【お知らせ】春から夏にかけての留学人気校の空きが少なくなってきています。まずはお気軽に無料相談から!

セブ島の治安は大丈夫?現地のトラブル事例から危険な目に遭わないためのポイントまで紹介

セブ島 治安

セブ島を訪れる方の多くが気にするのが現地の治安。渡航する国や地域によっては治安の悪いエリアもあり、生活する上でさまざまな点に注意が必要です。

特に海外に比べ治安の良い日本で暮らしている人にとっては、思わぬことがトラブルのきっかけになることも十分にあります。

そこで今回はセブ島の治安に関して、現地で注意すべきトラブル事例、危険な目に遭わないためのポイントなどを紹介します。現地でトラブルに巻き込まれないためにも、ここで紹介するポイントをしっかり抑えておきましょう。

セブ島の治安概要

セブ島

セブ島の治安は、フィリピンの他の地域と比べると安定していると言えます。留学生や観光客が多く集まるセブ島、特に中心地セブシティでは、日中街を日本人が歩いていてもあまり目立たず、犯罪のターゲットとされにくいです。

ただ、夜間での一人の行動は安全とは言い切れません。スキを見せると、スリやひったくりなどにあったということはよく起こるので、外国にいるという自覚と節度を守った行動を心がけましょう。

他の地域でも同じですが、夜は犯罪が多くなる傾向があります。ナイトクラブや繁華街周辺を単独で歩くのは危険なのでご注意ください。

セブ島での犯罪・トラブル事例

すり

ここではセブ島で実際に発生している犯罪、トラブルについて紹介します。対策を練るにもまずはどんなトラブルが起こるのかを知る必要があります。

トラブル(1)スリ、置き引き

リゾート地セブ島では、観光客を狙ったスリやひったくり、強盗などが発生しています。犯罪者の中にはグループを組んで犯行に及ぶケースもあるので、その手口などは非常に巧妙に作り込まれている場合もあります。

特に注意が必要なのが子ども。たとえ子どもでも、犯罪者集団の一員であることもあるので、無条件に信じてしまうと思わぬ犯罪に巻き込まれてしまう恐れがあります。

トラブル(2)タクシーのぼったくり

セブ島のタクシーの初乗りは、平均40ペソ(約80円)ほどが相場となっているため、その運賃の安さから観光客の多くが利用する交通手段となっています。そんなタクシーを利用する際に注意したいのが料金のぼったくり

タクシー運転手の中には、メーター計測をせずに不当な料金を請求する人もいるので注意が必要です。

トラブル(3)睡眠薬強盗

睡眠薬を食べ物や飲み物に混ぜて、眠ったところで財布などの貴重品を盗むという犯罪もセブ島では起きています。場合によっては、クレジットカードの限度額いっぱいまで使われてしまったということや、貴重品を全て盗まれてしまうこともあるのです。

トラブル(4)事故

セブ島では、車が右側通行するなど日本と交通ルールが大きく異なります。そのため日本と同じ感覚で道路を歩いていると事故に巻き込まれてしまう恐れがあります。

トラブル(5)美人局

セブ島では、観光客をターゲットとして美人局事件が多発しています。甘い誘惑に負け、女性についていってしまうと、後で金品を要求されしまうこともよくあります。

さらに、セブ島での買春行為は禁止となっているため、合わせて注意が必要です。

セブ島で身を守るために気をつけるべきポイント

指を立てる女性

上で紹介したトラブルに巻き込まれないためにも、セブ島に滞在している間は以下のポイントを意識するようにしましょう。

ポイント(1)貴重品は後ろのポケットに入れない

セブ島には、スリのプロ集団も多数いるため、基本的に財布や携帯などはズボンの後ろポケットには入れないことが大切です。また、写真をたくさん撮りたくなることもありますが、むやみにスマホやデジカメなどを出さないようにする必要もあります。

また、出かける際には多くの貴重品は持ち歩かないということも、スリのターゲットにされないという点で大事です。

ポイント(2)タクシーに乗る前にメーターを使うか確認

タクシーに乗る前には、メーターを作動させてくれるかどうかをしっかりと確認することが大事です。メーターを作動させてくれるかを英語で聞く場合には、「Can you use the taximeter?」などをフレーズを使えば意図は伝わります。

他にもタクシーに乗る際に役立つ英単語がいくつかあるため覚えておくと便利です。

ポイント(3)甘い誘惑には乗らない

セブ島には、ビキニバーなどの娯楽スポットはたくさんあります。しかし夜の街は、場所によってはかなり治安が悪いことがあります。

特に男性の場合は現地の女性から、甘い誘惑があっても、ついていかないという意思が大切になってきます。

ポイント(4)流暢な日本語で話しかけてくるフィリピン人には注意

流暢な日本語で話しかけてくるフィリピン人には注意が必要です。一見とてもフレンドリーでも、すぐに心を許してしまうと犯罪に巻き込まれてしまう可能性もあるのです。

そのため、初めて会う人とのコミュニケーションは慎重に行なってください。

実際にセブ島でトラブルに巻き込まれたら

警察署

セブ島滞在中に何もトラブルに巻き込まれないことが一番ですが、中にはポイントを抑えていても犯罪や事故に巻き込まれてしまう可能性も否めません。

万が一事故や犯罪に巻き込まれた際には、すぐに警察や消防に連絡をすることが大事です。現地警察の電話番号は166です。

事故や怪我の場合には、救急車を呼ぶ必要があります。現地の救急車の電話番号は161となっています。

ポイントとしては、住所や症状などを単語のみでもよいので、英語で伝えられるようにしておきましょう。もし救急車を呼ぶことになった場合には、現在自分がいる場所の住所を伝える必要があるためです。

また現地でパスポートをなくすなどしてしまった場合などには、日本大使館、領事館へ連絡することも大切です。フィリピンの日本大使館は、日本語でも対応してくれるため、英語が話せなくても安心です。

在フィリピン日本国大使館情報

電話受付時間 8:30-17:15
電話番号 (02)551-5786
住所 2627 Roxas Blvd., Pasay City, Metro Manila, 1300, Philippines

在セブ領事事務所情報

受付時間 電話:月〜金曜 8:30-12:30、13:30-17:15
窓口:月〜金曜 8:40-12:30、14:00-16:30
土、日、祝日は閉館
電話番号 (63-32)231-7321、231-7322
住所 7th Floor, Keppel Center, Samar Loop cor. Cardinal Rosales Avenue,Cebu Business Park, Cebu City

セブ島で気をつけるべきエリア

夜の路地

セブ島の中には、特に犯罪に巻き込まれないよう注意が必要なエリアがあります。ここでは3カ所紹介します。

エリア(1)マンゴーストリート近辺


マンゴーストリートという地域は、ビキニバーやナイトクラブなどが集まる夜の娯楽街となっています。ストリートチルドレンや売春婦、ドラッグの売人などが多数いるため、常に警戒をしておく必要があります。

お酒が入ってしまうと警戒が緩んでしまうことも考えられますので、慣れない地域での飲酒はほどほどにしておくことをおすすめします。マンゴーストリートの夜の街を楽しむのであれば、できるだけ一人では行かず、数人で行動することが大切です。

エリア(2)SMモール近辺


セブ島最大級のショッピングモールであるSMモールでは、お土産を買ったり、ショッピングを楽しむことができます。モール内は比較的安全と言えますが、一歩外に出るとホームレスが多くいる場所があるため注意が必要です。

またストリートチルドレンも多く、買い物袋を多数ぶら下げていると、後をつけてくる場合もあります。

エリア(3)カルボンマーケット


サントニーニョ教会やセブ大聖堂など、いくつかの観光スポットの近くにあるカルボンマーケットですが、このエリアの治安はかなり悪いと言われています。特にスリや強盗などが多発しているため、観光する際は自分の荷物に十分注意を払ってください。

セブ島治安情報まとめ

いかがでしたでしょうか。

セブ島では、スリ、置き引きタクシーのぼったくりなどのトラブルが実際に発生しています。こういったトラブルに巻き込まれないためには貴重品は後ろのポケットに入れないタクシーに乗る前にメーターを使うか確認などの対策とる必要があります。

また、セブ島の中でも特に治安面で注意が必要なエリアはマンゴーストリート近辺カルボンマーケット付近です。

これからセブ島を訪れる予定のある方は以上の点に注意して、安全に現地での滞在を楽しんでください。

セブ島留学に戻る

セブ島留学ガイド

セブ島の交通事情まとめ

セブ島へ渡航する前に知っておきたい両替情報

セブ島でできるアクティビティ情報

セブ島の現地生活情報

セブ島留学の特徴とメリット・デメリット

1週間のセブ島留学費用の内訳と総額

1ヶ月のセブ島留学費用の内訳と総額

3ヶ月のセブ島留学費用の内訳と総額

半年のセブ島留学費用の内訳と総額

1年のセブ島留学費用の内訳と総額

セブ島の天気・気候と服装

セブ島の治安情報

セブ島の滞在先の種類と特徴

セブ島の地区・周辺エリア情報

セブ島の空港情報と市内へのアクセス方法

セブ島のおすすめ観光スポット情報

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学カウンセラーが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

School Withならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学カウンセラーへ相談する

03-4330-0935

お気軽にお問い合わせください。

会員登録をして相談しよう メールで留学相談する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会(@東京)に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

School Withなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

3

安心の学校倒産保証(フィリピンのみ)

学校が万が一倒産した場合も、残りの留学期間を代替校で継続して授業が受けられるよう保証いたします。

無料留学相談は
こちらから

留学カウンセラーへ相談する

03-4330-0935

お気軽にお問い合わせください。

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。