【お知らせ】7月〜8月は満室の学校が増えています。お申込みはお早めに!留学の相談はこちら

【世界遺産の街】マルタの首都バレッタ!基本情報からおすすめスポットまで徹底解説

マルタ 首都

「マルタに行ってみたいけれど、どんなところなんだろう……」
と思っている方。

マルタは人口40万人の、地中海に浮かぶ3島からなる独立国で、ヨーロッパの中でも有数のリゾート地として有名です。英語圏かつ過ごしやすいことから、近年は留学先や移住先としても人気を集めています。

とはいえ、具体的にどのような街なのかはわかりにくいですよね。

そこでこの記事では、マルタの首都バレッタについて、その見どころ、訪れるときのポイントや注意点などをご紹介します。

マルタへ行くことはハードルが高そうに感じますが、マルタのことをよく知れば、それほど不安を感じなくても済むはずです。まずはこの記事で、マルタについて知りましょう!

【PR】

マルタってどんなところ?

マルタ 首都

マルタは近年「第二のモナコ」と呼ばれ、リゾート地として注目を集めています。その過ごしやすさから、留学先としてはもちろん、移住先としても人気です。

  • 【マルタが人気の理由】
  • ・温暖な気候
  • ・良好な治安
  • ・英語が公用語
  • ・手頃な物価と人件費
  • ・リゾート地で過ごしやすい

それでは、マルタについて詳しく見ていきましょう。

マルタ共和国概要

マルタは地中海に浮かぶ3島からなる国で、イタリア最南の島「シチリア島」のさらに南の沖合約90キロに位置します。ヨーロッパの中でも有数のリゾート地として有名で、年間の観光客数は約120万人です。

【マルタの基本情報(2017年時点)】

・面積:316平方キロメートル(淡路島の半分)
・人口:約46万人
・首都:バレッタ
・言語:マルタ語及び英語が公用語
・宗教:カトリック

日本人の長期滞在者や永住者はマルタにまだ少ないものの、多くの日本人旅行者と留学生が訪れており、外務省が公表しているデータによると、2017年のマルタ在留邦人数は167名です。

参考:外務省「マルタ基礎データ」(https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/malta/data.html

ベストシーズンはいつ?

マルタのベストシーズンは4月頃~9月頃です。雨がほとんど降らず、夏場は気温は高いものの湿気が少なく過ごしやすいのが特徴。ちなみに5月~10月初旬くらいまでは海で泳げますよ。

一方で10月~3月は雨季にあたり、特に11月~2月は天候が崩れることが多いので注意が必要です。1日中雨が降り続けることはあまりありませんが、強風が吹くことがあるためウインドブレーカーなどで防寒対策することをおすすめします。

日本からのアクセス

日本からマルタへは現在、直行便が運行されていないため、ヨーロッパの主要都市で乗り継ぐのが一般的な行き方です。

【マルタへの主なアクセスライン】

1. 日本 → ヨーロッパの主要都市 → マルタ
2. 日本 → イスタンブール(トルコ) → マルタ
3. 日本 → ドバイ(アラブ首長国連邦) → マルタ

飛行機に乗っている時間は15時間~20時間ほど。プラスして乗り継ぎ時の待合時間などがかかります。

ハイシーズンの夏場は航空券の値段が高くなり、冬場は安くなる傾向です。相場は10万円~15万円ほどになっています。

マルタの首都バレッタは世界遺産!

マルタ 首都

マルタの首都バレッタは、街全体が世界遺産に登録されています。歴史に彩られた街には歴史的な建造物が多く残され、味わいのある路地やカラフルな出窓を眺めながらの散策はとても魅力的です。

バレッタのみどころ1.「聖ヨハネ大聖堂」

マルタ 首都

聖ヨハネ大聖堂はバレッタで一番のおすすめの観光スポットです。マルタ人の大多数はカトリック教信者なので、素晴らしい教会が島の至るところに見られますが、その中でもバレッタにある「聖ヨハネ大聖堂」は格別。

概要

「聖ヨハネ大聖堂」は、1577年に騎士団がその名前を冠したキリストの授洗礼者である「聖ヨハネ」を称えるために建てた大聖堂です。教会の中に入ると、一面に施された黄金の彫刻に包まれます。シンプルな外観からは想像がつかないほどの迫力です。

本堂の天井には騎士団の守護聖人である聖ヨハネの生涯が描かれ、大理石でできた騎士団員の墓碑が床一面に広がっています。また側面には、騎士団の出身地ごとに分かれた8つの礼拝堂があり、それぞれの守護聖人が祀られています。

壁に施された彫刻や絵画作品など見るべきところがたくさんあるので、できればすべての礼拝堂を見学するのがおすすめです。

見学時間 月~金曜 10:00~12:00、16:00~18:00
電話番号 356-2122-0536
住所 St. John Street, Valletta, Island of Malta, Malta
アクセス バレッタシティゲートから約500m、徒歩5分
公式サイト http://stjohnscocathedral.com

バレッタのみどころ2.「国立考古学博物館」

国立考古学博物館はバレッタの古代の歴史を知ることができるスポットです。マルタ島やゴゾ島の巨大神殿などから発掘された物がたくさん置かれています。古代の遺跡に興味のある人におすすめです。

概要

マルタの巨石神殿群から発見された、マルタの「ビーナス」や「スリーピングレディー」など、貴重な展示品を見学することができます。巨石神殿についての解説もされているので、巨石神殿の観光に行く前にここで予備知識をつけておくと、より神殿の観光が楽しめると思います。

営業時間 9:00~19:00、休業日は1/1、復活祭前の金曜、12/24、12/25、12/31
電話番号 356-2122-1623
住所 Republic Street | Auberge de Provcence, Valletta, Island of Malta VLT 04, Malta
アクセス バレッタシティゲートから約300m、徒歩3分。バレッタのメインストリート「リパブリック通り」を歩いて左手
公式サイト http://heritagemalta.org/museums-sites/national-museum-of-archaeology

バレッタのみどころ3.「国立戦争博物館」

マルタ 首都

国立戦争博物館はバレッタの観光スポットの1つで、主にマルタの戦争の歴史を知ることができます。おすすめポイントは、写真撮影ができることや要塞の一部を見ることができる点です。

概要

地中海のど真ん中に位置するマルタは、他国からの侵略や攻撃を受け続けてきた悲しい歴史があります。この博物館では、第2次世界大戦時代のマルタ攻防の記録写真や戦闘機、ルーズベルト大統領が訪問した際に使用されたジープなどが展示されています。

営業時間 9:00~18:00
休業日 1/1、復活祭前の金曜、12/24、12/25、12/31
電話番号 356-2123-3088
住所 Fort St Elmo | Triq il-Mediterran, Valletta, Island of Malta VLT 1741, Malta
アクセス バレッタ市街から北東にある「聖エルモ砦」一般見学者用ゲートから、砦壁沿いに徒歩3分ほど
公式サイト http://heritagemalta.org/museums-sites/national-war-museum

バレッタのみどころ4.「騎士団長の宮殿」

騎士団長の宮殿はバレッタの観光スポットの1つで、中世の甲冑を見ることができます。

概要

騎士団長の宮殿は騎士団長ピエトロ・デル・モンテの命で、聖ヨハネ大聖堂も設計した建築家「ジェラーロモ・カッサール」によって建設されました。また、聖ヨハネ騎士団の拠点であり、騎士団長の公邸でもあることで知られています。

現在はマルタの大統領府と議会がおかれており、実際に見学できる部屋は「最高評議会の間」や「兵器庫」など限定です。運が良ければ、衛兵の交代式を見ることができます。

営業時間 9:00~19:00
休業日は1/1、復活祭前の金曜、12/24、12/25、12/31
電話番号 356-2124-9349
住所 Republic Street, Valletta, Island of Malta VLT 1191, Malta
アクセス バレッタシティゲートから約700m、徒歩10分、バレッタ市街中心部
公式サイト http://ashoreplus.com/places-of-interest/grand-masters-palace-state-rooms

バレッタのみどころ5.「マヌエル劇場」

マルタ 首都

photo by: Teatru Manoel(https://www.facebook.com/teatru.manoel/

マヌエル劇場はバレッタの観光スポットの中でも、特に建物の美しさを楽しめるスポットです。

概要

マノエル劇場という名前は、マノエル劇場を作らせたポルトガル人の「アントニオ・マノエル」という貴族に由来します。建物は1731年に建てられ、その歴史はヨーロッパでも3番目の古さです。造りの美しさが売りで、今でもオペラや芝居が上演されています。

営業時間 月~金曜 9:30~16:30
土曜 9:30~12:30
電話番号 356-22-2618
住所 Old Theatre Street, Valletta, Island of Malta, Malta
アクセス バレッタ中心街から北へ300mほど。シティゲートからだと徒歩15分ほど
公式サイト http://www.teatrumanoel.com.mt

バレッタを訪れるときのポイントや注意点

マルタ 首都

バレッタを訪れるときのポイントや注意点は、

  • 1. 車やバスの運転が荒い
  • 2. ナイトスポットではスリや置き引きが多くなる
  • 3. 特定のエリアは治安が悪い

の3つです。1つずつ説明しますね。

ポイント1. 車やバスの運転が荒い

1つ目のポイントが、車やバスの運転が荒いことです。

マルタの交通事情は、日本と比べるとかなりかけ離れているため、ある程度覚悟しておく必要があります。交通事故や人身事故がかなり多く、軽くぶつかった程度では問題にもなりません。また、バスの乗車人数が多いと、当たり前のように乗車拒否をされたりすることもあります。

ポイント2. ナイトスポットではスリや置き引きが多くなる

2つ目のポイントが、ナイトスポットではスリや置き引きが多くなることです。

マルタは犯罪率の低さだけでいうと、ヨーロッパ36カ国中、デンマーク、エストニアに続く第3位でかなり治安は良い方と言われています。しかし、クラブやバーなど、夜に訪れるスポットではスリや置き引きが多く発生しているため、注意が必要です。

特にスマートフォンは狙われやすいので、歩きながらの使用は控えましょう。

ポイント3. 特定のエリアは治安が悪い

3つ目のポイントが、特定のエリアは治安が悪いことです。

・セントジュリアンのパーチャビル
・マルサのアルバートタウン

などは危険なエリアと言われているため、避けることをおすすめします。

まとめ

ここまで、マルタの首都バレッタについてお伝えしました。

マルタはヨーロッパの中でも、有数のリゾート地として知られています。

  • ・温暖な気候
  • ・良好な治安
  • ・英語が公用語
  • ・手頃な物価と人件費
  • ・リゾート地で過ごしやすい

などの理由から、留学先や移住先としても人気です。

特に首都バレッタは、マルタの文化の中心地であることから、歴史的な建造物や見るべきスポットがたくさんあります。今回お伝えした情報やポイントを参考に、マルタを存分に楽しんでください!

バレッタ留学
街全体が世界遺産に登録されている街、バレッタ
掲載学校数 5
都市の詳細を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

長濱 裕作

長濱 裕作

学生時代はお金を貯めて海外各地を放浪。異文化に触れる楽しさや多様性の価値を知る。学生結婚を経て12年に渡り大手アミューズメント企業に勤めるも、家族と過ごす時間を増やすために退職。現在は田舎に引っ越して古民家を購入、半農半ライターとして生活。子どもたちの留学の在り方についても勉強中。妻ラブな3児の父。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。