【お知らせ】2月~3月は満室の学校が増えています。お申込みはお早めに!留学の相談はこちら

セブ島の地区・周辺エリア情報

地区

セブ島はフィリピン中部に位置する美しいビーチと綺麗な海で有名な留学先としてもっとも人気の高い場所です。日本からのアクセスも良く物価も比較的安いので年齢を問わずおすすめの地域です。今回はセブ島に行ったらぜひ訪れたい2つの有名エリアをご紹介します。

セブ島でまず押さえておきたいのが「マクタン島」と「セブシティ」の2つのエリア。この場所がどのような特徴を持っているのか詳しく説明していきます。

セブ島は南北に細長い島で、北部と南部では大きく違った景色が楽しめます。先に紹介するマクタン島はセブ島の中部の右側にある島です。

マクタン島とは

ビーチ

マクタン島がセブを代表するリゾート地です。東海岸には白い砂浜と青い海のコントラストが美しいビーチとともにリゾートホテルやダイビングショップがたくさんあります。のんびりとリゾート感を存分に味わうのにはぴったりな場所です。ビーチで行うマリンアクティビティも豊富です。

マクタン島の大きさは61.1平方キロメートルの小さな島です。セブ島の東南に位置しセブ島とは2本の橋でつながれているので、いつでも自由に行き来できます。島の真ん中にセブ島の玄関口となるセブ・マクタン空港があります。

マクタン島のリゾートホテルとショッピングセンター

セブのリゾートエリアは、マクタン島の東海岸にあります。この海岸は白い砂浜が10キロ以上にわたって続いており、見事な高級リゾートホテルがずらっと並んでいます。この周辺にはダイビングショップ、マッサージショップなど、リゾート地ならではの施設がたくさん集まっています。空港からは車で約20分の位置なのでアクセスも悪くありません。セブ島に面した東側は市街地が広がっています。

ビーチの楽しみ方

海

東海岸のリゾート地では日常から離れてリゾート気分に浸れます。ホテルでゆったりと過ごしたり、ヤシの木が揺れるビーチでハンモックに揺られて過ごしたり、ホテルのプールで泳いだりと、皆それぞれの過ごし方を満喫できます。女性であれば優雅にマッサージやスパに行くのもおすすめです。

せっかくの綺麗な海とビーチを楽しむためにマリンスポーツにチャレンジするのもいいでしょう。現地ツアー会社かあるいはホテルのカウンターでも申し込むことができます。
アイランドホッピングツアーに参加する

マクタン島といえばリゾートホテルの他に、アイランドホッピングツアーも楽しみの一つです。アイランドホッピングは、ナルスアン島などマクタン島周辺の島々を点々としながら楽しめるツアーです。別名でアイランド・ピクニックとも呼ばれます。

バンカーボートという船に乗って、途中のダイビングスポットでダイビングやシュノーケリングを楽しみつつ、目的地の島に上陸したらBBQのランチを楽しみます。BBQの後は島を散策したりビーチで海水浴を楽しんだりとのんびり過ごせます。

料金の相場

アイランドホッピングの料金は追加のオプションによっても変動しますが大体2000ペソ~3500ペソ前後です。値段は参加人数によっても変わってきます。ボートを貸し切りしなければいけないので人数が多ければ多いほどボートの料金も安くなります。また行き先の島によっても料金が変動します。

追加可能なオプション

主催しているダイビングショップや会社によってサービスは異なりますが、一般的にオプションとして提供されているサービスは、BBQランチ、ビールやソフトドリンク、シュノーケルセット、フィンなどの遊泳器具の貸し出しなどがあります。
1つの島だけではなく2つ以上の島をめぐることもオプションによっては可能です。行き先は事前にしっかりと交渉しておきましょう。

3つの人気の島

セブ島のアイランドホッピングの中で人気の島を3つ紹介します。ユニークなニックネームが付いた「天国の小島」や「日本人オーナーの島」と呼ばれる島もあります。

ナルスアン島

セブ市の近海で一番小さな離島がこのナルスアン島です。外周は100mもないくらい小さな島ですぐに一周できます。この島には島よりも長い桟橋があり遠くから見てもそれがナルスアン島だと判断できるほど桟橋が長く伸びています。桟橋の付近にはたくさんの熱帯魚がいるのでシュノーケリングをすれば熱帯魚の群れと一緒に泳ぐことができます。

カオハガン島

「日本人オーナーの島」として知られているのがカオハガン島です。ナルスアン島とは対称的に自然保護の観点から桟橋がありません。引き潮の時はバンカーボートから小さな手漕ぎのボートに乗り換えて上陸しないと渡れない島です。現地に住んでいる人が新鮮な魚介類を売ってくれるのでBBQ材料として島で食べることもできます。

パンダノン島

「天国の小島」と呼ばれる島がこのパンダノン島です。セブ市近海の中では一番離れている離島でマクタン島からは約1時間ほどかかります。引き潮になると島からかなり離れた場所まで歩いて行くことができ、素晴らしい景色が堪能できます。

セブ・シティとは

セブ・シティは、マクタン島から車で30分~1時間くらいの距離にあるマクタン島とは違った市街地です。大型ショッピングモールやレストランがいくつもあるので、買い物やお土産も十分買えます。大型のホテルだとホテルからシティまでのシャトルバスが出ている事もあります。タクシーに乗る場合は必ずメーターが動いているかを確認しましょう。
セブ・シティでは、ショッピングモールで買い物をしたり、植民地時代の遺跡を観光したり、マッサージ屋さんに入ったりとマクタン島にはない楽しみを味わえます。

Ayala Center Cebu(アヤラモール)

ショッピングモール

外から見ると大きなテラスが特徴的なモールです。海外ブランドからローカルブランドまでたくさんのアイテムが揃う人気のショッピングモールです。
地下2階から地上4階の合計6階層からなるこのモールでは、スーパーマーケットのMETROや、昔からのローカルショップが立ち並ぶエリアと、ZARAなどが並ぶニューウィング側のエリアが分かりやすく離れていて、買い物がしやすくなっています。中庭のエリアではたくさんの飲食店が並んでいます。

SM City Cebu(SMモール)

これもアヤラモールと同様に人気の大型モールです、スーパーマーケットや免税店など合計500以上のショップが入っています。
中心部にあるSMマーケットは生活用品や雑貨などは何でも揃っています。アヤラモールと比べると庶民的な雰囲気で、地元の人がたくさん利用しています。映画館やボーリング場もモールの中にあります。

SM Seaside Cebu(SMシーサイド)

市内の中心から少しはずれたSRPという開発エリアにあるモールです。海沿いという立地を生かして、海に面した場所ではおしゃれなカフェやレストランが多数あります。このモールには、セブ初のアイススケートリンクや3種類の映画館があり、アミューズメント面が豊富にそろっています。屋上にはウォーターエリアや公園があり、館内には子どもに人気のキッザニアやプレイグラウンドなどがあります。

カジノも楽しめる

セブ島ではカジノも楽しめます。その多くのカジノは統合型リゾートとしてホテルに併設されています。
普通のカジノと違ってセブ島のカジノはドレスコードが基本的にゆるめです。よほどだらしない汚い格好でない限り、入場拒否になることはありません。

ただし、ビーチサンダルやスリッパなどのかかとのない靴や、帽子とサングラスの着用は、入場を断られます。入場に際して金属探知機がある施設もあるので、持ち物にも注意が必要です。
日本人を含む外国人観光客の姿も多く、初心者がカジノを体験しやすい雰囲気です。
他国と違ってカジノそのものを楽しむような人が多いので、ゲームをしていると周りの人が話しかけてきたりとフレンドリーな感覚を受けるでしょう。

サン・ペドロ要塞

セブシティの港の近くにフィリピンで最も古い歴史を誇る要塞があります。要塞の中には沈没船から引き上げた遺品を展示する博物館も併設されています。
重厚な石造りの要塞がまるでフィリピンの苦難に満ちた歴史を物語っているかのようです。独立後は観光名所の公園として解放されているので、今はだれでも自由に入れます。広場は芝生になっているので休日はピクニックを楽しむ人もいます。

まとめ

マクタン島とセブ・シティの代表的なスポットを紹介してみました。

英語留学先としてではなく、リゾート地としてもいろんな過ごし方ができるセブ島。新婚旅行やリフレッシュ旅行先としても十分すぎるほど楽しめる島です。
リゾート地・観光地以外の場所に行くと地元の人たちの生活を垣間見ることもできます。

次の長期休暇のときは一度はセブ島に遊びに訪れてみてはいかがでしょうか?

セブ島留学に戻る

セブ島留学ガイド

セブ島の交通事情まとめ

セブ島へ渡航する前に知っておきたい両替情報

セブ島でできるアクティビティ情報

セブ島の現地生活情報

セブ島留学の特徴とメリット・デメリット

1週間のセブ島留学費用の内訳と総額

1ヶ月のセブ島留学費用の内訳と総額

3ヶ月のセブ島留学費用の内訳と総額

半年のセブ島留学費用の内訳と総額

1年のセブ島留学費用の内訳と総額

セブ島の天気・気候と服装

セブ島の治安情報

セブ島の滞在先の種類と特徴

セブ島の地区・周辺エリア情報

セブ島の空港情報と市内へのアクセス方法

セブ島のおすすめ観光スポット情報

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学コーディネーターが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

School Withならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学コーディネーターへ相談する

03-4330-0935

お気軽にお問い合わせください。

会員登録をして相談しよう メールで留学相談する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会(@東京)に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

School Withなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

3

安心の学校倒産保証(フィリピンのみ)

学校が万が一倒産した場合も、残りの留学期間を代替校で継続して授業が受けられるよう保証いたします。

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-4330-0935

お気軽にお問い合わせください。

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。