【お知らせ】7月〜8月は満室の学校が増えています。お申込みはお早めに!留学の相談はこちら

留学ローンって実際どうなの?種類から利用方法、社会人の借り入れまで徹底解説

留学 ローン

留学をしたい人の中には、お金がなくて困っているという人もいるのではないでしょうか。実際留学にはある程度のまとまったお金が必要なので、お金がない人はなかなか

しかしそんな人でも今ある制度を活用して留学に行くことができます。

その一つがローンを活用する方法です。留学ローンでは、お金がない人でも留学に行けるよう留学資金を借りることができます。

しかし多くの方はそこで今回は留学ローンの特徴、おすすめの留学ローンなどを紹介したいと思います。現在お金がなくて留学に踏み切れない方は、ぜひ選択肢の一つとして留学ローンを検討していただければ幸いです。

【PR】

留学したいけど、お金がない!「留学ローン」ってどうなの?

留学 ローン

まずは留学ローンの概要と、どんな人がお金を借りることができるのか、解説をしていきます。

留学ローンってなに?

留学ローンとは別名「教育ローン」と呼ばれるローンや奨学金のことです。さまざまな金融機関などが「留学ローン」を提供していますが、最もおすすめなのが返済不要の「給付型奨学金」です。

返済は費用なので金銭的な問題が一気に解決しますが、高い語学レベルや優秀な成績が必要なので狭き門といえます。基本的には金融機関が出している「留学ローン」を組むのが一般的です。

留学ローンはどんな人が借りられるの?

留学ローンは基本的に学生から社会人までどんな人でも借りることができます。学生の場合は、保護者が留学ローンの返済義務を負うことでローンの申請をすることができます。

社会人場合は、「会社員のまま留学」「辞めて無職で留学」の2通りの方法で留学に行くことになります。会社員のまま留学をする場合は留学ローンの種類も豊富ですが、無職で留学をする場合は留学ローンの種類も限られてきます。

まずは、自分が利用している銀行にどんなプランがあるのか問い合わせをしてみてください。

留学ローンを利用する前にチェックすべきこと3つ

留学 ローン

留学ローンを利用する際にはまず事前に以下のポイントを確認するようにしましょう。

ポイント(1)返済の目処は立っているか

留学ローンを借りる場合は、返済の計画を立ててから借りるようにしてください。

ローンとは言っても「借金」であることは変わりないので、返済が厳しいようなら留学の時期を再度考え直してみてください。特に社会人の場合は、無職になって留学をすることがほとんどなので、ある程度の貯金や再就職に繋がるスキルと身につける必要もあります。

ポイント(2)返済不要の奨学金がないか調べてみる

留学ローンを考えている人は、まず「返済不要の奨学金」はないか調べてみてください。この奨学基金は学生だけでなく社会人でも適応されるものがあるので、応募してみる価値はあると思います。

しかし、審査基準は非常に厳しく、語学力や成績、学歴などが非常に優れていると判断された人のみ借りることができます。誰でも応募することは可能なので、まずは申し込みをしてみてください。

ポイント(3)民間ローンと公的ローン

留学ローンには「民間ローン」と「公的ローン」の2つがあります「民間ローン」は公的ローンに比べて審査が通りやすく、比較的借りやすいです。

しかし、金利が高めで返済期間も短く設定されているところが多いので、しっかりと考えてから借りるようにしてください。

一方、「公的ローン」は民間ローンに比べて審査が厳しく、お金を借りるのが難しいです。しかし、借りることができれば金利が安く、返済期間も長いのでまずは「公的ローン」を検討してみましょう。

おすすめできる留学ローン5選

留学 ローン

それでは具体的におすすめの留学ローンをご紹介します。

ローン(1)日本政策金融公庫 教育一般貸付(国)

こちらは国が提供している教育ローンです。

おすすめポイント

「国の教育ローン」なので、安心をして借りることができます。固定金利なので返済額が変動することはありません。また、長期返済可能で在学中は利息のみの返済が可能です。

限度額

350万円以内(海外の大学院に6カ月以上在籍する場合は450万円以内)

金利

年1.76%

条件

子供の数と世帯年収によって対象が変わります。

子ども 世帯年収
1人 790万円以内
2人 890万円以内
3人 990万円以内
4人 1,090万円以内
5人 1,190万円以内

日本政策金融公庫 教育一般貸付(https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/ippan.html

ローン(2)日本学生支援機構 第2種奨学金(独立行政法人)

日本学生支援機構が進学を目的とする学生向けに提供している返済が必要な奨学金です。第1種は大学院への進学など、審査が少し厳しくなるため、ここでは第2種について解説をします。

おすすめポイント

金利に上限があるので、返済の計画を立てやすいです。

限度額

月額最大12万円まで

金利

年3%が上限(財政融資資金の利率によって変動)

条件

卒業基準

  • ・高校卒業見込みの人
  • ・申し込み時に国内の学校を卒業3年以内の人
  • ・高等専門学校3学年修了見込みの人
  • ・高卒認定合格者

所得基準(給与所得者)

子ども 世帯年収
1人 1,009万円以内
2人 1,100万円以内
3人 1,300万円以内

日本学生支援機構 第2種奨学金(https://www.jasso.go.jp/shogakukin/seido/kingaku/2shu/index.html

ローン(3)イオン銀行教育ローン(金融機関)

イオン銀行が提供する教育ローンです。条件さえ満たせば学生だけでなく社会人も申し込むことができます。

おすすめポイント

借り入れ期間が1〜15年あるので、時間をかけて返済することが可能。また、就業中の社会人でも申し込みができます。

限度額

500万円

金利

変動金利(2.80〜3.80%)

条件

  • ・留学者との続柄が3親等以内
  • ・日本国内に籍を持つ人
  • ・申し込み時の年齢が20歳以上、完済年齢が70歳未満の人
  • ・イオン銀行の口座を持っている人
  • ・会社員の人は前年度年収が150万円以上かつ安定収入がある人(無職の人は対象外)
  • ・イオンクレジットカードサービスの保証を受けられる方

イオン銀行教育ローン(https://www.aeonbank.co.jp/loan/educational_loan/

ローン(4)JAバンク 教育ローン(金融機関)

JAバンクの教育ローンです。全国のJAバンクでも受付をしており、入学金や一人暮らしの費用も借りることができます。

おすすめポイント

学校を卒業してからの返済も可能なので、計画を立てながら返済ができます。また、留学に関するすべての費用(家賃、入学金、飛行機代)が対象のため、審査が通りやすいです。

限度額

1,000万円

金利

固定金利と変動金利を選べます(地域によって金利額は異なる)

条件

  • ・満20歳以上
  • ・最終償還時年齢71歳未満
  • ・社会人の場合、前年度年収200万円以上かつ勤続年数1年以上(無職の人は対象外)

イオン銀行教育ローン(http://www.jabank.org/loan/kyoiku/

ローン(5)三菱東京UFJ銀行 教育ローン(金融機関)

三菱東京UFJ銀行の教育ローンはネット受付もしているため、全国のどこにいても申し込みが可能です。注意点としては、留学の学費と入学金のみにしか使用ができないので、現地の生活費には充てることができません。

おすすめポイント

ネットで申し込みができるので忙しくて店舗にいけない人におすすめ。また、審査条件も緩いのでお金を借りやすいのもポイントです。

限度額

500万円(医歯薬系・研究科の場合は1000万円)

金利

変動金利(借り入れ時当日の利率が適用)

条件

  • ・20歳以上70歳未満の人
  • ・社会人の場合、前年度年収が税込200万円以上、及び勤続年数が1年以上の人
  • ・保証会社の保証を受けられる人
  • ・Eメールアドレスを持っている人

イオン銀行教育ローン(https://www.bk.mufg.jp/sp/kariru/kyouiku/index.html

留学ローンでよくあるQ&A

留学 ローン

最後に留学ローンを借りる際によくある質問と、その答えをご紹介します。

Q1. 留学する学生でも借り入れができる?

留学する学生本人の借り入れは難しいですが、親が教育ローンを申し込む場合は借り入れが可能。基本的に学生ローンの借り入れをするのは親がする場合が多く、学生本人の申し込みだと審査が通りにくいです。

Q2. 保証人は必要?

留学ローンは基本的に保証人が必要です。会社にもよりますが、保証人をつけるか保証会社と契約をする場合がほとんどです。

Q3. 無職でも留学ローンの審査に通る?

基本的に無職の人は留学ローンに申し込みができません。現在、社会人で留学中に無職になる場合でも、お金を借りることは難しいです。

もし借りたいのであれば、親などに名前だけ借りて、返済は自分でする方法が最も現実的です。

Q4. 留学ローンのメリットとデメリットは?

留学ローンを借りるメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット(1)お金がなくても留学ができる

留学ローンの最大のメリットは、少ない資金で留学ができることです。お金がなくて諦めていた人や、資金繰りで困っている人などは非常に助かるローンと言えます。

メリット(2)急な借り入れに対応ができる

留学ローンを契約しておけば、留学中にお金が必要になった時、さらにお金を借りることができます。留学には急な出費がつきものなので、非常に役立ちます。

デメリット(1)返済金額が高額

留学は非常にお金がかかるので、留学ローンも借り入れをする金額も大きくなります。学生ならば自分の家庭に返済する能力があるのか、家族と相談をしてください。

また、自分が返済する場合もまずは計画を立てて、無理のない返済ができるのかシミュレーションをしてみましょう。

デメリット(2)利息を払わなければならない

留学ローンは言い換えれば「借金」なので利息がつきます。銀行の留学ローンは3〜5%の年利で100万円を借りる場合は、年間3〜5万円前後の利子が発生します。

金額が大きければ大きいほど利子が増えるので、計画的に借り入れをするようにしてください。

まとめ

留学ローンはお金がない人にとって非常に便利なシステムです。

留学ローンで押さえておきたいポイントは以下の3つです。

  • ・まずは返済不要の奨学金を探す
  • ・民間ローンより公的ローンが安い
  • ・返済の計画はしっかりと立てる

まずは、いかにお金を抑えて留学ができるか試行錯誤してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

しっしー

しっしー

コンビニ商品開発職を退職後、ライター兼ブロガーとして独立。現在はオーストラリア在住ライターとして活躍。主に留学やオーストラリアについて発信していきます。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。