マルタのおすすめ観光スポット9選

マルタ

マルタは地中海に浮かぶヨーロッパのリゾート地。バカンスを利用し、毎年多くの観光客が集まります。しかし日本人からするとまだまだ情報も少なく、馴染みの薄い国となっているのではないでしょうか。

そこで今回はマルタに行ったら行きたいおすすめの観光スポット9選をご紹介します。これからマルタに行く予定のある人はぜひ参考にしてみてくださいね。

なお本記事は2018年4月現在での情報を元に作られています。

(1)バレッタ

バレッタ

バレッタは、聖ヨハネ騎士団によって港を守るために建てられた要塞都市です。1980年に街ごとユネスコ世界文化遺産に登録された、マルタを代表する観光地となっています。

以下ではバレッタ内にあるおすすめスポットをご紹介します。

聖ヨハネ大聖堂

マルタには多くの教会がありますが、とりわけ有名なのがこの聖ヨハネ大聖堂です。中に入るときらびやかに黄金・銀・大理石で施された装飾が目を引き、シンプルな外観からは想像できない、息をのむような豪華な空間がお迎えしてくれます。

本堂には、大理石でできた騎士団員の墓碑が床一面に並びます。そのため、ヒールのある靴での入場は禁止されていますので、気をつけてください。

聖ヨハネ大聖堂といえば、イタリア人の天才画家カラバッジョの大作『洗礼者ヨハネの斬首』が見れることでも有名。当時、祈祷所の祭壇用として描かれた壁一面の大迫力の作品は、今も当時と同じ場所に配置されています。また、マティア・プレッティにより描かれた天井画も必見です。

アッパーバラッカガーデン

グランド・ハーバーを一望できる広々とした見晴らしの良いガーデンで、地元の人の憩いの場所にもなっています。展望台からは対岸のスリーシティーズの景色を楽しむことができます。

行き方

バレッタへはセントジュリアン、スリーマ、ラバトなど他の都市からバスが多く出ています。

(2)イムディーナ

イムディーナ

バレッタが首都になる以前に、16世紀に首都だった古都がイムディーナです。まるで中世に迷い込んだような風景が人気の観光地ですが、観光用に造られた街並みというわけではなく、実際に街で暮らす人も多くいます。

聖パウロ大聖堂

聖パウロの難破』を描いたフレスコ画を含め、聖パウロ大聖堂にはマティア・プレッティの作品が5点も収められていて、美しい壁画、天井画を見ることができます。

イムディーナ・グラス

マルタのお土産として定番になっているのがガラス細工。イムディーナ・グラスは1968年創業の老舗、マルタ最大のガラス工房です。毎年クリスマスシーズンには、美しいクリスマスツリーがバレッタに飾られます。そのツリーをつくっているのが、こちらのイムディーナ・グラスです。

聖パウロのカタコンペ(地下墓地)

聖パウロのカタコンペは約2000㎡の広さに、1000以上の墓地が連なっていて、マルタ島最大の地下墓地を見ることができます。

夜のライトアップ

留学生の方におすすめしたいのが、夜のイムディーナです。観光旅行では日中に一度だけ訪れる方が多いと思いますが、何度も何時でも、気軽に訪れることができるのは長く滞在する留学ならではのメリットです。

夜になると観光客が減り更に静寂に包まれるのですが、街や建物がライトアップされ、何とも幻想的になります。夕日を堪能したあとに、ディナーや夜のお散歩もオススメです。

行き方

イムディーナへはバレッタからバスで30分ほどで行くことができます。

(3)ハル・サフリエニ

ハル・サフリエニ

photo by: Heritage Malta

ハル・サフリエニの地下墳墓は、紀元前2500年頃に築かれたといわれる地下構造物で、世界文化遺産にも登録されています。世界で唯一の先史時代の地下墳墓で、1902年に貯水槽を切削していた労働者により偶然発見されました。

ハル・サフリエニの地下墳墓を観光するには事前に予約する必要があります。人気の観光地であること、さらに一日に入場できる人数も限られているため、1ヶ月以上前から予約しないと、ほぼ予約が取れない状態です。

行き方

ハル・サフリエニの地下墳墓へはバレッタからバスで20分ほどで行くことができます。

(4)スリーシティーズ

スリーシティーズ

監視塔や砦、大砲など戦争の爪痕を感じさせる建物や展示が今でも残るスリーシティーズは、文字通り3つの街(ヴィットリオーザ、セングリア、コスピークア)の総称です。

ヴァレッタやサンジュリアンより落ち着いた雰囲気が漂い、地元の人の暮らしをより感じられるエリアとなっています。

英連邦海軍墓地

英連邦海軍墓地には第一次世界大戦時に死を迎えた日本人海兵の方々、71名の慰霊碑があります。ヨーロッパにある数少ない日本人の慰霊碑なので、マルタに訪れた際は押さえておきたいスポットです。

マルタ戦争博物館

マルタ戦争博物館は、ヴィットリオーザにある第二次世界対戦に関する博物館です。当時警察本部だった建物が、博物館として利用されています。

館内には当時使われた武器や軍服などが展示され、ヘルメット着用で防空壕の中を見学することもできます。

行き方

スリーシティーズへはバレッタからバスを利用し、30分ほどで行くことができます。

(5)コミノ島

コミノ島

コミノ島はマルタ北西部に位置する島で、マルタの澄んだ海を存分に楽しむことができます。

ブルーラグーン

必ず訪れたいのが、世界トップレベルの透明度を誇るブルーラグーン。条件によっては舟が空中に浮いているように見える写真が撮れることで有名です。

湖のように波が穏やかなので海水浴にも適しています。

行き方

コミノ島へはバレッタから船で1時間半ほどで行くことができます。

(6)ゴゾ島

ゴゾ島

ゴゾ島は、マルタ北西部にある島で、バレッタなどがあるマルタ島より落ち着いた雰囲気を感じることができます。島の中には多くの観光スポットがあるため、こちらも観光にはおすすめです。

シュレンディ

カヌーなどのアクティビティが楽しめ、天然プールがあります。シーフードレストランも並びますので休憩がてら下車してみるのも良いですね。

マルサルフォルン・ベイ

リゾート地として知られ、下車する人も多いポイントです。ビーチやホテル、レストラン、お土産屋さんなどが揃っており、存分に観光を楽しむことができます。

ラムラ・ベイ

赤砂が美しいビーチで、広いビーチなので混み合ってないのも良いポイントです。マルタのビーチは岩場が多いのですが、こちらは貴重な砂のビーチという点もオススメのポイントとなっています。 

アズールウィンドウ

数千年の風と波の侵食でアーチ型にできあがったアズールウィンドウですが、残念ながら2017年に強風と高波によって崩壊してしまいました。

しかし、アーチはなくても絶景に変わりはありません。4€で、小さなボートで近くまでいくことができ、吸い込まれそうなほど美しい青さを感じることができます。

行き方

マルタ島から船で30分ほどで行くことができます。

(7)ブルーグロット

ブルーグロット

ブルーグロットは「青の洞門」として有名な観光スポットで、アズールウィンドウと同様、ボートでまわることが可能です。値段は8€で、20分ほどかけていくつかの洞門を見学します。

行き方

ブルーグロットへは、バレッタからバスで40分ほどで行くことができます。

(8)マルサシュロック

マルサシュロック

マルサシュロックは日曜日に開かれるサンデーフィッシュマーケットが有名で、シーフードだけでなく、お菓子やお土産、衣料品なども格安で買えるため、地元や観光客で賑わいます。

「オシリスの目」のついたカラフルな漁船が浮かぶ風景が印象的な港です。シーフードレストランも多いので、グルメ目的で訪れる人も多くいます。

行き方

バレッタからバスで40分ほどでおくことができます。

(9)ポパイビレッジ

ポパイビレッジ

ポパイビレッジはもともと1980年の映画『ポパイ』の撮影地で、使われたセットが残されて活用されているテーマパークになっています。

ビレッジ自体はこじんまりとしていますが、『ポパイ』の歴史やドキュメンタリー動画などが見れる場所もあり、ファンにはたまらない施設となっています。

行き方

ポパイビレッジへはバレッタからバスで1時間ほどで行くことができます。

まとめ

いかがでしたか?

マルタは国土の小さい国ながら、世界遺産やキレイな海に囲まれた見どころ満載の国です。これからマルタへ行かれる人はぜひこの記事を参考に観光計画を立ててみてくださいね。

マルタ留学に戻る

マルタ留学ガイド

マルタ留学の特徴とは?メリット・デメリットを徹底解説

目的からマルタ留学を探す

2ヶ国留学のススメ

マルタの天気・気候と服装

マルタの現地生活情報

マルタ留学コース選定ガイド

マルタ英語の特徴と訛り

マルタの地区・周辺エリア情報

マルタ留学おすすめ人気都市ランキング

マルタ留学で失敗しないための学校の選び方

マルタ留学の滞在先の種類と特徴

留学計画早見表

1週間のマルタ留学費用の内訳と総額

1ヶ月のマルタ留学費用の内訳と総額

3ヶ月のマルタ留学費用の内訳と総額

半年のマルタ留学費用の内訳と総額

1年のマルタ留学費用の内訳と総額

マルタのおすすめ観光スポット情報

マルタ留学の出国から帰国までの流れ

マルタ留学で必要なビザ情報

マルタ留学持ち物リスト

マルタ留学前の準備の流れ

マルタの祝日情報

英語試験対策とスコア換算表

マルタの空港情報と市内へのアクセス方法

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学コーディネーターが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

School Withならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30 (祝日除く)

会員登録をして相談しよう メールで留学相談する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会(@東京)に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

School Withなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

3

安心の学校倒産保証(フィリピンのみ)

学校が万が一倒産した場合も、残りの留学期間を代替校で継続して授業が受けられるよう保証いたします。

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。