セブ島の交通事情まとめ!利用料金からおすすめの移動手段まで徹底解説

セブ島 交通

海外には日本にない交通機関があったり、日本にもある交通機関が異なる方法で使われたりする場合があります。そのため現地でどのような移動手段を使えば良いかわからず、不安を感じている人もいるのではないでしょうか。

幸いにもセブ島にはバスやタクシーなど、日本でも一般的に使われる交通機関が移動手段として利用されています。

とはいえ現地での利用方法や料金は、日本と異なる点も多々あります。

そこで今回はそんなセブ島で利用されている交通機関、利用料金、おすすめの移動方法などを解説したいと思います。これからセブ島を訪れる予定のある方はぜひ参考にしてみてください。

なおレートは₱1=2.1で計算しています。

セブ島の交通事情

セブ島 交通

フィリピンにあるセブ島は南北約225kmの細長い島で、リゾート地として日本では知られています。

1年を通して気温が高めなのでいつでも夏を楽しめます。ビーチ以外にもジンベエザメと泳ぐツアーや夜景を楽しめる展望台などの楽しめるスポットもたくさんあります。

そんなセブ島では交通手段として、タクシーやバスなど日本でも広く使われているものから、乗り合いバスの「ジプ二ー」や、バイクにサイドシートの付いた「トライシクル」など、日本ではあまり見かけないものまであります。

特に「ジプニー」などは利用方法も特殊なため、日本人がいきなり使うにはハードルが高いです。

LINE留学相談

セブ島で使われている交通手段

それではセブ島で使われている交通機関の種類を具体的に見ていきましょう。

留学生が移動するなら「タクシー」

セブ 交通

Photo by : フィリピンでのタクシーの乗り方を徹底解説!注意点とチップ事情とは

セブ島では白いタクシーと黄色いタクシーの大きく二種類があります。白いタクシーはセブ島で最も見かけるタクシーです。

ドライバーも観光客相手に慣れているためトラブルも少なく比較的安全で運賃も安くクーラーも効いていて快適です。しかしたまにぼったくりのトラブルがあるためやはり注意は必要です。

エアポートタクシーと呼ばれている黄色いタクシーは国際空港を出た目の前に止まっています。空港からホテルやリゾート地に向けて走るのが主で、白いタクシーよりも割高です。

利用の仕方

セブ島ではタクシーは多く走っているので簡単に見つけられ乗車することが可能です。

ただ深夜から早朝までの時間は極端に数が減ってしまうのでそこは気をつけておきましょう。利用時はドライバーがメーターを使っていることをしっかりと確認しておく必要があります。

利用料金

白いタクシーの初乗りは₱40(84円)、黄色いタクシーの初乗りは₱70(約147円)です。

ただタクシーはぼったくのトラブルなどの悪質なドライバーがいるため、乗る際は必ずメーターが起動しているのかを確認しておく必要があります。最悪の場合、入り出す前に降りてしまうのも一つの手になります。

具体的なタクシーの利用方法は下の記事で解説しているので、利用の前にご確認ください。
フィリピンでのタクシーの乗り方を徹底解説!注意点とチップ事情とは

日本人でも安心して利用できる「バス」

セブ 交通

Photo by : MyBus

セブ島では、公共バス「My Bus」が2015年末から運営が開始されました。

空港からセブ最大級のショッピングモール「SMシティ・セブ」までの間を走行していて、おおよそ20分に一台の間隔で運行されています。何かとぼったくりの多いタクシーなどに比べ安心して乗れるのが特徴です。特に現地に慣れていない方には最もおすすめです。

利用の仕方

My Busはプリペイド式のカードと現金にて支払いが可能です。プリペイド式のカードは財布を出す必要がないことと、2回分の乗車券やスケートやボーリングなどの無料券が特典で付くのでおすすめです。

利用料金

料金は空港から「SMシティ・セブ」まで₱25(約53円)とかなり格安です。しかしタリサイまでだと₱40(84円)になりバスの間隔も1時間ほどになります。

フィリピン人の足「ジプニー」

マニラ 交通 ジプニー

Photo by : 渡航前に知っておくべきフィリピン・マニラの交通手段まとめ

ジプニーは決められたルートを走っている乗合のバスです。

現地のフィリピン人が一般的に利用する移動方法になっています。最近はルートを教えてくれるアプリがあるため事前に調べることができるようになりました。

利用の仕方

手を上げて乗車をして行き先を伝えてお金を払って好きな場所に座ります。

下車するときは目的地に着く直前でドライバーに合図が必要です。ジプニーは合図がないかぎり止まりません。一般的にはドライバーに声を掛けるかコインで手摺りをカンカンと叩いて合図をしましょう。

利用料金

値段は初乗りで₱7(約15円)、長距離では₱8~15(約17〜32円)になります。金額については乗るときに行き先を伝えてから支払うことになるので、あらかじめ小銭を用意しておくことが大事になります。

具体的なジプニーの利用方法は下の記事で解説しているので、利用の前にご確認ください。
フィリピン名物「ジプニー」の乗り方を徹底解説!

短い距離を移動するなら「トライシクル」

マニラ 交通 トライシクル

Photo by : 渡航前に知っておくべきフィリピン・マニラの交通手段まとめ

サイドカー仕様のバイクで、なんと最大で4人も乗ることが可能です。

セブ島の中心ではほとんど走っていませんが、マクタン島や郊外でよく見られます。ジプニーと同じくらいの金額で好きな場所に運んでくれるのがメリットになります。

利用の仕方

乗り降りのシステムはジプニーとほぼ同じです。

利用料金

こちらもジプニーとほぼ同じ料金です。

渋滞を避けるなら「ハバルハバル」

バイクのタクシーで2、3人ほどは乗れます。セブでは一般のバイクも多数走っており、なかなか見分けがつかないため、利用する際は停留所があるのでそちらで声をかける方が簡単でしょう。

少々危険ですが利点としては渋滞の影響をほとんど受けることないので、目的地までスムーズに辿り着くことができます。

利用の仕方

声を掛けて行き先を伝えると、値段の交渉をして乗ります。意外と運転が荒いので乗る場合は必ずヘルメット着用を忘れないようにしましょう。

利用料金

最低料金は₱20(42円)からですが、タクシーと違ってメーターなどがないので運賃は交渉によって決まるのが一般的です。

車での移動に便利な配車アプリ「Grab」

マニラ 交通

Photo by : Google Play

Grabはアプリを使って車を呼べる配車サービスです。目的地をはじめに地図で設定して料金がわかるので、値段交渉や目的地を伝える手間も省けますし、意思疎通のミスなどを避けられます。

利用の仕方

マニラ 交通

Photo by : Google Play

アプリの地図から現在地と目的地を指定して、周辺にいる車を呼ぶことができます。

車がマッチするとナンバー、車種、ドライバーの名前、顔写真、評価と到着予定時刻が表示されます。今どの辺りを走っているのかも地図上で確認できます。

電話とチャット機能もついているので、すぐに見つけられない場合、今自分がどこに立っているかなどの細かい場所を伝えたり、車の色や形を聞いたりドライバーと直接やりとりすることができます。

利用料金

料金はドライバーに直接支払うか、クレジット払いに設定できます。クレジットや相乗りにすると安くなることもあります。

最近では、空港にもGrab専用の乗り場があるほど浸透していて、捕まえやすくなっています。ただ、朝・夕のラッシュ時の渋滞にはまってしまうと予定よりもかなり時間がかかってしまうので乗る時間帯には注意が必要です。
「Grab」iOS版アプリページ
「Grab」Android版アプリページ

LINE留学相談

セブ島の人気観光地に行くための交通手段

最後にセブ島の有名な観光スポットに行くためには、どのような交通機関を使えばいいのかをご紹介します。

観光スポット(1)モアルボアル

マニラ 交通

セブ島といえばやはり綺麗なビーチがおすすめですが、その中でも特におすすめなのがモアルボアルです。

白い砂浜に青い空と海がとても美しく、海水浴も当然ながら有数のダイビングスポットとしてはフィリピン屈指として有名でそのために長期滞在をしている旅行者もいるほどです。

アクセス

セブ中心部からタクシーで片道所要3時間ほどで₱3000(6,200円)ほどでです。

住所

Moalboal, セブ, フィリピン
モアルボアルをGoogle Mapで見る

観光スポット(2)山頂展望台トップス

マニラ 交通

セブ島と言えば海のイメージが強いところですが、山頂から見渡す絶景も見所の一つで特に夜景は大変綺麗ですが帰りが遅くなってしまうのが難点です。

入場料は₱100(210円)になります。

アクセス

ふもとのショッピングモールJYスクエアモールからタクシーで往復3時間ほどで、料金は₱1,000(2,100円)ほどになります。

住所

Cebu Tops Rd, Cebu City, Cebu, フィリピン
山頂展望台トップスをGoogle Mapで見る

観光スポット(3)カワサンフォール

マニラ 交通

海山と続いたら次は川レジャーと、非常に綺麗な滝であるカワサンフォールがおすすめです。

ライフジャケットを着て、高さ10mを超える滝壺へ童心に返ったよう飛び込んだり、天然のウォータースライダーなどのアクティビティが楽しめます。

アクセス

セブ市内のターミナルから専用のバスが出ています。おおよそ3時間ほどかかり金額は₱130(273円)ほどです。

住所

Badian, 6031 セブ フィリピン
カワサンフォールをGoogle Mapで見る

セブ島の交通事情まとめ

いかがでしたでしょうか。

セブ島には日本でも使われているバスやタクシーなどの交通手段が現地で暮らす人や旅行者に利用されています。その中でも特にタクシーは、利用方法が他の交通手段に比べわかりやすい点でおすすめの移動手段と言えます。

これからセブ島を訪れる予定のある方はぜひこの記事の各交通機関の利用のポイントを抑え、快適にセブ島での生活を過ごしてください。

セブ島留学に戻る

LINE留学相談

セブ島留学ガイド

セブ島の交通事情まとめ

セブ島留学の休日の過ごし方

セブ島へ渡航する前に知っておきたい両替情報

セブ島でできるアクティビティ情報

セブ島の現地生活情報

セブ島留学の特徴とメリット・デメリット

1週間のセブ島留学費用の内訳と総額

1ヶ月のセブ島留学費用の内訳と総額

3ヶ月のセブ島留学費用の内訳と総額

半年のセブ島留学費用の内訳と総額

1年のセブ島留学費用の内訳と総額

セブ島の天気・気候と服装

セブ島の治安情報

セブ島の滞在先の種類と特徴

セブ島の地区・周辺エリア情報

セブ島の空港情報と市内へのアクセス方法

セブ島のおすすめ観光スポット情報

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学カウンセラーが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

School Withならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学カウンセラーへ相談する

03-6416-0980

お気軽にお問い合わせください。

会員登録をして相談しよう メールで留学相談する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会(@東京)に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

School Withなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

3

安心の学校倒産保証(フィリピンのみ)

学校が万が一倒産した場合も、残りの留学期間を代替校で継続して授業が受けられるよう保証いたします。

無料留学相談は
こちらから

留学カウンセラーへ相談する

03-6416-0980

お気軽にお問い合わせください。

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。