School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

アラサー女子のフィリピン留学1ヶ月体験記 Vol.2 〜7時間英語漬け生活の始まり

留学生活2週目

こんにちは。のっち(@nocci_84)です。

TARGET ENGLISH ACADEMYに入学してあっという間に2週間がすぎていきました。速い。速すぎる。あまりの速さにここだけ時空が歪んでいる、もしくは時間どろぼうに盗まれているのではと疑っています。

さて、留学する人にとって心配のタネはやはり「実際の学校生活」ではないでしょうか。
授業についていけるか・・・という不安ももちろんですが、個人的にはキラキラしたイメージの留学生活の中「アラサーでも学生生活に馴染めるのか」という部分が特に気になっていました。

ということで今回は実際の留学生活をよりリアルに再現してみました。
(※あくまで私のケースです)

【PR】

留学生活の1日

AM:7:00 - 朝ごはん

朝ごはん

授業が朝8:00〜始まるため、7:00〜ダイニングで朝食が用意されます。フルーツ・パンケーキ・スープなどが軽めの食事が鉄板のメニュー。どれも美味しいです。料金は滞在費に込みなのでもちろんフリー。

まあ起きないよね

・・・しかしこれまでばっちり夜型だった私はこの時間滅多に起きません。大体授業の始まる直前まで意地でも眠っています。(ダメ女でごめんなさい)ただし朝ごはんの必要・不必要は自由なので、スーパーで買ってきたヨーグルトで軽く済ませます。

AM8:00~AM11:00 - 午前レッスン

午前の授業

8:00。学校中に流れるメリーさんの羊が授業開始の合図。私の選択コースは「TARGET5」なので、5コマx50分のマンツーマンと2コマx50分のグループレッスン。長い長い旅の始まりです。

マンツーマンレッスンは完全個室。先生は大好きだし優しいのですが、朝の寝ぼけた頭に容赦なく降り注ぐ英語のシャワーたちは、正直むっちゃこたえる。この1レッスン目でやっと目が覚めてきます。

AM11:00~PM12:00 - 休憩

眠すぎてやばい

授業の取り方によっては休憩タイムが入ります。私の場合は11:00〜が空き時間。今回はお仕事をしながらきているので、この時間は自分の部屋で仕事をしていることが多いです。多分。

PM:12:00〜12:30 - お昼ごはん(ランチタイム)

お昼ごはん

待ちにまったお昼ごはん。TARGETでは軽いビュッフェ形式。席も好きな所に座ってOKですが、各テーブルは「English席(英語で話す席)」と「No English席(母国語で話す席)」に分かれているので、その日の気分で選ぶのがオススメ。

美味しくいただきました

ちなみにご飯は日本できっちり修行したスタッフが作ってくれるので、ばっちり日本人好みの味付け。正直むっちゃ美味しいです。

PM:12:30〜13:00 - お昼ごはん(予習タイム)

バッチメイトと勉強タイム

お昼休憩は1時間なのですが、毎回30分ちょっと時間が余るので勉強タイムに当てています。午後のレッスンで使いたいチャレンジフレーズや、午前中に分からなかった単語などをバッチメイトと洗い出し。

勉強しているっぽい私

この日のチャレンジフレーズは
「I have no idea!(わかりません)」
「Nothing special!(特別なことは何もありません)」
「How do you pronaunce?(なんて発音しますか)」
というものすごく後ろ向きな単語たちが並びました。でも大事ですね。

PM13:00〜PM17:00 - 午後のレッスン

グループレッスン

午後のレッスンがスタート。私はグループクラスからのスタートです。グループといっても人数は大体3〜4名ほどなので、コミュニケーションは取りやすいです。他の人の言い回しなど参考になりますが、やはりマンツーマンよりも緊張する!多少ランチでHPが回復しているとはいえ、この辺りから少しずつ削られていき、17:00には完全に0です。

PM18:00〜PM18:45 - 夕ごはん

夕食はたまに外で食べます

夕飯もランチと同じビュッフェ形式。外で食べる人も多いので、ランチほど混み合いません。私もよく外食に出ますが「あ、今日は学校のご飯食べたいな〜」と思い戻ってくることが多いです。だって美味しいんだもん。

PM19:00〜PM21:00 - 宿題タイム

復習と宿題をやっているっぽい私

ご飯を食べたら宿題タイム。近くのコーヒーショップ「Bo’s Coffee」が定番です。みんなでワイワイとどこかにいく人も多いですが、私は1人でいることが多いです。別にぼっちじゃないですよ。1人の時間も大切にしたいだけですよ。

AM24:00 - おやすみなさい

GOOD NIGHT

門限前に帰宅します。部屋に帰ったら宿題の続きをやるか、少し仕事をしておやすみなさい。こうして1日が終わります。

アラサーでも「快適な学生生活」を送ることができる

ということで、ばっちり快適な学生生活を送っています。
学校自体の年齢層も幅が広いので、「いえーーい!!!」みたいな雰囲気は少なく、比較的落ち着いています。また、私のように「ワイワイした雰囲気がちょっと苦手」な人は、部屋を個人部屋にすれば、自分のリズムで自由に生活できます。

ただ、フィリピンの女性は1人で外出することが少ないようで、放課後コーヒーショップに行くと「日本の女性は1人でどこでも行くなんて、本当に強いね」とよく言われます。なので1人時間が欲しい女性は、むしろ尊敬されるかもしれません。

2週目の感想

1. 英語の曲が聴き取れるようになってきた

英語の勉強は...

今まで何気なく聴き流していた英語の曲が「お、このフレーズなんか聴いたことあるな・・・」と思えるようになってきました。簡単なフレーズであれば意味が理解できることも(気のせいかもしれない)意味が少しでもわかると、なんだかその曲がさらに好きすきになりました。

2. まだまだ英語漬けの毎日に慣れない

大変です...

0ベースからいきなりの7時間授業の生活。もちろん少しは慣れてきましたが、やはりなかなかスムーズに受け入れることができず、授業中にぼーっとしてしまうことも。(聞いてみると、他の留学生も大体同じような感じ)ただし、先生がこちらのペースに合わせてくれることがほとんどなので、スピード調整してもらえるのはありがたいです。

3. 英語の夢を見るようになった

げ ん か い

なんと初めて英語の夢を見るようになりました。留学生あるあるだそうです。
起きた時に毎回げっそりしていますが(笑)24時間英語生活を手にいれることができました。

ということで、まだまだしんどいけど・・・踏ん張りどころだ。頑張るぞ。

次回は留学生の休日の過ごし方をお届けします。
それでは!

私が留学している学校はこちら
TARGET ENGLISH ACADEMY

アラサー女子のフィリピン留学1ヶ月体験記

質問に答えるだけで、フィリピンであなたにオススメの語学学校を診断できます↓↓
学校診断

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

古性 のっち

古性 のっち

トラベルライター。美容師→ライターと異色な経歴を持つキツネ顔。ふらふら気ままな旅が大好きなアラサー女子。現在フィリピン留学にて英語をゼロから勉強中。留学後は世界一周へ。無類の牛乳好き。

カテゴリーから記事を探す

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。