School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

アラサー女子のフィリピン留学1ヶ月体験記 Vol.3 〜写真好きにオススメしたいセブの町歩き

のっちです

こんにちは。のっち(@nocci_84)です。

TARGET ENGLISH ACADEMYという語学学校でフィリピン留学をしています。

英語留学も3週目をむかえて、残りラスト1週間を迎えてしまいました。
最近、こちらのスラングで「のっち=変態」という意味だと知り、この3週間ひたすら「はじめまして。わたしの名前は変態です」と挨拶していたことに気づきました。穴があったら入りたい。

さて、学校は日本と同じ土日が休みなのですが、セブの休日と言えばもちろん・・

セブの海

海!ですね。

うちの学校も多くの生徒がビーチに遊びに行くのですが、逆にそれ以外のイメージって少なかったりしませんか?
私も留学前は「セブって海以外、何があるのかなぁ・・・」とイメージが沸きませんでした。もうむしろ、3歩歩けば海ぐらいに思ったんです。

でも実は、セブ市内から海まで意外と遠いんです。
そしてその間に広がるセブの町が、良い感じにカラフルでフォトジェニックなんですよ。タクシーに乗っていると「なにこれ写真撮りたい。でも止めてほしいって英語で何て言うの」って思ってる間に通り過ぎることが多々。

そう。こんなに写真映えしそうなスポットがたくさんあるのに、海にばっかり行ってたらもったいない!

ということで留学3週目の休日は、あまり知られていない(?)普通の町歩きをしてみることにしました。

【PR】

フィリピンのひとり歩きは、目立つので十分注意が必要

カラフルな建物

なぜセブの町歩きの写真は少ないのでしょうか?

単純に体感温度が40度以上あるためやみくもに歩きまわったらまじで死ねることもありますが、こちらでは女性が1人で出歩く文化があまりないため、ひとり歩きって良くも悪くもものすごく目立つことに原因があると思います。
(※もし町歩きがしたい方がいたら必ず早めの時間、そしてなるべく2人以上で行ってください)

ちなみに私の場合金髪・ショートカットという現地ではまず見ない風貌なため、めっちゃくちゃ目立っている気がします。「ローカルな写真を撮りたいな」って方は、留学前に髪の毛を暗く染めることを強くオススメしたいです。

学校近くの大通りをぶらりお散歩してみる

今回はずっと歩いてみたかった「クエンコ・アベニュー・ロード」から、私の通う学校「TARGET」のある「セント・マイケル・ロード」までぶらーっと歩いてみることにしました。

「クエンコ・アベニュー・ロード」にはアート作品や可愛い壁がたくさん

ウォールアート

この通りは、タクシーで通るたびにずっと狙っていた道。可愛い壁や、たくさんのアート作品と出会うことができます。

セブの選挙?のポスター

セブではよくこんな風に、びっしり同じポスターが貼ってあるのを見かけます。ここはとくに多かったスポット!右にも左にもずらーっと続いていました。Nice spot!!

オレンジのドア

建物の壁も、鮮やかなものが多くて魅力的。大好きなオレンジのドアと・・・

スカイブルーの壁

水色の壁を発見!このあと「NO PARKING」のピンクバージョン・イエローバージョンも発見することができました。

大迫力のウォールアート!

そして何と言っても見所は、様々な場所に描かれている大迫力のウォールアート!絵になります。

魚?

少し道を進んだ「カントリーモール」の近くに描かれたこの子が、1番のお気に入り。黒い壁に白いアートがよく映えます。

謎の顔

こんなに長いウォールアートも!テイストも、色使いもそれぞれのいろんな壁と出会えるセブの散歩は、本当に飽きません。

カフェにもアートが

そしてウォールアート探し中に好みな絵柄を見つけたので、少し足を伸ばして、彼の他の作品を見に行ってみました。こういう出会いも町歩きの楽しいところ。

描いている所に立ち会えるかも

「もっとたくさんアート作品を見たい!」方にオススメなのは「エスカリオ・ストリート」。壁中がアートになってます。運がよければ書いている場面に立ちあえるかも。

道を抜けたら、のんびりなローカル道「オールド・カーラ・ロード」へ

オールド・カーラ・ロード

私の通う学校「TARGET」から歩いて1分程のところにある「オールド・カーラ・ロード」へ。

この辺は猫が多い

この道は「比較的安全であること」「人が暖かいこと」そしてなにより「猫が多いこと」で私のお気に入りスポットです。(でももちろん、気は抜かずに)

ローカルなショップが並ぶ

そんなに長い道ではないのですが、ローカルなショップがずらり!すごく面白いです。

これは米なのか

見たこともないたくさんの種類のお米や・・・

ぐるぐる回るチキン

ぐるぐる回る、フィリピン名物のチキンたち!安いので食べ歩きもオススメですが、お腹が弱い人は要注意!自己責任でね。

屋台と私

こんな可愛らしい屋台(?)みたいな撮影スポットも。
「Can I take a picture?(撮っても良いですか?)」
と聞いてみると
「Of course! pretty(もちろんだよ!)」
と陽気なおじさん。町の人が本当に穏やかで心地よい。

子猫

そして足元では子猫が、気持ちよさそうにお昼寝してました。「触っちゃだめだよ(衛生的な意味で)」と散々止められているのですが、これが辛い。

猫を追いかけて民家へ

現地の人が中に入れてくれた

途中ものすごい好みの猫を眺めていると、お家の中の人が「暑いから入ったら?」笑いながら声をかけてくれました。

足元にすり寄ってくる子猫

私の前で無防備にねむる猫。さらに足元にすり寄ってくる子猫。

近づいてくる猫

なんぞおおおおおおおおおおおおおおおおおおお可愛すぎる可愛すぎるうううううううう!!!!!!!
(※ごめんなさい我慢できなくなってちょっとだけ触りました。真似しないでください)

ちなみにこのお家にはめっちゃちっちゃい子猫も合わせて、3匹の猫が住んでました。天国です。

現地の人と距離が近くなるのも、町歩きの楽しみのひとつ

現地の人とコミュニケーション

「私たちはね、みんな日本人が大好きなの。だけれど、みんな怖がってなかなかローカルな道には近づいてこないわ。もちろん自分の身をまもるのは大切。十分注意しなきゃね。だけれど、話す機会も持つことができないのはとても悲しいことだわ」と話してくれたのは、嬉しそうに家に招きいれてくれたジュフィアたち。

一緒に写真撮影

その笑顔を見た瞬間にとても嬉しくなったし、「危険」「近付かない方がいい」という情報だけが一人歩きしていく現状にとても哀しくなりました。

もちろん十分注意することは大切。危ないことが多いのも事実です。だけれどこうやって少しだけ勇気を出して、町の人と触れ合ってみるのも「町を自分の足で歩く」ことで得られる宝物なのではないでしょうか。

猫が付いてくる

ジュフィアとまた遊びにくる約束をして、外に出ようとしたのは14時。殺人的に可愛すぎる毛玉に引き止められながらも、太陽は容赦なくギラギラと私を焼き付けます。なんと体感温度はこの日44度に。

暑さがヤバイ

まじでこれは尋常じゃない。このままじゃ確実に、死ぬ。
(※昼間、炎天下を歩くのは自殺行為です)

街歩きに疲れたら、近くのカフェで一休み

カフェで一休み

ということで「オールド・カーラ・ロード」を抜けた先にある「カントリーモール」の一角で休憩することに。

ここの名物はなんといってもこれ。ふわっふわのかき氷の上にたっぷりのきな粉・お餅・練乳がかかったスペシャルスイーツ。

かき氷

甘くて、でもいい感じにさっぱり!町歩きでヘトヘトになった身に沁みます。価格は210ペソ(450円くらい)。ぜひ試してみてください。

宿題やってないオワタ

・・・そしてこの直後宿題を一切やっていないことに気づき、地獄をみるのでした。

まとめ:町歩きは時間と宿題に余裕を持って、計画的に

いかがでしたか?フィリピンの町歩き、本当にとっても楽しいのですが、この時期は日中とても暑くなるため、なるべく15時頃の陽が傾いた頃を狙って出てみるのが良いかもしれません。
そして十分注意しながら、だけれど人との触れ合いも楽しみながら歩いてみてください。

宿題も忘れずに。
次回はいよいよ留学最終週です。

それでは!

【今回歩いたコースはこちら】

街歩きコース

私が留学している学校はこちら
TARGET ENGLISH ACADEMY

アラサー女子のフィリピン留学1ヶ月体験記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

古性 のっち

古性 のっち

トラベルライター。美容師→ライターと異色な経歴を持つキツネ顔。ふらふら気ままな旅が大好きなアラサー女子。現在フィリピン留学にて英語をゼロから勉強中。留学後は世界一周へ。無類の牛乳好き。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。