【お知らせ】春から夏にかけての留学人気校の空きが少なくなってきています。まずはお気軽に無料相談から!

マニラの交通事情まとめ!利用料金からおすすめの移動手段まで徹底解説

マニラ 交通

海外には日本にない交通機関があったり、日本にもある交通機関が異なる方法で使われたりする場合があります。そのため現地でどのような移動手段を使えば良いかわからず、不安を感じている人もいるのではないでしょうか。

幸いにもマニラにはバスや電車など、日本でも一般的に使われる交通機関が移動手段として利用されています。

とはいえ現地での利用方法や料金は、日本と異なる点も多々あります。

そこで今回はそんなマニラで利用されている交通機関、利用料金、おすすめの移動方法などを解説したいと思います。これからマニラを訪れる予定のある方はぜひ参考にしてみてください。

なおレートは₱1=2.1で計算しています。

マニラの交通事情

マニラ 交通

フィリピンの首都マニラは高温で多湿の熱帯気候に属していて、一年を通じて気温が一定で、日中はとても暑いです。

街には、高層ビルや巨大ショッピングモールが続々と建設されている一方で、スペイン統治時代の建築物が今も残っている場所があったりと、ノスタルジックな面と近未来的な部分が混在するとてもエネルギッシュな都市です。

市内の中心地は交通量の多さに驚きます。朝・夕の時間帯は毎日のように渋滞になります。マニラではフリピンで唯一電車が走っていて、他にはバス、タクシーなどを使って移動するのが一般的です。

また、カラフルで派手な塗装のジプニーや、バイクの横に人が乗る用の荷台がついたバイクタクシーなど、日本には無い変わった乗り物がみられるのも面白さのひとつです。

マニラで使われている交通手段

マニラ 交通

それではマニラで使われている交通機関の種類を具体的に見ていきましょう。

交通手段(1)バス

バスは市内さまざまな方面に路線が整備され、かつ運賃が安いため、地元の人がが多く利用する移動手段となっています。種類にはノーマルバスと停車ポイントが少ないP2P(Point to Point)、空港と市内を結ぶUBE Expressがあります。

利用の仕方

チケットカウンターでチケットを購入します。

フロントガラス左下に行き先が書かれていますが、乗る前に運転手に目的地を告げ、バスが通るかを確認し乗車します。

利用料金

ノーマルバス:₱12(約26円)
P2P:₱30〜180(63〜378円)
UBE Express:₱150(315円)

交通手(2)電車

フィリピンで唯一電車が走っているマニラには、LRT、MRT、PNRという電車があります。ビジネス街や観光名所などへも通っていて、通勤通学や、観光客も多く利用しています。

LRT(Light Rail Transit):バクララン駅からローズベルト駅まで、マニラ中心地を南北に走行しています。
LRT2(Light Rail Transit2):サントラン駅からレクト駅まで、マニラ中心地を東西に走行しています。
MRT(Metro Rail Transit):タフトアベニュー駅からノースアベニュー駅まで、マニラ中心地を南北に走行しています。

利用の仕方

駅に行ったらチケット売り場で、チケットを購入します。

行きたい場所を確認し、窓口の横に貼っている料金表で金額を確認します。

チケットは窓口と券売機で購入できますが、窓口での購入が一般的です。「EXACT」と書かれた窓口はお釣りが出ないため、空いています。

改札を通る前に、荷物チェックがあります。チケットを改札に通すと上から出てきます。

ラッシュ時間帯にはどの電車もとても混雑します。ひどい時には入場制限がかかり、電車に乗るだけでも3、40分以上かかってしまうこともあります。

そのため、ラッシュの時間帯(朝6〜10時、夕方16〜20時)は避けて利用することをおすすめします。

利用料金

運賃は目的地によって異なります。

LRT、LRT2:₱15〜30(約32円)
MRT:₱13〜28(約28〜59円)

交通手段(3)タクシー

タクシーはおおまかに3種類、空港から市内をメインで走るクーポンタクシー、イエロータクシーとレギュラータクシーがあります。

クーポンタクシーは空港からあらかじめ行き先ごとに料金が定められているタクシー。割高ですが、一番安全で前払い制となっているため料金トラブルが起きないので初心者におすすめです。

イエロータクシーは黄色の車体のメーター制タクシー。レギュラータクシーと比べて質が良く、値段は高いものの法外の料金を取られることがないので安心です。

レギュラータクシーは地元の人がよく使うメーター制タクシーとなっています。他のタクシーと比べ質が落ちますが、料金が最も安いです。

利用の仕方

タクシー乗り場でのるか、街中で捕まえる場合、日本と同じく手を上げて止めます。タクシーを停めたら、まずは運転手に行き先を伝え、目的地まで行ってくれるかどうか、高い料金を請求されないためにメーターを使ってくれるかどうかを必ず確認します。

利用料金

料金はタクシーの種類によって異なります。

クーポンタクシー:目的地により値段が分かれています。空港からマカティまでは₱400〜600(840〜1,260円)ほど。
イエロータクシー:初乗り運賃は₱60(126円)ほど。
レギュラータクシー:初乗り運賃は₱40(84円)ほど。

(4)GrabCar

アプリを使って呼べる配車サービスです。目的地をはじめに地図で設定して料金がわかるので、値段交渉や目的地を伝える手間も省けますし、意思疎通のミスなどを避けられます。

利用の仕方

アプリの地図から現在地と目的地を指定して、周辺にいる車を呼ぶことができます。

車がマッチするとナンバー、車種、ドライバーの名前、顔写真、評価と到着予定時刻が表示されます。今どの辺りを走っているのかも地図上で確認できます。

電話とチャット機能もついているので、すぐに見つけられない場合、今自分がどこに立っているかなどの細かい場所を伝えたり、車の色や形を聞いたりドライバーと直接やりとりすることができます。

利用料金

料金はドライバーに直接支払うか、クレジット払いに設定できます。クレジットや相乗りにすると安くなったりします。

交通手段(4)トライシクル

バイクの横に人用の荷台をつけたフィリピン流バイクタクシー。

荷台に2人、バイクの後ろに1人と3名乗ることができます。近距離移動に最適です。

バイクではなく自転車バージョン(ペディキャブ)もあり、スーピードは落ちますが小回りが利くので更に近い距離を移動する時や、街中を散歩気分で乗ったりするのにいいです。

利用の仕方

トライシクル乗り場か道路脇にトライシクルがたくさん連なっているので乗りたい意思を伝えます。

運航できる範囲が決まっているため、乗る前に目的地まで行ってくれるか運転手に確認します。目的地までの値段も先に聞いておくのが安全です。

利用料金

料金はおおよそ₱10〜30(21〜63円)ほどです。

交通手段(5)ジプニー

ジプニーは、米国占領時代に使い古されたジープを改良したもので、それぞれ個性的な塗装や装飾がされています。交通手段では一番安く、比較的どこでも乗降できるという利便性から、地元の人の足として利用されています。

利用の仕方

走っているジプニーを停めるか、停車しているジプニーの運転手かジプニーの呼び込み役の人に目的地を伝え、その場所を通るか確認します。行き先が違った場合は別のジプニーを探します。

運賃は運転手に支払いますが、座席が遠い場合は運転席に近い人に渡すと後ろから前へ、バケツリレーのようにお金を手渡ししていき、運転席へいきます。

お釣りをもらう時も同じです。一番前の席に座ると、乗客の運賃やお釣を運転手へとやりとりする係になるのが暗黙のルール。

降りる時は「パーラーポ(降ります)」といってコンコンと天井をノックすると運転手がその場で停車してくれます。

利用料金

前払い制で₱7(約15円)

おすすめの交通手段はGrabCar

市内の移動はGrabCarがおすすめです。

バスや電車も安全で便利なのですが、駅や乗り場が遠かったりわかりずらかったりで、結局乗り場までタクシーを使うことになったりします。また、特に暑い季節や天候が急に変わりやすい時期は、長時間外を歩くのは避けたほうがいいでしょう。

マニラのGrabCarは日本のタクシーと比べ運賃が安く、スマホで簡単に気軽に配車できるので、気軽に利用できる移動手段と言えます。

最近では、空港にもGrab専用の乗り場があるほど浸透していて、捕まえやすくなっています。ただ、朝・夕のラッシュ時の渋滞にはまってしまうと予定よりもかなり時間がかかってしまうので乗る時間帯には注意が必要です。

マニラの人気観光地に行くための交通手段

最後にマニラの有名な観光スポットに行くためには、どのような交通機関を使えばいいのかをご紹介します。

観光スポット(1)サン・アグスティン教会

1607年に完成したフィリピン最古の石造建築の教会で、ユネスコ世界遺産にも登録されています。

教会内はバロック風のインテリアで、天井の彫刻、クリスタル製のシャンデリア、壁画や祭壇はとても豪華です。教会に併設されている美術館には、カトリック系の作品や美術品、絵画などたくさん所蔵しており、見応えがあります。

アクセス

マカティから車で約30分。タクシーでの移動がおすすめです。

住所

General Luna St, Manila, 1002 Metro Manila, フィリピン

観光スポット(2)リーサル公園

フィリピンの独立に命をささげたホセ・リサールの名を冠する緑豊かな公園で、入り口にはホセ・リサールの大きな記念像があります。

広大な敷地の一画には、日本庭園や中国庭園も整備されていて有料で中に入ることができます。近くにある博物館には美術品などがたくさん展示してあり、観光客や地元の人たちで賑わっています。

アクセス

LRT線ユナイテッドネーションアヴェニュー(U.N. AVE.)駅から徒歩10分

住所

Roxas Boulevard, Malate, Maynila, 1000 Kalakhang Maynila, フィリピン

観光スポット(3)アヤラセンター

アヤラセンターはマカティの中心にあり巨大ショッピングセンターが連なるエリアです。

中でも規模が大きいグリーンベルトは5つ、グロリエッタは4つのエリアに分かれています。グリーンベルト、ランドマーク、グロリエッタ、SMシューマートの順に建物がつながっていて、道路を歩くことなく行き来することができます。

それぞれブランドショップが多めで高級志向であったり、庶民的なお店が揃ってる、スーパマッケット、フードコートが充実してるなどモールによって特徴が違い、見どころがたくさんあるので1日ではとても回りきれないほどです。

アクセス

LRTアヤラ駅から徒歩1分

住所

Palm Dr, Makati, Metro Manila, フィリピン

マニラの交通事情まとめ

いかがでしたでしょうか。

マニラには日本でも使われているバスや電車などの交通手段が現地で暮らす人や旅行者に利用されています。その中でも特にGrabCarは、利用方法が他の交通手段に比べわかりやすい点でおすすめの移動手段と言えます。

これからマニラを訪れる予定のある方はぜひこの記事の各交通機関の利用のポイントを抑え、快適にマニラでの生活を過ごしてください。

マニラ留学に戻る

マニラ留学ガイド

マニラの地区・周辺エリア情報

マニラ留学の特徴とメリット・デメリット

マニラへ渡航する前に知っておきたい両替情報

マニラの治安情報

マニラのおすすめ観光スポット情報

マニラの空港情報と市内へのアクセス方法

マニラの現地生活情報

マニラの天気・気候と服装

1週間のマニラ留学費用の内訳と総額

1ヶ月のマニラ留学費用の内訳と総額

3ヶ月のマニラ留学費用の内訳と総額

半年のマニラ留学費用の内訳と総額

1年のマニラ留学費用の内訳と総額

マニラ留学の失敗事例と後悔しないためのポイント

マニラの病院情報

マニラの交通事情まとめ

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学カウンセラーが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

School Withならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学カウンセラーへ相談する

03-4330-0935

お気軽にお問い合わせください。

会員登録をして相談しよう メールで留学相談する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会(@東京)に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

School Withなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

3

安心の学校倒産保証(フィリピンのみ)

学校が万が一倒産した場合も、残りの留学期間を代替校で継続して授業が受けられるよう保証いたします。

無料留学相談は
こちらから

留学カウンセラーへ相談する

03-4330-0935

お気軽にお問い合わせください。

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。