School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

一番お得な両替方法はこれ!アメリカ渡航の際に知りたいおすすめ円・アメリカドル両替情報まとめ

アメリカドル

アメリカ渡航の際に多くの人がすることになるのが通貨の両替。両替は日本国内とアメリカのどちらでも行うことができ、必要に応じてすぐに日本円を現地通貨に替えることができます。

しかし両替方法は様々であり、実際のところどこで両替をするのが一番お得かわかりづらくなってしまっているのが現状です。

そこで今回は、アメリカの両替について解説したいと思います。これからアメリカへ渡航予定のある方はぜひ参考にしてみてください。

【PR】

アメリカの通貨は?

お金

アメリカで使われている通貨はドルです。2018年8月31日現在の円・ドルレートは1ドルおよそ110円となっています。

ドルへの両替が可能な場所は各銀行や空港でも可能ですが、手数料はシステム、サービスによって異なります。

そもそもどのような支払方法が一番お得?

アメリカでの支払い方法は現金支払いとクレジットカード支払いの2つの方法があります。お得な支払い方法は後者のクレジットカードです

理由としてはクレジットカードの場合、現金とは違い換金する際に発生する手数料がかからないためです。また、クレジットカードの種類によっては利用額に応じてポイントが付くものもあるため、貯めたポイントを使って支払額を減らすこともできます。

しかし、渡航するエリアによっては現金しか使えないお店があったり、チップなどで支払ったりする場合もあるため、ある程度の金額を現金として持っている必要があります。

両替をする際に見るべきポイント・注意点

指を立てるビジネスマン

両替をする際には手数料、レートを確認しておきましょう。手数料は両替をする場所によって様々です。中には手数料が高い両替所などもあるので両替前に一度複数のエリアを比較してください。

ポイント(1)レート

両替をする際に確認すべきポイントはレートです。日によってレートが異なるので両替をする際にはレートを知ることが大切です。

ポイント(2)手数料

手数料も両替をする際には必ず確認してください。基本的に両替には手数料がかかります。場所によって手数料も前後するので換金前に確認しておきましょう。

両替はどこでできる?

それでは実際にどのような場所で両替をすることができるのでしょうか?ここでは日本国内とアメリカに分けてそれぞれ両替ができる場所を紹介したいと思います。

日本国内

(1)銀行

銀行でのドル両替においても手数料がかかります。手数料は多くの銀行で両替額の約3%程度ほどと他の両替方法に比べ高く取られるため、お得に両替をしたい方にはあまりおすすめはしません。

(2)街の両替所

街中にある両替所でも両替をすることが可能です。手数料は両替額の約1.5%ほどで銀行に比べると手数料を半額ほどに抑えることができます。

(3)出発空港

空港の両替所でも、両替をする際には手数料がかかります。空港の両替窓口にて換金レート、手数料を確認することが出来ますが、平均で2.5%〜3%の手数料がかかります。

アメリカ

(4)到着空港

米国での空港で両替をする場合は日本の空港以上に手数料がかかる可能性があり、手数料は3%以上と見積もっておきましょう。そのため現地に到着した際の両替は、手数料を抑えたい方にはおすすめできません。

(5)銀行

銀行での両替に発生する手数料の割合は空港より安い2.5%〜3%が一般的です。週末は銀行が休みになり利用ができないので、注意が必要です。

(6)街の両替所

現地での急に現金が必要になった場合はローカルのお店での両替がおすすめです。空港よりも手数料が安く、場所によっては手数料が両替額の2.5%以下と、空港での両替よりも安いケースもあります。

(7)ホテル

ホテルでも場所によっては両替をすることが可能です。しかし手数料は銀行や空港よりも高くなるケースが多く、両替額の5%以上の手数料を取られることもあります。

そのため、手数料をあまりかけたくない方は、できるだけホテルでの両替は避けた方が良いです。

(8)ATM

現地のATMでも両替は可能です。お金を引き出しをするごとに手数料がかかるため、利用の際には一度にある程度まとまったお金を引き出す方が手数料は安く抑えることができます。

アメリカへ渡航する際におすすめの両替方法

以上の中からアメリカ渡航におすすめな両替場所は日本国内の街中にある両替所です。手数料は平均で1.5%ほどで、他の両替所に比べ安く手数料を抑えることができます。

まとめ

いかがでしたか?

今回はアメリカ渡航におすすめの両替方法をまとめました。これからアメリカを訪れる予定のある方はぜひ参考にしてみて下さい。

社会人の超短期留学って、ぶっちゃけ意味ありますか?イベント詳細

留学のギモンを解消!はじめての留学ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

SchoolWithアメリカ編集部

SchoolWithアメリカ編集部

アメリカで実際に滞在経験のあるライター、今も生活をしているライターによる編集チームです。アメリカでの留学を考えている皆さんに役立つ情報をお届けします。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。