【お知らせ】春から夏にかけての留学人気校の空きが少なくなってきています。まずはお気軽に無料相談から!

セブ島の現地生活情報

生活情報

美しい海辺のリゾート地であり、英語留学先としてのトップの人気を誇るセブ島。一部、治安が悪いといわれるフィリピンですが、観光地としてもかなり栄えているセブ島は比較的安全な島といわれています。

そんなセブ島の現地で必要な生活情報をご紹介します。さらに、生活情報をお金、交通、食事、医療に分けて詳しく説明していきます。※こちらでは、1ペソ=2.2円としています。

生活基本情報

セブ島

時差

日本とフィリピン・セブ島の時差は以下の通りです。

・通常:-1時間
例)セブ島時間8:00のとき、日本時間 9:00
セブ島ではサマータイムは実施されていないので、時差は年間を通じて同じです。

電源プラグタイプ

フィリピンの電源プラグタイプは日本と異なりA、B3、C型と3種類があります。日本の電化製品を使うには、変換プラグが必要になります。また、電圧も同様に日本と異なり220Vなので、日本の電化製品を使う場合、240Vに対応しているものか変圧器が必要になります。

治安

フィリピンの国としての治安は日本と比べると良いとは言い切れません。しかしセブ島の治安はフィリピンの他の地域と比べると少しは安定しています。ただ、日本のように単独女性の夜間の行動は安全とは言い切れません。スキを見せるように油断していると、スリやひったくりなどにあったという話は留学生の間でもときどき耳にするので、外国にいるという自覚と節度を守った行動を心がけましょう。
他の地域でも同じですが、夜は犯罪が多くなる傾向があります。ナイトクラブや繁華街周辺を単独で歩くのは危険なのでご注意ください。

お金について

フィリピンペソ

通貨

フィリピンの通貨はペソです。ペソよりも小さい硬貨の単位はセンタボです。
通貨の単位は、1966年までがPESO(ペソ)とCENTAVO(センタボ) 1 PESO=100 CENTAVO でしたが1967年以降はタガログ語表記のPISO(ピソ)とSENTIMO(センチモ) 1 PISO=100 SENTIMOです。センチモと書きますが、現在もセンタボと発音しています。

以下6種類の紙幣とコインがあります。

・紙幣:1000、500、200、100、50、20。
・コイン:10、5、1、(1ペソ以下の通貨)25センタボ、10センタボ、5センタボ

日本円からフィリピンペソへの両替は、空港、銀行、市内の両替所、ホテルで行うことが可能です。

物価、税金

セブ島の物価は少し上昇傾向にあるとはいえ、日本と比べると物価は安くなります。ローカルのご飯やビール、マッサージや海のマリンスポーツなどのアクティビティの費用(スキューバダイビングなど)は、日本と比べるとはるかに安く利用できます。タクシーの初乗りが40ペソ(約90円)で乗れたり、ペットボトルのミネラルウォーターが10ペソ(約20円)だったりと、一般生活で利用するサービスや商品はとても安いので、旅行中でも英語留学中の滞在費をおさえることはできます。
その代わり、外国から輸入されている物やスターバックスコーヒーなど外資の飲食店は、日本とさほど値段が変わらなかったりします。物によっては日本より高く売られていることもあります。日本の食材なども値段も自然と高なるので、節約するのであれば留学する際に自分で持ってきておくのも一つの手です。

お金の管理方法(現地銀行口座、現金、クレカ)

短期滞在の場合、現地で銀行を開設して口座で管理してもそこまで使わないので、基本的にお金は自己管理になります。学生寮の部屋に大金を置いておくのは不安が残ります。対策として5千円〜1万円程度の現金を持ち歩き必要に応じてお金を下ろすのが無難です。人ごみの中を歩くときやこみ合った場所(ナイトクラブ等)に行くときは、ポケットの中にクレジットカードや貴重品を入れないようにしましょう。スリなどの被害に合わないためには日本にいる感覚で過ごさずに普段の何気ない習慣から変えていく必要があります。

フィリピン留学中のお金の管理方法は主に下記3つの方法があります。

・現金/日本円の両替
空港や銀行、ショピングモール内にある換金所で行う両替方法です。日によってもレートが変動するので、多額の現金を変えるときはレートが良いときに変える方がお得です。
 
・国際キャッシュカードでの引き落とし
国際キャッシュカードで現地のATMから現地通貨を降ろす方法です。日本滞在中に国際キャッシュカードを作成しておけば、現地のATMで現地通貨で引き出すことができ、日本の銀行口座から日本円で引き落としされます。フィリピンの大半のATMが1回の利用手数料で200ペソ(約500円)ほどかかるため、1回当たりの引き落とし上限金額の10,000ペソ~20,000ペソを引き落とした方がお得です。

・クレジットカードのキャッシング
海外キャッシュサービス機能を使ってクレジットカードでATMから現地通貨を引き出す方法です。「Visa」「Master」または「Plus」というマークがついたATMならどこでも引き出し可能です。カードの種類によって利用可能かどうかが変わり、また手数料はカード会社によって異なるため、事前にカード会社に確認しましょう。

長期滞在をする場合で、もし現地の銀行口座を作るのであれば、下記の主要3大銀行のうちのどれかを選ぶと良いでしょう。

・BDO(バンクデオロ)
フィリピン現地の銀行のうち最大手の銀行で、日本人常駐のジャパンデスクあり

・Metrobank(メトロポリタンバンク)
フィリピン最大級のユニバーサル銀行で、東京・名古屋にも店舗あり

・Philippine National Bank(フィリピンナショナルバンク)
フィリピン国内主要銀行の一つで、東京・名古屋にも店舗あり

銀行口座を作るときの必要書類は、パスポートの他に以下いずれかの確認資料の提示が必要となります。
・フィリピンの運転免許証
・ACR(外国人登録証)
・AEP(外国人労働許可証)
・国際運転免許証
詳細は各銀行会社に問い合わせしましょう。

交通情報

交通情報

バス

2015年末からセブの新たな交通手段として運営されている公共バス「MyBus(マイバス)」があります。これはセブ島の玄関口となるマクタン国際空港からセブ市内にある大型ショッピングモール間などを含め、5つのルートを走っています。マクタン国際空港から市内の中心部まで25ペソで行くことができます。バス車内のクオリティも日本と比べても遜色ないので市内を走るときは利用価値の高いバスです。

ジプニー

セブ島でも地元の人の移動の足として使われている安価な乗り合いの車です。ジプニーは一見バスのような乗り物ですが、停留所などはありません。道端で手を挙げて降りるときはここでで降りるよと伝えて降りるだけです。天井や壁をたたいてドライバーに声をかければ止めてくれます。
乗り物の中でも1番安いレベルで確かに便利なのですが、混雑しているときはこれもスリや強盗などに気をつけましょう。留学生も財布やスマホを盗まれれる被害が多発しています。

タクシー

セブ島には黄色と白のタクシーがあります。白より黄色のタクシーの方が値段が高くなっています。黄色いタクシーはエアポートタクシーとして使われており、ほぼ海外からの旅行者しか使用しません。
セブ島で一般的に使われているタクシーは、白いタクシーです。料金は初乗り40ペソです。必ず乗車の際にメーターで行くかどうか確認しましょう。

飛行機

セブ島にはフィリピンで二番目に大きいマクタン国際空港があります。この空港は到着するときは問題ありませんが、セブから国外へ出国する人に対して空港使用料(Terminal Fee)を支払う必要があるので、必ず覚えておきましょう。対象者はセブ島から日本へ直行便で帰国する人、セブ島から他の国へ出国する人です。
空港使用料は850ペソで、支払い方法フィリピンペソの現金・クレジットカードです。クレジットカードが使用できな可能性もあるので
出国してもうフィリピンに戻ってこない人も、850ペソを残した状態で空港まで向かいましょう。

その他

日本ではレンタカーと聞くと、自分で運転するイメージですがフィリピンではドライバー付きレンタカーが基本になります。車だけのレンタルもあるにはありますが、交通ルールや渋滞などやフィリピンでの車のマナーなどを考えると自分で運転するのはおすすめできません。交通事情も日本と異なるのと、万が一の事故のことを考えたら運転手を雇った方が安くつくでしょう。

食事・レストラン情報

食事

現地の食生活、料理

フィリピン料理の主食は米です。おかずは鳥、牛、豚、魚を食材として使った料理が多く、味付けは塩、醤油、ケチャップ、オイスターソース、魚醤、とうがらし、胡椒といったものが中心です。
調理方法は、揚げ物、焼き(グリル)、ソテー、煮込みなど、日本と似たものが多いのですが、味付けはトマトソースやビネガーをよく使われます。なので味付けは日本とは大きく異なります。その理由はフィリピンはスペインに統治されていた歴史があるため、スペイン食文化の影響を受けています。他にフィリピン料理の特徴として酸味、甘味、塩味が効いた味付けが多く、辛い料理はあまりありません。

ランチやディナーの値段

外食の費用は日本に比べ格段に安いです。例えば1回の外食にかかる金額は、安いものだと50円~300円で済んでしまいます(ローカルレストランの場合)。レストランというよりも屋台のイメージに近いです。外国人向けの高級レストランでも安価なところだと1500円~なので、そこまで高くはありません。

チップ

フィリピンは日本と同様にチップの習慣がないので、基本的にチップを払う必要はありません。

飲酒、喫煙:法律(年齢制限)

フィリピンのお酒とたばこの年齢制限は、法律でいずれも18歳以上からと認められています。

医療情報

病院事情

フィリピンは都市部と地方で大きな貧富の差があり、医療においても格差があります。都市部の私立病院の医療水準は比較的良好ですが、地方部の医療機関は技術面や設備が低い傾向あります。

留学生が診療にかかる場合の方法やアドバイス

万が一の場合に備えて、相談できるドクターやすぐに行ける病院を知っておくといいでしょう。セブ島には日本人スタッフのサポートが受けられるジャパニーズヘルプデスクがある病院があります。電話での診察予約や医師との通訳、保険の手続きなどのフォローもしっかりしてくれるので、英語がそこまで話せなくても問題ありません。

ジャパニーズヘルプデスクが対応している海外旅行保険に入っていれば、キャッシュレスで現地の医療サービスを受けられます。診察から薬代、入院費用まですべて無料です。手続きも代行してもらえるので、支払いの心配もなくスムーズに治療を受けられます(規約でカバーされない・キャッシュレス対応ができない一例は、既往症・妊娠出産関連・歯科疾患・法律に反する事故などのケガ等があります)。

Cebu Doctors’ University Hospital(セブドクターズ大学総合病院)
セブドクターズ大学総合病院のジャパニーズヘルプデスクは、病院の表口です。タクシーの運転手に「セブドクターズのフロント」と伝えましょう。着くと日本語の看板があるのですぐにわかります。

Cebu chong hua mandaue hospital(セブチョンワホスピタル マンダウエ)
University of Cebu Medical Center(UCメディカルセンター)
MACTAN DOCTORS’ HOSPITAL INC.(マクタンドクターズホスピタル)

*2019年2月時点の掲載分

最新情報はジャパニーズヘルプデスクのページで確認することができます。

まとめ

リゾート地として多くの観光客が訪れるセブ島。留学先としても観光地としても人気が高い場所なので、生活する上ではほとんど不自由さはないかと思います。生活必需品は一通りセブ島で完結するレベルの品揃えがあります。大きなスーパーマーケットやレストランやパブも多く存在するため、日常生活をしながら現地のリゾートの雰囲気も味わうことができるでしょう。

セブ島留学に戻る

セブ島留学ガイド

セブ島の交通事情まとめ

セブ島へ渡航する前に知っておきたい両替情報

セブ島でできるアクティビティ情報

セブ島の現地生活情報

セブ島留学の特徴とメリット・デメリット

1週間のセブ島留学費用の内訳と総額

1ヶ月のセブ島留学費用の内訳と総額

3ヶ月のセブ島留学費用の内訳と総額

半年のセブ島留学費用の内訳と総額

1年のセブ島留学費用の内訳と総額

セブ島の天気・気候と服装

セブ島の治安情報

セブ島の滞在先の種類と特徴

セブ島の地区・周辺エリア情報

セブ島の空港情報と市内へのアクセス方法

セブ島のおすすめ観光スポット情報

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学カウンセラーが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

School Withならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学カウンセラーへ相談する

03-4330-0935

お気軽にお問い合わせください。

会員登録をして相談しよう メールで留学相談する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会(@東京)に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

School Withなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

3

安心の学校倒産保証(フィリピンのみ)

学校が万が一倒産した場合も、残りの留学期間を代替校で継続して授業が受けられるよう保証いたします。

無料留学相談は
こちらから

留学カウンセラーへ相談する

03-4330-0935

お気軽にお問い合わせください。

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。