School Withとは

School With は留学・語学学校の今がわかる留学情報メディアであり
一人ひとりの留学に向き合う留学エージェントです。

無料会員登録して使ってみる

  • 留学経験者の口コミが見れる!

    世界8カ国の語学学校を2,000校以上掲載。
    最新の学校のカリキュラムや料金表や
    留学経験者の最新の口コミ評判も充実。

  • 見積り、申込の手数料無料!

    School Withでは、留学のお手続きは
    全て無料でサポートしています。
    ご安心してご利用ください。

× 次回から表示しない

School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

これだけは絶対食べておきたい!オススメフィリピン料理10選

フィリピンフード

フィリピン料理と聞いてあなたは何を思い浮かべますか?日本ではあまり馴染みのないフィリピン料理ですが、実は比較的日本人の口にもあう美味しい料理がたくさんあるのです!その理由は、食材と味付け、調理法にあります。

フィリピンでは、主食は米、そして鳥、牛、豚、魚を食材として使った料理が多いです。味付けは、塩、醤油、ケチャップ、オイスターソース、魚醤、とうがらし、胡椒といった日本でもよく使われるものがフィリピンでも使われます。調理方法も揚げ物、焼き(グリル)、ソテー、煮込みなど日本でも一般的なものばかり。中華料理に多く影響を受けている点も、日本人の口に合う理由ではないでしょうか。

そこで今回はわたしが留学中によく食べていた、おすすめのフィリピン料理10選をご紹介したいと思います!!

【PR】

最短3日でお手続き!夏のフィリピン留学応援キャンペーン!

① Sisig(シシグ)

フィリピンのシシグ

細かく刻んだ豚肉をしょう油、ビネガー、にんにく、唐辛子で炒めた鉄板料理
豚肉のほほ肉を使うのが一般的です。脂っこくて、しっかりした味付けなのでビールのおつまみとしても、定食メニューとしても美味しくいただけます。フィリピン料理の中ではダントツおすすめな料理!超うまい!

冷めてしまうと油が固まってしまうので、熱々のうちにごはんにかけて食べることをお薦めします。フィリピンンのサンミゲルビールと共にもう一度食べたい一品です。

② Lechon(レチョン)

フィリピンのレチョン

子豚の丸焼き
フィリピンの行事になくてはならないフィリピンフードの王様。炭火でゆっくり焼き上げて作られるためパリパリと香ばしい皮と、ジューシーな豚肉の食感が楽しめます。レチョンに添えられた甘いソースがお肉とよくあいます。

食べる際はこのまま出てくるのではなく、食べやすいサイズに小さく切り分けられてくるので安心してご注文ください。

③ カレカレ(Kare-kare)

フィリピンのカレカレ

シチューに似たナスやいんげん等の野菜と牛肉をピーナッツソースで煮込んだもの。
見た目と名前からカレーの味を連想されるかもしれませんが、日本では食べたことがないような味です。ぜひ挑戦してみましょう!

④ シニガン(Sinigang)

シニガン

お肉や野菜が入った具だくさんの酸っぱいスープ。
フィリピンの国民的料理です。お皿に白いご飯を入れてカレーのようにスープをご飯に混ぜながら食べます。 この酸っぱさが病みつきになる美味しさの秘密です。

海老、バングース、鮭、豚など、バリエーションも豊富です。フィリピン人は誰もが好きな料理ですが、日本人は好き嫌いが分かれるかもしれません。

⑤ アドボ (Adobo)

フィリピンのアドボ

鶏肉や豚肉をお醤油やビネガーで煮込んだ料理
フィリピンの食卓では定番の料理です。お肉の柔らかい食感と酢が適度な酸味が効いていてクセになります。各家庭やお店によって微妙にレシピが異なります。

わたしはご飯にアドボのつゆをかけてよく食べていました。フィリピンのパサパサしたご飯が苦手の方もこの食べ方なら、ご飯がすすむこと間違いなしです。

⑥ ルンピア(lumpia)

フィリピンのルンピア

日本でいう春巻き
違いは主に大きさと調味料です。ルンピアはフィリピンやインドネシアの屋台で売っていて気軽につまめる料理。そのため食べやすいようにスティック状にして包んだものが多いです。チリソースをつけて食べます。
この春巻きのほかに、しゅうまいなど日本でも馴染みのあるものを手軽に食べることができます。

⑦ パンシットカントン(Pansit canton)

フィリピンのパンシットカントン

日本の焼きそばのようなもの
味付けはソースではなく、醤油とナンプラー、塩、胡椒等を使っているのであっさりしています。パンシットは”麺”という意味で、パンシットカントンは麺の一種です。

使用する麺の種類は地域によって異なり、中華麺のほかにビーフンを使用して作ったりもします。材料は、キャベツ、人参、たまねぎ、ピーマン、にんにく、豚肉です。添えられたカラマンシーをかけて食べます。

⑧ ハロハロ(haroharo)

フィリピンのハロハロ
Photo by : EXCITE CEBU

フィリピンでもっとも定番なデザート
ハロハロとはタガログ語で『ごちゃまぜ』を意味します。ウベ(紫芋)のアイスやゼリー、フルーツ、タピオカ、ナタデココ、コーンフレーク、豆などが入っています。このたっぷりの具材とかき氷をごちゃ混ぜにして食べます。

味はココナッツ風味のウベ(紫芋)アイスをベースとしています。フィリピン内のレストランはもちろん、ファーストフードでも食べられます。お店によって乗せられる具は様々なので、わたしは色々食べ比べて自分のお気に入りを見つけました。

⑨ トロン(Turon)

フィリピンのトロン

バナナを春巻きの皮で巻いて揚げた庶民派スイーツ
フィリピンにはバナナを使ったストリートフードがいくつかあります。カリッとした皮の食感や中のバナナのとろっと甘酸っぱい味は絶品です。

1つ10〜30ぺソ程度で購入することが出来るため小腹が空いた時にもオススメです。カロリーを気にしつつも、学校の下の売店で授業の合間におやつとしてよく食べていました。

⑩ バロット(Balut)

フィリピンのバロット

孵化する直前のアヒルの卵を茹でたもの
中身は半分ひよこです。このひよこの成長具合は卵によって違います。バロットはフィリピンでは道端の露店で売られています。アツアツの卵を新聞紙に包んでその中に粗塩を一つまみ入れてくれるので、この塩をふりかけて食べます。

値段は一つ 10ペソ(25~30円)ぐらいです。わたしも挑戦しましたが残念ながら食べきることはできず心残りとなっています。みなさんも話のネタに是非お試しください!

最後に

いかがでしたでしょうか? フィリピンに行ったら是非とも食べておきたいフィリピン料理をご紹介してみました。ちなみにフィリピン人は食事の際、一般的にスプーンとフォークを使います。肉を切ったり骨から肉をはがすのもナイフやお箸は使いません。

郷に入っては郷に従え。フィリピンスタイルで食事をしてみてはいかがでしょうか。個人的には、「シシグ」と「ハロハロ」が特に気に入っていますが、どちらも日本では食べられないためあの味が恋しいです。

みなさんも気になる料理をあれこれチェックして、是非自分のお気に入りを見つけてください。

質問に答えるだけで、フィリピンであなたにオススメの語学学校を診断できます↓↓
学校診断

「一カ月15万円から、英語留学ができる!?マンツーマンレッスン中心だから英語初心者でも安心!」

常夏の島国フィリピン・セブ島で、あなたも英語留学に挑戦してみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

留学の準備で役立つ「留学のしおり」を無料でプレゼント!

留学のしおり(準備編)フィリピンVer.

フィリピン留学をお考えのみなさんが、 事前に知っておくべきことを「留学のしおり」としてまとめました。

  • フィリピンまでのおすすめ航空会社まとめ
  • VISAや保険、お金周りなど事前の注意事項とは?
  • 日本で準備しておくべき持ち物リスト
  • これで心配無用!出発当日確認すべきことって?

など、役立つ情報が満載!
是非チェックしてみてください。

無料ダウンロードする

※ ダウンロードには会員登録(無料・30秒でかんたん)が必要です。

この留学ブログを書いた人

井出 さや香

井出 さや香

School Withインターン。旅先でつまらないアメリカンジョークを連発するアメリカ人に会い、この人にツッコミを入れてやりたい!と思ったことがきっかけでフィリピンのクラークへ留学。

この記事に関連するタグ

こちらの留学ブログもいかがですか?

カテゴリーから記事を探す

留学経験者、留学中の方
ライターとして活動しませんか?

School With 留学ブログ ライター募集
最短3日でお手続き!夏のフィリピン留学応援キャンペーン!
みんなの留学相談サービス「留学アンサーズ」
School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。