School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

現役女子大生が見たフィリピン留学のリアル #03~ "リゾート留学"中の私の1日のスケジュールと授業内容を紹介!

School With留学アンバサダーの古屋みなみ

こんにちは!School With留学アンバサダーの古屋みなみです!

私は現在、自身の英語力アップとフィリピン留学をもっと世の中に広めたいという想いから、フィリピンの語学学校に3ヶ月間留学に来ています。現在はフィリピン・セブにある語学学校、ブルーオーシャン アカデミーで英語を学んでいます。

実際どんな生活を送っていて、何が充実しているのか、気になる方も多いはず!今回はブルーオーシャンアカデミーでの1日のスケジュールと授業内容についてお話します。

【PR】

規則正しいセブ島ライフ!私の留学中のスケジュールをご紹介 〜平日編〜

セブ島留学では、食事の時間が決まっていたり、授業も早くはじまるため日本にいるときよりも毎日とても規則正しい生活が送れております。

では、さっそく起床してから寝るまでの私の留学中のスケジュールを見ていきましょう。

7:00〜 起床

アラームをかけなくても基本的に7時くらいに暑さで目が覚めます(笑)。起床して最初に目に入る綺麗なオーシャンビューは、まさに"リゾート留学"を感じさせます。

ちなみに私のルームメイトは3人なのですが、2人とも16歳の高校生!この歳からフィリピン留学に来ていてすごいなと感じます。生活リズムが異なるため、あまり話す機会はありませんが、日々刺激をもらっています。

7:45〜 朝食

朝6時から朝食を取ることができます。私はだいたい朝7時45分に食堂に向かいます。メニューはシンプルなものですが、朝ごはんが用意されていだけでもありがたいなと感じます。レッスンでは思っている以上にエネルギーを消費するため、朝ごはんをしっかり摂ることがおすすめです。

朝ごはん

朝ごはん。パンとおかゆが出ますが、私はおかゆ派です。

8:00~ カフェで勉強

1限がある生徒は朝8時から授業が始まります。しかし私の最初の授業は朝10時から始まるため、朝は自習の時間に使っています。日本と比べると、フィリピンはネット環境があまりよくないです。

学校のカフェテリアや教室など生徒が多く集まる場所では、生徒たちが一斉に同じWi-Fiを使用するため、Wi-Fiを繋ぐことが困難な時もあります。アプリなどのダウンロードはもちろん、動画を見ることも難しいです。そのため、朝は気分転換も兼ねて、近くのカフェで自習をしています。

もしスムーズにネットを使いたい場合は、(SIMフリーのスマホを持っていれば)現地でSIMカードを買って利用するか、現地で利用できるポケットWi-Fiを購入して利用することをおすすめします。ちなみにブルーオーシャンアカデミーでは、ポケットWi-Fiの貸し出しも行っており、使用している生徒も多いです。使い放題1ヶ月で2500ペソ(約5750円)です。

学校近くのカフェ

学校の近くのカフェ。写真のコーヒーは100ペソ(約215円)で、日本と同じクオリティのコーヒーが飲めます。サイズもレギュラーですが、大きい!

10:00~ 授業開始!1コマ目:ディスカッション (マンツーマン)

私が選択したコースは「General ESLコース」。マンツーマンレッスンが5コマ、グループレッスンが2コマ計7コマで、スピーキング、リスニング、ライティングをバランスよく学べる1番オーソドックスなコースです。その他には「TOEICコース」「IELTSコース」、そしてファミリーコースがあります。

1コマ目のマンツーマンレッスンでは、毎日違うテーマで先生とディスカッションをします。スピーキング力をあげるための授業です。「結婚について」や「幸せについて」そして「不満を解消させるための方法」や「高齢者社会について」などの少し難しいテーマにも取り組み、英語をただ話すだけではなく、自分の考えを英語で伝えることをします。

また、そのテーマに沿った専門的な英単語も先生が教えてくれるため、新しい単語も覚えることができます。

ディスカッションクラス

先生は絵が上手で、ディスカッションのトピックを絵を書きながら説明してくれます。とてもわかりやすいです!

廊下

マンツーマンの教室がたくさん並ぶ廊下。1つの部屋につき先生が1人います。マンツーマンの際は、生徒が直接先生の部屋にいき、授業を受けます。先生によっては、部屋を可愛くデコレーションしたり、生徒からもたった手紙を壁一面に飾っている先生もいます。

11:00~ 2コマ目:リスニング(グループ)

グループレッスンでは、中級のリスニング問題、そして最もリスニングの練習に効果的な学習法の1つと言われているディクテーションに取り組みます。

ディクテーションとは、聞こえた英文をそのままノートに書き出すという勉強法です。自分の実際のリスニングの実力・単語のスペルの正確さ・文法の理解度などが一目瞭然でわかります。毎日これらを繰り返しているため、リスニングの実力も最初より上がったように感じます。

12:00~ 昼食

昼食

ブルーオーシャンのご飯は、私はとても美味しいと思います!主に韓国料理や日本料理ですが、味付けが辛い料理のときは、辛くない味付けも出たり、料理にかけるソースなども2種類あります。また、箸やスプーンも韓国式と日本式の2種類用意されています。

昼食の列

昼食時は食堂が非常に混み合います。留学生が多いシーズンだと、食堂の外の階段まで配膳を待つ人の列ができるほどです。

13:00~ 午後の授業開始! 3コマ目:イディオム(マンツーマン)

午後は空き時間がなく18時まで英語漬けのスケジュール。しかし、同じ英語の授業でも全ての授業内容が異なるため、毎回新鮮な気持ちで取り組むことができます。昼食後の授業は睡魔が・・・しかし先生とのマンツーマンレッスンなので、絶対に寝ることはできません(笑)。

3コマ目で扱う「イディオム」とは、原義とは違った特殊な意味を持つ習慣的な言い回しのことで、慣用句のようなもの。たとえ英単語を多く覚えていても、イディオムの知識がないと英文を訳す時の意味合いが大きく変わってしまいます。この授業では、よく使用するイディオムを毎日10個程学び、それらを使用した文章を作りながら覚えていきます。

イディオムのクラス

ちなみに、私が好きなイディオムは「go bananas」=「気が狂いそうだ」「クレイジーだ」という意味で、冗談を言うときに使用するそうです。

毎回新しいイディオムと共に、少し難しい英単語や英語の豆知識を教えてくれます。フィリピンのマンツーマンレッスンでは、自分の学びたいことを伝えると次の授業の際に先生が必ず教えてくれるので、非常に効率的に学ぶことができます。

14:00〜  4コマ目:リーディング(マンツーマン)

英語には「a」や「t」の発音が複数あったり、「r」と「l」などの発音の違いなど、マスターするためには繰り返しの練習が必要です。小学校から大学まで英語で教育が行われているフィリピンでは、先生の発音も非常に綺麗です。

リーディングの授業では、基本的な発音の練習や、早口ことば、そして単語同士を繋げてネイティヴのような発音ができるようなブレンディングの練習もします。

授業のライブ配信

セブ島留学のマンツーマンレッスンをチラ見せ!発音の練習をしている動画です。学校でライブ動画配信した時の映像を公開しているので、ぜひ見てみてください!

15:00〜 5コマ目:ディスカッション(グループ)

グループレッスンは基本的に4人で行われます。この授業では、ディスカッションに限らず、英語でゲームをしたり、先週の授業では、フリーテーマで1人20分間のプレゼンテーションをしたりします。毎回違うことをするので、非常に楽しい授業です!

16:00〜 6コマ目:英文パターン(マンツーマン)

1番難しいですが、実際に英会話でよく使うことのできるパターンを学ぶ授業。新しく覚える英文のパターンと新しい英単語を組み合わせて例文を作るという授業です。英文と英単語を覚えたとしても、使い方を覚えないと実際に自分の英語として使うことができません。この授業では実際に使えるようになるまで、先生と練習していきます。

17:00〜 7コマ目:ライティング(マンツーマン)

最後は文法のクラスです。文法の問題をひたすら解き、先生に添削してもらい、間違えた部分をわかるまで丁寧に教えてくれます。フィリピンの先生達も自分で勉強してきたため、教え方が非常にわかりやすいです。

オプションクラス:ズンバ

待ちに待ったズンバクラス。ダンスが大好きな私にとって、とても楽しい時間です。ズンバダンスとは、南米コロンビアで生まれたダンスエクササイズで、ヒップホップとエアロビの間のようなものです。

オプションクラスのズンバのクラスは、誰でも受講でき、日々の運動不足解消やダイエットに非常に最適なクラスです。

18:30~ 夕食

夕食

夕食では、カレーやハヤシライスなどの日本料理や、サムギョプサルやビビンバなどの韓国料理が多いです。日本食が出た時は、小学校の給食のような感覚が蘇りとても懐かしいです(笑)。そしてボリューム満点!

夕食のメニュー

食堂内にはメニュー表が貼ってあり、生徒たちはこれを見て食事のメニューを楽しみにしています。

トッポギ

私の大好きなメニューはトッポギ!韓国で食べることのできるような本格的な味でとても美味しいです。トッポギが出た際は、私はトッポギだけをたくさん食べます(笑)。

19:30~ ジムでトレーニング

食事の後は毎日学校のジムで運動しています。ジムにはマシーンがたくさんある他、日中は先生で夜はトレーナーをしてくれる先生がほぼ毎日ジムにいるため、正しいトレーニングの仕方を教えてくれます。私の目標は腹筋を割ること!勉強もできて運動もできる最高の環境です。

ジム

ジムが終わってから就寝までは、授業の予習復習などを行っています。このようなスケジュールで平日はみっちり充実した生活を過ごしています。

今週のセブ島での週末は・・・スピードを出して気分爽快!本格的なゴーカートに挑戦

セブ島での2回目の週末は、学校の先生とセブシティーにあるゴーカート場に行って来ました。425ペソ(約1000円)で本格的なカーレースが楽しめました。実際に行ってみると、とても迫力満点で車の免許がない私にとってゲームの世界のようでした(笑)。車の運転が好きな人にとってはいいストレス発散場所になると思います。ちなみに私はとても怖かったですが・・留学中のリフレッシュにオススメです!

ゴーカート

ヘルメットを着用して出発準備完了!地面と距離が近く、音も大きくて内心ビクビクしており、ヘルメット内の顔面は非常に引きつっていました(笑)。

レース中

ハンドルがとても重くて少し曲がるだけでも一苦労。カーレースですが、安全運転をするだけで精一杯でした(笑)。

集合写真

先生たちといい思い出ができました!休日に遊びながら正しい英語を使うことができ、とてもいい時間でした。

▼『カートゾーン(Kart Zone)』 
F. Cabahug St., Barangay Kasambagan, 6000 セブ
営業時間月~日:10:00-21:00

今週のTOEICまでの道のり〜

今週は学校の授業の宿題や復習に追われた1週間でした。英語を毎日最低7時間以上触れている環境にいるため、日本にいるときより疲れます。しかし、今回の留学の最終目標は「TOEIC800点」を取得すること!

前回の記事で「毎日30単語覚える」という目標を立てていたのですが、実際に取り組んでみると毎日数時間、TOEICの勉強に当てるということが難しく、なかなか進みませんでした・・・。

これからは。1分1秒たりとも無駄にすることはできません。来週からの目標は「毎日の隙間時間を有効に、単語を覚える・リスニング問題に取り組む」です!

先生に、ボキャブラリー数が増えれば、より英語が理解できるようになり、TOEICも高得点を狙えるとアドバイスをいただいたので、引き続き頑張ります!

今週の古屋のぼやき

雨が降った後の道路

雨が降ると道路が水浸しに。くるぶしまで水に浸かることもあります。

フィリピンの雨期は地域によりますが、大体6月〜10月です。フィリピンは日本と違ってジメッとした雨期ではなく、いきなり一時的な大雨(スコール)が降り出したかと思うと、数時間後にはカラッと晴れた天気になったりします。スコールが降ったあと、私の学校の前の道路は必ず浸水します。道をわたることさえ困難になります(笑)。

【連載】現役女子大生が見たフィリピン留学のリアル
#01~ 私が2回目のフィリピン留学に行く理由
#02~ まさに"リゾート留学"!?ついにフィリピン留学生活がスタート!

●schoolwith留学アンバサダー
Instagramアカウント:@sw_ambassador

●古屋みなみ
Instagramアカウント:@miiiii000
Twitterアカウント:@Miiiiinami_m

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

古屋みなみ

古屋みなみ

School With留学アンバサダー 2017年8月から3ヶ月間、フィリピンはセブ島とバギオに留学します。留学中のリアルな情報を女子大生目線からお伝えします。

カテゴリーから記事を探す

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。