【お知らせ】7月〜8月は満室の学校が増えています。お申込みはお早めに!留学の相談はこちら

カナダ英語の特徴とアメリカ英語との違い

英語

語学留学に興味がある方であれば、一度は「カナダの英語の発音はきれい」と聞いたことがあるりませんか?

それを聞いて「そんなにイギリスやアメリカと違うのか?」と疑問に思ったこともあるかと思います。

そこでこちらでは、そのカナダ英語の特徴や地域ごとの違い、イギリス英語やアメリカ英語とどう違うのかといったことをお伝えいたします。

カナダ英語の特徴

カナダ英語の特徴

カナダ英語の綴りはイギリス式が多いが一部アメリカ式が混ざっていたり、発音はアメリカ式が中心ですが一部イギリス式が混ざっていたりします。また東部のケベックではフランス語が公用語のため、フランス語訛の英語を話す人も多いです。

様々な民族が移民としてやってきており、それぞれの言語もカナダ英語に影響を及ぼしています。どうして発音がアメリカ寄りで綴りがイギリスよりなのか、以下で歴史的背景を説明します。

カナダ英語の歴史的背景

カナダ英語とアメリカ英語の発音が似ているのは、1776年から1793年の間にアメリカ独立革命を逃れて当時イギリスの領土であったカナダに大量流入した亡命集団がカナダ英語の基盤となっているためです。

王党派と呼ばれる亡命集団の一派は、アメリカ合衆国の中北部から北上してきた人々ですが、アメリカでも同じ中北部から西部開拓が始まり、アメリカ英語がアメリカ全土に広まっていきました。ですのでルーツは同じ地域に住む人々から始まっています。

対してイギリス寄りの綴りをする背景は、教育の影響が大きいそうです。アメリカから逃れてきた王党派はどうにかしてイギリスに近い状態でいようと試みました。その結果として、イギリスの教育者や権威者がイギリス綴りやイギリス文法を学校で教えるようにしました。

このようにして発音はアメリカ寄りですが、綴りはイギリス寄りという特殊な状態が生まれたようです。

カナダ国内での違い

カナダ国内でも多少の地域ごとの英語の発音の違いはあるようです。例えば西部のブリティッシュコロンビア州では、appleなどの[æ]の発音が鼻の前で抜けるような発音になるようです。

またケベック州ではフランス語のみ公用語のため、英語話者がぐっと減るのですが、モントリオールは英語を話す人も多いようです。

しかしフランス語の影響が大きく、marryやmerry、parishとperishを明確に異なる発音で話したり、通りの名前を英語ではなくフランス語のまま呼んだりするそうです。(marryとmerryは他の地域・国では同じ発音です)

その他にもその地域に住む先住民の単語をそのまま英単語として使われていることもあったり、地域によって特色が見られます。

アメリカ英語とカナダ英語の違い

アメリカ英語とカナダ英語の違い

カナダ英語の綴りはイギリス寄りの一部アメリカ式

カナダ英語の綴りは多くの場合はイギリス英語と同じですが、一部アメリカ英語と同じ綴りをするものもあります。

まずイギリス英語と同じ綴りの代表的な例として、アメリカ英語では単語が「-or」、「-er」で終わるもの。イギリス英語では「-our」、「-re」と表記されます。(例:colour、cheque、centre、metre)

ただアメリカと同じ綴りを用いる場合もあり、末尾が「-ize」「-yze」で終わる単語についてはアメリカと同じ綴りが使われています。(例:realize、paralyze)

綴りについては政治・経済の影響もあり、例えば「tire」はアメリカ式の綴りが使われますが、これは自動車産業がアメリカ中心で、アメリカとの取引が多いためだそうです。対して金融機関はイギリスとの関係が密のため、「cheque」はイギリス式が使われるようです。

日本語 アメリカ カナダ イギリス
小切手 check cheque cheque
color colour colour
中心、中心地 center centre centre
メートル meter metre metre
防御する defense defence defence
flavor flavour flavour
タイヤ tire tire tyre
認識する realize realize realise
麻痺する paralyze pararyze pararyse

カナダ英語の発音の特徴

カナダ英語の発音の特徴

「カナダの英語は発音が綺麗」と言われますが、カナダ英語は基本的にアメリカ寄りの発音をしますが、一部イギリス寄りの発音をします。ここではイギリス寄りの発音をするものを紹介します。

「Z」の発音はイギリス式

Z単体ではイギリス英語では「ゼッド」と発音しますが、アメリカでは「ズィー(zii)」と発音します。実はアメリカ英語の「ズィー」はアメリカのみでの発音で、他地域では「ゼッド」が一般的です。

「o」の発音にも注意

「o」の音もアメリカ英語とは違いイギリス寄りになります。アメリカ英語では、「o」は日本人からすると「ア」に近い音に聞こえ、イギリスと比べるとかなり口を大きく横に開いて発音します。

対してイギリス・カナダ英語ではもっと口をすぼめるため、日本語の「オ」に近い音に聞こえます。「pot」「not」などといった基本的な単語でよく使われる音ですので、カナダからアメリカ旅行に行った時には注意深く聞いてみると面白いかもしれません。

カナダ英語で使用する単位はイギリス寄り

カナダ英語で使用する単位はイギリス式で一部アメリカの単位を使います。例えば距離を表すのにアメリカではマイル(mile)を使いますが、カナダではメートル記法(km、m)を使用します。

他にも温度もカナダでは摂氏(℃)を使用しますが、アメリカでは華氏( °F)を使用します。ただし長さに関してはアメリカに倣い、インチ(inch)、フィート(feet)を使用します。

カナダ特有の表現について

「eh?」という付加疑問文

カナダ特有の表現としてよく上げられるのが、「そうじゃないの?」と聞く時に使う「〜aren’t you?」や」「〜don’t you?」の付加疑問文ですが、カナダでは「〜eh?」と聞く人もいます。

日本人からすると少し怒ってるのか?と思い失礼な感じに聞こえてしまうようにも感じますが、単純に「そうなんでしょ?」と聞いているだけだったりします。

アメリカでは「〜right?」という聞き方が主流で、カナダ人でもよく使います。「aren’t you?」「don’t you?」を全く使わないということではないため、あくまでカナダ特有のくだけた表現として認識しておくに留めるのがいいでしょう。

トイレを表す言い方

「トイレ・お手洗い」を言い表すのに、カナダ、アメリカ、イギリスとそれぞれ別の言い方をします。カナダ英語では一般的に「washroom」と呼ばれます。「お手洗い」をそのまま直訳した感じで日本人にとってもすんなりと理解できる単語だと思います。アメリカでは「bathroom」と呼ぶ人が多いです。

アメリカ・カナダ両方とも家はユニットバスが基本でシャワーもトイレも一緒の部屋になっているという背景があってbathroomでも通じるのですが、ただ公共の場ではもちろんトイレのみのため、「bathroom」と聞くとおかしいと感じるようです。

イギリス英語ではpublic toilet、またはlavatoryと呼ばれます。アメリカ・カナダでは日本の「トイレ」と言っても通じない場合がありますので注意が必要です。

まとめ

このように、カナダの時代背景や文化・政治・経済的理由からアメリカ、イギリス両国の影響を受けつつも、独自のカナダ英語が作られてきました。そんな各国毎の英語の違いにも目を向けてみることでより英語に親しみを覚えられるかもしれませんね。

また、他国の英語の特徴や訛りと比較して、留学を検討したい方には、国ごとの英語訛りを紹介していますのでこちらを合わせて読んでみてください。↓↓
フィリピン英語の特徴
アメリカ英語の特徴
オーストラリア英語の特徴
イギリス英語の特徴
ニュージーランド英語の特徴
アイルランド英語の特徴
マルタ英語の特徴

カナダ留学に戻る

カナダ留学ガイド

カナダのおすすめ観光スポット

カナダ留学の特徴とメリット・デメリット

カナダの現地生活情報

カナダ英語の特徴とアメリカ英語との違い

目的からカナダ留学を探す

2ヶ国留学のススメ

カナダの天気・気候と服装

カナダ留学おすすめ人気都市ランキング

カナダ留学で失敗しないための学校の選び方

カナダ留学の滞在先の種類と特徴

カナダの空港情報と市内へのアクセス方法

1週間のカナダ留学費用の内訳と総額

カナダ留学コース選定ガイド

1ヶ月のカナダ留学費用の内訳と総額

3ヶ月のカナダ留学費用の内訳と総額

半年のカナダ留学費用の内訳と総額

1年のカナダ留学費用の内訳と総額

カナダ留学前の準備の流れ

カナダ留学持ち物リスト

カナダ留学の出国から帰国までの流れ

カナダ留学に必要なビザ情報

カナダの祝日情報

留学計画早見表

英語試験対策とスコア換算表

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学コーディネーターが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

School Withならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30 (祝日除く)

会員登録をして相談しよう メールで留学相談する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会(@東京)に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

School Withなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

3

安心の学校倒産保証(フィリピンのみ)

学校が万が一倒産した場合も、残りの留学期間を代替校で継続して授業が受けられるよう保証いたします。

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。