【お知らせ】7月〜8月は満室の学校が増えています。お申込みはお早めに!留学の相談はこちら

マルタの空港情報と市内へのアクセス方法

飛行機

地中海に浮かぶ世界遺産の島、マルタ共和国。マルタは治安が良く、物価も安く、英語が通じるので快適に楽しく過ごしやすい国です。最近では留学先としても選ばれることが多く、日本人にとっても身近な国になってきています。

そんなマルタですが、空港の情報と市街までのアクセス方法については意外と知られていないことが多いようです。

そこで今回は、日本からマルタまでの行き方と、空港から市街地までのアクセス方法についてご紹介していきます。

日本からマルタまでのアクセス方法

飛行機

日本からマルタまでの直行便はなく、飛行機を乗り継いで行く必要があります。ヨーロッパ経由やアラブ方面などの色々な方面から行くことができますが、本数が多い便はイスタンブールや、ドバイ経由のものです。

ドバイ経由で行くと、ドバイまで約12時間、ドバイからマルタまでが約7時間半ほどかかります。乗り換え時間を含めるとマルタに到着するまでには片道でも丸1日かかります。移動時間は長いですが、乗り換えの際に他の国の空港でショッピングが楽しめるので道中も濃い時間を過ごすことができます。

安い飛行機の便を探すと中には乗り換え回数が2回というような便もありますが、時間のロスが大きく、料金も数千円程度しか変わらないものが多いです。

到着空港情報

マルタ空港

photo by: Malta International Airport

マルタの国際空港はマルタ国際空港のみです。小さな島国なので、空港の大きさもコンパクトで迷いにくいのが特徴です。

マルタ国際空港のお店は?

入国審査が完了したら空港を見たいと思うかもしれませんが、空港は小さくショッピングができるようなお店は少ないです。飲食店も軽くご飯を食べる程度のお店はありますが、チェーン店が多いため、マルタ料理を堪能したい方は空港で食事を取らずに市街まで出てしまった方が良いです。

帰国する際の出発フロアには免税店が少しありますが、空港でのショッピングはあまり充実していないと考えてしまった方が無難です。お土産の買い忘れが無いように、滞在中にしっかりと欲しいものを市街等で買っておいたほうがいいでしょう。

空港から市内への行き方

セントジュリアン

空港から市街までは10kmほど距離が離れています。市街地までの交通手段は、
・バス
・タクシー
・送迎サービス
という3つの方法があります。それぞれの利用方法について紹介をしていきます。

安く市街に出たい方はバスがオススメ

マルタには電車が走っておらず、バスでの移動が主流になっています。様々な方面にバスが走っているため、滞在中もバスでの移動が増えると思います。そのためにも到着日にバスに慣れておくと、後日の観光がしやすくなるかもしれません。

バスは冬の料金が1.5ユーロ(225円)、夏の料金が2ユーロ(300円)と時期によって料金が変わります。(マルタにはサマータイムが存在し、3/27~10/30までが夏料金になりますが、詳しくは出国前に確認しておくと良いです。)

バスは料金先払いになっているので、バスに乗る前には空港でお金を崩しておきましょう。また、バスは色んな方面に向かってたくさん本数が出ています。もし乗るバスに自信がない場合は、運転手さんに行き先を告げて、バスが合ってるか確認してみてください。

マルタのバスは首都のバレッタを中心に発達していて、バレッタ行き以外のものはバスの本数が少なめです。目的地行きのバスが発車するまでの時間が長かった場合は、一旦バレッタ行きのバスに乗ってからバスを乗り換えてしまった方が良いかもれません。

バスのアナウンスはマルタ語と英語で流れますが、言語が交差して聞き取りづらいので注意してくださいね。

タクシー

マルタ国際空港からマルタ市街までのタクシー料金は決まっています。空港の到着ロビーにはタクシー手配カウンターがありそこでチケットを購入します。

・空港からバレッタ:15ユーロ(2,250円)
・空港からセントジュリアン、スリマ:20ユーロ(3,000円)

になっています。定額制なのでぼったくりに合う心配はありません。バスに比べて値段は高いですが、国内での事前準備の必要も無く気軽に利用することができます。

マルタにはチップの文化はありませんが、タクシードライバーさんに重い荷物を持ってもらった場合などは、タクシー代の10%くらいを支払うと良いです。

日本で準備ができる現地送迎サービス

「現地についていきなりバスに乗ったり、タクシーの手配をしたりするのは不安」という方は送迎サービスをおすすめします。料金の目安は、空港からバレッタ、セントジュリアン、スリマは8ユーロです。

市街地に出る料金はだいたいの場所が約8ユーロ(1,200円)で済ませることができます。タクシーよりも安く、バスよりも簡単に利用できるので出発前に手続きをしていくと便利です。

往復で予約することもできるので、帰国日が決まっている場合は帰りの分も予約しておくと安心できますよ。

日本国内の旅行会社にも空港の往復プランもありますが、料金相場が片道4000円弱と高いものが多いので事前にこのサイトから手配していった方がお得です。
Malta Transfer

まとめ

マルタは行くまでに時間がかかってしまうので、到着初日は体力的にちょっと疲れてしまうかもしれません。到着した空港の入国ゲートの方にはあまりお店が少ないので、早めに市街地まで行ってしまっても良いと思います。

市街地まで出る方法は、ご紹介したように3つほどあるので、目的に合った方法で向かわれてください。

マルタ留学に戻る

マルタ留学ガイド

マルタ留学の特徴とは?メリット・デメリットを徹底解説

目的からマルタ留学を探す

2ヶ国留学のススメ

マルタの天気・気候と服装

マルタの現地生活情報

マルタ留学コース選定ガイド

マルタ英語の特徴と訛り

マルタの地区・周辺エリア情報

マルタ留学おすすめ人気都市ランキング

マルタ留学で失敗しないための学校の選び方

マルタ留学の滞在先の種類と特徴

留学計画早見表

1週間のマルタ留学費用の内訳と総額

1ヶ月のマルタ留学費用の内訳と総額

3ヶ月のマルタ留学費用の内訳と総額

半年のマルタ留学費用の内訳と総額

1年のマルタ留学費用の内訳と総額

マルタのおすすめ観光スポット情報

マルタ留学の出国から帰国までの流れ

マルタ留学で必要なビザ情報

マルタ留学持ち物リスト

マルタ留学前の準備の流れ

マルタの祝日情報

英語試験対策とスコア換算表

マルタの空港情報と市内へのアクセス方法

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学コーディネーターが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

School Withならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30 (祝日除く)

会員登録をして相談しよう メールで留学相談する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会(@東京)に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

School Withなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

3

安心の学校倒産保証(フィリピンのみ)

学校が万が一倒産した場合も、残りの留学期間を代替校で継続して授業が受けられるよう保証いたします。

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。