしれませんが、ニュージーランドで1度試してほしいのがカフェで食べるサラダです

私がニュージーランドに来て驚いたのは、この国ではサラダにフルーツを入れることが多いんです。オレンジやリンゴ、マンゴーやレーズンなどの甘みの強い素材が入っていることも多く、日本人にとっては最初は違和感があるかもしれませんが、慣れてくると本当においしいんです。

日本ではあまりなじみのない、砂糖大根の1種の、赤かぶのような野菜「ビートルート」が入っていることも多く、ニュージーランド料理ではよく使われます。またベジタリアンのサラダから、ステーキ1枚が丸ごとのっているようなものまであり、カフェ独自の味を満喫できる面白い料理です。

9) パブロバ

パブロバ

ニュージーランド独特のデザートといえば、「パブロバ」です。パブロバはメレンゲのケーキにクリームや果物を乗せたお菓子。1926年にロシアのバレーダンサー、アナ・パブロバさんがニュージーランドを訪れたことを記念するために作られたんです。

その一方オーストラリアにも同じようなお菓子があり、オーストラリアが発祥の地だとオーストラリア人は主張しています。よく調べたことあるんですが、現在食べられているパブロバは、ニュージーランドで最初に作られたって書いてあったんですがね(笑)。

誕生日などのお祝いに家で焼いたり、あまり目にしませんが、カフェで食べたりできます。日本人には少し甘すぎるかもしれませんが、1度は食べておきたいデザートですよ!

10) 「ホーキーポーキー(Hokey Pokey)」アイスクリーム

ホーキーポーキーのアイスクリーム

パブロバ以外のニュージーランド独自のデザートといえば、「ホーキーポーキー(Hokey Pokey)」アイスクリームが有名です!

ニュージーランドミルクのバニラアイスに、サクサクとしたキャラメルの粒が入った逸品で、舌のとろけるような深い味わいです。最近は日本にも輸出されているようですが、やはりアイスクリーム大国ニュージーランドで味わってみたいものですね。

スーパーマーケットでも、アイスクリーム屋さんでも、全国どこでも手に入るニュージーランドが世界に誇るデザートです。ニュージーランドに来てホーキーポーキーアイスクリームを食べなければ必ず後悔するので、是非食べると良いですよ。


いかがでしたでしょうか。
最初はニュージーランド料理があまりピンとこない方もいたかと思いますが、この記事で少しは知ることができたのではないでしょうか。個人的にラム料理は本当に美味しいので一押しですよ!

ニュージーランドに滞在する際は、ぜひ今回紹介したニュージーランド料理に挑戦してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

留学の準備で役立つ「留学のしおり」を無料でプレゼント!

留学のしおり(準備編)欧米Ver.

欧米留学をお考えのみなさんが、 事前に知っておくべきことを「留学のしおり」としてまとめました。

  • VISAや保険、お金周りなど事前の注意事項とは?
  • ワーホリするなら必見!各国の就労・就業条件
  • 日本で準備しておくべき持ち物リスト
  • 知っておくと安心!出発当日確認すべきこと

など、役立つ情報が満載!
是非チェックしてみてください。

無料ダウンロードする

※ ダウンロードには会員登録(無料・30秒でかんたん)が必要です。

この留学ブログを書いた人

Hiro

Hiro

アメリカへの演劇留学をきっかけに、気付くと海外生活20年。現在ニュージーランドにて永住中のフリーランスの翻訳家兼ライター。2005年NZ国際コメディーフェスティバルの新人大会にて全国優勝を果たした特殊な経歴を持ち、現在でも喜劇役者として舞台に立つ。ニュージーランドのテレビのレポーターも経験したことがある、楽しいこと大好き人間。

この記事に関連するタグ

こちらの留学ブログもいかがですか?

カテゴリーから記事を探す

留学経験者、留学中の方
ライターとして活動しませんか?

School With 留学ブログ ライター募集
最短3日でお手続き!夏のフィリピン留学応援キャンペーン!
みんなの留学相談サービス「留学アンサーズ」
School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。