4/29(木)〜5/5(水)はGW休業のため、頂いたお問い合わせは5/6(木)以降順次回答致します。

カナダ留学の失敗事例と後悔しないために知っておきたいポイント10選

イギリス 留学 失敗

こんにちは。ライターのSeagullです。これからカナダへ留学を予定している方の中には、留学に対して不安を感じている方も少なくないと思います。特に初めての留学だと、未経験の事ばかりなので留学を成功させるコツが分からず困っている方も多いかもしれません。

私自身これまで2回の留学を経験しましたが、2回目の方がたくさんの失敗をした分成功できたと感じています。そこで今回は、カナダ留学において失敗しやすいポイントや留学を成功させるための対策法などを各10パターンご紹介していきます。

予め起こりやすい失敗をインプットしておくことで、留学を成功により近づけることができるでしょう。これからカナダに留学する予定の方はぜひ読んでみてくださいね。

カナダ留学の失敗談10パターン

カナダ留学失敗談

留学において失敗しがちなポイントを私の失敗談を交えながら10パターンご紹介していきます。

勉強方法編

まず留学前の勉強方法の失敗例についてご紹介します。留学前の勉強方法としても参考にしてみてください。

失敗例(1)例文に偏りすぎる暗記法

英語初心者が失敗しやすいポイントが「例文丸覚え」の勉強法です。

留学前に英語を勉強しておくこと自体はとても重要なことです。学校やホームステイなどの滞在先での自己紹介の際に自己紹介文を作成し、予め覚えておく方も少なくないでしょう。

ただし、その際に英語テキストの例文をそのまま暗記するだけでは英語力の向上にはつながりません

自己紹介文に限りませんが、そのまま例文を暗記するだけでは応用力に欠けているため、実際にはスムーズに会話できないケースもあるので注意しましょう。

失敗例(2)間違った発音で単語を覚える

多くの単語を覚えることはスピーキング力の向上につながります。しかし、単語数を増やすことに気を取られてしまい、正しい発音で覚えていないと会話時に相手にきちんと伝わらない場合があります。
また、カナダの英語はアメリカ英語とイギリス英語がミックスしているので、発音や単語そのものを間違って覚えてしまいがちです。

その他にもカナダでは東部のケベック州はフランス語訛りの英語のように、地域によって多少発音が異なるケースがあるので注意が必要となります。

留学生活編

次に留学生活において失敗しやすいポイントを知っておきましょう。

失敗例(3)カナダ留学中日本人とばかり付き合う

カナダを留学先に選ぶ日本人は多いですが、特にバンクーバーやトロントなどの都市部では日本人生徒の友達ができる方も多いでしょう。

留学時に日本人の友人がいると心強いものですよね。特に、高校生など初めての留学時に同じ日本人生徒がいた方が安心するかもしれません。

しかし、常に日本人と一緒に行動をしていると、さまざまな出会いのチャンスを逃してしまいます。私自身も1回目の留学時には、不安も多く日本人2~3人グループで行動することが多かったです。授業以外でもずっと一緒に行動していたため、いろいろなチャンスを逃していました。

そして、留学中は「日本語」と離れることも大切です。せっかく海外にいるのにネットで日本語サイトばかり見ていては、日本にいる環境とあまり変わらないかもしれません。

失敗例(4)留学中に遊びすぎる

カナダでは、大自然を満喫できる多くのアクティビティやウインタースポーツが楽しめるのも魅力の一つです。週末に小旅行として遊びに行くことは留学中の良い思い出になるでしょう。しかし、遊びばかりに夢中になっていると、その留学は失敗してしまう可能性があります。

また、留学期間中は、友達からの食事やパーティなどの誘いも多いものです。常に友達との付き合いを優先し、本来の勉強が疎かになってしまっては本末転倒ですので十分気を付けましょう。

失敗例(5)防寒対策の失敗

カナダは冬になると地域によっては-30度近くまで気温が下がります。特に、バンフやレイク・クルーズの地域はカナディアンロッキー山脈の影響を受けるため冬は豪雪地帯として有名なので、しっかりとした防寒対策が必要となります。

トレンチコートのような生地の薄いタイプの上着はNGですし、丈が短すぎるタイプも防寒対策としてはおすすめできません。また、靴に関しても、防水加工のないタイプでは水が靴の中に浸透して足が冷える可能性がありますし、ヒールのある靴は滑ってしまう危険があります。

失敗例(6)日本の歴史や文化の知識が少ない

海外に行くと日本の着物や神社、政治などさまざま事を質問されることがあり、自国の歴史や文化についての知識がある人とない人では会話の充実度も大きく変わってきますとので注意しましょう。

実際に私も日本の政治についての質問に関しては、上手く答えらなかった経験があります。留学生の多くは英語力を強化することにフォーカスするため、具体的な話す内容についての知識を増やすことを忘れがちですので気を付けましょう。

失敗例(7)ルームメイトとトラブルになってしまう

カナダ留学の滞在先は、「ホームステイ」「学生寮」「シェアハウス」に大別されます。この滞在先選びも慎重に選ばないとさまざまなトラブルの原因となります。例えば、学生寮やシェアハウスの相部屋では、多くのルームメイトと知り合うことができるでしょう。

しかし、ルームメイトとの仲が悪くなると、留学中の大きなストレスになる可能性もあります。折角良い学校に入れたのに、滞在先でトラブルがあると勉強に身が入りづらくなりますので注意してください。

学習姿勢編

学習姿勢は留学中のモチベーションともいえます。高いモチベーションを持つ事で留学を成功に近づけることができますのでチェックしておきましょう。

(8)目標を持たずに留学する

留学未経験者の場合、留学中に何を達成したいのか目標を作ることは難しいかもしれません。私も1度目の留学時には目標を決めず渡航したため、現地生活に慣れることで精一杯の部分がありました。そのため、充実度の低い留学になってしまったと後悔しています。

予め目標を作って留学するのとしないとでは、充実度も大きく違ってきますと。目標なしで過ごす長期留学よりも、目標を持った短期留学の方が有意義だともいえるでしょう。

失敗例(9)自分の実力にマッチした学校(クラス)でない

カナダにはTOEIC対策やビジネス英語に特化しているなどさまざまな語学学校があります。その中でも自分に合った学校やクラスを選び間違えると失敗する恐れがあります。

例えば、ヒアリングが苦手な方がいきなり上級者のクラスに入ったとしても、授業になかなか付いていけないかもしれません。

長期留学の場合にはクラス変更する余裕がありますが、短期留学の場合は少しでも時間を無駄にしたくないですよね。自分の実力に合った学校・クラスを慎重に選ぶ必要があるといえます。

失敗例(10)リアルな英語を使う機会が少ない

「成功する留学」というと「良い語学学校に通い、授業をきちんと受けること」というイメージを描く方も少なくないでしょう。もちろん、真面目に勉強することは大切です。しかし、それでは、実際の英語に触れているとはいえないかもしれません。

カナダのローカルの人と話したりする機会が少ないと、本当の留学とはいえないのではないでしょうか。私も初めての留学時には自分の殻に閉じこもりがちになり、ローカルの人と話す機会があまり多くはありませんでした。

せっかくお金をかけて留学するのですから授業以外でもさまざまな人と交流し、カナダの文化や風習を知る事も重要です。

LINE留学相談

カナダ留学を成功させるための対策法&秘訣10選

カナダ留学を成功させる対策と秘訣

次に失敗を防ぐための対策法を具体的に説明していきます。

勉強方法編

留学する上で、付き合いを決めるために大切な「自己紹介」や「発音」について理解しておきましょう。

対策(1)自分の自己紹介文を作る

例文をそのまま暗記するのではなく、自分オリジナルの自己紹介文を作っておくと良いでしょう。家族のことや、仕事、趣味などが入った自己紹介文がおすすめです。

作り終わったら、英語ネイティブの人に添削してもらった上で正しい文を暗記します。私も留学前に自己紹介文をネイティブの先生に添削してもらいアドバイスをもらいました。もしも、英語ネイティブの人がいない際は、インターネットを使用して添削する方法もあります。

できるだけ良い印象を与えるために、良い自己紹介文を準備しておきましょう。

対策(2)正しい発音で単語を覚える

単語を間違った発音で単語を覚えないようにするためには発音記号に頼らないことです。先生の発音をよく聞き、真似しながら発音することで単語を覚えると良いでしょう。

もし英語ネイティブの人がいない場合は、インターネットで発音をチェックすると便利です。1つの単語を集中して聞くことは、ヒアリング力のアップにも繋がります。

また、きれいな発音の英語を学ぶためには、予めフランス語が公用語であるケベック州などの学校を選ばないこともひとつの方法です。

留学生活編

留学する際に最も失敗しがちなのが「日本人と付き合い方」です。ぜひチェックしてみてください。

対策(3)日本人とは距離を置く

留学を成功させるためには、程よい距離感で日本人と付き合うことを忘れていけません。授業以外での日本人との付き合いを控える、学校では英語のみを使うなど意識してみてはいかがでしょうか。そのためには、予め日本人の少ない学校を選ぶこともコツでしょう。

カナダはもともと多国民で移民を多く受け入れてきたバックグラウンドを持つ国です。つまり、他国よりもいろいろな国との出会いのチャンスが多いといえます。

また、留学中は日本のネットニュースやYouTUBEなどは見ないようにし、できるだけ日本語から離れることも大切です。

対策(4)勉強と遊びの割合を決めておく

カナダは雪山での冬のアクティビティや山岳・高原リゾート地が多い国としても有名ですので、さまざまなアクティビティを楽しむことができるという魅力があります。言い換えれば、留学生にとってカナダは誘惑が多い国ともいえるでしょう。

留学においてもっとも大切なことは勉強ですので、優先順位を間違えないように気を付けなければいけません。そのためには、「勉強と遊び」の割合を予め自分の中でルール化することもポイントです。例えば、平日は友人からの遊びの誘いは断って時間を勉強にあてる、なども良いでしょう。

留学を成功させるには授業だけでなく、授業以外のプラスαの時間の使い方も大切です。その時間を何に充てるか、自分でタイムマネジメントできるようにしましょう。

対策(5)防寒対策は万全に

カナダの防寒対策で失敗しないためには、留学先のエリアが冬にどれくらい寒くなるのかを事前にチェックしておきましょう。短期留学なら冬季以外の季節を選ぶこともポイントです。

具体的には、まず、丈が長くできるだけ防寒機能の高いダウンジャケットを用意しましょう。カナダで販売されているブランドを選ぶこともポイントです。そして、ブーツは必ず防水加工のしてあるタイプを選ぶことが大切です。スポーツブランドのタイプは機能性にも優れているのでおすすめですよ。

その他にも、耳までスッポリ被れる帽子や、厚手の靴下、ホッカイロなども準備しておきましょう。

対策(6)留学前に日本についての歴史・文化を勉強しておく

「日本人なのに日本のことを聞かれて答えられない」という恥ずかしい失敗を避けるためには、歴史・文化の知識を増やしておくことが大切です。

具体的には、日頃から新聞やニュースをチェックする、歴史に関する本やマンガなどを読むなどして知識を増やすようにしましょう。

その他にも、日本で流行っていることも知っておくと、より楽しい会話ができるかもしれません。流行りのグッズやお菓子などをお土産として渡してみてはいかがでしょうか。会話内容の幅が広がれば、スピーキング力のアップにも繋がるでしょう。

対策(7)自分に合った滞在先を選ぶ

滞在先でのトラブルを回避するためには、事前に自分に合った滞在先を選ぶようにしましょう。私自身は2回ともホームステイを選びホストファミリーにも恵まれた為、幸いにもトラブルなく生活することができました。

しかし、一概にホームステイがおすすめという訳ではなく、トラブルがあることもあります。実際に、私の友人は滞在先とのホストファミリーと上手くいかず、途中で滞在先を変更するというケースがありました。

ホームステイを選択する場合、滞在先のルールやカナダのマナーを守ることがトラブルなく過ごすコツです。また、学生寮やシェアハウスの場合では、トラブルを避けるために1人部屋を選ぶのも良いでしょう。

学習姿勢編

留学で成功するために必要不可欠な「目標設定」や「学校選び」についても詳しく確認しておきましょう。

対策(8)達成したい明確な目標を定める

留学する際に自分が今回の留学で何を達成したいのか目標を作ることはとても重要です。例えば、「ヒアリングの強化」「TOEICのスコアアップ」など、留学前に紙にこれだけは達成したいという目標をリストアップしておくと良いでしょう。

もし、目標が複数ある場合は、優先順位を付けておくのがコツです。留学してから目標を探すのでは時間のロスになり、帰国した後に充実した留学だったとはいえない可能性もあります。留学を成功させるためには、まず目標を書くノート作りをしてみてはいかがでしょうか。

対策(9)クラスが細分化された学校を選ぶ

自分の実力に合った学校を選ぶためには、できるだけレベルが細分化されたクラスのある学校を選ぶことがとても重要です。

一般的に、クラス分けは英語力に応じて初級~上級クラスまで約5~11クラスに分けられます。細分化されているクラスのある学校で勉強することで自分の弱点克服に繋がりますし、英語もブラッシュアップしやすくなるでしょう。

もちろん、実力がアップすればクラス変更できる学校も多いですので、事前に良くリサーチしておくことをおすすめします。

対策(10)英語を使用する「リアルなシチュエーション」を作る

本物の英語力を身に付けるために、留学中は自分からカナダ人に話しかけるようにしましょう。例えば、公園、図書館などの公共施設などで、カナダ人に話しかけることも良いでしょう。

そして、バスや電車などを利用すれば、隣の席の人と話すチャンスもあります。初めは恥ずかしいかもしれませんが、出身地や天気、スポーツなど話しやすい話題から入ってみてはいかがでしょうか。

さまざまな人と話すことで、教科書には載っていないリアルな英語力を身に付けることができるでしょう。

カナダ留学を失敗させないためには学校選びが重要

カナダ留学を失敗させない学校選び

カナダ留学を成功させるためには、自分に合った学校選びが大切です。School Withでは300以上の中から自分に合うカナダの学校を選ぶことができます

また、School Withなら「相談から申込まで」オンラインでできるので遠方の方でも安心です。もし、不安な事があればLINEにて留学前に相談することで、失敗を未然に防ぐことができるでしょう。経験豊富なカウンセラーがしっかりとサポートしてくれますよ。

LINE留学相談

まとめ

本記事ではカナダ留学時に失敗しがちなケースをご紹介しました。留学する際に特に意識すべきポイントは以下の通りです。

・日本人(日本語)との距離を置く
・達成したい明確な目標を定める
・できるだけ細分化されたクラスのある学校を選ぶ
・自分に合った滞在先を選択する

これからカナダへの留学を検討している方は今回ご紹介したポイントを踏まえて、具体的な留学プランを立ててみてはいかがでしょうか。貴重な留学が成功するようにぜひ頑張ってください。

LINE留学相談

カナダ留学ガイド

カナダ留学のメリット・デメリット

期間別のカナダ留学費用まとめ

1週間のカナダ留学費用

2週間のカナダ留学費用

3週間のカナダ留学費用

1ヶ月のカナダ留学費用

2ヶ月のカナダ留学費用

3ヶ月のカナダ留学費用

半年のカナダ留学費用

1年のカナダ留学費用

留学計画早見表

英語試験対策とスコア換算表

カナダ英語の特徴と訛り

カナダ留学の失敗事例

カナダの天気・気候と服装

カナダの現地生活

カナダのおすすめ観光スポット

カナダのおすすめアクティビティ

2ヶ国留学のススメ

カナダ留学に人気の都市ランキング

目的からカナダ留学を探す

カナダ留学の学校の選び方

カナダ留学コース選定ガイド

カナダ留学の滞在先の種類と特徴

カナダ留学前の準備の流れ

カナダ留学の出国から帰国までの流れ

カナダ留学持ち物リスト

カナダ留学に必要なビザ

カナダの空港情報と市内へのアクセス方法

カナダの祝日

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学カウンセラーが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

School Withならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学カウンセラーへ相談する

03-4500-8346

お気軽にお問い合わせください。

会員登録をして相談しよう メールで留学相談する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会(@東京)に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

School Withなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

3

安心の学校倒産保証(フィリピンのみ)

学校が万が一倒産した場合も、残りの留学期間を代替校で継続して授業が受けられるよう保証いたします。

無料留学相談は
こちらから

留学カウンセラーへ相談する

03-4500-8346

お気軽にお問い合わせください。

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。