【お知らせ】春から夏にかけての留学人気校の空きが少なくなってきています。まずはお気軽に無料相談から!

セブ島での滞在方法は何がある?滞在期間ごとにおすすめをご紹介!

セブ島 滞在

「セブ島に留学するけれど、どんなところに住めばいいんだろう…」

と悩んでいる方。

セブ島では、以下の滞在方法があります。

  • 【1週間〜1カ月の短期滞在】
  • ・ホテル
  • ・ゲストハウス
  • ・学生寮
  • ・コンドミニアム
  • ・Airbnb
  • 【1カ月以上の長期滞在】
  • ・ホームステイ
  • ・ルームシェアやシェアハウス
  • ・一人暮らし

滞在費は平均10万円。方法によってはもう少し安く節約もでき、期間や予算にあわせて選択できます。

とはいえ、初めてのセブ島だとどうやって探せばいいのか、なかなかわかりにくいですよね。

そこで今回は、

  • ・セブ島の概要や滞在費の平均
  • ・セブ島での滞在方法8つと探し方
  • ・セブ島での部屋探しの注意点

を紹介します。「海外で部屋探しなんて難しそう」と感じるかもしれませんが、概要をつかむだけならハードルは高くありません。

まずはセブ島について、大まかに理解しましょう。

セブ島とは、フィリピンにあるリゾート地

セブ島 滞在

セブ島とは、フィリピン中部に位置するリゾート地です。マクタン島とセブシティの2つのエリアから成り立っており、それぞれ特徴が異なります。

・マクタン島:リゾート地であり、空港があるエリア
・セブシティ:繁華街やショッピングモール、住宅など生活がメインのエリア

2つは橋で行き来可能です。

近年は日本人にとって「格安留学」「英語力アップ」の定番地ですよね。

セブ島をはじめとするフィリピン留学は、マンツーマンレッスンが中心です。フレンドリーで気さくな先生が多く、スピーキングやTOEIC対策を重視するコースが有名。語学学校の数は、50校以上にものぼります。

セブ島での短期滞在におすすめの方法

まず1週間ほどの、短期留学におすすめの滞在方法を紹介します。

  • ・ホテルやホステル
  • ・ゲストハウス
  • ・学生寮
  • ・コンドミニアム

1つずつ、料金や探し方を解説しますね。

滞在方法(1)ホテル

セブ島 滞在 ホテル

セブ島はリゾート地のため、ホテルは多いです。

ホテルに滞在するメリットは、以下の通りです。

  • ・安全できれい
  • ・プライベートが確保できる
  • ・掃除やベッドメイクは毎日してもらえる

またホテルのレベルによっては、館内にジムやレストランがあることも。

しかしデメリットもあります。

・部屋にキッチンはないため、外食が中心になる
・料金は最も高い

料金の相場

料金の相場は1日当たり、以下の通りです。

  • ・5つ星ホテル:1万円〜
  • ・3〜4つ星ホテル:5,000円〜
  • ・スタンダードホテル:3,000円〜

ただし料金は1室あたりのため、2人以上で1部屋を予約すると節約が可能に。例えば1万円の部屋でも、2人で泊まれば1人あたり5,000円しか必要ありません。

滞在先を探す方法

Booking.comagodaなどの予約サイトから探すことができます。

滞在方法(2)ゲストハウス

セブ島 滞在 ゲストハウス

ゲストハウスは、バックパッカーなど旅行者がよく利用しています。相部屋(ドミトリー)が基本ですが、ホテルほど料金が高くありません。

メリットは以下の通りです。

  • ・素泊まりのため最も安い
  • ・料金アップすれば個室も利用可能
  • ・ゲストハウスによってはキッチンや冷蔵庫があり自炊できる

料金の相場

相場は700円〜で、平均は1,000円。ただし立地の良さ、設備の充実などで料金が変わります。

滞在先を探す方法

Booking.comagodaなどの予約サイトから探すことができます。

滞在方法(3)学生寮

セブ島 滞在 学生寮

語学学校が寮を用意しており、同じ敷地内、もしくは歩いて5分ほどの範囲にあります。

メリットは以下の通りです。

  • ・通学が楽
  • ・食事、洗濯、掃除など身の回りのことをする必要がない
  • ・寮費に食費なども含まれている

学校から近く、食堂も完備。家事をする必要もないため、英語力アップに集中したい人に最もおすすめです。ただし設備が古いところもあるため、注意してください。

料金の相場

・1週間:5万円〜
・1カ月:15万円〜

滞在先を探す方法

語学学校へ直接申し込みます。

滞在方法(4)コンドミニアム(マンション)

セブ島 滞在 コンドミニアム

コンドミニアムとは、1週間の短期からレンタルできるマンションです。旅行者から留学生まで利用できます。

メリットは以下の通りです。

・キッチンや家電、ソファやテーブル、テレビなど生活道具がそろっている
・物件によってはジムやプールがついている

入居した日から、すぐに生活がスタートできます。

またセブ島であれば、ITパークやアヤラモールの近くなど、立地が良い物件が多いです。通学や通勤、買い物などに時間がかかりません。

料金

1カ月につき平均3万円〜。水道と光熱費込みの料金です。

滞在先を探す方法

フィリピンの賃貸サイト「rentpad」から申し込み可能。

ただし物件によっては、短期滞在を受け付けていません。2週間以上、1カ月以上など、長期契約しかできないこともあるため、事前にオーナーに確認しましょう。

滞在方法(5)Airbnb

セブ島 滞在 airbnb

コンドミニアムと似ていますが、1日からの短期滞在が可能です。

メリットは以下の通りです。

  • ・1日単位で入居できる
  • ・キッチン、シャワー、調理器具、ソファ、テレビなど設備がそろっている
  • ・ジムやプール付きの物件もある

またゲストハウスなどと異なり、1回チェックインするとオーナーが部屋を毎日訪問することはありません。プライベートの空間が確保でき、家のように過ごすことができます。

料金の相場

1日あたり3,000円〜。長期滞在の割引もあります。

滞在先を探す方法

Airbnbのホームページで希望の日時とエリアを指定して検索すると、条件に当てはまる物件が出てきます。予約からホストとやりとりし、当日カギを受け取って入居完了です。
Airbnbホームページ

ここまでが短期留学におすすめの滞在方法です。

セブ島での長期滞在におすすめの方法

続いては、1カ月以上の長期留学におすすめの滞在方法を紹介します。

1カ月以上の長期留学には、以下3つがおすすめです。

  • ・ホームステイ
  • ・ルームシェアやシェアハウス
  • ・一人暮らし

1つずつ紹介します。

滞在方法(6)ホームステイ

セブ島 滞在 ホームステイ

ホームステイでは、現地の地元民の家に滞在します。

メリットは以下の通りです。

  • ・現地の生活スタイルが知れる
  • ・家族と仲良くなれる
  • ・食事が用意されている

地元の生活を知れる方法は、ホームステイしかありません。語学学校の先生の家に滞在するため、安全に生活できます。

料金の相場

・1週間:10万円〜
・1カ月:32万円〜

滞在先を探す方法

語学学校や留学エージェントが手配してくれます。

滞在方法(7)ルームシェアやシェアハウス

セブ島 滞在 シェアハウス ルームシェア

ほかの留学生と、一軒家やマンションをシェアします。

メリットは以下の通りです。

・家賃が安い
・友達が増える

またルームメイトは、日本人だけではありません。フィリピン人やヨーロッパ圏からの留学生など、多国籍な環境で生活できます。家でも英語が使用でき、英語力アップが期待できます。

料金の相場

1カ月1万円〜。家賃だけでなく、水道・光熱費やガス、Wi-Fiなどすべて込みの料金です。

滞在先を探す方法

現地の不動産や留学生に聞いて探します。

滞在方法(8)アパートで一人暮らし

セブ島 滞在 アパート

地元のフィリピン人が住んでいるアパートでも生活できます。

メリットは以下の通りです。

・1人部屋でプライベートが確保できる
・ベッドやエアコン、トイレ、シャワーなど設備がそろっている

1人で生活することになりますが、個室のためプライベート空間を確保できます。

料金の相場

1カ月1万5,000円〜+水道・光熱費1万円〜。

滞在先を探す方法

地元の不動産、もしくは賃貸情報サイトをチェックします。

セブ島留学で滞在先を探すときの注意点

セブ島 滞在 アパート

最後に、セブ島での部屋探しの注意点をお伝えします。

セブ島での部屋探しには、

  • ・衛生面
  • ・Wi-Fi
  • ・温水シャワー
  • ・家賃の前払い
  • ・立地

など5つの注意点があります。1つずつ解説します。

セブ島部屋探しの注意点(1)建物が古い

セブ島の建物は、古くて老朽化が激しい建物も多いです。その場合、建物の新しさはあまり期待できません。

今回紹介した中だと、

  • ・ホテル
  • ・コンドミニアム
  • ・Airbnb

は新しい物件が多いため、きれいな部屋が多いです。

セブ島部屋探しの注意点(2)Wi-Fiの有無とスピード

フィリピンはWi-Fiのスピードが、日本ほど早くありません。またそもそも室内にWi-Fiが用意されていないこともあります。

ホテルやAirbnbなどに滞在するときは、紹介ページでWi-Fiのマークをチェックしましょう。見学するときに聞いてみるのもおすすめです。

セブ島部屋探しの注意点(3)温水シャワーの有無

フィリピンは暑い国のため、冷水シャワーが中心です。物件によっては冷水シャワーしかないこともあるため、見学時にチェックしてください。

セブ島部屋探しの注意点(4)家賃の前払いが必要な物件もある

コンドミニアムやシェアハウス、アパートに長期で住む場合、家賃2〜3カ月分の前払いが必要な物件もあります。

1カ月につき2〜3万円の家賃であれば、4〜6万円ほど先払いすることに。まとまったお金を用意しておきましょう。

セブ島部屋探しの注意点(5)通学や通勤に便利な立地を選ぶ

学校やインターン先に近い物件を選ぶと、スムーズに移動できます。

特にフィリピンは渋滞が激しいため、遠いとなかなか到着できないことも。通学や通勤時間を節約するためにも、立地の良い物件を選びましょう。

セブ島の滞在方法まとめ

今回はフィリピン・セブ島での滞在方法を紹介しました。

セブ島では、以下の滞在方法が選択できます。

  • 【1週間〜1カ月の短期】
  • ・ホテル
  • ・ゲストハウス
  • ・学生寮
  • ・コンドミニアム
  • ・Airbnb
  • 【1カ月以上の長期】
  • ・ホームステイ
  • ・ルームシェアやシェアハウス
  • ・一人暮らし

滞在費用の平均は10万円ですが、物件によってはさらに2〜3万円安くなることも。自分の留学スタイルにあった滞在方法を選んでくださいね。

セブ島留学に戻る

セブ島留学ガイド

セブ島の交通事情まとめ

セブ島へ渡航する前に知っておきたい両替情報

セブ島でできるアクティビティ情報

セブ島の現地生活情報

セブ島留学の特徴とメリット・デメリット

1週間のセブ島留学費用の内訳と総額

1ヶ月のセブ島留学費用の内訳と総額

3ヶ月のセブ島留学費用の内訳と総額

半年のセブ島留学費用の内訳と総額

1年のセブ島留学費用の内訳と総額

セブ島の天気・気候と服装

セブ島の治安情報

セブ島の滞在先の種類と特徴

セブ島の地区・周辺エリア情報

セブ島の空港情報と市内へのアクセス方法

セブ島のおすすめ観光スポット情報

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学カウンセラーが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

School Withならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学カウンセラーへ相談する

03-4330-0935

お気軽にお問い合わせください。

会員登録をして相談しよう メールで留学相談する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会(@東京)に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

School Withなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

3

安心の学校倒産保証(フィリピンのみ)

学校が万が一倒産した場合も、残りの留学期間を代替校で継続して授業が受けられるよう保証いたします。

無料留学相談は
こちらから

留学カウンセラーへ相談する

03-4330-0935

お気軽にお問い合わせください。

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。